2021年版 フューネラルビジネスの実態と将来展望

発刊日
2021/08/下旬
体裁
A4 / 約300頁
資料コード
C63106700
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

148,500
135,000
13,500
148,500
135,000
13,500
181,500
165,000
16,500
297,000
270,000
27,000
330,000
300,000
30,000
445,500
405,000
40,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 葬儀を執り行うフューネラルビジネスを多面的・総括的に分析した必読のマーケティング資料
  • 新規参入の増加、葬儀規模の縮小化、低価格化などで市場構造が変革するフューネラルビジネス
  • 有力事業者の類型化、ビジネスモデルを徹底分析
  • フューネラルビジネス市場規模(2009~2020年)を調査
  • フューネラルビジネス市場の2020年のシェアを調査(上位28事業者)
  • フューネラルビジネスの現状とトレンドを調査
  • フューネラルビジネス市場規模を予測(2021~2040年)
  • フューネラルビジネス関連事業者の今後の生き残り策を提言
  • フューネラルビジネス有力事業者22社超の戦略を徹底分析
  • 前回との違い→コロナショックによる業界環境の変化について考察

リサーチ内容

2021年7月14日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
第1章 葬祭ビジネス市場を取り巻く環境
 
1.人口環境
  1)高齢者の推移
  2)全国の死亡者数の推移
  3)地域別死亡者数状況
2.葬祭ビジネス市場の市場規模
  (1)葬祭ビジネス市場の推定にあたって
    ①葬祭ビジネス市場の対象範囲
    ②対象商品群の概況
    ③葬儀単価の傾向
    ア)日本消費者協会アンケートからの葬儀単価状況
    イ)鎌倉新書による「お葬式に関する全国調査」からの葬儀単価状況
    ウ)有力企業の葬儀式単価状況
  (2)葬祭ビジネス市場の推定
3.葬祭ビジネス参入企業の環境
  (1)参入企業の状況
    ①全体概況
    ②企業区分別概況  
    ③有力企業のシェア状況
4.葬祭ビジネス市場の今後
  (1)死亡数の将来予測
  (2)葬儀ビジネス市場規模の推定  
  (3)市場意識の変化  
    ①終活の広がりとセカンドライフの充実
    ②葬儀に関するパラダイム変化
    ③終活の拡がりと可能性
  (4)葬祭業の今後の方向性
    ①終活関連情報ビジネスからの拡大
    ②客層別。グレード別、葬儀の違いの明確化
 
第2章 葬祭ビジネスの分類別動向と関連業界市場動向
 
1.会館葬
  (1)会館葬の現状
    ①会館施設数について
    ②葬儀規模の縮小について
  (2)会館葬の市場規模推定と将来予測
    ①会館葬の市場規模
    ②会館葬の今後
2.自宅葬
3.関連業界の動向
  (1)市場概況
  (2)2020年墓石市場規模
  (3)2020年仏壇市場規模
  (4)供花・花環・花祭壇
    ①葬儀花関連市場状況
    ②生花祭壇の浸透状況
    ③葬儀花市場の推定
  (5)ギフト
    ①フューネラルギフト市場規模
    ②フューネラルギフトの将来展望
  (6)葬儀市場のIT化の状況
    ①葬儀市場の顧客のインターネット利用状況
    ②インターネットを使った葬儀仲介業者の動向
    ③葬儀業界向けITソリューション提供事業者の動向
 
第3章 葬儀業界セグメント別動向
 
1.区分別全体動向
  (1)区分
  (2)全体動向
2.有力企業調査からの受注動向
  (1)有力企業の受注動向
  (2)受注における課題
3.有力企業受注強化のための営業活動動向
4.有力企業の商品開発動向
  (1)現状の葬儀商品開発の取り組み
  (2)周辺商品の動向
5.会館開発動向
6.成長のための人材育成
7.異業種参入に対する見解と今後
 
第4章 消費者の葬儀に関する意識調査分析
 
1.消費者の葬祭業に対する意義
  (1)調査結果のまとめ
2.アンケート結果
  (1)葬儀についてのアンケートの概要
  (2)消費者調査結果より:葬儀情報収集と選択について
    ①葬儀実施にあたっての相談先
    ②葬儀について知りたいこと
    ③葬儀の依頼先
    ④葬儀費用の決め方
  (3)消費者調査結果より:葬儀費用の妥当性
  (4)消費者調査結果より:葬儀について一番困ったこと
  (5)消費者調査結果より:望ましい葬儀について
  (6)消費者調査結果より:今後の葬儀のあり方について
  (7)消費者調査結果より:家族葬についての捉え方
  (8)消費者調査結果より:直葬についての考え
 
第5章 有力事業者の事例研究
 
むすびす株式会社(旧 株式会社アーバンフューネス)
株式会社アスカネット
イオンライフ株式会社
株式会社家族葬のファミーユ
株式会社鎌倉新書
公益社(燦ホールディングス)
株式会社コープライフサービス(ゆきげ葬)
こころネット株式会社
株式会社サン・ライフホールディングス
株式会社JA中央セレモニーセンター
生活協同組合コープこうべ
株式会社ティア
株式会社ニチリョク
・・・など、20社超の掲載を予定

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

148,500
135,000
13,500
148,500
135,000
13,500
181,500
165,000
16,500
297,000
270,000
27,000
330,000
300,000
30,000
445,500
405,000
40,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。