2018-2019年版 AMOLEDパネル・主要部材市場の現状と将来展望

発刊日
2019/01/下旬
体裁
A4 / 約180頁
資料コード
C60121700
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2018年12月28日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

Foldableスマホは2019年内での改良点洗い出しが急務
性能改善をもってFoldableスマホがOLED市場の成長起爆剤なるか

  • 19年春の上市予定であるサムスン電子のFoldableスマホ、厳しい評価を覚悟した上での投入決定
    改良への最終調整の真っ只中、スマホセットとしての薄型・軽量化への険しい道のりを予想
    Foldableスマホの本格普及は19年内の改良レベル次第、本命は2020年以降のiPhone向け
  • 急成長が続くLGD独占舞台のOLED-TVパネル市場、後発組のSDC、BOE等が参戦を本格化
    大型投資と共にOLED-TVパネルの爆発的な生産計画を続行するLGDの勝ち逃げなるか
  • SDCは大型パネルで主流のWOLEDを選択せず、QD-OLEDの独自開発を推進
    TV等の大型パネル向けは蒸着方式のほか、4K/8Kに対応した塗布材料・印刷方式の検討も進む
  • Foldableスマホの製品化に伴い、「ガラス代替フィルム」市場が拡大
    TFT基板、カバー代替、基板保護、TFE用等のPI材の採用が本格化
  • OCTA・Y-OCTAの拡販に注力するSDCに対抗し、
    新規顧客・用途開拓に生き残りをかけたAMOLEDパネル用TPメーカーの総力戦が進展
  • 中国OLEDパネルメーカー向けや桁違いの面積拡大が見込まれるOLED-TVマーケット向け
    新規需要を見据えた素子材料、封止材、TP等の関連各社は一斉に供給体制の整備を急ぐ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。