2018年版 太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の現状と将来展望

太陽光発電所の運営・メンテナンスやセカンダリー市場(稼働済み太陽光発電所取引)、太陽光パネルリユース・リサイクルなどに関連するサービスや技術の市場動向について調査を実施した。調査結果を基に、主要なサービスや技術の市場動向、代表的な参入プレイヤーの事業内容、先進的な太陽光発電設備の活用事例などについて分析を行った。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:太陽光発電所の運営・メンテナンスや取引、太陽光パネルのリユース・リサイクルなどに関連するサービスや技術を持つ企業及び先進的な太陽光発電設備の活用事例を有する企業・公共機関など
調査方法:直接面接取材をベースに、電話取材や文献調査を併用。
調査期間:2017年8月~2018年3月

調査結果サマリー
Close

太陽光発電所セカンダリー市場に関する調査を実施(2018年)
太陽光発電分野の新市場として立ち上がる太陽光発電所セカンダリー市場
~新電力事業者や投資家の関心が高まり、2018年度の市場規模は450MWに達すると予測~

資料ポイント
Close

  • 太陽光発電所のストック増加に伴いO&Mサービスの国内市場の成長が続く
  • FIT制度改正を受けて低圧向けO&Mサービスに参入する事業者が増加
  • 設置環境に合った過不足無いサービスのスピーディーな提供が実績拡大のカギに
  • セカンダリー市場を見据えて太陽光発電所の資産価値評価などサービス開発の動きが進む
  • セカンダリー市場は投資家と新電力事業者を中心に関心が高まり市場が拡大
  • 発電所の信頼性の目利きと顧客の取引目的に合わせた提案が取引仲介のポイントに
  • 太陽光パネルのリユース・リサイクル技術は研究開発から事業化の段階に移る

資料概要
Close

第1章:太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の現状と将来展望
第2章:O&Mサービス市場の動向
第3章:太陽光発電所セカンダリー市場の動向
第4章:太陽光パネルリユース・リサイクル市場の動向
第5章:太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の参入企業の動向

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章:太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の現状と将来展望

太陽光発電所の価値を正確に目利きするノウハウが
O&Mサービスやセカンダリー市場の需要取り込みにつながる
  セカンダリー市場の健全な成長に向けて
  実際の価値と売却価格の乖離の最小化がポイントに
  政策の後押しなどによりリユース・リサイクルの技術開発が進む

第2章:O&Mサービス市場の動向

2.O&Mサービス市場の動向
  2-1.市場動向
    改正FIT法施行により点検やメンテナンスのニーズが増加
    (1)市場の概要
    (2)市場規模推移
  2-2.サービス体制(サービス拠点・エンジニア、遠隔監視体制など)
    協力会社とのネットワーク強化を図る動きが活発化
    (1)サービス拠点・エンジニア
    (2)遠隔監視・コールセンター
    (3)注目される動き
  2-3.サービスメニュー
    ノウハウとデータ解析技術の組み合わせにより予防検知技術の開発が加速
    (1)電気設備
    (2)その他設備・設置場所など
    (3)注目される動き

第3章:太陽光発電所セカンダリー市場の動向

3.太陽光発電所セカンダリー市場の動向
  3-1.市場動向
    太陽光発電所の事業の安定性に着目した投資家が関心を強める
    (1)市場の概要
    (2)市場規模推移
  3-2.太陽光発電所取引支援サービス
    セカンダリー市場の拡大を受けてO&Mサービス会社などが参入
    (1)サービス内容
    ①取引仲介
    ②評価サービス
    (2)注目される動き

第4章:太陽光パネルリユース・リサイクル市場の動向

4.太陽光発電所セカンダリー市場の動向
  4-1.市場動向
    太陽光パネルの排出量増加と並行してリユースやリサイクルの技術開発が加速処理実績は増加傾向
    (1)市場の概要
    (2)使用済み太陽光パネルのリユース・リサイクルの実績推移
  4-2.太陽光パネルリユース・リサイクルの取り組み
    適正処理の実現に向けてネットワーク強化の動きが進行
    (1)使用済み太陽光パネルの回収
    (2)使用済み太陽光パネルの回収事例(株式会社グーン)
    (3)太陽光パネルのリユースの流れ
    (4)太陽光パネルリユースの参入企業
    (5)太陽光パネルのリサイクルの流れ
    (6)太陽光パネルリサイクルの参入企業
    (7)注目される動き

第5章:太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の参入企業の動向

シャープ株式会社
  約50年に亘る太陽光発電分野の事業ノウハウをフル活用し
  発電所のパフォーマンスを高めるO&Mサービスを提供
  高圧・特別高圧向けに加えて低圧向けO&Mサービスの提供を開始
  発電所の状態把握のノウハウを駆使してトラブルの早期対処と予防保全を実現
  訪問診断を切り口に稼働中または他社EPCの太陽光発電所の需要取り込みを図る
  海外顧客への提案活動を加速し実績10MWを目指す

オムロン フィールドエンジニアリング株式会社
  広範なサービスネットワークと発電パフォーマンスの分析力を組み合わせ
  全国各地で高品質のO&Mサービスを展開
  約140ヶ所のサービス拠点を通じて各地の太陽光発電所の点検・メンテナンスを実施
  独自のアルゴリズムを用いた発電データ分析により発電ロスへの早期対応を実現
  他社EPC太陽光発電所のO&Mサービスの受託実績を順調に増やす
  予兆検出・早期発見の技術開発を進めO&Mサービスを高付加価値化

リコージャパン株式会社
  全国を網羅するきめ細かいサービス体制を整備し
  太陽光発電所の安定稼働を支える
  エネルギー分野においてO&Mサービスなど新規事業の展開を加速
  遠隔監視と広範なサービスネットワークを組み合わせて各地で早期対応を実現
  マルチベンダー対応など顧客目線のサービス提供により需要を取り込む
  創エネや省エネなどのトータルサポートにより顧客のエネルギー利用の最適化を支援

株式会社スマートエナジー
  再生可能エネルギーの開発や運用管理、ファイナンスの技術を駆使して
  太陽光発電の価値向上と普及を後押し
  全国にサービス拠点を構築しO&Mサービス体制を拡充
  豊富な経験に基づく確かな技術力で再生可能エネルギーの新たな価値を創造
  ユニークなサービスの開発により顧客のニーズに幅広く応える

株式会社ウエストO&M
  モニタリングや点検のメニューに加えて緊急時の対応策を整備
  設備・機器の不具合から災害被害まで迅速に対応
  低圧、高圧、特別高圧、水上メガソーラーの各案件をワンストップで手掛ける
  土木や電気の技術面から保険加入などの金融面まで充実したサポートを提供
  売電価格の低下を踏まえてコスト削減策や発電量の維持・向上効果を顧客に訴求
  技術力と豊富な実績を強みに特別高圧案件の開拓を加速

juwi自然電力オペレーション株式会社
  自然電力株式会社とjuwi株式会社のノウハウを結集して
  細やかかつ世界水準のO&Mサービスを展開
  自然電力グループ内でのノウハウの共有などによりサービスをブラッシュアップ
  独立系の立場から顧客と同じ視点で客観的に設備の点検や評価を実施
  東北地域の新規案件の需要を取り込みO&Mサービスの実績を伸ばす
  豪雨対策や出力抑制対策などによりO&Mサービスの高付加価値化を目指す

株式会社横浜環境デザイン
  デューデリジェンスの取り組みを強化
  O&M事業の高付加価値化とセカンダリー事業の拡大を進める
  セカンダリー事業の専門部署を新設し、発電所のセカンダリー取引仲介実績100億円を目指す
  PVテストカー導入やレポートの分析手法の工夫によりO&Mサービスの内容充実を図る
  海外投資家との取引拡大などによりO&Mサービスの実績を増やす
  セカンダリー事業は2017年度に案件開拓の動きが加速

ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社
  O&Mサービスプロバイダーとして事業モデルの転換を進め
  事業の持続的な成長を目指す
  国内外で再生可能エネルギー利用をサポートする事業を推進
  サービスおよび機器の開発を進め発電事業の最大効率化に寄与
  O&Mサービス事業者向けサポートサービスの拡販に注力
  新サービスの開発に向けて情報通信技術を積極的に活用

東京電設サービス株式会社
  エネルギー会社系のO&Mサービス事業者として
  技術力と研究開発力を活かしたサービスメニューを揃える
  電力流通設備の点検保守技術を太陽光発電所のO&Mサービスに適用
  部分放電診断技術の導入により海外基準の保守管理ニーズに対応
  関東地域を中心に東京電力以外からの受託実績を伸ばす
  電気設備全般の専門的知見を活用した新規サービス・技術の開発を推進

富士古河E&C株式会社
  20年以上の歴史がある太陽光発電事業の実績と信頼性を前面に
  O&Mサービスの事業拡大を推進
  2016年4月にO&Mサービスを事業化し他社EPC案件の点検・メンテナンスを開始
  長年の経験則に基づくサービス対応や発電保証サービスによりリスクを軽減
  FIT制度改定や将来の発電所売却を見据えた動きなどに伴うニーズを取り込む
  営業体制の強化により2018年度中にO&Mサービスの累計実績70MWを目指す

株式会社PVレンジャー
  ネミーグループのシステムインテグレーションノウハウをベースに
  信頼できるO&Mサービスを目指す
  2014年12月にO&Mサービス専門会社として設立
  緊急時対応と豊富なサービス経験で顧客に安心感をもたらす
  低コスト化と品質維持の両立で低圧案件の受注拡大を目指す
  適正価格の鑑定サービスにより太陽光発電所の売買をサポート

株式会社北村製作所
  オリジナルの洗浄効果診断技術と洗浄装置により
  洗浄サービスに特色のあるメンテナンスを実施
  主力事業のノウハウと全国ネットワークを活かしてO&Mサービスに参入
  節水かつ洗剤レスの洗浄装置「麗」で洗浄作業を低コスト化
  洗浄サービスは工業地帯などでニーズを取り込む
  エンクロージャのメンテナンスや改善を含むO&Mサービスを提案

ソラリグ・ジャパン・サービシーズ合同会社
  世界で豊富な実績を誇るソラリググループの日本法人として
  ワンストップソリューションを国内市場に適用
  専門性の高い研修を用意し高品質なサービスを支える人材を育成
  ロボット工学など先端技術をサービスメニューに取り込み作業の効率化を図る
  2020年までにO&Mサービスの累計実績600MWを目指す
  セカンダリー市場の成長を踏まえて付加価値のある評価サービスを開発へ

株式会社協和エクシオ
  メガソーラーのEPCや売電事業と並行して
  太陽光発電を活用した防災ソリューションを全国で展開
  メガソーラー新設案件ではEPCからO&Mまでを一貫して担当可能
  遺跡保全など周辺環境を考慮したメガソーラー運営を実施
  太陽光発電とLiBを組み合わせた防災・減災ソリューションの提案を推進
  太陽光発電と連動可能な「サバイバル電源」はバックアップ電源のニーズを取り込む

NECネッツエスアイ株式会社
  システムインテグレーションのノウハウを駆使して「太陽光発電事業」の
  EPCからO&Mサービスまでトータルソリューションを提供
  創エネソリューションとして太陽光発電所の設計・施工や運用・保守を手掛ける
  太陽光パネル単位での故障の特定や遠隔監視システムを構築
  特別高圧のEPCからO&Mサービスまでの一括案件の受注を増やす
  太陽光発電と蓄電システムの連携により省エネ対策などの需要取り込みを図る

株式会社昭電
  雷害対策を主軸に太陽光発電所のBCP強化をサポート
  BCP対策モデルパークを開設し顧客へのBCPソリューション提案に活用
  雷害の事前対策から系統別対策、総合的対策までトータルで支援を実施
  相次ぐ災害被害を受けてBCP対策製品の引き合いが堅調
  設備の更新需要の取り込みなどによりSPDを中心に拡販を目指す

株式会社ウェザーニューズ
  エネルギー分野を含む気象サービスの高度化を進め
  世界最高の気象情報会社を目指す
  2017年1月にフランスの気象会社を買収
  気象情報に基づく電力需給予測・制御サービスにより
  自然エネルギー発電事業や系統運用をトータル支援
  自然エネルギー利用の増大によりエネルギー市場向け気象サービスのニーズが急増
  先進的な日射量解析技術などを用いて高精度の発電量予測を実用化

三井住友ファイナンス&リース株式会社
  総合リース会社ならではの多様な金融ソリューションを用意し
  発電事業の特性に応じたきめ細かいサービスを提供
  過去10年の環境エネルギー事業で800MW以上の再生可能エネルギーの発電設備導入を支援
  リースからプロジェクトファイナンスまで総合的なアレンジを実施
  専門性が要求される難易度の高い案件の受注で、リースによる新規設備投資額が増加
  セカンダリー市場に対して資産価値評価サービスなどの展開を視野に入れる

三井化学株式会社
  ものづくりの視点を反映した診断・コンサルティングにより
  太陽光発電所の計画から運転、取引までを総合的にサポート
  1980年代から蓄積してきたノウハウを活用して新規事業を展開
  EVA封止材まで評価対象とする厳格な太陽光パネル診断サービスを用意
  発電量予測やO&Mサービス評価のニーズに応え実績を伸ばす

PwCサステナビリティ合同会社
  バリュエーションサービスなどを通じてセカンダリー市場の成長を促し
  再生可能エネルギー市場の持続的な成長への貢献を目指す
  FIT制度創設時からセカンダリー市場に着目しサービスを先駆的に開発
  第三者の立場で太陽光発電所の総合的なバリュエーションを実施
  インフラファンド向けを軸にサービスの実績を増やす
  PwC Japanのネットワークによりセカンダリー市場向けの支援をワンストップで提供

株式会社日本ソーラーパワー
  プロパティマネジメントの視点を反映したトータルサービスを
  太陽光発電所のライフサイクルに応じて提供
  2015年よりO&Mサービスと売買支援サービスの提供を開始
  資料確認やデューデリジェンスなどの徹底により資産価値を的確に評価
  金融機関などと連携し太陽光発電所を投資商品として提案を進める
  自社開発を含め高品質かつ安心感のある物件確保を重視

株式会社バイタルフォース
  低圧及び高圧の太陽光発電所に対して
  O&Mサービスと取引仲介サービスにより運用・売却の最適化を支援
  発電所の取引仲介サービスの一環で2013年に稼働済み物件の取り扱い開始
  費用対効果を重視したメンテナンスパッケージを低圧向けに用意
  優遇税制の終了により投資家の発電所売却ニーズが増える
  2017年に稼働済み物件の取引仲介実績が約15MWに

株式会社イードリーマー
  Webサイトを活用したセカンダリー市場向けサービスを展開し
  法人・個人の資産運用最適化のニーズに応える
  2014年に太陽光発電所の取引マッチングサイトの運営を開始
  取引仲介に止まらず事務手続きや収支シミュレーションなどトータルサポートを実施
  稼働済み物件の仲介実績が累計40億円を超える
  低圧物件を中心にコンスタントに実績を重ねる

株式会社グッドフェローズ
  Webプラットフォームを活用したサービスメニューを強化し
  セカンダリー市場での取引促進を後押し
  2018年1月に投資用太陽光発電所検索サイトに物件査定機能を実装
  遠隔監視に重きを置いたO&Mサービスをパートナー企業と展開
  メンテナンス義務化やOEM需要によりO&Mサービスの累計実績が50MWを超える
  Web査定機能は運用開始直後から依頼が入る

株式会社エンブルー
  金融技術と発電所運営の経験で磨き上げたプロジェクトマネジメント能力で
  太陽光発電所の売主と買主双方をきめ細かくフォロー
  総出力約6MWとなる複数の自社発電所を運営
  物件選定にあたり現場確認と意思決定のスピードを重視
  稼働中物件は条件を吟味しながら自社購入や取引仲介を行う
  土壌汚染地など開発のハードルが高い案件に積極的に挑戦

特定非営利活動法人日本動産鑑定
  発電リスクと災害リスクを加味した動産評価鑑定により
  発電所の実態に即した事業性評価サービスをスタート
  2017年9月に発電事業を評価する新サービスを外部企業と共同開発
  発電・災害リスクを踏まえて発電事業の将来の価値を分析
  2018年3月までに累計120サイトで動産評価鑑定を実施
  法規制の強化に伴うコンプライアンス対応のニーズ取り込みを目指す

株式会社エヌ・ピー・シー
  太陽光パネル製造装置に加えてO&Mサービスやリサイクル・リユースを展開
  製造から運用、適正処理までをトータルでサポート
  O&Mサービスや太陽光パネルのリサイクル・リユースの展開により事業内容を拡大
  独自開発の検査機器や太陽光パネル解体技術を活かして高品質のサービスを展開
  装置開発のノウハウを活かして検査案件を中心にO&Mサービスの実績を増やす
  太陽光パネルのリサイクル・リユースの累計実績は2017年度内に10,000枚超に

東芝環境ソリューション株式会社
  システム化したリサイクル・リユース技術の提案を進め
  分散型の太陽光パネル適正処理の仕組みづくりを目指す
  三沢市ソーラーシステムメンテナンス事業協同組合にリサイクル・リユースシステムを導入
  独自の評価・破砕・分離技術により高効率なシステムを展開
  太陽光発電所でリユース品の採用が始まる
  蓄電池のリサイクル・リユース技術の研究開発をスタート

アールツーソリューション株式会社
  技術開発やマーケティングに外部とのネットワークを積極的に活用し
  太陽光パネルの適正処理のスキーム構築を促進
  廃棄太陽光パネルの増加を見据えて工場の新設を計画
  リサイクル会社と連携してブラスト処理による剥離技術の開発を進める
  2017年に入り廃棄太陽光パネルの回収実績を大幅に増やす
  リユース品は試験用や独立発電用を軸に販売実績を伸ばす

株式会社環境保全サービス
  ガラスリサイクルの総合メーカーとして
  廃棄太陽光パネルの100%リサイクル実現にノウハウを結集
  2018年2月に廃棄太陽光パネルの処理能力を増強
  「解体」「剥離」「精製」の処理により高品質な資源の回収を実現
  2018年中に廃ガラスリサイクル事業協同組合のリサイクル拠点数10ヶ所を目指す
  画像識別技術など先端技術の検討を進め再資源化装置の改良を継続

おわりに
  太陽光発電設備運用・セカンダリー市場の将来展望
  太陽光発電設備活用事例
    ①株式会社NTTドコモ「グリーン基地局」
    ②KDDI株式会社「トライブリッド基地局」
    ③横浜市水道局「水道施設への太陽光発電設備の設置」
    ④京丹後市「太陽光発電設備を併設した電気自動車用充電ステーション」
    ⑤仙台市「指定避難所などへの防災対応型太陽光発電システムの設置」
    ⑥株式会社ニチイケアパレス「老人ホーム非常電源用太陽光発電」
    ⑦重井医学研究所附属病院「医療機関における太陽光発電設備の導入」
    ⑧日本赤十字社足利赤十字病院「次世代型グリーンホスピタル」
    ⑨DIC株式会社「工場における自家消費型太陽光発電の運用」
    ⑩株式会社山陰放送「AMラジオ送信所の敷地を活用した太陽光発電」

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。