2017年版 段ボール市場の展望と戦略

本調査レポートでは、段ボール原紙メーカー、段ボールメーカーの経営戦略、需要分野別に見た段ボールの需要動向などを調査することによって、段ボール市場を取り巻く現状と問題点を分析、段ボール市場の将来を予測する。当該調査によって、段ボール業界をはじめ関連業界各位の経営戦略に寄与することを目的とする。

発刊日: 2017/09/27 体裁: A4 / 497頁
資料コード: C59113300 PDFサイズ: 11.4MB
カテゴリ: マテリアル

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:段ボール原紙メーカー、段ボールメーカー、エンドユーザー、商社、代理店、他
調査方法:直接面接取材、電話取材及び郵送アンケート
調査期間:2017年7月~2017年9月

調査結果サマリー
Close

段ボール市場に関する調査を実施(2017年)
~ネット通販の拡大などを受けて、国内段ボール生産量は中期的に微増する見通し~
◆2016年の国内段ボール生産量は139.8億㎡、2017年は140億㎡の大台を予測
◆中期的な見通しとして、2021年の国内段ボール生産量を2016年比5.0%増の146.7億㎡と予測
◆2016年の地域別構成比は関東が4割超、今後通販需要の増加で更なる集中を予測

資料ポイント
Close

  • 需要堅調続くも原紙値上げで、段ボールメーカーの収益低下必至、業界も大変革へ
  • いわき大王、丸三製紙の新原紙マシンに続き、レンゴーが生産体制再構築へ
    特に関西地区で段メーカーの原紙調達構造が大きく変化する可能性
  • 一貫メーカーVS原紙専業メーカー、段ボールメーカーとの競争が更に激化へ
  • 古紙価格高止まりも、中国の輸入政策に関心強まる
  • 段ボールの需要予測(2019~2023年)、各需要分野の市場展望
  • 全国調査:全国段ボールメーカー工場別月産量&地区別配置図
  • 需要分野別調査:各需要分野の市場動向、段ボール需要の動向
  • 地区別調査:地区別の需要構造・近年の需要動向、原紙・シートメーカーの動向
  • 注目市場①:青果物向けレンタルコンテナー市場の動向
  • 注目市場②:マイクロフルート市場の動向
  • 有力メーカーの徹底分析(レンゴー、王子グループ、日本東海インダストリアルペーパーサプライ、大王製紙、トーモク、日本トーカンパッケージ、ダイナパック、ほか)
  • レンゴーグループ、王子グループ、日本製紙グループの全国工場配置図
  • 原紙、シート生産量地域別・グループ別シェア
  • 主要紙流通の段ボール原紙部門、扱い量、取引内容

資料概要
Close

第1章 段ボール市場の展望と戦略
第2章 <特集>古紙高騰がもたらす業界再編のシナリオ
第3章 段ボールグループ別シェア 段ボール&原紙全国工場配置図
第4章 2大一貫メーカーと原紙専業メーカーの事業戦略
第5章 段ボールメーカーの経営戦略
第6章 注目市場の徹底分析①(青果物向けレンタルコンテナー市場の動向)
第7章 注目市場の徹底分析②(マイクロフルート市場の展望)
第8章 全国地域別需給動向・全国段ボール工場・月産量一覧
第9章 需要分野別動向と段ボール需要予測
第10章 全国段ボールメーカー個表
第11章 主要流通企業個表(段原紙取扱い状況)

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 段ボール市場の展望と戦略

・段ボール生産は過去最高更新へ、原紙値上げで収益確保課題
<図>段ボール・段ボール原紙生産量推移
<表>段ボール生産・消費・出荷推移
<表>段ボール原紙メーカー生産・在庫
<図>段ボール原紙グループ別シェア
<表>段ボール原紙・シート価格推移
<表>物販系分野のBtoC-EC市場規模
<表>板紙会社別生産順位表
<図>全国の段ボール原紙工場
<表>古紙需給推移
<表>主要古紙価格推移

第2章 <特集>古紙高騰がもたらす業界再編のシナリオ

・第3の一貫メーカー誕生、専業原紙メーカー統合につながるか
<表>主要段ボール原紙、段ボールメーカー 原紙・製品の価格改定の内容
<図>段ボール古紙価格推移(輸出、国内)
<図表>主要4メーカー・グループのマシン稼働率推移 2014~2017年(1~7月)
<表>日本製紙グループ、トーモクグループの地域別生産拠点・生産量(2016年)
<表>地区別に見た原紙生産拠点の生産量(2016年)

第3章 段ボールグループ別シェア 段ボール&原紙全国工場配置図

<表>段ボールグループ別メーカーシェア
<図>レンゴーグループ段ボール工場
<図>王子グループ段ボール工場
<図>トーモク段ボール工場
<図>日本トーカンパッケージ段ボール工場

第4章 2大一貫メーカーと原紙専業メーカーの事業戦略

レンゴー
王子グループ
日本製紙(日本東海インダストリアルペーパーサプライ)
大王製紙
インターナショナル・ペーパー

第5章 段ボールメーカーの経営戦略

森紙業グループ
トーモク
日本トーカンパッケージ
ダイナパック
大和紙器
ゴールドグループ
クラウン・パッケージ
東海紙器
中津川包装工業
大村紙業

第6章 注目市場の徹底分析①(青果物向けレンタルコンテナー市場の動向)

1.市場規模・シェア
2.市場予測
3.潜在市場規模
イフコ・ジャパン
三甲
全国農業協同組合連合会

第7章 注目市場の徹底分析②(マイクロフルート市場の展望)

・成長持続、魅力のあるパッケージ素材として根強い支持を集める
クラウン・パッケージ
日本トーカンパッケージ
王子パッケージング
エースパッケージ
ダイナパック

第8章 全国地域別需給動向・全国段ボール工場・月産量一覧

全国地区別需給動向
<図>地域別需要部門別消費量
北海道地区
東北地区
関東地区
中部地区
近畿地区
四国地区
九州地区
<図>北海道地区段ボール工場配置図
<図>東北地区段ボール工場配置図
<図>関東地区段ボール工場配置図
<図>埼玉県段ボール工場配置図
<図>中部地区段ボール工場配置図
<図>愛知県段ボール工場配置図
<図>近畿地区段ボール工場配置図
<図>大阪府段ボール工場配置図
<図>中国地区段ボール工場配置図
<図>四国地区段ボール工場配置図
<図>九州・沖縄地区段ボール工場配置図

第9章 需要分野別動向と段ボール需要予測

段ボール生産は7年連続のプラス成長 値上げ、中国動向等、今後の市場に影響も
<表>需要部門別消費量推移
ユーザー動向①:加工食品分野
ユーザー動向②:薬品・洗剤・化粧品分野
ユーザー動向③:通販・宅配・引越し分野
ユーザー動向④:電気器具・機械器具分野
ユーザー動向⑤:青果物分野
段ボール需要予測(2017~2021年)

第10章 全国段ボールメーカー個表

レンゴー
王子コンテナー
トーモク
日本トーカンパッケージ
ダイナパック
クラウン・パッケージ
東海紙器
大村紙業
ネオパック
全国段ボールメーカー442社簡易個表

第11章 主要流通企業個表(段原紙取扱い状況)

日本紙パルプ商事
丸紅紙パルプ販売
国際紙パルプ商事
新生紙パルプ商事
三菱商事パッケージング
旭洋紙パルプ
伊藤忠紙パルプ
日本紙通商
オザックス
七星社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59101600 2017年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~負極材編~
C59108200 2017 ダイレクトセリング市場 ~通信販売・訪問販売~
C59113500 2017年版 教育産業白書
C59113000 2017 社会インフラ向けICT市場の実態と展望