2020-2021年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~正極材編~

本レポートは2020年の10月発刊「2020年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望~1st Half Report~」以降、2020年10月~2021年5月までの追加調査(コロナウイルスによる経済への影響、新たに発表された各国の環境政策動向、等)を踏まえた完全版レポートになります。

発刊日
2021/05/28
体裁
A4 / 154頁
資料コード
C62126900
PDFサイズ
7.7MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 154頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:日本および韓国、中国、欧州の有力リチウムイオン電池(以下LiB)用正極材11社の現在の動向と今後の事業施策を徹底調査し、更に周辺調査を加えることで世界LiB用正極材市場の現状と今後の動向を把握することを目的とする。
調査対象:日系正極材メーカー3社、韓国正極材メーカー2社、中国正極材メーカー4社、欧州正極材メーカー2社
調査方法:専門調査員による直接面接取材をベースに、文献調査を併用
調査期間:2020年10月~2021年5月

資料ポイント
Close

  • 2020-2021年版ではコロナ禍でも成長続く車載用LiB市場、民生小型LiB市場の動向を踏まえ、日系、韓国、中国の正極材メーカーの取り組み状況、正極材のトレンド等に注目
  • 正極材市場価格動向を掲載
  • タイプ別(民生小型セル/中大型セル)正極材市場規模(2016~2025年予測)を算出
  • 世界主要正極材メーカー生産能力一覧を掲載(2016~2021年計画)
  • 世界主要正極材メーカー各社の動向を掲載
  • 民生小型セル市場(2016~2025年予測、アプリケーション別、セルタイプ別/2017~2020年メーカーシェア)、車載用セル市場(2016~2025年予測、2030年予測、セルタイプ別/2017~2020年メーカーシェア)の情報も併せて収録

リサーチ内容

第1章 民生小型LiB市場の現状と将来展望

1.民生小型LiB アプリケーション別市場動向
  2020年はセル数ベースで前年比約110%推移
    (図・表)民生小型LiB アプリケーション別 出荷推移(電池容量)
    (図・表)民生小型LiB アプリケーション別 出荷推移(セル数)
    (図・表)民生小型LiB アプリケーション別 出荷推移(出荷金額:ドル)
  2021年も成長維持が予測されるも、
  ノートPC、スマホは半導体等の部材供給状況に懸念
    (図)民生小型LiB市場 2020年(セル数ベース:単位千セル)その他内訳
  ノートPC向けセルは従来の円筒形からラミセルへのシフトが加速
2. 民生小型LiB セルタイプ別市場動向
  円筒形セルのラミセル超えは2023年を予測
    (図・表)民生小型LiB 形状タイプ別 出荷推移(電池容量)
    (図・表)民生小型LiB 形状タイプ別 出荷推移(セル数)
    (図・表)民生小型LiB 形状タイプ別 出荷推移(出荷金額:ドル)
3. 民生小型LiBメーカーシェア推移
  トップシェア維持のSamsung SDI、追い上げるATL
  シェア変動の背景には各社の戦略変更も
    (表)民生小型LiB メーカーシェア推移(電池容量)
    (表)民生小型LiB メーカーシェア推移(セル数)
    (表)民生小型LiB メーカーシェア推移(出荷金額:ドル)

第2章 車載用LiB市場の現状と将来展望

1. 車載用LiB市場動向
  2020年の車載用電池市場(NiMH、LiB)は前年比120%台で推移
    (図・表)車載用電池(Ni-MH・LiB)市場規模推移
    (市場予測 容量ベース:CY2016~CY2025、CY2030)
    (図・表)車載用電池(Ni-MH・LiB)市場規模推移
    (市場予測 金額ベース:CY2016~CY2025、CY2030)
2. 電池形状別車載用LiB市場動向
  2020年、円筒角ラミ比率は2:5:3、今後はラミ比率が上昇の可能性
    (表)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別(円筒形・角形・ラミネート形)
  市場規模推移(容量:CY2016~CY2025、CY2030)
    (図)市場ベース予測:世界車載用LiB形状別市場規模推移
    (容量:CY2016~CY2025、CY2030)
3. 車載用LiB市場メーカーシェア動向
  独走を続けるCATLの一方で、前年割れ推移が目立つ中国勢
  韓国3社は2020年大幅成長
    (図・表)世界車載用LiB市場メーカーシェア推移(CY2017~CY2020)

第3章 リチウムイオン電池正極材市場の現状と将来展望

1.正極材市場の現状と将来展望
    トップ維持のNCM、構成比上昇のLFP
  1.正極材 全体市場動向
    2020年、正極材市場規模は70万t超え
    2021年Q1は中国で価格上昇の動き、今後は資源・正極材の需給バランス次第
    (図・表)LiB正極材 世界市場規模 材料別推移(数量:2016年-2025年予測)
    (図・表)LiB正極材 世界市場規模 材料別推移(金額:2016年-2025年予測)
    (表)正極材 参考販売価格帯推移
  2.セルサイズ別(民生用/中大型用)正極材市場動向
    民生小型セル向け:車載メインの中大型セル向け比率は2020年時で25:75
    2025年では中大型セル向けが8割超えを予測
    (図・表)LiB正極材 セルサイズ別(民生小型セル/中大型セル)
    世界市場規模推移(数量:2016年~2025年予測)
    (図・表)LiB正極材 セルサイズ別(民生小型セル/中大型セル)
    世界市場規模推移(金額:2016年~2025年予測)
  3.主要正極材メーカーの生産能力推移
    2020年の世界キャパは推計100万t超え/年まで拡大
    (表)主要正極材メーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧①~⑥
  4.正極材市場 メーカーシェア推移
    正極材全体トップシェアは厦钨新能源材料(XTC New Energy Materials)
    住友金属鉱山、日亜化学工業が続く
    (表)LiB正極材 メーカー別 世界市場規模 シェア推移 (数量:2016年-2020年)
    (表)LiB正極材 メーカー別 世界市場規模 シェア推移 (金額:2016年-2020年)
  5.国別 正極材シェア推移
    LCO需要の伸び、LFP回帰の動きを含め、中国優位が継続
    (図・表)正極材 世界市場規模 国別シェア推移(数量:2016年-2020年)
    (図・表)正極材 世界市場規模 国別シェア推移(金額:2016年-2020年)
2.三元系正極材(NCM)市場
    拡大基調の中に垣間見える今後の変化点
  1.NCM全体市場動向
    2020年で30万t超え、2025年には倍の規模を予測
    (図・表)NCM 世界市場規模推移 (数量/金額:2016年―2025年予測)
    今後、中長期視点での「LFP回帰」インパクトの可能性
    セルメーカーとの連携強化の動きを含め、問われる自社の最適戦略
  2.セルサイズ別(民生小型セル、中大型セル)NCM出荷動向
    車載用セルを含む中大型セル向け成長率が
    民生小型セル向け成長率を上回る状況を維持
    (表)NCM セルサイズ別(民生小型/中大型)
    世界市場規模推移(数量:2016年~2020年)
  3.NCM市場メーカーシェア推移
    引き続き日亜化学工業がトップシェア
    (表)LiB正極材 三元系正極材(NCM)
    世界市場規模 メーカーシェア推移(数量:2016年-2020年)
    (表)LiB正極材 三元系正極材(NCM)
    世界市場規模 メーカーシェア推移(金額:2016年-2020年)
    (図)NCM メーカーシェア その他内訳(2020年)
  4.主要NCMメーカーの生産能力推移
    2021年以降も主要メーカーで能力増強が進む
    (表)主要NCMメーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧
    Ecopro、POSCOはSamsung SDIと、新規参入のBTRは中韓セルメーカー共同で
    正極材JVを設立、欧州ではBASF、ジョンソンマッセイの正極材拠点が胎動
  5.NCM開発動向
    2020年でNCM622+811の構成比は5割手前まで上昇
    (図・表)NCM 市場 組成比別比率(2019年、2020年:出荷数量ベース)
    ハイニッケル化仕切り直しの中国、ハイニッケル化加速の韓国
3.ニッケル酸リチウム(NCA)市場
    ハイスペックが故の成長課題に直面
  1.NCA 全体市場動向
    2020年は成長率鈍化
    (図・表)NCA 世界市場規模推移 (数量/金額:2016年 ― 2025年予測)
  2.セルサイズ別(民生小型セル、中大型セル)NCA出荷動向
    民生向けは成長率回復、車載用セル向けは前年割れで推移
    (表)NCA セルサイズ別(民生小型/中大型)
    世界市場規模推移(数量:2016年~2020年)
  3.NCA市場メーカーシェア推移
    主要メーカーは住友金属鉱山、エコプロの2社で変わらず
    (表)LiB正極材料 ニッケル酸リチウム(NCA)
    世界市場規模 メーカーシェア推移(数量:2016年-2020年)
    (表)LiB正極材料 ニッケル酸リチウム(NCA)
    世界市場規模 メーカーシェア推移(金額:2016年-2020年)
  4.主要NCAメーカーの生産能力推移
    NCAキャパ増強は需要動向に応じた手堅い動きに
    (表)主要NCAメーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧
4.コバルト酸リチウム(LCO)市場
    スマホ頼みの停滞から一時脱却
  1.LCO全体市場動向
    2020年はコロナ禍でのリモート端末需要増が成長に寄与
    (図・表)LCO 世界市場規模推移 (数量/金額:2016年 ― 2025年予測)
  2.セルサイズ別(民生小型セル、中大型セル)LCO出荷動向、LCO開発動向
    4.45V対応LCOが増加傾向、今後は4.46~4.47Vへシフトの向き
    (表)LCO セルサイズ別(民生小型/中大型)
    世界市場規模推移(数量:2016年~2020年)
    (表)主要LCOプレーヤーにおける高電圧対応LCO動向(2020年)
  3.LCO市場メーカーシェア推移
    厦钨新能源材料(XTC)がトップ独走
    (表)LiB正極材 コバルト酸リチウム(LCO)
    世界市場規模 メーカーシェア推移(数量:2016年-2020年)
    (表)LiB正極材 コバルト酸リチウム(LCO)
    世界市場規模 メーカーシェア推移(金額:2016年-2020年)
  4.主要LCOメーカーの生産能力推移
    能力増強は上位プレーヤーを中心にしらばく限定的な動きとなる可能性
    (表)主要LCOメーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧
  5.リン酸鉄リチウム(LFP)市場
    一時的な停滞から復権、今後、更なるプレゼンス上昇の可能性
    1.LFP 全体市場動向
    2018年の停滞を経て、2019年、2020年は再び成長基調へ
    (図・表)LFP 世界市場規模推移 (数量/金額:2016年 - 2025年予測)
    2.セルサイズ別(民生小型セル、中大型セル)LFP出荷動向、LFP開発動向
    中大型セル向けで高成長続く
    (表)LFP セルサイズ別(民生小型/中大型)
    世界市場規模推移(数量:2016年~2020年)
    3.主要LFPメーカー動向
    トップシェアの德方纳米科技(Dynanonic)は提携先拡大を推進
    (図)LFPメーカーシェア(2020年)
    4.主要LFPメーカーの生産能力推移
    中国にてLFP能増は再活性化の向き
    中長期的には欧米における動向も注目ポイントの1つに
    (表)主要LFPメーカー 生産拠点・年間生産能力推移 一覧
  6.マンガン酸リチウム(LMO)市場
    中国のミドル~ローエンド需要で拡大
    1.LMO 全体市場動向
    2021年は7万t規模を予測
    (図・表)LMO 世界市場規模推移 (数量/金額:2016年~2025年予測)
    2.セルサイズ別(民生小型セル、中大型セル)LMO出荷動向、LMO開発動向
    民生小型ではパワー系セル向けに需要増、車載用では物流車向けがメイン
    (表)LMO セルサイズ別(民生小型/中大型)
    世界市場規模推移(数量:2016年~2020年)
    3.主要正極材メーカーにおけるLMO動向
    引き続き中国ローカルメーカーが主役
    4.主要正極材メーカーにおけるLMO生産能力推移
    日韓でLMO能力増強の動きは見られず、中国で拡大の向き
    (表)主要正極材メーカーにおけるLMO生産拠点・年間生産能力推移 一覧

第4章 正極材メーカーの動向と戦略

厦钨新能源材料有限公司(XTC New Energy Materials)
  民生と車載向けの両軸で更なる成長を目指す
  1. 出荷動向
  2019~2020年にかけてLCO出荷が好調
  (表)厦钨新能源材料 XTC New Energy Materials  正極材 出荷数量推移
  (表)厦钨新能源材料 XTC New Energy Materials  正極材 出荷金額推移
  2. 生産拠点/生産能力動向
  2020年は約6万t/年まで拡張、2021年~2022年も引き続き増強予定
  (表)厦钨新能源材料(XTC New Energy Materials)正極材 生産拠点・生産能力推移
  3. 研究開発動向/製品動向
  (図)厦钨新能源材料(XTC New Energy Materials)Hi-Ni正極材 開発ロードマップ

Umicore N.V
  正極材採用トレンド変化を見据え、戦略修正を図る
  1. 出荷動向
  2019年よりNCM622の出荷比率が増加傾向
  (表)Umicore 正極材 出荷数量推移
  (表)Umicore 正極材 出荷金額推移
  2. 生産拠点/生産能力動向
  欧州新拠点を中心に能力増強を推進
  2021~2022年で17万5,000t体制を計画
  (表)Umicore 正極材 生産拠点・生産能力推移
  3. 研究開発動向/製品動向
  Ni比率8以上のハイニッケル正極材へ重心をシフト
  Freeport Cobaltの買収で正極材の一貫生産体制を更に強化

湖南杉杉能源科技股份有限公司 (Hunan Shanshan Advanced Materials Co., Ltd.)
  成長軌道へのシフトに向け前進
  1. 出荷動向
  2020年出荷数量は前年比120%台で推移
  (表)湖南杉杉(ShanShan) 正極材 出荷数量推移
  (表)湖南杉杉(ShanShan) 正極材 出荷金額推移
  2. 生産拠点/生産能力動向
  順次能増を実施し、2022年に計10万t/年超えの体制構築を目指す
  (表)湖南杉杉(ShanShan) 正極材 生産拠点・生産能力推移

株式会社エコプロBM(EcoPro BM Co., Ltd.)
  ハイニッケル正極を軸に、サプライチェーン川上への事業拡大も推進
  LiBライフサイクル全般を手掛ける事業展開
  (図)EcoProのバリューチェーン
  1. 出荷動向
  2020年出荷量は2018年比で2倍に拡大、2021年はNCMが伸張見込み
  (表)エコプロ 正極材 出荷数量推移
  (表)エコプロ 正極材 出荷金額推移
  2. 生産拠点/生産能力動向
  Samsung SDIとのJVを含め、2022年で10万t/年体制を計画
  (表)エコプロ 正極材生産拠点・生産能力推移
  3. 研究開発動向/製品動向

北京当升材料科技股份有限公司(Beijing Easpring Material Technology Co., Ltd.)
  車載用セル向けを軸に、中国の外へと供給エリアの拡大を推進
  1. 出荷動向
  2020年は海外向けNCM出荷が大幅増
  (表)北京当升(Easpring)正極材 出荷数量推移
  (表)北京当升(Easpring)正極材 出荷金額推移
  2. 生産拠点/生産能力動向
  2023年で13~15万t/年までの能力拡張を計画
  (表)北京当升(Easpring) 正極材 生産拠点・生産能力推移
  (表)北京当升(Easpring) 前駆体 生産拠点・生産能力推移
  3. 研究開発動向/製品動向
  NCM811、NCMAの開発を加速

北大先行科技産業有限公司(Pulead Technology Industry Co., Ltd.)
  LFP回帰の波と共に再び成長路線へ
  1. 出荷動向
  2020年はLFP出荷を大きく伸ばす
  (表)北大先行(Pulead)正極材 出荷数量推移
  (表)北大先行(Pulead)正極材 出荷金額推移
  2. 生産拠点/生産能力動向
  2022年を目途に生産能力の大幅増を計画
  (表)北大先行(Pulead) 正極材 生産拠点・生産能力推移
  3. 研究開発動向/製品動向
  圧着密度の向上を実現したLFP製品を主軸に展開
  (表)北大先行(Pulead) LFP正極材 製品ラインナップ 代表例

株式会社L&F(L&F Co., Ltd.)
  ハイニッケルNCM注力にシフト
  1. 出荷動向
  2021年以降、ハイニッケルNCMの出荷が拡大見込み
  (表)L&F 正極材 出荷数量推移
  (表)L&F 正極材 出荷金額推移
  2. 生産拠点/生産能力動向
  NCMAの生産体制構築を推進
  (表)L&F 正極材 生産拠点・生産能力推移

株式会社田中化学研究所
  xEV市場の次なる展開を見据えた事業展開を推進
  1. 出荷動向
  2019年の前年割れ推移に対し、2020年は車載向けを牽引役に出荷増へ
  (表)田中化学研究所 前駆体 出荷数量推移
  (表)田中化学研究所 正極材 出荷数量推移
  (表)田中化学研究所 正極材 出荷金額推移
  2. 生産拠点/生産能力動向
  第三期分が完工し、2020年より5万t/年体制
  (表)田中化学研究所 正極材生産拠点・生産能力推移
  3. 研究開発動向/製品動向
  (図)田中化学研究所 正極材の技術開発の方向性

住友大阪セメント株式会社
  LFPのカスタム対応力に強み
  1. 出荷動向
  2020年はコロナの影響を受け、前年割れ推移
  ESS用セル向けは次なる展開を見据えた取り組みを推進
  (表)住友大阪セメント LFP出荷量推移
  2. 生産拠点/生産能力動向
  (表)住友大阪セメント 正極材 生産拠点・生産能力推移
  3. 研究開発動向/製品動向

関連リンク

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 154頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。