2019 xEV用キーデバイス/コンポーネント

COP21において世界の大気温度の上昇を産業革命以前のレベルに比べて2℃以内に抑えることを目標とし、2030年までにEVを1億4,000万台、2050年までには9憶台のEVを世界で普及させる必要があるとし、自動車のEVシフトが脱炭素社会の実現に向けて重要な役割を担うとしている。これを実現するために近年各国で環境規制の厳格化が進み、パワートレインを電動化したxEV(電動車)の市場が大きく進展しており、各方面からその動向が注目されている。

発刊日
2019/09/下旬
体裁
A4 / 約250頁
資料コード
C61112100
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 電動化ニーズに対応するコンポーネントと市場の動向を分析
  • モータ、インバータ、バッテリなどxEVのキーデバイス/コンポーネントを調査
  • 参入企業の電動化への取り組みや市場の見方、今後の戦略などを面談取材
  • 2030年までのパワートレイン別台数推移をワールドワイドで予測
     

リサーチ内容

2019年8月2日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 自動車産業を取り巻く環境

1-1.クルマの電動化を促進するトリガー
1-2.主要地域における環境・燃費規制の動向
  1-2-1.日本
  1-2-2.欧州
  1-2-3.北米
  1-2-4.中国
  1-2-5.その他地域(インド、ASEAN、ブラジル)
1-3.xEVの分類と特徴
1-4.米中貿易戦争による自動車産業への影響
1-5.電池の課題とEV社会実現への障壁
1-6.車両電動化による「CASE」へのインパクト

第2章 自動車市場予測と展望

2-1.世界人口とドライバー適齢人口の推移
2-2.世界地域別自動車生産台数推移
2-3.世界地域別自動車販売台数推移
2-4.ワールドワイドにおけるパワートレイン別販売台数推移(2017~2020/2025/2030年)
2-5.主要地域のパワートレイン別販売台数推移
  2-5-1.日本の市場推移
  2-5-2.欧州の市場推移
  2-5-3.北米の市場推移
  2-5-4.中国の市場推移
  2-5-5.その他地域の市場推移

第3章 主要コンポーネント別の動向

3-1.主機モータ
  3-1-1.コンポーネント概要
  3-1-2.技術動向・参入各社の動向
  3-1-3.納入マトリクス(2018年)
  3-1-4.メーカシェア(2018年)
  3-1-5.市場規模予測
3-2.主機モータ用ポジションセンサ
  3-2-1.コンポーネント概要
  3-2-2.技術動向、参入各社の動向
  3-2-3.納入マトリクス(2018年)
  3-2-4.メーカシェア(2018年)
  3-2-5.市場規模予測
3-3.インバータ
  3-3-1.コンポーネント概要
  3-3-2.技術動向、参入各社の動向
  3-3-3.納入マトリクス(2018年)
  3-3-4.メーカシェア(2018年)
  3-3-5.市場規模予測
3-4.DC-DCコンバータ
  3-4-1.コンポーネント概要
  3-4-2.技術動向、参入各社の動向
  3-4-3.納入マトリクス(2018年)
  3-4-4.メーカシェア(2018年)
  3-4-5.市場規模予測
3-5.車載用電流センサ
  3-5-1.コンポーネント概要
  3-5-2.技術動向、参入各社の動向
  3-5-3.納入マトリクス(2018年)
  3-5-4.メーカシェア(2018年)
  3-5-5.市場規模予測
3-6.車載電池
  3-6-1.コンポーネント概要
  3-6-2.技術動向、参入各社の動向
  3-6-3.納入マトリクス(2018年)
  3-6-4.メーカシェア(2018年)
  3-6-5.市場規模予測
3-7.BMS
  3-7-1.コンポーネント概要
  3-7-2.技術動向、参入各社の動向
  3-7-3.納入マトリクス(2018年)
  3-7-4.メーカシェア(2018年)
  3-7-5.市場規模予測
3-8.電動ウォーターポンプ
  3-8-1.コンポーネント概要
  3-8-2.技術動向・参入各社の動向
  3-8-3.納入マトリクス(2018年)
  3-8-4.メーカシェア(2018年)
  3-8-5.市場規模予測
3-9.電動コンプレッサ
  3-9-1コンポーネント概要
  3-9-2.技術動向・参入各社の動向
  3-9-3.納入マトリクス(2018年)
  3-9-4.メーカシェア(2018年)
  3-9-5.市場規模予測

第4章 自動車メーカ別の電動化戦略の取り組み

4-1 日系
  トヨタ、日産、ホンダ
4-2 欧州系
  VW Gr、Daimler、BMW、Renault、PSA
4-3 北米系
  GM、Ford、Tesla
4-4 中国系
  北京、上海、吉利、BYD
4-5 その他
  Hyundai/Kia、Tata

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。