2020-2021 スマートフォン・移動体通信世界市場総覧 ~中国リスクとCOVID-19を乗り越える5G市場~

2020年は新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的な猛威を振るい、世界経済そして移動体通信サービスに於いても大きな影響を齎している。それ以前に世界最大市場である中国市場がほぼ飽和し、同市場における新規契約数の伸び鈍化とスマートフォン出荷台数の減少に加え、米中貿易戦争の一部と言える華為技術(Huawei)に対する制裁措置に代表される「中国リスク」は移動体通信産業全体における大きなリスク要因となっている。一方で商用サービスが開始された5G(第5世代移動体通信システム)は前述の要因が重なり立ち上がりに遅延が生じているものの、市場の回復と今後の成長を図る上では不可欠な要素となっている。本年度資料では、中国リスクとCOVID-19影響下にある各市場及び主要企業の状況把握、そして5G導入の現状と今後の見通しについてよりフォーカスした内容とすることを目指している。

発刊日
2020/08/下旬
体裁
A4 / 約450頁
資料コード
C62111900
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

275,000
250,000
25,000
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
550,000
500,000
50,000
583,000
530,000
53,000
825,000
750,000
75,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

前回版との違い

  • 米中貿易摩擦に起因する中国企業リスクについて5G基地局、スマートフォンの市場別予測を掲載
  • 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響把握と市場別・主要通信事業者グループ、メーカー別予測を掲載
  • ウェアラブルデバイス参入企業(主要10社)に対する分析を実施

リサーチ内容

2020年6月16日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査結果のポイント

1:国内移動体通信サービス契約数
2:国内移動体通信端末(ハンドセット)出荷台数
3:世界の携帯電話契約数
4:グローバル スマートフォン出荷台数
5:5Gスマートフォン出荷台数

第1章.リスク要因の検証

1:米中貿易戦争
  1:概況
  2:米国の対応
  3:中国の対応
  4:EUの対応
  5:その他市場での対応
  6:華為技術の対応
  7:その他中国企業
2:新型コロナウイルス(COVID-19)
  1:概要
  2:世界の感染状況(2020年1月~5月統計)
  3:主要国の感染状況
  4:主要産業への影響(自動車、飲食業、観光/レジャー、
  小売/Eコマース、公共交通、・流通/物流、不動産/住宅、
  サービス業、素材/化学/エネルギー、情報通信、医療/福祉/製薬)

第2章.グローバル携帯電話市場動向

1:携帯電話サービス 契約動向
  1:概況
  2:2020年携帯電話契約数の見通し
2:5G導入動向
  2-1:概況
  2-2:2019年に5Gを導入した事業者の動向
  2-3:2020年に5Gを新規導入する市場
  2-4:2020年の見通し 2-5:中期展望
3:主要通信事業者グループ
  3-1:中国移動
  3-2:Vodafone
  3-3:RelianceGio
  3-4:Singtel
  3-5:Bhaltiairtel
  3-6:Axiata
  3-7:Teliasonela
  3-8:Telenor
  3-9:Telefonica
  3-10:AmericaMobile
  3-11:中国聯通
  3-12:中国電信
  3-13:Sistema
  3-14:Vimpelcom
  3-15:Etisalat
  3-16:Orange
  3-17:T-mobile
  3-18:AT&T
  3-19:Verizon
  3-20:Ooredoo
  3-21:Softbank
  3-22:NTT
  3-23:KDDI
  3-24:Telcomsel
  3-25:MTN

<分析項目>
-1:企業プロフィール
-2:売上高(2018年、2019年実績、2020年見通し)
-3:市場別契約数
-4:グループ内における動向
-5:5G導入動向(導入国、導入計画、サプライヤー動向)
-6:新型コロナウィルス問題による業績への影響

第3章.主要市場動向

1.日本 2.中国 3.韓国 4.中華民国(台湾) 5.タイ
6.ベトナム 7.マレーシア 8.インドネシア 9.フィリピン
10.ミャンマー 11.バングラディシュ 12.インド 13.パキスタン
14.オーストラリア 15.英国 16.ドイツ 17.フランス
18.イタリア 19.スペイン 20.ポーランド 21.ロシア 22.米国
23.カナダ 24.メキシコ 25.ブラジル 26.アルゼンチン
27.イラン 28.トルコ 29.サウジアラビア 30.エジプト
31.南アフリカ 32.ケニア 33.ナイジェリア

<分析項目>
-1-1:市場概要(参入事業者、契約数)
-1-2:5G市場動向(エリア展開・サービス開発・サプライヤ動向)
-1-3:新型コロナウイルスの影響(概況、経済への影響、通信サービスへの影響)
-2:日本市場 携帯電話端末動向
-2-1:ハンドセット(フィーチャーフォン+スマートフォン)
-2-2:スマートフォン
-2-3:5Gスマートフォン
-2-4:新型コロナウイルスの影響(端末販売動向)
-2-5:中国メーカー製品の取り扱い状況

第4章.ハンドセット・スマートフォン市場動向

1:ハンドセット世界市場
  1-1:ハンドセット市場概況
  1-2:メーカー別ハンドセット市場動向
  1-3:2020年ハンドセット出荷見通し
  1-4:ハンドセット地域別出荷動向
  1-5:ハンドセット市場中期見通し
2:スマートフォン世界市場
  2-1:スマートフォン市場概況
  2-2:スマートフォン メーカー別出荷動向
  2-3:スマートフォン地域別出荷動向
  2-4:スマートフォン 価格帯別出荷動向
  2-5:スマートフォン ディスプレイサイズ別出荷動向
  2-6:2020年スマートフォン出荷台数見通し
  2-7:スマートフォン市場中期見通し
3:5Gスマートフォン世界市場
  3-1:5Gスマートフォン市場概況
  3-2:5Gスマートフォンメーカー別出荷動向
  3-3:2020年 5Gスマートフォン出荷台数見通し
  3-4:5Gスマートフォン中期見通し

第5章.スマートフォンメーカー 出荷台数データ

1:サムスン電子
2:Apple
3:華為技術(Huawei)
4:OPPO
5:vivo
6:Xiaomi(小米)
7:Transsion
8:LG 電子
9:Lenovo・Motorola
10:その他メーカー

<分析項目>
表1:製品カテゴリ別出荷台数実績/予測
グラフ1:製品カテゴリ別出荷台数実績/予測
表2:ハンドセット地域別出荷台数実績/予測
グラフ2:ハンドセット地域別出荷台数実績/予測
表3:スマートフォン地域別出荷台数実績/予測
グラフ3:スマートフォン地域別出荷台数実績/予測
表4:スマートフォン価格帯別出荷台数実績/予測
グラフ4:スマートフォン価格帯別出荷台数実績/予測
表5:スマートフォン ディスプレイサイズ別出荷台数実績/予測
グラフ5:スマートフォン ディスプレイサイズ別出荷台数実績/予測
表6:メイン/サブブランド別出荷台数実績/予測
表7:ハンドセット市場別 出荷台数実績/予測
表8:スマートフォン市場別 出荷台数実績/予測
表9:5Gスマートフォン市場別 出荷台数実績/予測

第6章.タブレット市場動向

1:タブレット世界市場
  1-1:PC 市場概況
  1-2:タブレット市場概況
  1-3:タブレット地域別出荷動向
  1-4:タブレット OS 別出荷動向
  1-5:タブレットディスプレイサイズ別出荷動向
  1-6:セルラー機能付きタブレット出荷台数動向
  1-7:2020年タブレット出荷台数見通し
  1-8:タブレット市場中期見通し

第7章.タブレットメーカー出荷台数データ

1:Apple
2:サムスン電子
3:Amazon
4:Lenovo(聯想)
5:華為技術(Huawei)
6:Microsoft

<分析項目>
表1:タブレット地域別出荷台数実績/予測
グラフ1:タブレット地域別出荷台数実績/予測
表2:タブレット OS 別出荷台数実績/予測
グラフ2:タブレットOS 別出荷台数実績/予測
表3:タブレット ディスプレイサイズ別出荷台数実績/予測
グラフ3:タブレット ディスプレイサイズ別出荷台数実績/予測

第8章.ウェアラブルデバイス市場

1:ウェアラブルデバイス
  1-1:ウェアラブルデバイス グローバル市場概況
  1-2:2020年ウェアラブルデバイス出荷台数見通し
  1-3:ウェアラブルデバイス市場中期見通し
2:スマートウォッチ市場
  2-1:スマートウォッチ グローバル市場動向
  2-2:2020年スマートウォッチ出荷台数見通し
  2-3:スマートウォッチ市場中期見通し
3:スマートバンド市場
  3-1: スマートバンド グローバル 市場動向
  3-2:2020年スマートバンド出荷台数見通し
  3-3:スマートバンド市場中期見通し
4:HMD 市場
  4-1:HMDグローバル 市場動向
  4-2:製品カテゴリ別市場動向
  4-3:2020年HMD出荷台数見通し
  4-4:HMD市場中期見通し

第9章.ウェアラブルデバイスメーカー出荷台数データ

1:Apple
2:サムスン電子
3:Xiaomi
4:Fitbit
5:華為技術(Huawei)
6:Microsoft
7:Oculus
8:HTC
9:SONY
10:Garmin
11:その他

<分析項目>
表1:ウェアラブルデバイス地域別出荷台数実績/予測
グラフ1:ウェアラブルデバイス地域別出荷台数実績/予測
表2:ウェアラブルデバイス製品カテゴリ別出荷台数実績/予測
グラフ2:ウェアラブルデバイス製品カテゴリ別出荷台数実績/予測
表3:HMD製品カテゴリ別出荷台数実績/予測
グラフ3:HMD製品カテゴリ別出荷台数実績/予測

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

275,000
250,000
25,000
275,000
250,000
25,000
308,000
280,000
28,000
550,000
500,000
50,000
583,000
530,000
53,000
825,000
750,000
75,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。