2022年版 化粧品受託製造・容器・原料市場の展望と戦略

発刊日
2022/06/下旬
体裁
A4 / 約650頁
資料コード
C64101500
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約650頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 2017~2021年度の化粧品受託製造市場規模を製品カテゴリー別(スキンケア、メイクアップ、ヘアケア)に掲載
  • 2019~2021年度化粧品受託製造市場の参入企業シェアを製品カテゴリー別(スキンケア、メイクアップ、ヘアケア)に掲載
  • 化粧品受託製造参入企業の取扱品目を掲載(企業別、製品別)
  • 化粧品受託製造市場の市場規模予測(2022~2026年度)を掲載
  • 化粧品受託市場有力参入企業面接取材し、戦略を徹底分析(約30社)
  • 化粧品原料市場規模推移(2017~2021年度)、素材別市場規模(2021年度)を調査
  • 化粧品原料市場の概況、参入企業の戦略、注目素材の動向、今後の展望を分析
  • 化粧品原料市場有力参入企業面接取材し、戦略を徹底分析(約10社)
  • 化粧品容器市場概況、参入企業の戦略、今後の展望を分析
  • 化粧品容器市場有力参入企業面接取材し、戦略を徹底分析(約5社)
  • アフターコロナ、業界のDX化とSDGsへの対応を調査
  • 前回版との違い:事業のグローバル化・海外事業(輸出、現地法人)の概況と今後の展望を調査

リサーチ内容

2022年4月28日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
第1章 化粧品受託製造市場の動向分析
 
1.化粧品受託製造市場の概況
  1)全体(市場活性化要因と現在のコロナ禍に至るまでの変遷)
  2)カテゴリー別概況
  3)チャネル別(発注元別)化粧品受託製造製品の傾向
2.化粧品受託製造の市場規模推移(2017~2021年度)
  1)全体
  2)スキンケア
  3)メイクアップ
  4)ヘアケア
3.化粧品受託製造市場の参入企業シェア(2021年度)
  1)全体
  2)スキンケア
  3)メイクアップ
  4)ヘアケア
4.大手化粧品受託製造企業の戦略分析
  1)研究開発・製品開発動向
  2)生産・品質管理
  3)SDGs・DXへの取組み状況
  4)営業動向・マーケティング戦略
  5)今後の戦略
  6)海外事業の概要と今後の戦略
5.化粧品受託製造市場の今後の方向性・市場見通し
  1)全体
  2)スキンケア
  3)メイクアップ
  4)ヘアケア
6.化粧品受託製造の市場規模予測(2022~2026年度)
  1)全体
  2)スキンケア
  3)メイクアップ
  4)ヘアケア
7.化粧品受託製造の市場規模推移一覧(2017~2026年度予測)
8.化粧品受託製造企業の取扱品目一覧
  1)化粧品受託製造市場参入企業82社の取扱品目別一覧
  2)受託製品一覧表
 
第2章 化粧品容器市場の動向分析
 
1.化粧品容器市場の概況
  1)流通構造の概況
  2)化粧品容器の加工工程
2.化粧品容器採用におけるポイントと傾向
  1)容器の材質と加工・ロット数等コスト管理
  2)化粧品容器に使用される主な材質と特徴
  3)販売ルート別化粧品容器のニーズと採用動向
  4)化粧品容器の方向性とその動向
3.化粧品容器市場の現状分析
4.参入企業動向
5.化粧品容器メーカー・ディーラーの戦略分析
  1)生産・加工体制
  2)品質管理・研究開発
  3)SDGs・DXへの取組み状況
  4)営業の体制と営業動向
  5)市場の現状評価と課題・対策
  6)今後の市場戦略
  7)海外事業の概要と今後の戦略
6.化粧品容器市場の今後の展望
 
第3章 化粧品原料市場の動向分析
 
1.化粧品原料市場の概況
2.参入企業動向
  1)国内メーカー
  2)外資系メーカー
  3)原料ディーラー(商社)
3.化粧品原料市場規模推移(2016~2020年度)
  1)総市場
  2)素材由来別市場
4.注目素材の動向分析
  1)アンチエイジング原料分析
    (1)アンチエイジング原料の概要
    (2)アンチエイング原料の市場年表
    (3)アンチエイング成分分析
  2)美白原料分析
    (1)美白原料の概要
    (2)美白原料の市場年表
    (3)美白有効成分分析
5.化粧品原料メーカー・ディーラーの戦略分析
  1)主要取扱い原料とその概況
  2)品質管理・研究開発の動向
  3)SDGs・DXへの取組み状況
  4)営業体制、営業動向・マーケティング戦略
  5)市場の現状評価・課題と対策
  6)今後の市場戦略
  7)海外事業の概要と今後の戦略
6.化粧品原料市場の今後の需要見通しと市場展望
 
第4章 主要参入企業の戦略
 
<化粧品受託製造企業(以下企業中心に約30社)>
アサヌマコーポレーション株式会社、株式会社アンズコーポレーション、
彩資生株式会社、インターナショナル・トイレツリース株式会社、
エア・ウォーター・ゾル株式会社、株式会社クロバーコスメイク、
株式会社ケイズ、ケミコスクリエイションズ株式会社、
株式会社コスメサイエンス、株式会社コスメテックジャパン、
株式会社サティス製薬、株式会社シーエスラボ、
ジェイオーコスメティックス株式会社、株式会社天真堂、
東色ピグメント株式会社、東陽化成株式会社、東洋ビューティ株式会社、
株式会社トキワ、株式会社トレミー、日進化学株式会社、
日本コルマー株式会社、株式会社日本色材工業研究所、
株式会社美粧ケミカル、株式会社ファインケメティックス、
ホシケミカルズ株式会社、株式会社マーナーコスメチックス、
株式会社ミック・ケミストリー、三菱鉛筆株式会社、
株式会社ミリオナ化粧品、株式会社ミロット、他
 
<化粧品容器製造企業・ディーラー(以下企業中心に約5社)>
浅井硝子株式会社、石堂硝子株式会社、共同印刷株式会社、
株式会社グラセル、武内容器株式会社、竹本容器株式会社、
株式会社宮本、他
 
<化粧品原料メーカー・商社(以下企業中心に約10社)>
一丸ファルコス株式会社、岩瀬コスファ株式会社、
大阪佐々木化学株式会社、オリザ油化株式会社、
カネダ株式会社、クローダジャパン株
式会社、株式会社高研、日光ケミカルズ株式会社、
日本精化株式会社、株式会社マツモト交商、他

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 約650頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。