2022年版 リテールソリューション市場の実態と将来展望

店舗DXに関する注目度が非常に高くなってきています。背景にはコロナ禍が一層拍車をかけることとなった流通業における人材不足があり、今後人出不足で店を開けられない事態に直面する店舗も出てくるかもしれません。このため、お店の決済は利用客に依存しなければならない状況が予想され、レジのセルフ化は急速に進んでいます。
一方、これまで店舗のIT化を担っていたPOS端末の市場は2019年をピークに市場を急速に減少させており、ユーザーの要求はますます厳しくなる中、ハード専用機に対する風当たりが益々厳しくなってきています。このように激変を予感させる当該市場をフォローし続けてきた当レポートの最新刊をお届けします。

発刊日
2022/10/25
体裁
A4 / 255頁
資料コード
C64113200
PDFサイズ
40.2MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 255頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:リテールソリューション関連事業に取り組む各ベンダーへのヒアリングを実施することにより、市場の動向、ベンダーの戦略を明らかにすると共に、市場の現状および将来展望を明らかにすることを目的とする。
調査対象先:目次参照
調査方法:専門調査員による直接面接取材
調査期間:2022年7月~2022年10月

調査結果サマリー
Close

POSターミナル市場に関する調査を実施(2022年)
2021年度のPOSターミナル出荷台数は93,918台と低水準にとどまる
~コロナ禍で都心の人流が減少し無人店舗の実験店舗は終了、省人化・レジレス店舗に向けたシステム導入が進む~

資料ポイント
Close

前回版との違い
・レジレス店舗の調査対象先を強化しました。
・今後のPOS市場に関する各社の見解を調査項目に盛り込みました。

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 総論

1.外部環境
2.POS関連市場の動向
  (1)POSターミナル市場
  (2)タブレットPOS市場
  (3)セルフ化の方向性
  (4)レジレス店舗の動向
3.総括

第2章 POSターミナル市場

1.市場概況
2.市場規模推移
3.メーカーシェア
4.需要分野構成
5.需要分野別動向
  (1)百貨店
  (2)GMS
  (3)ショッピングセンター
  (4)コンビニエンスストア
  (5)食品スーパー
  (6)ホームセンター
  (7)ドラッグストア
  (8)量販専門店
  (9)飲食店
  (10)サービスステーション
  (11)その他、個店
6.注目される市場トレンド
  (1)セルフレジの形態の変化
  (2)ソフトウェア市場へのシフト
  (3)レジレス店舗・省人化店舗への動き
7.今後の市場展望と市場規模予測

第3章 タブレットPOS市場の動向

1.市場概況
2.主な参入企業
3.市場規模推移
4.需要分野動向
5.市場の課題・開発テーマ
6.今後の市場予測

第4章 POS関連事業者の取組動向

<POS専用機関連>
株式会社ヴィンクス
NECプラットフォームズ株式会社
シャープマーケティング ジャパン株式会社
株式会社寺岡精工
東芝テック株式会社
富士通株式会社
 
<タブレットPOS関連>
株式会社スマレジ
株式会社USEN
株式会社ユビレジ
 
<レジレス・省人化店舗関連>
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
株式会社セキュア
テルウェル東日本株式会社
日本電気株式会社
富士通株式会社
その他主要POSソフトウェアベンダー

第5章 画像解析マーケティング市場の動向

1.市場概況
2.参入企業の動向
3.主な需要分野動向
4.市場拡大のための課題
5.今後の市場展望

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 255頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。