2019年版 健康食品の受託製造市場

発刊日
2019/06/下旬
体裁
A4 / 約400頁
資料コード
C61101300
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

172,800
160,000
12,800
172,800
160,000
12,800
205,200
190,000
15,200
345,600
320,000
25,600
378,000
350,000
28,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 健康食品の受託製造市場は、堅調な国内需要に加え、輸出向けが増加し緩やかな拡大基調を辿る。ファブレスが多い健康食品市場において、通販事業者や、大手医薬品・食品メーカーからの受注を獲得している総合受託大手企業や得意技術を有する中堅OEMメーカーの業績が好調。さらに引き合いが強まる機能性表示食品に対する受託メーカー各社の取り組みを徹底検証。
  • 剤形別では、堅調な青汁や、近年需要が高まるプロテインなど、顆粒・粉末の需要が拡大基調。また、打錠やソフトカプセルなどの剤形も堅調に推移。包装形態では、スティック三方シール包装が伸長。
  • 参入企業が増加する中、OEMメーカーには差別化が求められており、独自素材の開発・展開、製剤技術の開発、加工技術の高度化(ナノ化、精製脱臭、マスキング、コーティング、脂溶成分の可溶化、等)、品質管理体制強化などが進んでいる。特に、品質管理面については、大手医薬品・食品メーカーの健康食品市場参入が進む中で、要求レベルが高まっている。
  • あらゆる剤形を原料仕入から最終製品製造まで一貫して受託する総合系、特定の加工・剤形に強みを持つ専業系など、約20社の事業戦略を徹底分析。また、メーカーシェア・ランキングを算出・掲載。
  • 健康食品受託製造市場を中心として、健康食品産業の川上から川下までを網羅した必携の一冊。

リサーチ内容

2019年5月30日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 健康食品受託製造市場の動向

1.受託製造市場を取り巻く環境と市場概況
  (1)健康食品受託製造市場 市場規模推移
    ・健康食品の受託製造市場 市場規模推移(2012~2018年度)
  (2)主要企業の動向
    ①全体動向
    ・健康食品受託製造企業のOEM売上高推移(2017~2018年度)
    ・健康食品受託製造企業 OEMシェア(2018年度)
    ・主要受託企業の全体動向
    ②主要受託企業の販売動向
    ③主要受託企業の営業動向
    ④主要受託企業の生産・品質管理動向
    ⑤主要受託企業の研究開発動向
    ⑥主要受託企業の原材料・資材動向
2.受託製造市場の動向
  (1)市場の構造と近年の変化
    ・有力企業の設備状況
    ・健康食品受託製造の流通チャネル図
    ・受託生産の主な流れ
3.製品形状別の動向
  (1)全体動向
    ・健康食品(末端製品)剤形別市場規模(2015~2017年度)
    ・健康食品(末端製品)剤形別構成比(2015~2017年度)
  (2)ハードカプセル
  (3)ソフトカプセル
  (4)錠剤
  (5)顆粒・粉末
  (6)ドリンク
  (7)その他
4.注目の業界動向
  (1)機能性表示食品
    ①機能性表示食品の状況
    ・食品種類別受理件数
    ・その他加工食品の内訳
    ・機能性表示の内容、件数
    ・機能性の科学的根拠
    ・届出企業と受理件数
    ②機能性表示食品に対する健康食品受託製造企業の取り組み、意向
  (2)海外市場に対する健康食品受託製造企業の取り組み
5.健康食品受託製造市場における今後の展望、市場規模予測
  ・健康食品の受託製造市場 市場規模予測(2019~2023年度)
  ・有力受託製造企業の今後の方針・戦略
  ・有力受託製造企業の業界展望 

第Ⅱ章 健康食品(末端製品)の市場動向

1.健康食品の市場動向
  (1)市場全体動向
    ・健康食品の市場規模推移(2014~2019年度予測)
    ・健康食品の流通経路別市場規模(2017年度)
  (2)流通別の市場概況
    ・健康食品チャネル別市場規模、シェア推移(2016~2019年度予測)
  (3)今後の市場規模予測
2.商品動向
  (1)素材動向
    ・主要品目別の規模推移(2015~2017年度)
  (2)効果・効能別の市場動向124
    ・効果・効能別市場規模(2015~2017年度)
  (3)価格動向
3.消費者の健康食品摂取状況 ~消費者調査分析~
  (1)身体状態で気にしている点や改善したい症状について
  (2)健康維持・増進や美容のために行っていること、心がけていること
  (3)『機能性表示食品』の認知状況
  (4)『機能性表示食品』を摂取する際に期待される機能のうち、関心のあるもの
  (5)健康食品の摂取状況
  (6)健康食品に対する1か月当たりの支出金額
  (7)摂取している健康食品の形状
  (8)摂取している健康食品の主成分

第Ⅲ章 健康・機能性食品素材(バルク原料)の市場動向

1.健康・機能性食品素材の市場概況
  ・調査対象素材(33素材)の流通量、流通金額の推移
    (食品用途、2015~2018年度予測)
2.健康・機能性食品素材の価格動向
  ・主要素材の原料単価
3.今後の健康・機能性食品素材市場の展望
  ・拡大が見込まれる主要素材の流通量予測(2015~2016年度)

第Ⅳ章 有力企業個票

アピ(株)、アリメント工業(株)、井藤漢方製薬(株)、磐田化学工業(株)、(株)AFC-HDアムスライフサイエンス、カプスゲル・ジャパン(株)、(株)カマタ、協和薬品(株)、(株)三協、三生医薬(株)、住岡食品(株)、大同薬品工業(株)、東洋カプセル(株)、(株)東洋新薬、(株)トンボ飲料、中日本カプセル(株)、日本タブレット(株)、日本ヘルス(株)、バイホロン(株)、備前化成(株)、(株)ファイン、富士カプセル(株)

健康食品受託製造市場 参入企業一覧

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

172,800
160,000
12,800
172,800
160,000
12,800
205,200
190,000
15,200
345,600
320,000
25,600
378,000
350,000
28,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。