2020-2021年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~主要四部材編~

本レポートは2020年の10月発刊「2020年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望~1st Half Report~」以降、2020年10月~2021年5月までの追加調査(コロナウイルスによる経済への影響、新たに発表された各国の環境政策動向、等)を踏まえた完全版レポートになります。(正極材編、負極材編、電解液・電解質編、セパレーター編の全内容を収録)

発刊日
2021/05/27
体裁
A4 / 409頁
資料コード
C62109100
PDFサイズ
12.4MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

319,000
290,000
29,000
319,000
290,000
29,000
352,000
320,000
32,000
638,000
580,000
58,000
671,000
610,000
61,000
957,000
870,000
87,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:日本および韓国、中国、欧米の有力リチウムイオン電池(以下LiB)用部材44社の現在の動向と今後の事業施策を徹底調査し、更に周辺調査を加えることで世界LiB用部材市場の現状と今後の動向を把握することを目的とする。
調査対象:中国部材メーカー:18社、日系部材メーカー:16社、韓国部材メーカー:8社、欧米部材メーカー:2社
調査方法:専門調査員による直接面接取材をベースに、文献調査を併用。
調査期間:2020年10月~2021年5月

調査結果サマリー
Close

リチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査を実施(2021年)
コロナ禍でも車載用LiB、民生小型機器用LiBは共に成長を維持し、LiB主要4部材世界市場も引き続き成長が続く
~2020年のLiB主要4部材世界市場は前年比13.1%増の約230億ドル~

資料ポイント
Close

  • 2020-2021年版ではコロナ禍でも成長続く車載用LiB市場、民生小型LiB市場の動向を踏まえ、日系、韓国、中国、欧州の主要四部材メーカーの取り組み状況、トレンド等に注目
  • 正極材、負極材、電解液・電解質、セパレーターを対象に以下の情報をそれぞれ収録
  • 市場価格動向を掲載
  • タイプ別(民生小型セル/中大型セル)市場規模(2016~2025年予測)を算出
  • 世界主要メーカー生産能力一覧を掲載(2016~2021年計画)
  • 世界主要メーカー各社の動向を掲載
  • 民生小型セル市場(2016~2025年予測、アプリケーション別、セルタイプ別/2017~2020年メーカーシェア)、車載用セル市場(2016~2025年予測、2030年予測、セルタイプ別/2017~2020年メーカーシェア)の情報も併せて収録

リサーチ内容

第1章 リチウムイオン電池主要四部材市場の展望

コロナ禍における既視感有りの増設ブーム
以前とは意味合いの異なるLFPリバイバル
新たな競争軸のキーワード:サスティナブル

第2章 民生小型LiB市場の現状と将来展望

1. 民生小型LiB アプリケーション別市場動向
  2020年はセル数ベースで前年比約110%推移
    (図・表)民生小型LiB アプリケーション別 出荷推移(電池容量)
    (図・表)民生小型LiB アプリケーション別 出荷推移(セル数)
    (図・表)民生小型LiB アプリケーション別 出荷推移(出荷金額:ドル)
  2021年も成長維持が予測されるも、
  ノートPC、スマホは半導体等の部材供給状況に懸念
    (図)民生小型LiB市場 2020年(セル数ベース:単位千セル)その他内訳
  ノートPC向けセルは従来の円筒形からラミセルへのシフトが加速
2. 民生小型LiB セルタイプ別市場動向
  円筒形セルのラミセル超えは2023年を予測
    (図・表)民生小型LiB 形状タイプ別 出荷推移(電池容量)
    (図・表)民生小型LiB 形状タイプ別 出荷推移(セル数)
    (図・表)民生小型LiB 形状タイプ別 出荷推移(出荷金額:ドル)
3. 民生小型LiBメーカーシェア推移
  トップシェア維持のSamsung SDI、追い上げるATL
  シェア変動の背景には各社の戦略変更も
    (表)民生小型LiB メーカーシェア推移(電池容量)
    (表)民生小型LiB メーカーシェア推移(セル数)
    (表)民生小型LiB メーカーシェア推移(出荷金額:ドル)

第3章 車載用LiB市場の現状と将来展望

1. 車載用LiB市場動向
  2020年の車載用電池市場(NiMH、LiB)は前年比120%台で推移
    (図・表)車載用電池(Ni-MH・LiB)市場規模推移
    (市場予測 容量ベース:CY2016~CY2025、CY2030)
    (図・表)車載用電池(Ni-MH・LiB)市場規模推移
    (市場予測 金額ベース:CY2016~CY2025、CY2030)
2. 電池形状別車載用LiB市場動向
  2020年、円筒角ラミ比率は2:5:3、今後はラミ比率が上昇の可能性
    (表)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別(円筒形・角形・ラミネート形)
  市場規模推移(容量:CY2016~CY2025、CY2030)
    (図)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移
    (容量:CY2016~CY2025、CY2030)
3. 車載用LiB市場メーカーシェア動向
  独走を続けるCATLの一方で、前年割れ推移が目立つ中国勢
  韓国3社は2020年大幅成長
    (図・表)世界車載用LiB市場メーカーシェア推移(CY2017~CY2020)

第4章 リチウムイオン電池主要四部材市場の現状と将来展望

1.主要四部材全体動向
  コロナ禍でも成長維持、今後は新たな拡大の波へ
  1.主要四部材 全体市場動向
    2020年、主要四部材市場は230億ドル規模見込み
    (図・表)LiB主要四部材 世界市場規模推移(数量:2016年~2025年予測)
    (図・表)LiB主要四部材 世界市場規模推移(金額:2016年~2025年予測)
  2.国別主要四部材シェア推移
    中国勢がシェア拡大を維持
    下落傾向の日本、横ばい~微増推移の韓国
    (表)LiB主要四部材 世界市場規模 国別シェア推移(数量:2018年~2020年)
    (図)LiB主要四部材 世界市場規模における中国のシェア(数量:2018年~2020年)
    (図)LiB主要四部材 世界市場規模における日本のシェア(数量:2018年~2020年)
    (図)LiB主要四部材 世界市場規模における韓国のシェア(数量:2018年~2020年)
    (図)LiB主要四部材 世界市場規模におけるその他のシェア(数量:2018年~2020年)
    (表)参考資料 : 2020年 中国xEV セルメーカー/主要四部材メーカー
    サプライチェーン一覧
  3.主要四部材市場の生産能力と実需の比較
    活況下に求められる中長期を見据えた慎重な投資判断
    (表)LiB主要四部材 生産能力と実需の比較(2019年、2020年)
2.正極材動向
  2-1.正極材市場の現状と将来展望
    トップ維持のNCM、構成比上昇のLFP
    1.正極材 全体市場動向
    2020年、正極材市場規模は70万t超え
    2021年Q1は中国で価格上昇の動き、今後は資源・正極材の需給バランス次第
    (図・表)LiB正極材 世界市場規模 材料別推移(数量:2016年-2025年予測)
    (図・表)LiB正極材 世界市場規模 材料別推移(金額:2016年-2025年予測)
    (表)正極材 参考販売価格帯推移
    2.セルサイズ別(民生用/中大型用)正極材市場動向
    民生小型セル向け:車載メインの中大型セル向け比率は2020年時で25:75
    2025年では中大型セル向けが8割超えを予測
    (図・表)LiB正極材 セルサイズ別(民生小型セル/中大型セル)
    世界市場規模推移(数量:2016年~2025年予測)
    (図・表)LiB正極材 セルサイズ別(民生小型セル/中大型セル)
    世界市場規模推移(金額:2016年~2025年予測)
    3.主要正極材メーカーの生産能力推移
    2020年の世界キャパは推計100万t超え/年まで拡大
    (表)主要正極材メーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧①~⑥
    4.正極材市場 メーカーシェア推移
    正極材全体トップシェアは厦钨新能源材料(XTC New Energy Materials)
    住友金属鉱山、日亜化学工業が続く
    (表)LiB正極材 メーカー別世界市場規模シェア推移(数量:2016年-2020年)
    (表)LiB正極材 メーカー別世界市場規模シェア推移(金額:2016年-2020年)
    5.国別 正極材シェア推移
    LCO需要の伸び、LFP回帰の動きを含め、中国優位が継続
    (図・表)正極材 世界市場規模 国別シェア推移(数量:2016年-2020年)
    (図・表)正極材 世界市場規模 国別シェア推移(金額:2016年-2020年)
  2-2.三元系正極材(NCM)市場
    拡大基調の中に垣間見える今後の変化点
    1.NCM全体市場動向
    2020年で30万t超え、2025年には倍の規模を予測
    (図・表)NCM 世界市場規模推移 (数量/金額:2016年―2025年予測)
    今後、中長期視点での「LFP回帰」インパクトの可能性
    セルメーカーとの連携強化の動きを含め、問われる自社の最適戦略
    2.セルサイズ別(民生小型セル、中大型セル)NCM出荷動向
    車載用セルを含む中大型セル向け成長率が
    民生小型セル向け成長率を上回る状況を維持
    (表)NCM セルサイズ別(民生小型/中大型)
    世界市場規模推移(数量:2016年~2020年)
    3.NCM市場メーカーシェア推移
    引き続き日亜化学工業がトップシェア
    (表)LiB正極材 三元系正極材(NCM)
    世界市場規模 メーカーシェア推移(数量:2016年-2020年)
    (表)LiB正極材 三元系正極材(NCM)
    世界市場規模 メーカーシェア推移(金額:2016年-2020年)
    (図)NCM メーカーシェア その他内訳(2020年)
    4.主要NCMメーカーの生産能力推移
    2021年以降も主要メーカーで能力増強が進む
    (表)主要NCMメーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧
    Ecopro、POSCOはSamsung SDIと、新規参入のBTRは中韓セルメーカー共同で
    正極材JVを設立、欧州ではBASF、ジョンソンマッセイの正極材拠点が胎動
    5.NCM開発動向
    2020年でNCM622+811の構成比は5割手前まで上昇
    (図・表)NCM 市場 組成比別比率(2019年、2020年:出荷数量ベース)
    ハイニッケル化仕切り直しの中国、ハイニッケル化加速の韓国
  2-3.ニッケル酸リチウム(NCA)市場
    ハイスペックが故の成長課題に直面
    1.NCA 全体市場動向
    2020年は成長率鈍化
    (図・表)NCA 世界市場規模推移(数量/金額:2016年 ― 2025年予測)
    2.セルサイズ別(民生小型セル、中大型セル)NCA出荷動向
    民生向けは成長率回復、車載用セル向けは前年割れで推移
    (表)NCA セルサイズ別(民生小型/中大型)
    世界市場規模推移(数量:2016年~2020年)
    3.NCA市場メーカーシェア推移
    主要メーカーは住友金属鉱山、エコプロの2社で変わらず
    (表)LiB正極材料 ニッケル酸リチウム(NCA)
    世界市場規模 メーカーシェア推移(数量:2016年-2020年)
    (表)LiB正極材料 ニッケル酸リチウム(NCA)
    世界市場規模 メーカーシェア推移(金額:2016年-2020年)
    4.主要NCAメーカーの生産能力推移
    NCAキャパ増強は需要動向に応じた手堅い動きに
    (表)主要NCAメーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧
  2-4.コバルト酸リチウム(LCO)市場
    スマホ頼みの停滞から一時脱却
    1.LCO全体市場動向
    2020年はコロナ禍でのリモート端末需要増が成長に寄与
    (図・表)LCO 世界市場規模推移(数量/金額:2016年 ― 2025年予測)
    2.セルサイズ別(民生小型セル、中大型セル)LCO出荷動向、LCO開発動向
    4.45V対応LCOが増加傾向、今後は4.46~4.47Vへシフトの向き
    (表)LCO セルサイズ別(民生小型/中大型)
    世界市場規模推移(数量:2016年~2020年)
    (表)主要LCOプレーヤーにおける高電圧対応LCO動向(2020年)
    3.LCO市場メーカーシェア推移
    厦钨新能源材料(XTC)がトップ独走
    (表)LiB正極材 コバルト酸リチウム(LCO)
    世界市場規模 メーカーシェア推移(数量:2016年-2020年)
    (表)LiB正極材 コバルト酸リチウム(LCO)
    世界市場規模 メーカーシェア推移(金額:2016年-2020年)
    4.主要LCOメーカーの生産能力推移
    能力増強は上位プレーヤーを中心にしらばく限定的な動きとなる可能性
    (表)主要LCOメーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧
  2-5.リン酸鉄リチウム(LFP)市場
    一時的な停滞から復権、今後、更なるプレゼンス上昇の可能性
    1.LFP 全体市場動向
    2018年の停滞を経て、2019年、2020年は再び成長基調へ
    (図・表)LFP 世界市場規模推移(数量/金額:2016年 - 2025年予測)
    2.セルサイズ別(民生小型セル、中大型セル)LFP出荷動向、LFP開発動向
    中大型セル向けで高成長続く
    (表)LFP セルサイズ別(民生小型/中大型)
    世界市場規模推移(数量:2016年~2020年)
    3.主要LFPメーカー動向
    トップシェアの德方纳米科技(Dynanonic)は提携先拡大を推進
    (図)LFPメーカーシェア(2020年)
    4.主要LFPメーカーの生産能力推移
    中国にてLFP能増は再活性化の向き
    中長期的には欧米における動向も注目ポイントの1つに
    (表)主要LFPメーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧
  2-6.マンガン酸リチウム(LMO)市場
    中国のミドル~ローエンド需要で拡大
    1.LMO 全体市場動向
    2021年は7万t規模を予測
    (図・表)LMO 世界市場規模推移(数量/金額:2016年~2025年予測)
    2.セルサイズ別(民生小型セル、中大型セル)LMO出荷動向、LMO開発動向
    民生小型ではパワー系セル向けに需要増、車載用では物流車向けがメイン
    (表)LMO セルサイズ別(民生小型/中大型)
    世界市場規模推移(数量:2016年~2020年)
    3.主要正極材メーカーにおけるLMO動向
    引き続き中国ローカルメーカーが主役
    4.主要正極材メーカーにおけるLMO生産能力推移
    日韓でLMO能力増強の動きは見られず、中国で拡大の向き
    (表)主要正極材メーカーにおけるLMO生産拠点・年間生産能力推移 一覧
3.負極材動向
  3-1.負極材市場の現状と将来展望
    1.LiB用負極材 全体市場動向
    LiB用負極材市場規模は2021年に50万t超えを予測
    (表)LiB負極材(民生小型、中大型セル向け)参考販売価格帯推移
    (図・表)LiB負極材 世界市場規模 材料別推移
    (数量:2016年実績~20225年予測)
    (図・表)LiB負極材 世界市場規模 材料別推移
    (金額:2016年実績~2025年予測)
    2.セルサイズ別(民生小型セル、中大型セル)LiB用負極材動向
    2025年、中大型セル向けの構成比は9割に迫ると予測
    (図・表)LiB負極材 セルサイズ別(民生小型/中大型:車載、ESS)
    世界市場規模推移(数量:2016年実績~2025年予測)
    (図・表)LiB負極材 セルサイズ別(民生小型/中大型:車載、ESS)
    世界市場規模推移(金額:2016年実績~2025年予測)
    3.LiB用負極材製品動向
    高容量化ベクトルは引き続きSi系負極の活用
    黒鉛系負極では低抵抗化がテーマ
    4.LiB用負極材市場 メーカーシェア推移
    上位4社を中国負極材メーカーが独占
    (図・表)LiB負極材 世界市場規模 メーカーシェア推移
    (数量:2016年~2020年)
    (図・表)LiB負極材 世界市場規模 メーカーシェア推移
    (金額:2016年~2020年)
    (表)主な負極材市場参入メーカー及び取り扱い負極材一覧
    5.国別LiB用負極材シェア推移
    中国8割超え、韓国は若干のポイントアップ、日系はポイントダウン
    (図・表)LiB負極材 世界市場規模 国別シェア推移
    (数量:2016年~2020年)
    (図・表)LiB負極材 世界市場規模 国別シェア推移
    (金額:2016年~2020年)
    6.LiB用負極材主要メーカー生産能力推移
    中国集中の生産キャパの在り方に今後、変化の可能性
    (表)主要負極材メーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧-①
    (表)主要負極材メーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧-②
  3-2.黒鉛系負極材市場
    1.黒鉛系負極材 全体市場動向
    2021年、黒鉛系負極材市場は50万t超えを予測
    下落続きの価格トレンドに上昇変化の兆し
    (図・表)LiB黒鉛系負極材 世界市場規模推移
    (数量:2016年実績~2025年予測)
    (図・表)LiB黒鉛系負極材 世界市場規模推移
    (金額:2016年実績~2025年予測)
    2.セルサイズ別(民生小型セル、中大型セル)黒鉛系負極材出荷動向
    中大型セル向けは構成比8割まで上昇
    (表)LiB黒鉛系負極材 セルサイズ別(民生小型/中大型:車載、ESS)
    世界市場規模推移(数量:2016年~2020年)
    3.黒鉛系負極材市場 メーカーシェア推移
    トップ維持のBTR、2位グループではZichenが台頭
    (表)LiB 黒鉛系負極材(人造+天然)世界市場規模
    メーカーシェア推移(数量:2016年~2020年)
    (表)LiB 黒鉛系負極材(人造+天然)世界市場規模
    メーカーシェア推移(金額:2016年~2020年)
    (表)LiB 人造黒鉛負極材 世界市場規模
    メーカーシェア推移(数量:2016年~2020年)
    (表)LiB 人造黒鉛負極材 世界市場規模
    メーカーシェア推移(金額:2016年~2020年)
    (表)LiB 天然黒鉛負極材 世界市場規模
    メーカーシェア推移(数量:2016年~2020年)
    (表)LiB 天然黒鉛負極材 世界市場規模
    メーカーシェア推移(金額:2016年~2020年)
    4.主要黒鉛系負極材メーカー生産能力推移
    2020年、黒鉛系負極の世界キャパは75万t規模
    2021年には90万t/年超えが計画
    (表)世界主要黒鉛系負極材メーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧
    3-3.カーボン系/酸化物系(LTO)/Si系負極材市場
    1.カーボン系/酸化物系(LTO)/Si系負極材 全体市場動向
    カーボン系市場は今後、HEV系セル設計の動向等に依存
    (表)LiBカーボン系/酸化物系(LTO)/金属・合金系負極材 世界市場規模推移
    (数量:2016年実績~2025年予測)
    (表)LiBカーボン系/酸化物系(LTO)/金属・合金系負極材 世界市場規模推移
    (金額:2016年実績~2025年予測)
    LTOは12V、48Vセル向けや産業機器向け等で堅実に推移
    Si系負極材市場は第2フェーズへ突入
    2.カーボン系/酸化物系(LTO)/Si系負極材メーカー動向、生産能力状況
    カーボン系プレーヤーの顔ぶれに大きな変化無し
    (表)カーボン系負極材市場 参入メーカー状況
    LTOはセルメーカーによる内製が主流に
    (表)酸化物系(LTO)負極材市場 参入メーカー状況
    Si系負極材市場に韓国系メーカー参入
    (表)Si系負極材市場 参入メーカー状況
    (図)Daejoo電子材料のシリコン酸化物関連ロードマップ
4.電解液・電解質動向
  4-1. 電解液・電解質市場の現状と将来展望
    1.LiB用電解液・電解質 全体市場動向
    2020年、電解液の市場規模は30万t規模、電解質は4万t規模
    (図・表)LiB電解液 世界市場規模推移(2016年~2025年予測)
    (図・表)LiB電解質 世界市場規模推移(2016年~2025年予測)
    川上側で需給アンバランス再発
    2021年以降、金額ベース市場の成長率は数量ベースの成長率を
    上回る形での推移を予測
    2.セルサイズ別(民生小型セル、中大型セル)LiB用電解液動向
    2020年で中大型セル向けが構成比8割に迫るまで上昇
    (図・表)LiB電解液 セルサイズ別(民生小型/中大型:車載、ESS)
    世界市場規模推移(数量:2016年~2025年予測)
    (図・表)LiB電解液 セルサイズ別(民生小型/中大型:車載、ESS)
    世界市場規模推移(金額:2016年~2025年予測)
    3.LiB用電解液・電解質製品動向
    LiFSIは中国で需要拡大の向き
    4.LiB用電解液・電解質 市場価格動向
    2020年Q3~4より市場価格は中国から再び上昇基調へ
    電解液、電解質共に原材料価格の上昇が要因の1つ
    (表)LiB電解液(民生小型、中大型セル向け)参考販売価格帯推移
    (表)LiB電解質(民生小型、中大型セル向け)参考販売価格帯推移
    5.LiB用電解液・電解質市場 メーカーシェア推移
    トップ独走のTinci、2グループの新宙邦・張家港国泰、
    2021年からは日系連合のMUISが追従
    (表)LiB電解液 世界市場規模 メーカーシェア推移(数量:2016年~2020年)
    (表)LiB電解液 世界市場規模 メーカーシェア推移(金額:2016年~2020年)
    電解質シェアでは江蘇新泰が上位グループ入りの勢い
    (表)LiB電解質 世界市場規模 メーカーシェア推移(数量:2016年~2020年)
    (表)LiB電解質 世界市場規模 メーカーシェア推移(金額:2016年~2020年)
    (図)2020年 その他 電解質メーカーシェア 内訳 (単位:t)
    (表)参考資料:電解液メーカー/電解質メーカーサプライチェーン一覧(2020年)
    (表)参考資料:民生小型LiBセルメーカー/
    電解液メーカーサプライチェーン一覧(2020年)
    (表)参考資料:中大型(車載、ESS)LiBセルメーカー/
    電解液メーカーサプライチェーン一覧(2020年)
    6.国別LiB用電解液・電解質シェア推移
    中国メーカーが電解液で7割、電解質で8割の構成比
    (図・表)LiB電解液 世界市場規模 国別シェア推移(数量:2016年~2020年)
    (図・表)LiB電解液 世界市場規模 国別シェア推移(金額:2016年~2020年)
    (図・表)LiB電解質 世界市場規模 国別シェア推移(数量:2016年~2020年)
    (図・表)LiB電解質 世界市場規模 国別シェア推移(金額:2016年~2020年)
    7.LiB用電解液・電解質主要メーカー生産能力推移
    一時の慎重論から拡大路線へ再び転換の向き、今後拠点は欧米へ拡大
    (表)主要電解液メーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧
    (表)主要電解質メーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧
5.セパレーター動向
  5-1. セパレーター市場の現状と将来展望
    2020年、セパレーター市場は前年比同等の成長率で推移
    今後問われるは将来のマーケットを含めた自社のベストポジションの見極め
    1.LiB用セパレーター市場全体市場動向
    (表)LiBセパレーター 世界市場規模推移(2016年~2025年予測)
    (図)LiBセパレーター 世界市場規模推移(数量2016年~2025年予測)
    (図)LiBセパレーター 世界市場規模推移(金額2016年~2025年予測)
    2.セルサイズ別(民生小型セル、中大型セル)LiB用セパレーター動向
    車載用セル向け・ESS向けの拡大続く
    (図・表)LiB セパレーター セルサイズ別(民生小型/中大型:車載、ESS)
    世界市場規模推移(数量:2016年実績~2025年予測)
    (図・表)LiB セパレーター セルサイズ別(民生小型/中大型:車載、ESS)
    世界市場規模推移(金額:2016年実績~2025年予測)
    3.LiB用セパレーター製品動向
    (民生小型セル、中大型セル/コーティング、コーティングレス)
    (表)LiB用セパレーターの「湿式」、「乾式」について
    (表)セパレーター需要分野別 トレンド(2020年)
    コーティングセパで接着性ニーズ高まりの向き
    CATL、帝人は包括的ライセンス契約の締結を発表
    (表)参考資料:民生小型セル・中大型セル向け コーティングセパレーター構成例一覧
    (表)参考資料:世界主要セパレーターメーカー 製品ラインナップ状況一覧(2020年)
    4.タイプ別(民生小型/中大型セル、コーティング/コーティングレス)
    LiB用セパレーター市場規模推移
    民生小型セル向け、車載用セル向け共にコーティング比率が上昇
    (表)LiBセパレーター 民生小型・中大型(車載・ESS)別 コーティング比率
    世界市場規模推移(数量:2016年~2025年予測)
    5.セパレーター 市場価格動向
    中国で大幅下落トレンド続く、今後は下げ止まりの可能性も
    (表)LiB用 セパレーター(民生小型、中大型セル向け)参考販売価格帯推移
    (2016~2020年)
    6.LiB用セパレーター市場 メーカーシェア推移
    上海エナジーが2019年に続き、2020年もトップシェアを維持
    (表)LiB セパレーター世界市場規模 原反ベース メーカーシェア推移
    (数量:2016年~2020年)
    (表)LiB セパレーター世界市場規模 メーカーシェア推移
    (金額:2016年~2020年)
    (表)参考資料:民生小型LiBセルメーカー/セパレーターメーカー
    サプライチェーン一覧(2020)
    (表)参考資料:中大型LiBセルメーカー/セパレーターメーカー
    サプライチェーン一覧(2020)
    7.国別LiB用セパレーターシェア推移
    中国が国別構成比6割超えまで上昇
    日本は徐々にプレゼンス低下、韓国は構成比横ばい推移
    (図・表)LiBセパレーター世界市場規模 国別シェア推移
    (数量:2016年~2020年)
    (図・表)LiBセパレーター世界市場規模 国別シェア推移
    (金額:2016年~2020年)
    8.LiB用セパレーター主要メーカー生産能力推移
    2020年、世界セパレーター生産能力計は100億㎡/年を上回る規模に
    (表)主要セパレーターメーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧 ①
    (表)主要セパレーターメーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧 ②

第5章 主要四部材メーカーの動向と戦略

1.正極材メーカー

厦钨新能源材料有限公司(XTC New Energy Materials)
民生と車載向けの両軸で更なる成長を目指す
1. 出荷動向
2019~2020年にかけてLCO出荷が好調
(表)厦钨新能源材料 XTC New Energy Materials  正極材 出荷数量推移
(表)厦钨新能源材料 XTC New Energy Materials  正極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
2020年は約6万t/年まで拡張、2021年~2022年も引き続き増強予定
(表)厦钨新能源材料(XTC New Energy Materials)正極材 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
(図)厦钨新能源材料(XTC New Energy Materials)Hi-Ni正極材 開発ロードマップ

Umicore N.V
正極材採用トレンド変化を見据え、戦略修正を図る
1. 出荷動向
2019年よりNCM622の出荷比率が増加傾向
(表)Umicore 正極材 出荷数量推移
(表)Umicore 正極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
欧州新拠点を中心に能力増強を推進
2021~2022年で17万5,000t体制を計画
(表)Umicore 正極材 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
Ni比率8以上のハイニッケル正極材へ重心をシフト
Freeport Cobaltの買収で正極材の一貫生産体制を更に強化

湖南杉杉能源科技股份有限公司 (Hunan Shanshan Advanced Materials Co., Ltd.)
成長軌道へのシフトに向け前進
1. 出荷動向
2020年出荷数量は前年比120%台で推移
(表)湖南杉杉(ShanShan) 正極材 出荷数量推移
(表)湖南杉杉(ShanShan) 正極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
順次能増を実施し、2022年に計10万t/年超えの体制構築を目指す
(表)湖南杉杉(ShanShan) 正極材 生産拠点・生産能力推移

株式会社エコプロBM(EcoPro BM Co., Ltd.)
ハイニッケル正極を軸に、サプライチェーン川上への事業拡大も推進
LiBライフサイクル全般を手掛ける事業展開
(図)EcoProのバリューチェーン
1. 出荷動向
2020年出荷量は2018年比で2倍に拡大、2021年はNCMが伸張見込み
(表)エコプロ 正極材 出荷数量推移
(表)エコプロ 正極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
Samsung SDIとのJVを含め、2022年で10万t/年体制を計画
(表)エコプロ 正極材生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向

北京当升材料科技股份有限公司(Beijing Easpring Material Technology Co., Ltd.)
車載用セル向けを軸に、中国の外へと供給エリアの拡大を推進
1. 出荷動向
2020年は海外向けNCM出荷が大幅増
(表)北京当升(Easpring)正極材 出荷数量推移
(表)北京当升(Easpring)正極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
2023年で13~15万t/年までの能力拡張を計画
(表)北京当升(Easpring) 正極材 生産拠点・生産能力推移
(表)北京当升(Easpring) 前駆体 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
NCM811、NCMAの開発を加速

北大先行科技産業有限公司(Pulead Technology Industry Co., Ltd.)
LFP回帰の波と共に再び成長路線へ
1. 出荷動向
2020年はLFP出荷を大きく伸ばす
(表)北大先行(Pulead)正極材 出荷数量推移
(表)北大先行(Pulead)正極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
2022年を目途に生産能力の大幅増を計画
(表)北大先行(Pulead) 正極材 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
圧着密度の向上を実現したLFP製品を主軸に展開
(表)北大先行(Pulead) LFP正極材 製品ラインナップ 代表例

株式会社L&F(L&F Co., Ltd.)
ハイニッケルNCM注力にシフト
1. 出荷動向
2021年以降、ハイニッケルNCMの出荷が拡大見込み
(表)L&F 正極材 出荷数量推移
(表)L&F 正極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
NCMAの生産体制構築を推進
(表)L&F 正極材 生産拠点・生産能力推移

株式会社田中化学研究所
xEV市場の次なる展開を見据えた事業展開を推進
1. 出荷動向
2019年の前年割れ推移に対し、2020年は車載向けを牽引役に出荷増へ
(表)田中化学研究所 前駆体 出荷数量推移
(表)田中化学研究所 正極材 出荷数量推移
(表)田中化学研究所 正極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
第三期分が完工し、2020年より5万t/年体制
(表)田中化学研究所 正極材生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
(図)田中化学研究所 正極材の技術開発の方向性

住友大阪セメント株式会社
LFPのカスタム対応力に強み
1. 出荷動向
2020年はコロナの影響を受け、前年割れ推移
ESS用セル向けは次なる展開を見据えた取り組みを推進
(表)住友大阪セメント LFP出荷量推移
2. 生産拠点/生産能力動向
(表)住友大阪セメント 正極材 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向

2. 負極材メーカー

貝特瑞新能源材料股份有限公司 (BTR New Energy Materials Inc.)
人造黒鉛へのシフトが進む
1. 出荷動向
2020年、天然黒鉛と人造黒鉛は同等規模の出荷量に
(表)貝特瑞新能源(BTR)負極材 出荷数量推移
(表)貝特瑞新能源(BTR)負極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
2021年生産能力は2019年比2倍の能力を計画
ニードルコークスメーカーとの合弁による新拠点を設立
(表)貝特瑞新能源(BTR)負極材 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向

江西紫宸科技有限公司 (Jiangxi Zichen Technology Co., Ltd.)
活動のステージを民生から車載、中国から海外へと拡大
1. 出荷動向
2020年は前年比130%台で推移、韓国セルメーカー向けの出荷量が増加
(表)江西紫宸(Zichen)負極材 出荷数量推移
(表)江西紫宸(Zichen)負極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
2020年より内モンゴル拠点が稼働開始、2021年も同拠点にて更なる増強を推進
(表)江西紫宸(Zichen)負極材 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
人造黒鉛の急速充電対応グレードは次なるステップを目指した開発を推進
Si系、HCは顧客からの評価、要望次第で次なる展開を検討

上海杉杉科技有限公司 (Shanghai Shanshan Tech Co., Ltd.)
人造黒鉛を軸に新たな成長フェーズへの対応を推進
1. 出荷動向
車載用セル向けをメインに2019年、2020年と出荷増で推移
2021年は10万t超えを計画
(表)上海杉杉(ShanShan)負極材 出荷数量推移
(表)上海杉杉(ShanShan)負極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
内モンゴルにて人造黒鉛の能力増強を推進、2020年は前年比1.2倍の能力に
(表)上海杉杉(ShanShan)負極材 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
開発の注力度を容量よりも入出力特性にシフトの向き

东莞市凯金新能源科技股份有限公司 (Dongguan Kaijin New Energy Technology Co., Ltd.)
主要顧客の車載用LiB向けに出荷増
1. 出荷動向
2020年は前年比150%台で推移
(表)东莞凯金(Kaijin)負極材 出荷数量推移
(表)东莞凯金(Kaijin)負極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
今後、湖州拠点にて能力増強実施の可能性
(表)东莞凯金(Kaijin)負極材 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
既存ラインナップを改善
(表)东莞凯金(Kaijin)負極材 主要4グレード 参考スペック

昭和電工マテリアルズ株式会社
市況変化に影響を受け、成長の壁に直面
1. 出荷動向
2020年はコロナウイルス感染拡大の影響等で、前年割れ推移
(表)昭和電工マテリアルズ 負極材 出荷数量推移
(表)昭和電工マテリアルズ 負極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
(表)昭和電工マテリアルズ 負極材 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
顧客ニーズに合致する付加価値の実現を引き続き追求
(表)昭和電工マテリアルズ 負極材 ラインナップ

POSCO CHEMICAL COMPANY LTD.
成長軸を車載向けにシフト、生産キャパ・製品ラインナップ共に拡大を推進
1. 出荷動向
車載用セル向けの販売拡大が牽引し、2020年出荷量は前年を上回る成長率で推移
(表)POSCO CHEMICAL 負極材 出荷数量推移
(表)POSCO CHEMICAL 負極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
天然黒鉛は23年で年産10万t規模の生産体制を計画
人造黒鉛工場も23年稼働を目指し着工
(表)POSCO  負極材 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
ユーザー・ニーズの対応拡大に向け新規ラインナップを拡充
(表)POSCO CHEMICAL 負極材 参考スペック

深圳市翔丰华科技有限公司 (Shenzhen XFH Technology Co.,Ltd.)
海外顧客の獲得で成長軸をシフト
1. 出荷動向
2020年は天然黒鉛比率が上昇
(表)深圳市翔丰华科技有限公司(XFH) 負極材 出荷数量推移
(表)深圳市翔丰华科技有限公司(XFH) 負極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
2022年に能力倍増を計画
(表)深圳市翔丰华科技有限公司(XFH) 負極材 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
(表)深圳市翔丰华科技有限公司(XFH) 負極材 主要5グレード 参考スペック

三菱ケミカル株式会社
負極材市場の次なる競争軸を見据えた取り組みを推進
1. 出荷動向
海外セルメーカーの車載用セル向けが主な牽引役に
(表)三菱ケミカル 負極材 出荷数量推移
(表)三菱ケミカル 負極材 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
市況に併せた能力増強を随時実施
(表)三菱ケミカル 負極材 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
キーワードは「LCA」と「長寿命」、「高容量」

3. 電解液・電解質メーカー

広州天賜高新材料股份有限公司(Guangzhou Tinci Materials Technology Co., Ltd.)
事業領域の拡大を多次元的に推進
1. 出荷動向
2021年は保守的に見て10万t超えの出荷を計画
(表)広州天賜高新材料(Tinci Materials)電解液 出荷数量推移
(表)広州天賜高新材料(Tinci Materials)電解液 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
電解液、内製電解質、共に能力増強を推進
欧州は2拠点体制での全域カバーを計画
(表)広州天賜高新材料(Tinci Materials)電解液 生産拠点・生産能力推移
(表)広州天賜高新材料(Tinci Materials)電解質 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
添加剤ではLiFSiの能力増強を2021年に計画
民生小型セル向けでは4.5V対応、4.55V対応品の開発を推進

深圳新宙邦科技股份有限公司(Shenzhen Capchem Technology Co., Ltd.)
世界展開を視野に国内外の需要に幅広く対応
1. 出荷動向
車載用セル向けを軸に2020年は前年比140%台で推移
(表)深圳新宙邦(Capchem)電解液 出荷数量推移
(表)深圳新宙邦(Capchem)電解液 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
2021年より欧州、中国でそれぞれ新拠点が稼働開始予定
(表)深圳新宙邦(Capchem)電解液 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向

張家港市国泰華栄化工新材料有限公司
(Zhangjiagang Guotai Huarong Chemical New Material Co., Ltd.)
利益重視を軸に据えた事業展開を推進
1. 出荷動向
2020年はコロナ禍の影響受けるも成長を維持
(表)張家港市国泰(Zhangjiagang Guotai)電解液 出荷数量推移
(表)張家港市国泰(Zhangjiagang Guotai)電解液 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
2020年より中国寧徳拠点が稼働開始、2021年はポーランド拠点が稼働予定
(表)張家港市国泰(Zhangjiagang Guotai) 電解液 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
高エネ密対応の電解液需要が車載向け、民生向け共に上昇傾向

MU アイオニックソリューションズ株式会社(三菱ケミカル株式会社/宇部興産株式会社)
日系大手電解液メーカー2社による強力タッグ、始動
1. 出荷動向
2020年、三菱+宇部で4万tに迫る出荷規模に
(表)三菱ケミカル 電解液 出荷数量推移
(表)三菱ケミカル 電解液 出荷金額推移
(表)宇部興産 電解液 出荷数量推移
(表)宇部興産 電解液 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
世界4極の各地で市況に応じた能力増強を順次推進
今後9万tを超える年産体制構築を計画
(表)MUIS 電解液 生産拠点・生産能力推移
(表)MCC 電解液 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向

東莞市杉杉電池材料有限公司(Dongguan Shanshan Battery Material Co., Ltd.)
利益追求戦略へのシフトを推進
1. 出荷動向
2020年、2021年は戦略変更を踏まえ、出荷数量を調整
(表)東莞市杉杉電池材料(Dongguan ShanShan)電解液 出荷数量推移
(表)東莞市杉杉電池材料(Dongguan ShanShan)電解液 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
今後の能力増強は最適時期を見極めた上で実施
(表)東莞市杉杉電池材料(Dongguan ShanShan) 電解液 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
中長期での採用を見据え、次世代品開発を継続

セントラル硝子株式会社
車両電動化潮流と共に飛躍が続く
1. 出荷動向
主要顧客の需要増に伴い2020年も前年を上回る出荷数量で推移
(表)セントラル硝子 電解液 出荷数量推移
(表)セントラル硝子 電解液 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
欧州拠点では更なる需要増への対応に向けた第三期増設を検討
(表)セントラル硝子 電解液 生産拠点・生産能力推移

ENCHEM Co.,Ltd(株式会社エンケーム)
主要顧客の車載用LiBの成長と共にプレゼンス拡大を目指す
1. 出荷動向
2020年の出荷数量は前年比約130%台で推移
(表)ENCHEM LiB用電解液 出荷数量推移
(表)ENCHEM LiB用電解液 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
主要顧客の海外展開に歩調を合わせ、2020年以降、海外拠点が順次稼働開始予定
2021年の年間生産能力は8.5万t以上の見込み
(表)Enchem LiB用電解液 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向

株式会社Soulbrain
今後、軸足を韓国LiBメーカーの車載用セル向けにシフト
1. 出荷動向
2021年以降、中大型セル向け供給比率が上昇見込み
(表)Soulbrain 電解液 出荷数量推移
(表)Soulbrain 電解液 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
2021年よりハンガリー拠点の稼働を予定、世界4拠点体制に
(表)Soulbrain 電解液 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向

Dongwha Electrolyte Co.,Ltd.(旧PANAX ETEC)
グローバルサプライチェーン構築で、更なる成長の足場固めを推進
1. 出荷動向
引き続き中大型セル向けの供給量が拡大見込み
(表)Dongwha Electrolyte 電解液 出荷数量推移
(表)Dongwha Electrolyte 電解液 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
2021年~2022年にかけて欧米拠点の稼働開始を予定
(表)Dongwha Electrolyte 電解質 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向

多氟多化工股份有限公司(Do-Fluoride Chemicals Co., Ltd.)
拡大路線維持の中に変化の兆し
1. 出荷動向
引き続き中国液メーカー向けをメインに、海外液メーカー向けも徐々に拡大
(表)多氟多化工(DFD)電解質 出荷数量推移
(表)多氟多化工(DFD)電解質 出荷金額推移
(表)多氟多グループ企業
2. 生産拠点/生産能力動向
今後、4,000~5,000t規模の能力増強を計画
(表)多氟多化工(DFD) 電解質 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向

森田新能源材料(張家港)有限公司
「市場主導」を見極めつつ、再び成長路線へシフト
1. 出荷動向
2018~2019年の横ばい推移から、2020年は前年比増へ
(表)森田新能源材料 電解質 出荷数量推移
(表)森田新能源材料 電解質 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
生産能力の引上げを推進
(表)森田新能源材料 電解質 生産拠点・生産能力推移

Foosung Co.,Ltd(株式会社フソン)
供給先、生産拠点、新規開発、それぞれの拡大を市況に応じて推進
1. 出荷動向
中国拠点の本格稼働により2020年は出荷増に転ずる
(表)Foosung 電解質 出荷数量推移
(表)Foosung 電解質 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
南通拠点の稼働で生産能力は従来比2倍以上に、欧州進出は今後慎重に判断
(表)Foosung 電解質 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
ハイニッケル対応、高電圧対応の新規添加剤を推進
(表)Foosung 添加剤 生産拠点・生産能力推移

関東電化工業株式会社
市況変化による成長の壁に直面も、引き続きハイグレード領域での展開に注力
1. 出荷動向
2020年はコロナ禍等の影響で前年割れ推移
(表)関東電化工業 電解質 出荷数量推移
(表)関東電化工業 電解質 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向、研究開発動向/製品動向
(表)関東電化工業 電解質 生産拠点・生産能力推移

ステラケミファ株式会社
戦略転換期を経て、次なるステージの過渡期へ
1. 出荷動向
2020年出荷数量は2018年並みに回復
(表)ステラケミファ 電解質 出荷数量推移
(表)ステラケミファ 電解質 出荷金額推移
2. 生産拠点/生産能力動向
中国拠点にて電解質を、日本拠点にて添加剤をそれぞれ生産
(表)ステラケミファ 電解質 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
2025年以降を見据え、次世代エネルギーデバイス材料の開発を推進
(表)ステラケミファ 次世代エネルギーデバイス材料への取り組み

4. セパレーターメーカー

上海恩捷新材料科技股份有限公司(Shanghai Energy New Materials Technology Co., Ltd.)
生産体制、技術開発、ラインナップ、全方位での強化を推進
1. 出荷動向
2020年は成長率鈍化も上海エナジー単独で出荷量2桁億㎡超え
(表)上海恩捷 セパレーター出荷数量
(表)上海恩捷 セパレーター出荷金額
2. 生産拠点/生産能力動向
新たに傘下に加わった捷力新能源(Jieli)、纽米科技(NewMi)は民生小型向けに注力
Polyporeとは乾式の共同開発、生産を推進
(表)上海恩捷 セパレーター 生産拠点・生産能力推移
(表)上海恩捷 グループ傘下 セパレーター 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
民生小型向けでは2021年より最薄4μm品の量産開始を予定
帝人とコーティング関連で包括的な技術ライセンス契約を締結

旭化成株式会社
湿式と乾式の両輪で次なるマーケット攻略を推進
1. 出荷動向
2020年、民生向け、車載向け共に出荷増で推移
(表)旭化成 「ハイポア™」 セパレーター 出荷数量/出荷金額
(表)Polypore 「Celgard®」 セパレーター出荷数量/出荷金額
2. 生産拠点/生産能力動向
湿式能力は年産7億㎡体制へ
乾式では上海エナジーとのJV設立を発表
(表)旭化成「ハイポア™」、 Polypore「Celgard®」 セパレーター 生産拠点/生産能力推移

深圳市星源材質科技股份有限公司(Shenzhen Senior Technology Material Co., Ltd.)
湿式への軸足シフトが進む
1. 出荷動向
2年連続で高成長を維持、2020年には湿式が乾式を上回る出荷数量に
(表)星源材質 セパレーター出荷数量
(表)星源材質 セパレーター出荷金額
2. 生産拠点/生産能力動向
湿式能力を積極的に拡大、欧州拠点はコーティングラインから着手
(表)星源材質 セパレーター 生産拠点・生産能力推移
(表)星源材質 コーティング 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
湿式最薄は5μm品の生産テストを完了

東レ株式会社
足元のLiB市場成長に対応しつつ、次世代を見据えた取り組みを推進
1. 出荷動向
2019年まで高成長率で推移
2020年はコロナ禍等の影響で成長率鈍化
(表)東レ セパレーター 出荷数量
(表)東レ セパレーター 出荷金額
2. 生産拠点/生産能力動向
2019年に既存拠点の能力Upを実施
2021年からは欧州拠点が稼働開始予定
(表)東レ セパレーター 生産拠点/生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
次世代電池を見据えた無孔アラミドセパを新規開発
(表)東レ SETELATM製品ラインナップ(開発品含む)

SK ie Technology Co., Ltd
急増するLiB需要に備え、グローバルな拠点展開を推進
1. 出荷動向
引き続き韓国セルメーカー向けをメインに、2020年は前年比約130%で推移
(表)SKIT セパレーター出荷数量
(表)SKIT セパレーター出荷金額
2. 生産拠点/生産能力動向
2020年より中国・常州拠点が稼働を開始、欧州・ポーランド拠点は2021年Q3から稼働予定
韓国拠点は全電力を再エネより調達の方針
(表)SKIT セパレーター 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
(表)SKIET セパレーター製品ラインアップ

W-SCOPE株式会社
対象マーケット・顧客共に成長軸を大幅にシフト
1. 出荷動向
車載用セル向けにコーティングセパレーターが出荷増
(表)W-SCOPE セパレーター出荷数量
(表)W-SCOPE セパレーター出荷金額
2. 生産拠点/生産能力動向
市況を見極めつつ、着実な能力増強を実施
(表)W-SCOPE セパレーター 生産拠点・生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
2019年発表の高性能セパレーターを2021年より供給開始予定
(表)W-SCOPE セパレーター製品ラインアップ

住友化学株式会社
次なる飛躍のタイミングを見据えた体制造りを推進
1. 出荷動向
2020年は各種環境の変化により成長率鈍化
(表)住友化学 セパレーター出荷数量
(表)住友化学 セパレーター出荷金額
2. 生産拠点/生産能力動向
2022年にSSLMのコーティング材生産能力を倍増予定
(表)住友化学 セパレーター 生産拠点/生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
更なる薄膜化の進展で高容量化に寄与

滄州明珠塑料股份有限公司(Cangzhou Mingzhu Plastic Co., Ltd.)
2020年は前年比微増で推移
1. 出荷動向
(表)滄州明珠 セパレーター出荷数量
(表)滄州明珠 セパレーター出荷金額
2. 生産拠点/生産能力動向
(表)滄州明珠(Cangzhou Mingzhu)セパレーター 生産拠点・生産能力推移

宇部マクセル株式会社
市況、サプライチェーン環境の変化に直面
1. 出荷動向
EV用セル向けの需要減で2019年は前年割れ推移
(表)宇部マクセル セパレーター 出荷数量
(表)宇部マクセル セパレーター 出荷金額
2. 生産拠点/生産能力動向
(表)宇部マクセル セパレーター 生産拠点
3. 研究開発動向/製品動向
(表)宇部マクセル セパレーター 製品ラインアップ

帝人株式会社
コーティング技術を強みに、新たな成長軸での事業拡大を推進
1. 出荷動向
上海エナジーとの包括的技術ライセンス契約締結を発表
自社販売のコーティングセパは2020年、リモートワーク等の増加で出荷増
2. 生産拠点/生産能力動向
(表)帝人 コーティングセパレーター 生産拠点/生産能力推移
3. 研究開発動向/製品動向
あらゆるセルニーズに対応可能な
3タイプのLIELSORT®(リエルソート)をラインナップ
(表)帝人 LIELSORT® (リエルソート)製品ラインナップ

関連リンク

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

319,000
290,000
29,000
319,000
290,000
29,000
352,000
320,000
32,000
638,000
580,000
58,000
671,000
610,000
61,000
957,000
870,000
87,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。