2018年版 癌治療の現状と展望

日本人の死亡原因第1位は、1981年以降、悪性腫瘍、いわゆる「がん」となっている。年間30万人以上の人ががんで亡くなっており、そして年間70万人以上の人が新たにがんになっている状況である。さらに、今後日本は高齢化が進むにつれて、がん患者の人数はますます増えていくことが予測されている。こうした中、メディカル領域では、がんの克服を目的とした様々な研究が行われている。治療分野では、従来の化学療法に代わり、がんの増殖や転移に必要な分子を特異的に抑制する分子標的薬が中心となりつつある。またこうした薬剤の奏効性の確認や、がんの再発リスクを判断するためのがん関連遺伝子検査も普及を続けている。あわせて、関連した基礎研究も、大学や国家研究機関を中心に盛んに行われている状況である。市場も、単に治療だけではなく、QOL向上、疾患の予防といったキーワードから、疾患のトータルサポートが重要となっている。
このような状況の下、今後需要の高まる「がん治療関連市場」に焦点を当て、がん研究用試薬、がん関連遺伝子検査、がん治療薬市場について、全体、分野別それぞれの市場規模とメーカーシェア、ユーザーニーズへの対応などについて調査・分析を行う。さらに、参入企業の事業展開、今後の方向性などについて総合的、多角的に捉え、2021年の市場を展望。マーケットの可能性を提示する。

発刊日
2018/09/下旬
体裁
A4 / 約180頁
資料コード
C60112600
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

患者数、死亡者数ともに増加の一途を辿り、拡大を続けるがん関連市場。個別化医療を実現した分子標的薬、がん関連遺伝子検査が広がりを見せている。がん治療薬と関連する検査、研究動向を調査。

リサーチ内容

2018年8月23日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査結果のポイント

Ⅰ 市場分析編

第1章 癌治療の現状と展望/市場実態と注目動向
  1.がん疾患の概要
    1)がんの種類
    2)発症状況
    (1)患者数/国内死亡者数
    (2)部位別:罹患数/死亡率
  2.がん関連市場概要
    1)予防市場
    2)検診市場
    3)主要治療法の概略
    ①外科手術
    ②抗がん剤治療
    ③放射線治療
  3.がん関連市場の展望(がん研究用試薬市場、
    がん関連遺伝子検査市場、がん治療薬市場)
    1)各市場の展望
    ①がん研究用試薬市場
    ②がん関連遺伝子検査市場
    ③がん治療薬市場
    2)がん関連市場の展望
第2章 がん関連製品の注目市場(研究・診断)
  1.がん研究用試薬市場
    1)がん研究用試薬の概要
    2)がん研究用試薬の種類
    ①miRNA試薬
    ②組織アレイ
    ③腫瘍スライド
    ④FISHプローブ
    3)主ながん研究用試薬の市場規模
    4)主ながん研究用試薬市場の参入企業シェア
    ①miRNA試薬
    ②組織アレイ試薬
    ③腫瘍スライド試薬
    ④FISHプローブ試薬
    5)主ながん研究用試薬の市場規模予測
    6)がん研究用試薬市場の展望
    ①miRNAを用いた癌マルチ診断法の開発、製品化
    ②難治性がんに対する研究
  2.がん関連遺伝子検査市場(診断薬、受託)
    1)がん関連遺伝子検査の概要
    2)がん関連遺伝子診断薬の概要
    ①コンパニオン診断薬
    ②その他診断薬(副作用予測、治療モニタリング)
    3)がん関連遺伝子検査受託の概要
    ①がん関連遺伝子検査受託
    ②その他がん関連遺伝子検査受託
    (再発リスク検査、易罹患性検査)
    4)がん関連遺伝子診断薬の市場規模
    5)がん関連遺伝子検査受託の市場規模
    6)がん関連遺伝子検査診断薬市場の参入企業シェア
    7)がん関連遺伝子検査受託市場の参入企業シェア
    8)がん関連遺伝子診断薬の市場規模予測
    9)がん関連遺伝子検査受託の市場規模予測
    10)がん関連遺伝子検査の展望
    ①がん関連遺伝子診断薬
    ②がん関連遺伝子検査受託
第3章 がん治療薬(殺細胞性抗癌剤、ホルモン療法剤、生物学的応答調整剤)市場
  1.がん治療薬市場の概況
    A.抗がん剤
    ①アルキル化剤
    ②代謝拮抗薬
    ③アルカロイド系(植物由来物質)
    ④抗生物質製剤
    ⑤プラチナ製剤
    B.内分泌系療法剤(ホルモン製剤、ホルモン拮抗剤)
    C.生物学的応答調整剤
    ①インターフェロン
    ②免疫賦活剤
  2.がん治療薬(殺細胞性抗癌剤、ホルモン療法剤、
    生物学的応答調整剤)市場の参入企業および製品概要
  3.がん治療薬(殺細胞性抗癌剤、ホルモン療法剤、
    生物学的応答調整剤)市場の市場規模
  4.がん治療薬市場の主要分野シェア状況
    ①代謝拮抗剤
    ②植物アルカロイド製剤
    ③プラチナ製剤
    ④ホルモン製剤(ホルモン拮抗剤を含む)
  5.がん治療薬(化学療法剤)市場の新薬開発状況
  6.がん治療薬(殺細胞性抗癌剤、ホルモン療法剤、
    生物学的応答調整剤)市場の市場規模予測
  7.がん治療薬(殺細胞性抗癌剤、ホルモン療法剤、
    生物学的応答調整剤)市場の将来展望
第4章 がん分子標的治療市場の現状と展望
  1.がん分子標的治療市場の概況
    1)メカニズム
    2)各社の製品概況
  2.分子標的治療市場の市場規模
  3.分子標的治療市場のシェア状況
  4.分子標的治療市場の開発動向
  5.分子標的治療市場の市場規模予測
  6.分子標的治療市場の将来展望
  7.がん治療薬の開発状況

Ⅱ 参入企業事業実態編

(掲載予定企業)
医学生物学研究所、エスアールエル。LSIメディエンス、キアゲン、コスモ・バイオ、シスメックス、大日本住友製薬、中外製薬、DNAチップ研究所、日本化薬、ビー・エム・エル、ファルコバイオシステムズ、ロシュ・ダイアグノスティクス、和光純薬工業、他

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。