世界のファッション産業におけるサステナビリティのトレンドと国内企業の生き残り戦略

現在、繊維、アパレル産業はサステナビリティの取り組みが最も求められている産業であるといえます。EU はサーキュラー・エコノミーへのシフトを表明し、官民一体となってサステナビリティに資する取り組みを進めています。
日本においてもこのような欧米のトレンドがますます強まり、これまで以上の取り組みが必要になってきます。社会貢献に資するこれらの取り組みは企業価値を向上させ、エンドユーザーもこのような取り組みを行う企業を評価する価値観に変化しています。
世界的なサステナビリティのトレンドの潮流の中にあって、日本のアパレル企業は遅れをとっており、世界との格差がますます大きくなってきています。政府が掲げる2030年の温室効果ガス目標(2013年度比46%減)に示されるように、地球温暖化、気候変動といった環境負荷軽減の取り組みはアパレル企業にとっても求められており、これから企業成長はもちろん、企業の社会的な存在意義として評価されるようになっていきます。
当資料は世界的な繊維、アパレル(ファッション)産業におけるサステナビリティのトレンドを整理し、国内アパレル企業の取り組みの現状と比較、分析することで、国内のアパレル企業が生き残るために必要な戦略を検討します。

発刊日
2021/07/下旬
体裁
A4 / 約120頁
資料コード
C63107300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2021年7月2日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
■掲載予定内容

1.世界のファッション産業におけるサステナビリティの動向

1)全体動向
  ・サステナビリティが唱えられるようになった背景
  ・サーキュラー・エコノミープランについて(EUの新たな行動計画)
  ・フランス資源循環や廃棄物を無くす法令、ファッション協定、
    ファッション業界のリセットなど新しい動向
  ・ファッション業界の主な国際認証
  ・ESG投資の動向
  ・その他
2)主要企業の動向
  〔対象企業案〕
    ・パタゴニア
    ・ADIDAS
    ・GAP Inc.
    ・H&M GROUP
    ・INDITEX
    ・KERING
    ・NIKE, INC.
    ・RALPH LAUREN
    ・STELLA MCCARTNEY
  〔調査項目〕
    ①環境保護に関する先進的な取り組みの背景
    ②具体的な取り組み内容
    ③定量的な目標
    ③現状の評価、進捗
    ④今後の取り組み、計画など
    ⑤人権保護に関する取り組み

2.国内ファッション産業のサステナビリティの動向

1)全体動向
  ◆国内繊維・アパレル産業の現状把握
    ・国内繊維産業の衰退
    ・国内市場における衣類の輸入浸透率
    ・国内供給数量と衣料品消費支出額の推移
    ・繊維・アパレル産業の流通構造の特性
    ・繊維、アパレル産業の構造的な問題
  ◆国内主な取り組み、動向
    ・経済産業省の取り組み
    ◇循環経済ビジョン
    ◇繊維産業のサステナビリティに関する検討会
    ・環境省の取り組み
    ◇サステナブルファッション
    ◇コンソーシアム設立
    ・繊維団体などによるサステナビリティに関する取り組み
    ・サステナブルな注目マーケット:ファッションレンタル市場の動向
2)主要企業の動向
  〔対象企業案〕
    ・日本環境設計
    ・丸井織物
    ・ワールド
    ・タキヒヨー
    ・スパイバー
    ・クロスプラス
    ・エアクローゼット
    ・アダストリア
    ・アシックス
    ・ユナイテッドアローズ
    ・良品計画
    ・しまむら
    ・ファーストリテイリング
    ・三陽商会
    ・クラボウ
    ・YKK
  〔調査項目〕
    ①SDGs、サステナビリティの取り組みと目標
    ②サステナビリティに関する定量目標の有無
    ③保有している認証と今後の取得予定
    ④SDGs、サステナビリティの取り組みの課題

3.国内ファッション企業のサステナビリティに関する調査(郵送アンケート調査)

〔調査対象〕
  国内アパレル関連企業(メーカー、小売、卸、その他)
〔調査項目〕
  ・ウィズコロナで高まる国内ファッション企業の意識
  ・ファッション企業が将来に向けて行うべき社会貢献
  ・アパレルのサプライチェーンにおいてどの段階が廃棄量増加の最大要因か
  ・ファッション産業のサプライチェーンが招く重大な環境負荷
  ・日本で環境意識やサーキュラー・エコノミーが広がらない理由
  ・2020年度の商品調達率(2019年度比)
  ・2021年度の商品調達率(2020年度比)
  ・2020年度の消化率
  ・最終在庫の処分方法
  ・繊維、アパレル製品の現在取り組んでいるサステナビリティ
  ・サステナブルな取り組みを求めるステークホルダーとは
  ・サステナビリティの定量指標の有無
  ・今後3年以内のサステナビリティの定量指標の開示予定
  これからの消費者が求める衣服とは
<参考>
  ・ファッション産業でDXが進んでいる業務プロセス
  ・DXがファッション産業の活性化に与える業務
  ・DXの取り組みの現状
  ・DX推進の課題
  ・DX完了の年次

4.国内ファッション企業の生き残り戦略の検討

1)欧米(国、企業)の現状
  ・サステナブルな取り組みの特徴(国)
  ・サステナブルな取り組みの特徴とゴール(企業)
2)国内企業の現状
  ・国内でサステナブルな取り組みが広がらない背景
  ・国内企業のサステナブルな取り組みの現状
  ・国内企業のサステナブルの取り組みの課題
  ・国内企業の生き残り戦略の検討

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。