2023年版 IoT/M2Mマーケット ~IoT活用が進む製造現場/建設現場/エネルギー分野などの実態と2030年展望~

IoT/M2Mビジネスに関して、主要事業者からの情報収集及び文献調査などをもとに、当該マーケットの現況評価、ビジネス構造の把握、テクノロジー情報、主要事業者の取り組み、ユースケース事例、注目テーマ研究(デジタルツイン/CPS、IoTプラットフォームなど)などを明らかにする。さらに、収集情報をベースとしたカテゴリー別のIoT/M2M需要の現況把握並びに、2026年度を目処とした需要予測を行う。

発刊日
2023/07/28
体裁
A4 / 277頁
資料コード
C65103900
PDFサイズ
10.6MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 277頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:IoT/M2M ビジネスに関して、主要事業者からの情報収集及び文献調査などをもとに、当該マーケットの現況評価、ビジネス構造の把握、テクノロジー情報、主要事業者の取り組み、ユースケース事例、注目テーマ研究(デジタルツイン/CPS、IoT プラットフォームなど)などを明らかにする。さらに、収集情報をベースとしたカテゴリー別の IoT/M2M 需要の現況把握並びに、2026 年度を目処とした需要予測を行う。
調査対象
・エネルギー関連(エネルギー設備監視、スマートメーターシステム HEMS/BEMS、テレメトリング/自動検針、受変電設備監視、再生可能エネルギー設備監視など)
・工場/設備・機器(製造・工場、重機・建機、エレベータ、自販機、MFP など)
・物流・倉庫(トラッキング、車両運行管理、アセット位置情報、作業者支援など)
・流通関連(店頭管理・販促、決済関連、デジタルサイネージ、デジタルマーケティング、受発注支援など)
・自動車(コネクテッドカー、ネットワーク型デジタコ、商用車運行管理、EV システム、カーシェアリング関連など)
・その他(ヘルスケア・健康管理、農業・畜産、インフラ保全・防災、防犯/セキュリティ、見守り、環境計測、ペット監視、プロパティマネジメントなど)
調査対象エリア:日本(主体)、北米・中南米、欧州・ロシア、アジア(東アジア/東南アジアなど)、オセアニアなど
調査方法:主要事業者への面談調査(Web 面談含む)を中心に、電話調査、アンケート調査、文献調査(主に海外事業者)などを併用している。
調査期間:2023年4月~2023年7月

調査結果サマリー
Close

IoT/M2M市場に関する調査を実施(2023年)
2022年度の国内M2M市場は前年度比9.5%増の2,410億円
~​コロナ禍の影響によるシステム投資抑制が解消し、コロナ禍以前からの人手不足/省人化ニーズ、省エネニーズ、遠隔/リモート志向といった追い風がビジネス環境を大きく好転~

資料ポイント
Close

前回版との違い
注目される「デジタルツイン/CPS」及び「IoTプラットフォーム」に関するマーケット研究を実施。前者では、既存領域からのスイッチも含めたマーケットサイズを算定。後者では、主要ベンダーの取り組みを詳述した。

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場動向
  (1)IoTとM2M
  (2)レイヤー別の主要プレイヤー
    (図表1) レイヤー別の主なプレイヤー
2.市場規模予測
  (1)M2M市場規模予測(国内M2M売上ベース)
    (図表2) 国内M2M市場規模推移(M2M売上ベース:2018~2026年度予測)
  (2)IoT市場規模推移(国内IoT売上ベース)
    (図表3) 国内IoT市場規模推移(IoT売上ベース:2018~2026年度予測)
3.カテゴリー別の動向
  (1)カテゴリー別のM2M市場動向(2018~2026年度予測)
    (図表4) カテゴリー別の M2M市場規模推移(国内累計回線数)
  (2)M2M市場でのカテゴリー別の動向
    (図表5) M2M市場でのカテゴリー別の動向

第Ⅰ章 総論編

1.IoT/M2Mマーケット概況
  (1)IoTとM2M
    (図表6) 市場規模算定での基準
    (図表7) レイヤー別の主なプレイヤー
  (2)IoTプラットフォーム
    ①市場概要
    ②技術動向と拡大要因
    ③導入分野
    ④参入企業
    ⑤IoTプラットフォーム事例
    1)日立製作所:Lumada
    (図表8) Lumadaアーキテクチャ
    (図表9) Lumadaのエコシステム
    (図表10) Lumadaの製造業向けソリューション
    (図表11) パートナーと実現するエコシステム
    (図表12) Lumada Innovation Hub/Solution Hub/Alliance Program
    2)富士通:COLMINA/IoT Platform
    (図表13) COLMINAの構成イメージ
    (図表14) 「COLMINA」関連ソリューション/サービス/製品事例
    (図表15) 行動分析技術ActlyzerとMODE IoTプラットフォームの連携イメージ
    3)EARTHBRAIN:ランドログ/LANDLOG
    (図表16) LANDLOG概念図
    (図表17) ランドログパートナー活動
    4)日本電気:NEC Industrial IoT Platform (NIP)
    (図表18) NEC Industrial IoT Platformのシステムイメージ
    (図表19) 「NEC Industrial IoT Platform」関連ソリューション
    5)MODE:IoTプラットフォーム「MODE BizStack」
    (図表20) IoTプラットフォーム「MODE BizStack」の概要
    6)BIPROGY:IoTビジネスプラットフォーム
    (図表21) IoTビジネスプラットフォームの概要
  (3)分野別のM2M/IoTの活用見通し
    (図表22) M2M/IoTの活用見通し
  (4)5G型IoTに関する考察(モバイル5G型IoT/ローカル5G型IoT)
    (図表23) 従来型IoTから5G型IoTへの流れ
  (5)注目動向① ~製造業におけるIoT活用~
    ①製造現場におけるIT/IoT活用
    ②スマート工場/デジタル工場
    ③IT/IoT活用可能性の高い設備・機器
    (図表24) IT/IoT活用の蓋然性が高い設備・機器
    ④工場向けシステム投資額の予測(工場IT/IoT市場規模)
    (図表25) 工場向けシステム投資額推移(2020~2027年度予測)
    (図表26) 業種分類別のシステム投資額推移(2020~2027年度予測)
  (6)注目動向② ~IT系ベンチャーの事業参入動向~
    ①IoT関連ベンチャー/IT新規参入ベンダーの背景
    ②IoT関連マーケットへの参入動向
    (図表27) IoT関連マーケットへの領域別参入動向
    ③ターゲット業種別の参入動向
    (図表28) IoT関連マーケットでのターゲット業種別の参入動向
    (図表29) ターゲット業種別の出現率
2.M2M市場規模
  (1)国内M2M市場規模推移(M2M売上ベース)
    (図表30) 国内M2M市場規模推移(M2M売上ベース:2018~2026年度予測)
  (2)国内M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース)
    (図表31) 国内M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース:2018~2026年度予測)
  (3)世界M2M市場規模推移(M2M売上ベース)
    (図表32) 世界M2M市場規模推移(M2M関連売上ベース2018~2026年度予測)
  (4)世界M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース)
    (図表33) 世界M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース:2018年~2026年度予測)
3.M2M市場の内訳
  (1)国内M2M市場の内訳(2022年度)
    (図表34) 国内M2M市場の内訳(2022年度)
  (2)世界M2M市場の内訳(2022年度)
    (図表35) 世界M2M市場の内訳(2022年度)
    (図表36) 海外の有力M2M/IoT関連事業者の事業動向
4.分野別の国内M2M市場動向及び市場規模推移(2018~2026年度)
    (図表37) カテゴリー別のM2M市場規模推移(国内累計回線数)
    (図表38) カテゴリー別の構成比推移(%)
  (1)エネルギー関連
  (2)運輸・物流関連
  (3)流通関連
  (4)設備・機器監視/工場関連
  (5)自動車関連
  (6)ヘルスケア関連
  (7)農業・畜産・水産
  (8)社会インフラ関連
  (9)防犯・セキュリティ/見守りサービス関連
  (10)プロパティマネジメント/建物ヘルスモニタリング
  (11)ペット見守り
  (12)自然・環境計測
5.IoT市場動向
  (1)IoT市場規模推移(金額ベース)
    (図表39) 国内 IoT市場規模推移(IoT売上ベース:2018~2026年度予測)
    (図表40) 国内 IoT市場の内訳(2022年度)
  (2)IoTによる価値創出
    (図表41) IoTが生み出す価値イメージ
  (3)IoTネットワーク
    ①LPWA
    ②WiFi HaLow (IEEE.802.11ax)
    ③Wi-SUN
    ④MBS (Metropolitan Beacon System)
6.CPS/デジタルツイン
  (1)市場概要
  (2)技術動向と拡大要因
    (図表42) デジタルツインの概念図
  (3)CPS/デジタルツインでのソリューション
  (4)適用分野
  (5)市場規模
    (図表43) CPS/デジタルツイン市場規模予測(2021~2030年度予測)
  (6)主要企業の取り組み状況
    ①富士通/富士通研究所
    (図表44) Dracenaのアーキテクチャ
    1)想定される利用シーン
    (図表45) モビリティ分野におけるDracenaの利用シーン
    2)今後の課題と方向性
    ②日立製作所/Lumada
    1)Hitachi Data Hub
    (図表46) Hitachi Data Hubの概要
    2)IoTコンパス
    (図表47) IoTコンパスの概要
    3)工場IoTプラットフォーム
    (図表48) 工場IoTプラットフォームのアーキテクチャ
7.有力ベンダーのM2M/IoTビジネス動向
  (1)IoT/M2M事業の位置づけ
    (図表49) IoT/M2M事業の位置づけ
  (2)IoT/M2Mビジネスの展開状況
    (図表50) IoT/M2Mビジネスの展開状況
  (3)IoT/M2Mビジネスでの事業目標
    (図表51) IoT/M2Mビジネスでの事業目標
8.分野別のM2M/IoT活用事例
  (1)製造
    (図表52) 製造関連でのM2M/IoT活用事例
  (2)物流・倉庫
    (図表53) 物流・倉庫関連でのM2M/IoT活用事例
  (3)運輸(鉄道、バス、タクシーなど)/交通
    (図表54) 運輸関連でのM2M/IoT活用事例
  (4)建設(土木、建築)
    (図表55) 建設でのM2M/IoT活用事例
  (5)不動産・建物管理
    (図表56) 不動産・建物管理関連でのM2M/IoT活用事例
  (6)流通・小売
    (図表57) 流通・小売関連でのM2M/IoT活用事例
  (7)サービス/イベント
    (図表58) サービス/イベント関連でのM2M/IoT活用事例
  (8)医療・介護/ヘルスケア
    (図表59) 医療・介護/ヘルスケア関連でのM2M/IoT活用事例
  (9)見守り・セキュリティ/防犯
    (図表60) 見守り・セキュリティ/防犯関連でのM2M/IoT活用事例
  (10)農業・畜産
    (図表61) 農業・畜産関連でのM2M/IoT活用事例
  (11)社会インフラ・エネルギー/防災
    (図表62) 社会インフラ関連でのM2M/IoT活用事例

第Ⅱ章 各論編 ~カテゴリー別の動向~

1.エネルギー関連
  (1)市場規模推移(国内累計M2M回線数ベース)
    (図表63) エネルギー関連でのM2M市場規模推移(累計回線数ベース:2018~2026年度予測)
  (2)市場動向
    (図表64) 行政主導による各種都市マネジメント/大規模エリア開発構想一覧
  (3)今後の見通し、課題
    (図表65) 電力各社のスマートメーター導入計画(低圧=家庭用)
    (図表66) エネルギー/スマートメーター関連基礎データ
2.流通/運輸・物流関連
  (1)市場規模推移(国内累計M2M回線数ベース)
    (図表67) 流通/運輸・物流関連でのM2M市場規模推移(累計回線数ベース:2018~2026年度予測)
  (2)市場動向
    (図表68) 大手CVSでのセルフレジの導入状況
  (3)今後の見通し、課題
3.設備・機器監視
  (1)市場規模推移(国内累計M2M回線数ベース)
    (図表69) 設備・機器監視分野でのM2M市場規模推移(累計回線数ベース:2018~2026年度予測)
  (2)市場動向
  (3)今後の見通し、課題
    (図表70) 製造/工場でのM2M/IoT活用の見通し
4.自動車関連
  (1)市場規模推移(国内累計M2M回線数ベース)
    (図表71) 自動車関連でのM2M市場規模推移(累計回線数ベース:2018~2026年度予測)
  (2)市場動向
    (図表72) 自動運転のレベル別内容
  (3)今後の見通し、課題
    (図表73) 自動車関連でのM2M/IoTアプリケーション
5.その他分野
  (1)市場規模推移(国内累計M2M回線数ベース)
    (図表74) その他分野でのM2M市場規模推移(累計回線数ベース:2018~2026年度予測)
  (2)分野別の動向
    ①ヘルスケア・健康管理
    ②農業・畜産・水産
    ③社会インフラ関連
    (図表75) 建設後50年以上経過する社会資本
    ④防犯・セキュリティ/見守り関連
    ⑤プロパティマネジメント/建物ヘルスモニタリング
    ⑥ペット関連(見守り)
    ⑦自然環境計測

第Ⅲ章 企業個票編

<国内企業>
  BIPROGY株式会社
  株式会社GUGEN
  MODE,Inc
  株式会社ウフル
  沖電気工業株式会社
  ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
  株式会社ソラコム
  東芝デジタルソリューションズ株式会社
  日本電気株式会社
  株式会社マクニカ
  横河電機株式会社
 
<海外企業>
  Cisco(アメリカ)
  Digi International(米国)
  Ericsson(スウェーデン)
  IBM(米国)
  Microsoft Corporation(米国)
  PTC(Parametric Technology Corporation:アメリカ)
  Telefónica, S.A.(スペイン)
  Telenorグループ(ノルウェー)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 277頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。