2019年版 美容医療の展望と戦略

発刊日
2019/05/下旬
体裁
A4 / 約300頁
資料コード
C61100700
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 美容医療を取り扱った業界唯一の必読資料
  • 美容医療の市場概況、美容医療チェーンの動向、大学病院の参入状況を調査
  • 有名美容外科チェーンの戦略を調査分析
  • 美容医療の問題点と課題、今後の業界展望を予測
  • 美容医療用医療機器、美容医療向け化粧品、美容医療向け医療材料の動向を調査
  • 美容外科・美容皮膚科へアンケート調査を実施、経営実態や問題点等を把握(100施設程度を回収)
  • 美容医療経験者・興味のある20~50代の女性約400名に対しネットアンケート調査を実施、利用意向   や美容外科チェーンの認知度等を把握
  • 美容医療に係る公的データを分析、その傾向を把握

リサーチ内容

2019年4月25日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 美容医療の実態と将来展望

1.日本における美容医療の変遷
2.市場概況
  1)美容外科数推移(1990~2017年)
  2)美容外科の一般病院/診療所比率(2014年/2017年)
  3)総医療施設数・美容外科伸長率比較(1990~2017年)
  4)美容医療施術件数推移(2009~2011年・2014年・2017年)
  5)美容医療の施術別構成比(2014年/2017年)
  6)美容医療の施術別件数(2009~2011年・2014年・2017年)
    (1)外科的施術
    (2)非外科的施術
  7)美容医療市場規模推移(2009~2011年・2014年・2017年)
    (1)総市場規模
    (2)外科的施術市場規模
    (3)非外科的施術市場規模
    (4)市場規模構成比(2014年/2017年)
3.美容医療における業界構造(チェーン運営施設比率/シェア)
  1)2017年
  2)2019年
  3)2017年/2019年のチェーン運営施設増減
4.美容医療チェーン運営施設の動向
  1)美容医療チェーン運営施設の概況
    (1)脱毛特化型クリニックの急成長
    (2)医療の高度化を図る医療施設の増加
    (3)首都圏での開院を強化する施設の増加
  2)美容医療チェーンの戦略分析
    (1)価格戦略
    (2)分院戦略
5.大学病院の参入状況
  1)大学病院の参入経緯
  2)美容医療施術を実施している大学病院(2017年/2019年)
6.株式会社の参入状況
  1)資生堂(南青山皮膚科スキンナビクリニック)
  2)ロート製薬(アオハルクリニック)
  3)バイオマスター(セルポートクリニック横浜)
7.関連市場の動向
  1)注入材料の動向
  2)医科向け(美容医療向け)化粧品市場の動向
    (1)市場概況
    (2)医療施設で主に販売・推奨されている化粧品一覧
    (3)販売体制
    (4)市場規模推移(2014~2018年度)
    (5)メーカーシェア(2018年度)
    (6)市場規模予測(2019~2023年度)
  3)美容医療関連医療機器の動向
    (1)あざとり・美顔用レーザー装置
    (2)脱毛機器
    (2)IPL、高周波・中周波機器
8.関連団体一覧
  1)日本美容外科学会(JASPAS)
  2)日本美容外科学会(JSAS)
  3)日本美容医療協会
  4)日本美容外科医師会
  5)日本美容皮膚科学会
9.美容医療サービスに関する相談件数(2012~2017年)
10.美容医療における問題点と課題
  1)改正特定商取引法への対応
  2)医療広告ガイドラインへの対応
  3)人材育成・人材確保
11.美容医療市場の今後の展望
  1)外科的施術から非外科的施術へのシフト
  2)「美容皮膚科」を標榜する医療施設の増加
  3)美容内科領域を拡大する医療施設の増加

第Ⅱ章 美容医療施設の実態調査

調査概要
調査結果要旨

1.診療科目
2.年間延べ患者数
3.患者特性(女性比率)
4.施術メニュー別取扱状況
5.施術メニュー別中心価格
6.主力としている施術メニュー
  1)顔
  2)身体
7.増加傾向にある施術メニュー
  1)顔
  2)身体
8.今後注力する施術メニュー
  1)顔
  2)身体
9.広告宣伝方法
10.抱えている問題点
11.今後の運営方針
  1)マーケティング面
  2)経営面
12.美容医療業界の問題点
13.業界発展に必要なもの
14.5年後の業界展望
15.使用中の機器・薬剤・材料の動向
  1)使用状況
  2)機器・薬剤・材料の発売元企業名
□回答施設の個別実態(76施設)

第Ⅲ章 美容医療に関する消費者調査

1.気になる部分・治したい部分
2.美容医療の利用状況
3.美容医療施設選択理由
4.美容医療の施術別利用状況
5.美容医療を利用しない理由
6.美容医療を利用すると仮定した場合の施設選択基準
7.施術への条件
  1)顔:二重瞼(埋没法)
  2)顔:二重瞼(切開法)
  3)顔:しわ・たるみ取り(フェイスリフト)
  4)顔:しわ・たるみ取り(注射等)
  5)顔:しみ・あざ・ほくろ除去
  6)顔:にきび・にきび痕
  7)顔:鼻の整形
  8)顔:美肌
  9)顔:あご・輪郭修正
  10)顔:植毛
  11)顔:アートメイキング
  12)顔:ブローリフト
  13)顔:耳の整形
  14)顔:歯の整形
  15)顔:唇の整形
  16)身体:脂肪吸引
  17)身体:痩身・部分痩せ(脂肪吸引除く)
  18)身体:豊胸
  19)身体:乳頭の整形
  20)身体:美肌
  21)身体:脱毛
  22)身体:わきが・多汗症
  23)身体:タンニング(日焼け)
  24)身体:ヘソの整形
  25)身体:女性器の整形
  26)身体:傷跡修正
  27)身体:刺青除去
8.美容医療チェーンの知名度
9.美容医療チェーンのイメージ

<対象クリニック>
湘南美容クリニック、城本クリニック、中央クリニック、共立美容外科、品川美容外科、東京青山クリニック、東京美容外科、あさひ美容外科、聖心美容クリニック、大塚美容形成外科・歯科、ガーデンクリニック、コーラルビューティークリニック、高須クリニック、ファーストビューティクリニック。リゼクリニック、アリシアクリニック、フェミークリニック、レジーナクリニック

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。