2018 空間活用ビジネスの事例研究と動向調査

アメリカで高い知名度を誇るコワーキングスペース事業者WeWorkが2017年に日本に参入するなど、近年シェアリングエコノミーの考え方を取り入れたスペースの利活用ビジネスが活発化している。こうしたシェアリングエコノミーの意識の高まりに加えて、今後日本では空き家、廃校の増加が予測されているほか、2022年には生産緑地の税制上の優遇措置が期限を迎え、農地の大量供給が行われるとの声もあり、こうしたスペースの利活用についても課題となっている。
本調査レポートでは、こうした市場の潮流を捉え、スペース利活用の効果的な事例・ビジネスモデルを考察・分析する。

発刊日
2018/10/下旬
体裁
A4 / 約190頁
資料コード
C60115000
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 対象分野:コワーキングスペース、レンタルオフィス、貸し会議室、空き家、店舗スペース、駐車場、廃校、生産緑地

リサーチ内容

2018年8月16日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 総論

空間活用の現況、空きスペースの今後の供給予測

第2章 コワーキングスペース・レンタルオフィス

・各論(市場定義、市場性、今後の市場予測、トピックス、運営事業者の一覧とその特徴、地域性、外部環境の変化、法制度動向)
・事例研究(ビジネスモデル、強み、収益性、主な顧客層、利用者の評価、課題、矢野経済研究所の視点)
  ①WeWork
  ②リージャス
  ③三井不動産

第3章 貸し会議室

・各論(市場定義、市場性、今後の市場予測、トピックス、運営事業者の一覧とその特徴、地域性、外部環境の変化、法制度動向)
・事例研究(ビジネスモデル、強み、収益性、主な顧客層、利用者の評価、課題、今後の戦略)
  ①ティーケーピー
  ②スペイシー

第4章 空き家

・各論(市場定義、市場性、今後の市場予測、トピックス、運営事業者の一覧とその特徴、地域性、外部環境の変化、法制度動向)
・研究(ビジネスモデル、強み、収益性、主な顧客層、利用者の評価、課題、今後の戦略)
  ①民泊(Airbnb、楽天LIFULL STAY)
  ②リノベーション
  ③サテライトオフィス
  ④クラウドファンディング
  ⑤空きスペース仲介(スペースマーケット)
  ⑥トランクルーム(モノオク)

第5章 店舗

・各論(市場定義、市場性、今後の市場予測、トピックス、運営事業者の一覧とその特徴、地域性、外部環境の変化、法制度動向)
・事例研究(ビジネスモデル、強み、収益性、主な顧客層、利用者の評価、課題、今後の戦略)
  ①コワーキングスペース
  ②開店前等の空き時間の利用
  ③コインロッカー(ecbo cloak)
  ④ポップアップストア運営(SHOPCOUNTER)

第6章 駐車場

・各論(市場定義、市場性、今後の市場予測、トピックス、運営事業者の一覧とその特徴、地域性、外部環境の変化、法制度動向)
・事例研究(ビジネスモデル、強み、収益性、主な顧客層、利用者の評価、課題、今後の戦略)
  ①タイムズ24(B-Times)
  ②Akippa(Akippa)
  ③ソフトバンク(BLUU Smart Parking)

第7章 廃校

・各論(市場定義、市場性、今後の市場予測、トピックス、運営事業者の一覧とその特徴、地域性、外部環境の変化、法制度動向)
・研究(ビジネスモデル、強み、収益性、主な顧客層、利用者の評価、課題、今後の戦略)
  ①世田谷ものづくり学校(東京都世田谷区)
  ②アーツ千代田3331(東京都千代田区)
  ③泊まれる学校 さる小(群馬県みなかみ町)

第8章 生産緑地

・各論(市場定義、市場性、今後の市場予測、トピックス、運営事業者の一覧とその特徴、地域性、外部環境の変化、法制度動向)
・事例研究(ビジネスモデル、強み、収益性、主な顧客層、利用者の評価、課題、今後の戦略)
  ①アグリメディア
  ②マイファーム

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

140,400
130,000
10,400
140,400
130,000
10,400
172,800
160,000
12,800
280,800
260,000
20,800
313,200
290,000
23,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。