2019年版 DMP/MA市場 ~デジタルマーケティングツールの活用実態とビジネス展望~

消費者の購買行動はAIDMAからAISASへと変化しつつあります。近年、MA(マーケティングオートメーション)をはじめとするデジタルマーケティングツールの導入が進んでおり、企業は消費者ごとにパーソナライズされた、より良い顧客体験の提供に取組んでいます。本調査レポートでは、DMP(パブリックDMP、プライベートDMP、CDP)/MA事業者などを対象に調査を進めていきます。デジタルマーケティングツールの活用実態を把握していくとともに、今後のDMP/MA市場の方向性を展望いたしました。

発刊日
2019/09/27
体裁
A4 / 158頁
資料コード
C61113400
PDFサイズ
4.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:DMP/MAなど国内デジタルマーケティングツール関連事業者の実態を調査・分析することで、同市場関連事業者および関係者のマーケティング活動に資することを目的とする。
調査対象:弊社が独自に選定したデジタルマーケティング関連事業者など合計16社
調査方法:直接面接取材、電話調査や文献調査など
調査期間:2019年7月~2019年9月

資料ポイント
Close

  • DMP・MA市場規模を掲載(2018年~2024年予測)
  • デジタルマーケティングツールの活用実態・課題を整理・分析
  • DMP・MA市場の将来を展望

資料概要
Close

Ⅰ.デジタルマーケティングツール(DMP/MA)市場の現状と展望
Ⅱ.企業個票
Ⅲ.企業個票(データ編)

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場規模
2.市場概況
3.企業動向
4.展望と課題

Ⅰ.デジタルマーケティングツール(DMP/MA)市場の現状と展望

1.デジタルマーケティングツール(DMP/MA)市場
 1.1.DMP/MAの市場規模
 1.2.DMP/MAの市場概況
 1.3.デジタルマーケティングの概要
  1.3.1.デジタルマーケティングとは
  1.3.2.デジタルマーケティングツール
  1.3.3.デジタルマーケティングツールの中におけるDMP/MA
 1.4.パーソナルデータの流通・活用に関する取り組み
 1.5.パーソナルデータに係る法制度
  1.5.1.日本の状況
  1.5.2.海外の動向
2.DMP市場
 2.1.DMPの市場規模
  2.1.1.DMPの市場規模(2018年~2024年予測)
  2.1.2.DMP(パブリック・プライベート/CDP別)市場規模(2018年~2024年予測)
 2.2.DMPの市場概況
 2.3.DMP(パブリックDMP・プライベートDMP)とは
 2.4.DMPベンダー各社の製品概要
 2.5.DMPの需要動向
 2.6.CDP(Customer Data Platform)とは
 2.7.CDP市場概況
 2.8.DMP市場のトピックス
  2.8.1.クロスデバイスに関する取組み
  2.8.2.Cookieの利用制限に対する取組み
  2.8.3.セカンドパーティーデータの活用
 2.9.今後の展望
3.MA(マーケティングオートメーション)
 3.1.MAの市場規模
 3.2.MAの市場概況
 3.3.MA(マーケティングオートメーション)とは
 3.4.各社のMA製品特徴/強み
 3.5.MA市場の需要動向
  3.5.1.配信チャネルの傾向
  3.5.2.他ツールとの連携
 3.6.外資系ベンダーの動向
  3.6.1.アドビ システムズ
  3.6.2.SAS Institute Japan
  3.6.3.セールスフォース・ドットコム
  3.6.4.日本IBM
  3.6.5.日本オラクル
  3.6.6.Hubspot Japan
 3.7.MA市場の課題
  3.7.1.マーケティング人材の不足
  3.7.2.中小企業のMAに対する理解
  3.7.3.組織体制、データ品質など
 3.8.MA市場のトピックス
  3.8.1.MAベンダー各社のAI活用状況
  3.8.2.オンライン/オフライン施策の融合
  3.8.3.インサイドセールス
 3.9.今後の展望
4.国内企業のIT投資の動向
 4.1.今後3年間でIT投資が増加するソフトウェア
 4.2.今後3年間におけるIT投資の目的
5.パーソナルデータの活用意向
 5.1.企業側の意向
 5.2.顧客側の意向
6.インターネット広告市場の動向
 6.1.インターネット広告総市場規模(2016年度~2019年度見込)
 6.2.PC/スマートフォン別広告市場規模(2016年度~2019年度見込)

Ⅱ.企業個票

1.株式会社インティメート・マージャー
2.Supership株式会社
3.デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
4.トレジャーデータ株式会社
5.株式会社ブレインパッド
6.株式会社アクティブコア
7.アドビシステムズ株式会社
8.株式会社イノベーション
9.SATORI株式会社
10.株式会社ジーニー
11.株式会社シャノン
12.株式会社セールスフォース・ドットコム
13.日本オラクル株式会社
14.HubSpot Japan株式会社
15.株式会社フロムスクラッチ
16.株式会社ランドスケイプ

Ⅲ.企業個票(データ編)

1.株式会社インティメート・マージャー
2.Supership株式会社
3.デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
4.トレジャーデータ株式会社
5.株式会社ブレインパッド(Rtoaster)
6.株式会社ブレインパッド(Probance)
7.株式会社アクティブコア
8.アドビシステムズ株式会社(Adobe Marketing Cloud)
9.アドビシステムズ株式会社(Marketo Engage)
10.株式会社イノベーション
11.SATORI株式会社
12.株式会社ジーニー
13.株式会社シャノン
14.株式会社セールスフォース・ドットコム
15.日本オラクル株式会社
16.HubSpot Japan株式会社
17.株式会社フロムスクラッチ
18.株式会社ランドスケイプ

図表目次

図表1 DMP/MAの売上高(2018年~2024年予測)
図表2 AIDMAモデルとAISASモデル
図表3 デジタル/アナログそれぞれの強み・弱み
図表4 パーソナルデータの流通・活用を進める仕組みの定義
図表5 GDPRにおける事業者の義務の例
図表6 CCPAの対象事業者
図表7 DMPサービスの売上高(2018年~2024年予測)
図表8 DMP(パブリック・プライベート/CDP別)市場規模(2018年~2024年予測)
図表9 DMP概念図
図表10 パブリックDMPとプライベートDMPの主な違い
図表11 DMPベンダー各社の製品概要
図表12 CDPとは
図表13 トレジャーデータとブレインパッドの連携
図表14 クロスデバイスに関する取り組み
図表15 データの種類
図表16 MA市場規模(2018年~2024年予測)
図表17 MAとCCCM
図表18 狭義のMAとCCCMの比較
図表19 各社のMA製品の特徴/強み
図表20 Customer Intelligenceを構成する6つのモジュール
図表21 MAベンダー各社のマーケター育成/ユーザーサポートに関する取り組み
図表22 MAベンダー各社のAI活用状況
図表23 デジタルとアナログの融合
図表24 商談までの流れ
図表25 インサイドセールスの役割
図表26 今後3年間でIT投資が増加するソフトウェア2014年度~2018年度(複数回答)
図表27 今後3年間におけるIT投資の目的
図表28 サービス開発・提供等のデータ活用(パーソナルデータ)
図表29 個人データの取扱いや利活用の現在または今後想定される課題や障壁
図表30 パーソナルデータ提供全体に対する不安感
図表31 パーソナルデータに対する不安感
図表32 インターネットサービス・アプリケーション利用時のパーソナルデータの提供状況
図表33 パーソナルデータ提供時のサービスやアプリケーションの利便性・有益性の重視度
図表34 インターネット広告総市場規模推移(2016年度~2019年度見込)
図表35 PC/スマートフォン広告市場規模
図表36 IM-DMPの概要
図表37 共催セミナーの事例
図表38 Arm Treasure Data CDP
図表39 ブレインパッドが開発・選定した製品群
図表40 Rtoasterの概要
図表41 Adobe Experience Cloud
図表42 「SATORI」の課題別利用シーン
図表43 Marketing Cloud製品群
図表44 Pardotの特長
図表45 Oracle Marketing Cloud
図表46 インバウンド手法
図表47 インバウンド手法と成長プラットフォーム
図表48 各製品の主要機能
図表49 HubSpotの料金体系
図表50 b→dashの主要機能
図表51 uSonarの活用イメージ
図表52 各種ツールとの連携事例(抜粋)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。