食品製造業における新型コロナウイルスの影響分析、将来予測

食品業界及び周辺業界において目下最も関心の高い新型コロナウイルスの影響と収束後の見通しに関して、販売上の分析の他、ウイズコロナ・アフターコロナの食品製造業の市場変化を予測する。

発刊日
2020/10/30
体裁
A4 / 185頁
資料コード
C62115900
PDFサイズ
5.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:食品メーカー、外食店といった食品市場に関わる有力企業を調査対象とした。
調査方法:アンケート調査の他、デスクリサーチにより分析を実施した。
調査期間:2020年9月~2020年10月

資料ポイント
Close

  • 外食店の売上が大きく落ち込んでいることから、外食店向けの業務用食品の販売が厳しい状況に陥っている。外食店で提供していた食品を、家庭用として通販などで販売する動きや、外食店向けの食材をスーパーで販売する動きもいくつかみられる。外食店が好調なテイクアウトやデリバリー業態に本格的に乗り出す動きは多くみられ、食品メーカーはそれに対応するため、経時劣化耐性の油の提案を行う等、コロナ禍に対応した取り組みを行っている。
  • 市販用食品の販売は、巣籠需要や内食化を受け、好調となっている。特に、「健康」や「家飲み」をキーワードとした食品が伸長する傾向にある。
  • 品目別市場動向では、15分野・176品目の加工食品について、2019年度の市場規模、2015~2019年度の市場規模対前年比平均値、2020~2022年度の市場規模対前年比平均値予測、市場概況やコロナ禍の影響について掲載。
  • 食品メーカーにおけるコロナ禍の影響や、外食店におけるコロナ禍に対応するための取り組み等も掲載。
  • 食品メーカーに実施したコロナ禍の影響についてのアンケート調査結果を掲載。コロナ禍によって好調・不調になったカテゴリーや商品とその要因、コロナ禍における今後の取り組み予定などをとり上げている。

資料概要
Close

1.ウイズ・アフターコロナにおける食品製造業の業界変化と影響予測
2.新型コロナウイルスにより影響を受けた分野とその内容
3.食品製造業における影響分析
4.食品製造業へのアンケート結果からみられる新型コロナウイルスの影響

リサーチ内容

1.ウイズ・アフターコロナにおける食品製造業の業界変化と影響予測

(1)食品の市場規模、影響予測
(2)コロナ禍における食品製造業の対策・対応
(3)食品製造業におけるユーザー別、製品分野別成長性分析
  ①ユーザー別
  ②製品分野別

2.新型コロナウイルスにより影響を受けた分野とその内容

(1)ユーザー別分析
  ①市販用
  ②業務用・加工用
(2)製品分野別分析
  ①酒類
  ②清涼飲料
  ③乳製品
  ④食肉加工品
  ⑤水産加工品
  ⑥農産加工品
  ⑦パン・麺類
  ⑧小麦粉類・粉製品
  ⑨調味料類
  ⑩油脂加工品
  ⑪砂糖・甘味料
  ⑫冷凍食品
  ⑬インスタント・レトルト食品
  ⑭菓子類
  ⑮健康食品

3.食品製造業における影響分析

(1)酒類
(2)飲料
(3)乳業・乳製品
(4)水産・冷凍食品・缶詰
(5)食肉加工品
(6)加工油脂
(7)製油
(8)製粉
(9)精糖
(10)調味料、調理食品
(11)製パン
(12)製菓
(13)惣菜
(14)業務用
(15)健康食品

4.食品製造業へのアンケート結果からみられる新型コロナウイルスの影響

(1)コロナウイルス禍における好調、不調カテゴリー・商品
(2)2020年秋冬の新商品・リニューアル数の変化
(3)コロナウイルス禍における生活様式の変化に対する事業・商品展開
(4)コロナ禍による原料調達への影響
(5)コロナ禍による生産体制への影響
(6)コロナ禍による設備投資計画への影響
(7)コロナ禍による通期業績への影響見通し
(8)今期(通期)の売上高、営業利益の見通しの前期比増減
(9)業績や生産体制に影響を与える期間の見通し

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。