2019年版 睡眠関連ビジネス市場の現状と方向性

社会や労働環境の変化に伴い、本来とるべき十分な睡眠がえられず、精神的な症状を訴える人は増え、社会的な問題になろうとしている。「睡眠負債」というキーワードにより、睡眠の重要性が認知されてはいるものの、日本人の平均睡眠時間は変わっておらず、依然として短時間睡眠を強いられているのが現状である。
睡眠をキーワードとした製品開発は進んでいるが、ヒット商品といま一つの結果となった企業は両極端である。寝具メーカーの大手企業の合併など、業界再編に向けた新たな展開を試みる事例は幾つもみられ、勝ち残りを掛けて動きがみられる。また、高齢者施設・睡眠・人手不足といったような、「睡眠」とは別のキーワードも少しずつ市場形成に影響してきているとみられる。
本調査レポートは、睡眠に関わる製品を、機能性寝具類、食品・サプリメント、医薬品(睡眠薬、睡眠改善薬)、医療機器(CPAP装置など)、睡眠計測器、その他とし、これらを市場(マーケット)として捉え、分析していくことを資料の目的とし、睡眠に関連する製品の現状および今後の予測、方向性について分析する。

発刊日
2019/09/下旬
体裁
A4 / 約250頁
資料コード
C61110200
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

167,400
155,000
12,400
167,400
155,000
12,400
199,800
185,000
14,800
334,800
310,000
24,800
367,200
340,000
27,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 睡眠関連市場とは何か。業績の明暗を分けるキーワードを探る
  • 睡眠に関連する製品の市場規模、主要参入企業の動き、方向性他

リサーチ内容

2019年8月23日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 睡眠関連ビジネスの市場概況

1.睡眠関連ビジネスの現状
  (1)高級寝具類
    ⅰ)ベッド関連
    ⅱ)枕
  (2)睡眠関連サプリメント(機能性食品)
  (3)医薬品(主に睡眠改善薬)
  (4)睡眠時無呼吸症候群(SAS)関連(CPAP機器)
  (5)睡眠計測器
  (6)その他
2.睡眠関連ビジネス市場を取り巻く状況
  (1)睡眠ビジネスの社会的背景
  (2)睡眠時間に関する統計
    ①総務省統計局による「社会生活基本調査」
    ②厚生労働省 健康局健康課による「国民健康・栄養調査結果」
  (3)睡眠障害に関する統計
    ⅰ)精神及び行動障害&自律神経障害の患者数推移
    ⅱ)精神障害等の労災認定は増加傾向
  (4)睡眠科学研究の状況
3.睡眠に関する市場規模(2018年度)
4.今後の方向性

第2章 睡眠関連ビジネスの各市場動向分析

1.寝具類の動向
  (1)全体市場の動向
    ①寝具・寝装品市場
    ②高級寝具市場
    ③介護向けベッド
  (2)市場の動向
  (3)製品の動向
    ①高級マットレス
    ②枕(機能性寝具として)
  (4)参入企業の動向
  (5)課題・問題点と今後の方向性
2.睡眠関連サプリメント(機能性表示食品)
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
  (5)課題・問題点と今後の方向性
3.睡眠障害に関わる医療機関の動向
  (1)睡眠障害医療機関の動向
  (2)国内の睡眠障害診断の現状
  (3)米国における睡眠研究の動向
4.睡眠薬市場の動向
  (1)医科向け睡眠薬の市場動向
  (2)医科向け睡眠薬の市場規模推移
  (3)睡眠改善薬(OTC医薬品)の市場動向
  (4)睡眠改善薬(OTC医薬品)の課題・問題点と今後の方向性
5.睡眠時無呼吸症候群(SAS)関連市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
  (5)課題・問題点と今後の方向性
6.睡眠計測器市場
  (1)市場動向
  (2)市場規模推移・予測
  (3)製品概要
  (4)参入企業動向
  (5)課題・問題点と今後の方向性

第3章 睡眠関連ビジネス参入企業の動向

1.味の素
2.エアウィーヴ
3.エスエス製薬
4.キッセイコムテック
5.シモンズ
6.スリープウェル
7.スリープセレクト
8.太陽化学
9.タニタ
10.テンピュール・シーリー・ジャパン
11.帝人ファーマ
12.西川
13.バイオシルバー
14.パラマウントベッド
15.フィリップス・レスピロニクス
16.フランスベッドホールディングス
17.その他(ファイン、ナステント、リフレ、SBIファーマ他)

第4章 睡眠関連ビジネスの社会環境(人口動態)

1.人口推移
2.団塊の世代の動向
3.50歳以上の人口の増加
4.結婚:初婚数の推移
5.出生順位別出生数の推移

第5章 睡眠関連ビジネスの方向性

◇睡眠関連ビジネスの方向性

睡眠関連製品・サービス市場の中では、高級寝具の売れ行きが安定しており、電動ベッド等にも興味が拡がっている。
市場規模の大きい分野としては、医療用医薬品の睡眠薬、CPAP装置レンタルが挙げられるが、医療保険に関わるところであり、医療関係の企業でないと、新規参入にはかなりの障壁がある。医療関係以外の市場でみると、機能性表示食品の市場規模が大きく拡大している。睡眠計測機器の市場は、高齢者施設向けの見守り機能を付加した製品群により拡大してはいるがまだ小さい、といえる。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

167,400
155,000
12,400
167,400
155,000
12,400
199,800
185,000
14,800
334,800
310,000
24,800
367,200
340,000
27,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。