2023年版 フューネラルビジネスの実態と将来展望 ~葬儀領域からライフエンディング領域へ~

近年の葬儀市場は、家族葬や一日葬などの割合が徐々に増えていることに加え、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、葬儀の小規模化・小型化が加速化し、単価は下落傾向にある。
一方、高齢化が進む日本では、2040年頃に死亡者数がピークに達すると予想され、多死社会を迎えることが確実視されており、マーケットとしてのポテンシャルは高い。
参入障壁となるような関連法規制は存在せず、官庁による許認可制度もないため、他業種からの新規参入も相次いでいる。
このようななか、インターネットによる葬儀紹介などの新サービスの登場や、生前から顧客を取り込む終活およびライフエンディングサービスの拡充などで、今後の競争環境は厳しくなることが予想される。
本資料はこのようなに近年にないスピードで大きく変容しているフューネラルビジネスについてまとめたレポートになります。

発刊日
2023/08/31
体裁
A4 / 287頁
資料コード
C65104500
PDFサイズ
11.2MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 287頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査は、葬祭関連市場を調査・分析することにより、葬祭関連市場の現状把握と今後を展望することを目的とする。
調査対象:葬祭ビジネス市場
調査対象先:葬祭ビジネス関連事業者
調査方法:弊社専門研究員による直接面接調査、ウェブアンケート調査、各種公表データの収集
調査期間:2023年6月~2023年8月

調査結果サマリー
Close

葬祭ビジネス市場に関する調査を実施(2023年)
2023年の葬祭(フューネラル)ビジネス市場規模は前年比105.0%の1兆7,273億円と予測
​~コロナ禍以前の水準には戻っておらず、単価下落により長期的には縮小傾向が続く~

資料ポイント
Close

  • 葬儀を執り行うフューネラルビジネスを多面的・総括的に分析した必読のマーケティング資料
  • 新規参入の増加、葬儀規模の縮小化、低価格化などで市場構造が変革するフューネラルビジネス
  • 有力事業者の類型化、ビジネスモデルを徹底分析
  • フューネラルビジネス市場規模(2012~2022年)を調査
  • フューネラルビジネスの現状とトレンドを調査 
  • フューネラルビジネス市場規模を予測(2023・2032年)
  • フューネラルビジネス関連事業者の今後の生き残り策を提言
  • フューネラルビジネス有力事業者26社の戦略を徹底分析
  • 前回版との違い
    ・ライフエンディング事業の市場動向
    ・有力事業者の事例研究 掲載企業増加
    ・葬祭ビジネス市場の今後の方向性

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 葬祭ビジネス市場を取り巻く環境

1.人口環境
  1)高齢者数の推移
  2)全国の死亡者数の推移
  3)地域別死亡者数状況
2.葬祭ビジネス市場の市場規模
  (1)葬祭ビジネス市場の推定にあたって
    ①葬祭ビジネス市場の対象範囲
    ②対象商品群の概況
    ③葬儀単価の傾向
  (2)葬祭ビジネス市場規模推移と予測
  (3)葬祭ビジネスの費目別シェア
  (4)葬祭ビジネスの葬儀形式別シェア
3.葬祭ビジネス参入企業の環境
  (1)参入企業の状況
    ①全体概況
    ②企業区分別概況
4.葬祭ビジネス市場の今後
  (1)市場意識の変化
    ①終活の一般化と範囲の広がり
    ②老後資金に対する不安
    ③おひとりさまの増加
    ④喪主世代のITリテラシーの向上
    ⑤葬儀に関するパラダイム変化
    ⑥終活の拡がりと可能性
  (2)葬祭業の今後の方向性
    ①ライフエンディング・ステージへの事業拡大
    ②客層別・グレード別等、葬儀の違いの明確化
    ③葬儀周辺分野の収益化

第2章 葬祭ビジネスの分類別動向と関連業界市場動向

1.葬祭に関わる関連事業の概要
2.冠婚葬祭互助会
  (1)互助会の仕組み
  (2)互助会のメリット・デメリット
  (3)互助会数と前受金の状況
  (4)互助会の売上動向(斎場を保有する互助会のみ)
3.生花
  (1)葬儀における生花関連分野を取り巻く状況
  (2)生花祭壇市場の推計
4.写真・映像
  (1)概要
  (2)ディープフェイクについて
5.湯灌・エンバーミング
  (1)湯灌
  (2)エンバーミング
  (3)エンバーミングの意義
  (4)エンバーマー資格
  (5)エンバーミング施設を運営する企業
6.霊柩運送
  (1)霊柩車の概要
  (2)霊柩運送事業市場の推定
7.遺体安置・保管
8.火葬場
  (1)火葬場を取り巻く環境
  (2)火葬場の利用市場の推定
9.葬儀専門人材派遣
10.僧侶派遣
11.手元供養品販売

第3章 葬儀業界セグメント別動向

1.区分別全体動向
  (1)区分
  (2)全体動向
2.有力企業調査からの受注動向
  (1)有力企業の受注動向
  (2)受注における課題
3.有力企業受注強化のための営業活動動向
4.有力企業の商品開発動向
  (1)現状の葬儀商品開発の取り組み
  (2)周辺商品の動向
5.会館開発動向
6.成長のための人材育成
7.葬祭業界の今後

第4章 関連市場・トピック・各種データ

1.フューネラルギフト市場
2.注目トピック
  (1)SDGsの取り組み
  (2)ペット葬
  (3)リビング葬
  (4)無宗教葬
  (5)火葬場の値上げ
3.各種データ
  (1)世界の平均寿命
  (2)世界の死亡率
  (3)世界の火葬率
  (4)全国互助会の数
  (5)全国互助会の前受金残高
  (6)全国互助会の契約件数
  (7)互助会の前受金残高規模別の葬祭関連指標
  (8)互助会の葬祭施行単価(1社当たり平均)
  (9)互助会の葬祭施行件数推移(1社当たり平均)
  (10)都道府県別の霊柩運行事業者数
  (11)エンバーミングの処置件数の推移
  (12)エンバーミング施設の分布状況
  (13)都道府県別の墓地数(経営主体別)
  (14)都道府県別の納骨堂(経営主体別)
  (15)都道府県別の火葬場(経営主体別)

第5章 有力事業者の事例研究

株式会社アスカネット
イオンライフ株式会社
株式会社いのうえ
LDT株式会社
株式会社鎌倉新書
株式会社きずなホールディングス
生活協同組合コープこうべ
株式会社コープライフサービス
こころネット株式会社
株式会社サン・ライフホールディング
燦ホールディングス株式会社
株式会社JAセレモニーさが
株式会社JA東京中央セレモニーセンター
株式会社ティア
株式会社ディライト
株式会社ニチリョク
株式会社はせがわ
株式会社花智
株式会社日比谷花壇
株式会社ビューティ花壇
平安レイサービス株式会社
むすびす株式会社
株式会社モリ・エンタープライズ
株式会社ユー花園
株式会社ユニクエスト
株式会社よりそう

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 287頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。