2017年版 DMP/MA市場 ~デジタルマーケティング市場の現状とビジネス展望

MAをはじめデジタルマーケティングツールの導入が進む一方、活用に課題を抱える企業の声を耳にします。本調査レポートでは、ツールの選定・活用のポイントや適用範囲の拡大、周辺マーケティングテクノロジーとの連携などについてデジタルマーケティングツール関連事業者などから話を聞くことで、デジタルマーケティングビジネス拡大に関する有益な情報を提供します。

発刊日: 2017/10/31 体裁: A4 / 169頁
資料コード: C59115700 PDFサイズ: 7.6MB
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:矢野経済研究所が独自に選定したデジタルマーケティング関連事業者など合計22社
調査方法:直接面接取材を基本とし、一部電話やメールによる取材を併用
調査期間:2017年8月~2017年10月

調査結果サマリー
Close

DMP(データマネジメントプラットフォーム)サービス市場/MA(マーケティングオートメーション)サービス市場に関する調査を実施(2017年)
~MA市場 2017年には300億円超え~
・2016年のDMPサービス市場規模は57億7,000万円、2017年は前年比27.2%増の見込
・2017年のMAサービス市場規模は301億9,000万円の見込、AIの活用も進む

資料ポイント
Close

  • あらゆるマーケティング施策が体験型にシフトしていることや、消費者の購買行動がAIDMAモデルからAISASモデルへと変わりつつあり、購買前のインターネット上の体験がより重要になっていることなどから市場規模は拡大傾向にある。
  • 矢野経済研究所で行っているユーザー企業に対するアンケート結果や内閣府などのデータを参考にDMPやMAに対する導入意欲について調査している他、IoTデータやパーソナルデータの活用、パーソナルデータストアや情報銀行への期待、AIの活用などについても触れている。
  • DMP/MAでは導入前・導入後の支援が差別化要素になっていることからコンサルティングサービス提供事業者にもヒアリングを行っている。加えて、デジタルマーケティング施策を行う上でデータのクリーニング等は避けられないため、データベース・マーケティング支援事業者にもヒアリングを行っている。

資料概要
Close

Ⅰ デジタルマーケティング市場の現状と展望
Ⅱ 企業個票
Ⅲ 企業個票(データ編)

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場規模
2.企業動向
3.展望と課題

Ⅰ デジタルマーケティング市場の現状と展望

1.デジタルマーケティング
  1.1.デジタルマーケティングサービス(DMP・MA)の市場規模
    図表1 デジタルマーケティングサービス(DMP・MA)の売上高(2016~2022予)
  1.2.デジタルマーケティングとは
    図表2 デジタル/アナログそれぞれの強み・弱み
    図表3 (参考)プロダクションプリンタの出荷台数シェア(2015~2017年度見/国内)
    図表4 クラウドの利用率
  1.3.マーケティングツールに対する導入意欲
    図表5 ソフトウェア投資額(日銀 短観/2017年9月)
    図表6 今後3年間でIT投資が増加するソフトウェアの推移(2012年度~2016年度)
    図表7 今後3年間におけるIT投資の目的の推移(2012年度~2016年度)
  1.4.IoTデータの活用
    図表8 新規技術の分野別活用状況(IoT・ビッグデータ)
    図表9 新規技術活用による成果(IoT・ビッグデータ)
    図表10 IoT・ビッグデータの活用状況
    図表11 企業規模別にみた「導入済み」企業の割合(IoT・ビッグデータの活用状況)
  1.5.パーソナルデータの活用
    1.5.1.企業サイド
    図表12 サービス開発・提供等のデータ活用(パーソナルデータ)
    図表13 個人データの取扱いや利活用の現在または今後想定される課題や障壁
    1.5.2.顧客サイド
    図表14 パーソナルデータ提供全体に対する不安感
    図表15 企業がパーソナルデータを利活用していることのサービス・アプリ利用の影響
    図表16 パーソナルデータに対する不安感
    図表17 インターネットサービス・アプリケーション利用時のパーソナルデータの提供状況
    図表18 パーソナルデータ提供時のサービスやアプリケーションの利便性・有益性の重視度
  1.6.今後が期待されるツール等
    1.6.1.チャットボット
    1.6.2.パーソナライズド動画
    1.6.3.音声マーケティング
  1.7.デジタルマーケティングツールの中におけるDMP/MA
2.DMP
  2.1.DMPの市場規模
    図表19 DMPサービスの売上高(2016~2022予)
    図表20 ネット広告収入やユーザーデータの推移
  2.2.DMPとは
    図表21 DMP概念図
    図表22 パブリックDMPとプライベートDMPの主な違い
    図表23 DMPサービスの売上高(2016~2021予)(パブリック・プライベート別)
    2.2.1.プライベート×パブリック
  2.3.「使いたい」よりも「何をしたいか」
  2.4.改正個人情報保護法
  2.5.DMP市場のトピックス
    2.5.1.セカンドパーティーデータ
    図表24 IoTデータ流通マーケットプレイス概要
    2.5.2.パーソナルデータストア/情報銀行
    図表25 データ流通・利活用のモデル
    図表26 PDS・情報銀行の企業の認知度
    図表27 PDS・情報銀行の企業の期待度
    2.5.3.用途の拡大
3.MA(マーケティングオートメーション)
  3.1.MAの市場規模とシェア
    3.1.1.MAの市場規模
    図表28 MAサービスの売上高(2016~2021予)
    3.1.2.MAのシェア
    図表29 MAサービスのシェア(2016~2017予)(金額ベース)
  3.2.MAとは
    図表30 MAとCCCM
    図表31 狭義のMAとCCCMの比較
  3.3.MA市場への参入
    図表32 MAに必要な主な機能
  3.4.拡大するクラウド
    図表33 SaaSの利用率と次回システム更新時のSaaS導入予定
  3.5.MAの導入意欲
    図表34 従業員数規模別業種によるMAの導入可能性
  3.6.MAの将来性
    図表35 システム導入率及びパッケージ導入率
  3.7.MA市場の課題
    3.7.1.コンテンツの不足~アウトソーシングへの期待
    3.7.2.マーケティング人材の不足
    3.7.3.組織体制など
  3.8.MA市場のトピックス
    3.8.1.ABM(アカウントベースドマーケティング)
    図表36 MAとABMの違い
    3.8.2.インサイドセールス
    図表37 商談までの流れ
    図表38 インサイドセールスの役割
    3.8.3.IT導入補助金
    図表39 ITツール(ソフトウェア、サービス等)の定義
    図表40 補助上限・下限、補助率

Ⅱ 企業個票

1.株式会社インティメート・マージャー
  図表41 使用中のツールからデータ活用方法を見つけるプラン
  図表42 連携イメージ
2.株式会社クロスリスティング
  図表43 クロスリスティングDMP イメージ図
  図表44 データ粒度 イメージ
  図表45 MindPick イメージ図
3.デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
  図表46 AudienceOne®概念図
4.株式会社ALBERT
  図表47 smarticA!DMPの概念図
5.株式会社ブレインパッド
  図表48 Rtoaster概念図
6.ヤフー株式会社
  図表49 Yahoo! DMPの導入方法(一例)
7.株式会社アクティブコア
  図表50 アクティブコアマーケティングクラウドの構成
  図表51 機械学習・ディープラーニングを組み込んだレコメンドアルゴリズム(イメージ)
  図表52 プライベートDMPからLINEやメールを活用したマーケティングオートメーションイメージ
8.アドビシステムズ株式会社
  図表53 Adobe Experience Cloud
  図表54 Adobe Marketing Cloudの各ソリューション
9.株式会社イノベーション
  図表55 リストファインダー概念図
  図表56 Web解析の仕組みと特長
10.カイロスマーケティング株式会社
  図表57 「Kairos3」の主な機能
  図表58 「Kairos3」月額利用料金
  図表59 「Kairos3」請求料金のしくみ
11.SATORI株式会社
  図表60 SATORIの主な機能
12.株式会社シャノン
  図表61 シャノンが提供するデータ品質管理
  図表62 新プログラムの内容および主なパートナー
13.株式会社セールスフォース・ドットコム
14.チーターデジタル株式会社
  図表63 CCMPの主な機能
  図表64 CCMPイメージ図
15.日本アイ・ビー・エム株式会社
16.日本オラクル株式会社
  図表65 Oracle Marketing Cloudに含まれる主なソリューション
17.Hub Spot Japan株式会社
  図表66 HubSpot製品の位置づけ(概念図)および強み
18.株式会社フロムスクラッチ
  図表67 b→dash オールインワン実現イメージ図
  図表68 b→dashの主な機能
  図表69 b→dashの主な特徴
19.株式会社マルケト
  図表70 Marketoエンゲージメントマーケティングプラットフォームのアプリケーション
20.シンフォニーマーケティング株式会社
  図表71 シンフォニーマーケティングの事業内容
21.株式会社パワー・インタラクティブ
  図表72 サービス詳細
22.株式会社ランドスケイプ
  図表73 uSonar活用イメージ図
  図表74 主な連携ツール

Ⅲ 企業個票(データ編)

1.株式会社インティメート・マージャー
2.株式会社クロスリスティング
3.デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
4.株式会社ALBERT
5.株式会社ブレインパッド(Rtoaster)
6.株式会社ブレインパッド(Probance)
7.株式会社アクティブコア
8.アドビシステムズ株式会社
9.株式会社イノベーション
10.カイロスマーケティング株式会社
11.SATORI株式会社
12.株式会社シャノン
13.株式会社セールスフォース・ドットコム
14.チーターデジタル株式会社
15.日本アイ・ビー・エム株式会社
16.日本オラクル株式会社
17.Hub Spot Japan株式会社
18.株式会社フロムスクラッチ
19.株式会社マルケト

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59112900 2017 国内企業のIT投資実態と予測
C59114700 2017年版 飲料市場の現状と展望
C59103100 2017-2018 BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場の実態と展望
C59113100 2017年版 フューネラルビジネスの実態と将来展望