2020年版 学校向けビジネス徹底調査

発刊日
2020/03/下旬
体裁
A4 / 約390頁
資料コード
C61126200
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料概要
Close

  • GIGAスクール構想で注目される学校向けタブレット端末市場を中心に学校ICT市場を徹底調査。
  • 大型提示装置/電子黒板・学校向けタブレット端末・デジタル教科書・デジタル教材・授業支援システム・統合型校務支援システム・学校向け検定・試験・学校法人向け業務アウトソーシング・大学向け広告・学生募集支援・リメディアル教育・学校向け図書教材・学校教科書・黒板の13市場を調査分析。
  • 各市場における最新動向や主要事業者の動向、2024年度までの市場規模を予測。
  • 主要事業者に対しては、専門研究員による取材を実施。
  • 今年度版では、教育委員会への電話アンケートを実施予定。GIGAスクール構想で学習者用端末の整備意向を緊急調査。さらに、非認知能力の可視化を目指す教育ベンチャーInstitution for a Global Society株式会社(IGS)に初取材。

リサーチ内容

2020年1月30日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査結果のポイント

【特集】非認知能力の可視化を目指す教育機関向けアセスメントツール「Ai GROW」

第1章 総論

1.学校向けビジネス市場将来展望
  ・学校向けビジネスの市場規模予測(2018年度~2024年度)
    <図表>学校向けビジネス市場規模予測(2018年度~2024年度)
    <図表>学校向けビジネス市場の成長性(2024年度/2018年度)
    <図表>成長率の推移(指数)
2.学校ICTソリューション動向
  ・普通教室におけるICT整備状況
  ・業界団体の動向
  ・主要参入事業者の動向
3.学校に関するデータ
  ・学校数の動向
  ・経営区分別学校数の推移
  ・在学者数の動向
  ・デジタル教科書の整備状況
  ・校務支援システムの整備状況

第2章 分野別市場動向の解説

1.電子黒板/大型提示装置市場
  ≪定義≫
  ≪動向・トレンド≫
  ≪主要参入事業者の動向≫
  青井黒板製作所、内田洋行、エプソン、サカワ、
  シャープビジネスソリューション、パイオニアVC、
  パナソニック、ナリカ、リコー
  ≪市場規模予測≫
  <図表>電子黒板市場規模推移(2017年度~2023年度)
2.学校向けタブレット端末市場
  ≪定義≫
  ≪動向・トレンド≫
  ≪主要参入事業者の動向≫
  富士通、東芝クライアントソリューション、NEC(日本電気)、ASUS JAPAN
  ≪市場規模予測≫
  <図表>学校向けタブレット端末市場規模推移(2017年度~2023年度)
3.デジタル教科書市場
  ≪定義≫
  ≪動向・トレンド≫
  ≪主要参入事業者の動向≫
  東京書籍、光村図書出版、教育出版
  <図表>デジタル教科書発行事業者一覧
  ≪市場規模予測≫
  <図表>デジタル教科書市場規模推移(2017年度~2023年度)
4.デジタル教材市場
  ≪定義≫
  ≪動向・トレンド≫
  ≪主要参入事業者の動向≫
  ラインズ、すららネット、ポケモン、eboard(イーボード)、ディー・エヌ・エー、
  シャープ、日本放送協会(NHK)、がくげい、レアジョブ、QQEnglish
  ≪市場規模予測≫
  <図表>デジタル教材市場規模推移(2017年度~2023年度)
5.授業支援システム市場
  ≪定義≫
  ≪動向・トレンド≫
  ≪主要参入事業者の動向≫
  Sky、チエル、コードタクト、LoiLo(ロイロ)、ベネッセコーポレーション、
  MetaMoJi、ジャストシステム、NTTラーニングシステムズ
  ≪市場規模予測≫
  <図表>授業支援システム市場規模推移(2017年度~2023年度)
6.学校向け検定・試験市場
  ≪定義≫
  ≪動向・トレンド≫
  ≪主要参入事業者の動向≫
  日本英語検定協会、国際ビジネスコミュニケーション協会、
  日本漢字技能検定協会、日本数学検定協会、ベネッセコーポレーション、
  グローバル・コミュニケーション&テスティング、
  ≪市場規模予測≫
  <図表>学校向け検定・試験市場規模推移(2017年度~2023年度)
  ≪市場構成≫
  <図表>学校向け検定・試験市場シェア(試験タイトル別)(2017年度)
7.学校法人向け業務アウトソーシング市場
  ≪定義≫
  ≪動向・トレンド≫
  ≪主要参入事業者の動向≫
  ≪市場規模予測≫
  <図表>学校法人向け業務アウトソーシング市場規模推移(2017年度~2023年度)
8.大学向け広告・学生募集支援市場
  ≪定義≫
  ≪動向・トレンド≫
  ≪主要参入事業者の動向≫
  栄美通信、廣告社、JSコーポレーション、進研アド、ディスコ、貿易広告社、
  マイナビ、ライオン企画、リクルートマーケティングパートナーズ
  ≪市場規模予測≫
  <図表>大学向け広告・学生募集支援市場規模予測(2017年度~2023年度)
9.リメディアル教育市場
  ≪定義≫/≪動向・トレンド≫/≪主要参入事業者の動向≫
  ≪市場規模予測≫
  <図表>リメディアル教育市場規模推移(2017年度~2022年度)
10.学校向け図書教材市場
  ≪定義≫/≪動向・トレンド≫/≪主要参入事業者の動向≫/≪市場構成≫
  ≪主要参入事業者の動向≫
  文溪堂、学宝社、新学社、教育同人社、日本標準、青葉出版、明治図書出版
  ≪市場規模予測≫
  <図表>学校向け図書教材市場規模推移(2017年度~2023年度)
11.学校教科書市場
  ≪定義≫/≪動向・トレンド≫/≪主要参入事業者の動向≫/≪市場構成≫
  <図表>市場規模推移(2007年度~2017年度)
12.黒板市場
  ≪定義≫/≪動向・トレンド≫/≪主要参入事業者の動向≫/≪市場構成≫
  <図表>国内黒板類市場メーカーシェア(2017年度)
  <図表>国内黒板類市場規模推移(2012年度~2018年度)
13.統合型校務支援システム市場
  ≪定義≫/≪動向・トレンド≫/≪主要参入事業者の動向≫/≪市場構成≫
  <図表>市場規模推移(2017年度~2023年度)

第3章 ケーススタディ

アーテック
青井黒板製作所
EnglishCentral
内田洋行
ASUS JAPAN
エプソン販売
QQEnglish
教育出版
教育同人社
桐原書店
Classi
コードタクト
国際ビジネスコミュニケーション協会
サカワ
シャープビジネスソリューション
ジャストシステム
新学社
Sky
すららネット
チエル
ディスコ
東京書籍
東芝クライアントソリューション
ナリカ
日本英語検定協会
日本漢字検定協会
日本数学検定協会
ブイキューブ
富士通
文溪堂
ベネッセコーポレーション
光村図書出版
MetaMoJi
ラインズ
レアジョブ
レゴジャパン 他

【掲載項目】
業績推移、学校向けビジネス事業概要、事業概況、事業体制、事業戦略、
課題・市場への見解・トピックス

第4章 教育委員会への電話アンケート(NEW)

教育委員会に対して、学習者用端末、プログラミング教育、ALTについて緊急アンケートを実施

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。