2023年版 製造業向けプラントO&Mサービスの現状と将来展望

国内製造業の各種設備のオペレーション業務やメンテナンス業務などの現場では、熟練技術者・技能者の高齢化や労働人口の減少が進行する中で、人材の確保と各種業務に必要な技術・技能の継承が課題となっている。
これらの課題に対し、プラントエンジニアリング会社やプラントメンテナンス会社などでは、メンテナンス業務を担う人材の育成やICTを活用した保全業務の効率化・生産性向上などに力を入れている。
本レポートでは、主要なプラントエンジニアリング会社やプラントメンテナンス会社、重電メーカー、産業設備メーカーなどにおける人材の育成やスマート保安などの取り組みについて調査・分析を行うとともに、プラントメンテナンス事業など製造業のプラントのオペレーションやメンテナンスに関する事業の市場規模を推計した。

発刊日
2023/07/31
体裁
A4 / 296頁
資料コード
C65102400
PDFサイズ
12.6MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 296頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:製造業のプラントのオペレーションやメンテナンスを支援する事業(O&M サービス事業)の国内市場及び代表的なプレイヤーの動向について調査・分析を実施。
調査対象先:プラントエンジニアリング会社、プラントメンテナンス会社、建設会社、重電メーカー、産業設備メーカー、機械メーカー、計装メーカーなど
調査内容:製造業のプラントを構成する各種設備(生産設備、ユーティリティ設備)のオペレーションやメンテナンスを支援するサービス(オペレーション業務の受託、メンテナンス業務の受託等)及び同サービスの基盤となる技術・商品
調査方法:弊社専門調査員による直接面接取材(対面、WEB 会議)および電話・メール・書面取材等による調査結果をもとに、弊社独自の手法と責任により分析を行った。また、掲載している数値等はヒアリング内容等を基に全て弊社が推定したものである。
調査期間:2023年2月~2023年7月

調査結果サマリー
Close

製造業向けプラントO&Mサービス市場に関する調査を実施(2023年)
2023年度の国内製造業向けプラントO&Mサービス市場規模は1兆323億円の見込
~遠隔監視技術のプラント内設備・機器への適用が進む~

資料ポイント
Close

  • 【市場動向】
    ・製造業向けプラントO&Mサービスの市場規模は1兆円強の水準で推移
    ・鉄鋼や石油・石炭などプラントの合理化・集約が進む分野では、生産を継続する設備でメンテナンスや修繕の需要が発生
    ・プラントオーナーにおける人手不足などを背景に、2023年度以降もプラントO&Mサービスの需要は増加を見込む
  • 【スマート保安・DX】
    ・人材育成と現場業務の双方で活用が広がるVR/AR
    ・人手不足対策として各種設備の遠隔監視システムの開発や実装が進む
    ・主要事業者は時間外労働規制への対応を見据えて業務のDXを推進
  • 【事業体制・人材育成】
    ・ICTを活用した教育コンテンツとOJTを組み合わせた教育プログラムで先行する事業者は技術者・技能者の育成期間を短縮
    ・若手技術者・技能者の育成では技術・技能習得に対する意欲の向上がカギ
  • 【前回版との違い】
    ・主要なプラントオーナーの「スマート保安・DX」や「カーボンニュートラル」の取り組みを追加

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 製造業向けプラントO&Mサービス市場の概要

1.市場の定義
  (表)プラントO&Mサービスの主な内容
  (表)本レポートに出てくる主な略語・略称
2.プレイヤーの概要
  (1)参入プレイヤーの分類
    (表)プラントO&Mサービス市場の主なプレイヤー
  (2)参入プレイヤーの事業規模・事業方針
    (表)主な事業者(上場企業)の売上(O&M分野)
  (3)製造業向けプラントO&Mサービスが求められる理由
3.今後の製造業向けプラントO&Mサービスに期待される要素

第2章 製造業向けプラントO&Mサービス市場の現状

1.日本国内の製造業の状況
  (1)日本国内の製造業企業数
  (2)製造業における投資テーマ
  (3)人材の育成・確保
  (4)プラントオーナーと人手不足
  (5)部品・資材の長納期化と価格の高止まりの影響
    ①概要
    ②主要事業者の取り組み・事業への影響
2.製造業向けプラントO&Mサービス市場の市場規模推移
  (1)市場規模推移(全体)
    (図表)2021年度~2024年度製造業向けプラントO&Mサービス全体
    市場規模推移
  (2)市場規模推移(業務別)
    (図表)2021年度~2024年度製造業向けプラントO&Mサービス業務別
    市場規模推移
    (表)プラントのメンテナンス分野の売上構成
    (表)プラントのメンテナンスの設備種類別売上構成

第3章 分野別製造業向けプラントO&Mサービス市場の動向

1.製造業向けプラントO&Mサービス市場規模(分野別構成比)
  (表)2021年度~2024年度製造業向けプラントO&Mサービス分野別
  市場規模構成比
  (図表)2021年度~2024年度製造業向けプラントO&Mサービス分野別
  市場規模推移
2.鉄鋼分野
  (1)鉄鋼分野の市場規模推移
    (図表)2021年度~2024年度鉄鋼分野向けプラントO&Mサービス
    市場規模推移
  (2)鉄鋼分野の主なプラントオーナーの動向
3.化学分野
  (1)化学分野の市場規模推移
    (図表)2021年度~2024年度化学分野向けプラントO&Mサービス
    市場規模推移
  (2)化学分野の主なプラントオーナーの動向
4.石油・石炭分野
  (1)石油・石炭分野の市場規模推移
    (図表)2021年度~2024年度石油・石炭分野向けプラントO&Mサービス
    市場規模推移
    (表)製油所におけるオペレーションの例
  (2)石油・石炭分野の主なプラントオーナーの動向
5.電機・電子・通信分野
  (1)電機・電子・通信分野の市場規模推移
    (図表)2021年度~2024年度電機・電子・通信分野向けプラントO&Mサービス
    市場規模推移
  (2)電機・電子・通信分野の主なプラントオーナーの動向
6.食品・飲料分野
  (1)食品・飲料分野の市場規模推移
    (図表)2021年度~2024年度食品・飲料分野向けプラントO&Mサービス
    市場規模推移
  (2)食品・飲料分野の主なプラントオーナーの動向
7.医薬品・薬品分野
  (1)医薬品・薬品分野の市場規模推移
    (図表)2021年度~2024年度医薬品・薬品分野向けプラントO&Mサービス
    市場規模推移
  (2)医薬品・薬品分野の主なプラントオーナーの動向

第4章 製造業向けプラントO&Mサービスとスマート保安・DX

1.製造業プラントにおけるスマート保安とDXの動向
2.政策・制度・スマート保安推進機関
  (1)経済産業省「スーパー認定事業者制度及び自主保安高度化事業者制度」
    (表)スーパー認定事業者制度のインセンティブ(認定事業所等との比較)
    (表)スーパー認定事業者一覧(2023年6月末時点)
  (2)スマート保安官民協議会
    (表)「スマート保安アクションプラン」(高圧ガス保安分野)概要
    (表)「スマート保安アクションプラン(高圧ガス保安分野)に対する
    フォローアップ(2023年3月17日)」概要①
    (表)「スマート保安アクションプラン(高圧ガス保安分野)に対する
    フォローアップ(2023年3月17日)」概要②
    (表)「スマート保安アクションプラン(高圧ガス保安分野)に対する
    フォローアップ(2023年3月17日)」概要③
  (3)スマート保安プロモーション委員会
    (表)「スマート保安プロモーション委員会」概要
  (4)高圧ガス保安法等の一部を改正する法律
  (5)その他政策等
3.民間企業の動向
  (1)プラントオーナーの動向
  (2)ユーザー系エンジニアリング会社・プラントメンテナンス会社の
    スマート保安・DXの動向
  (3)プラントエンジニアリング会社・プラントメンテナンス会社の
    スマート保安・DXの動向
  (4)重電・産業設備メーカーのスマート保安・DXの動向
  (5)システムベンダー・商社の動向

第5章 製造業向けプラントO&Mサービスの事業体制と人材育成

1.製造業向けプラントにおけるスマート事業者の事業体制
  (1)事業体制概要
  (2)主要プレイヤーの事業体制
2.製造業向けプラントO&M事業者における人材育成
  (1)現状と課題
  (2)主要プレイヤーの人材育成の取り組み
  (3)主要プレイヤーの働き方改革への対応

第6章 製造業向けプラントO&Mサービス市場の将来展望

1. 製造業向けプラントO&Mサービス市場の市場規模予測
  (1)市場全体の予測
    (図表)2024年度~2027年度製造業向けプラントO&Mサービス
    全体市場規模推移予測
  (2)業務別市場規模予測
    (図表)2024年度~2027年度製造業向けプラントO&Mサービス
    業務別市場規模予測
  (3)分野別市場規模の予測
    (表)2024年度~2027年度製造業向けプラントO&Mサービス分野別
    市場規模構成比予測
    (図表)2024年度~2027年度製造業向けプラントO&Mサービス分野別
    市場規模予測
    (図表)2024年度~2027年度鉄鋼分野向けプラントO&Mサービス
    市場規模予測
    (図表)2024年度~2027年度化学分野向けプラントO&Mサービス
    市場規模予測
    (図表)2024年度~2027年度石油・石炭分野向けプラントO&Mサービス
    市場規模予測
    (図表)2024年度~2027年度電機・電子・通信分野向けプラント
    O&Mサービス市場規模予測
    (図表)2024年度~2027年度食品・飲料分野向けプラントO&Mサービス
    市場規模予測
    (図表)2024年度~2027年度医薬品・薬品分野向けプラントO&Mサービス
    市場規模予測
2.プラントO&Mサービス参入企業の今後の展開
    (表)プラントエンジニアリング会社・プラントメンテナンス会社の
    成長シナリオ
3.プラントO&Mサービスにおけるスマート保安・DXの将来展望
  (1)スマート保安・DXにおける短期・中期展望
    (表)スマート化に必要な技術の導入・活用における主な課題
  (2)スマート保安・DXにおける長期展望
    (表)主な技術の中長期的な展望(普及、開発など)
4.カーボンニュートラルへの対応
  (1)プラントオペレーション・メンテナンスとカーボンニュートラル
    (表)主なプラントオーナーのカーボンニュートラルの取り組み・目標①
    (表)主なプラントオーナーのカーボンニュートラルの取り組み・目標②
    (表)主なプラントオーナーのカーボンニュートラルの取り組み・目標③
  (2)主要なプラントエンジニアリング会社等におけるカーボンニュートラルの取り組み
  (3)CO2回収・貯留・利用(CCUS/カーボンリサイクル)

第7章 主要プレイヤーの動向

1.日鉄テックスエンジ株式会社
2.旭化成エンジニアリング株式会社
3.株式会社高田工業所
4.株式会社明電舎
5.NECファシリティーズ株式会社
6.日本製紙ユニテック株式会社
7.シオノギファーマ株式会社
8.水ingAM株式会社
9.アサヒグループエンジニアリング株式会社
10.中外炉工業株式会社
11.DOWAサーモテック株式会社
12.株式会社日阪製作所
13.三機工業株式会社
14.岩井機械工業株式会社
15.株式会社イズミフードマシナリ
16.公益財団法人えひめ東予産業創造センター

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 296頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。