2023 アイウエアマーケット

コロナ禍ではテレワークやウェブミーティングなど在宅時間の長時間化が進み、眼を使う環境が増えました。また、フレームやレンズの高機能化、若年層の視力低下など市場にプラスに働く要因がある一方で、素材価格の高騰と同時に価格競争の激化や人口減による需要縮小などのマイナスな要因も存在しており、アイウエア市場を取り巻く環境も日々変化しています。
『2023 アイウエアマーケット』では、ファッションアイウエア市場にフォーカスしたマーケティング資料として、国内メーカー、アイウエア小売店、インポートブランド企業、輸入代理店を徹底調査します。

発刊日
2023/06/29
体裁
A4 / 336頁
資料コード
C65106700
PDFサイズ
5.9MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 336頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:近年、在宅時間の長時間化やデジタルデバイスの浸透など、人々の眼を使う環境が格段に増えている。フレームやレンズの高機能化や若年層の視力低下はアイウエアマーケットの追い風となるが、一方で人口減による需要縮小や素材価格の高騰などのマイナス要因も存在している。当調査は、日本のアイウエアマーケットの動向と今後の方向性を調査・分析することにより、同市場の現状把握と将来性を展望することを目的として実施した。
調査対象市場:アイウエア市場(メガネフレーム/眼鏡レンズ/既製サングラス/既製老眼鏡/その他既製眼鏡)
調査対象先:アイウエア市場参入企業、その他関連企業・関連団体
対象エリア:日本
調査方法
(1)弊社研究員による直接面接取材
(2)弊社研究員による電話取材及びその他周辺間接調査などの補足調査
(3)文献調査その他データ収集
調査期間:2023年4月~2023年6月

調査結果サマリー
Close

国内アイウエア小売市場に関する調査を実施(2023年)
2022年の国内アイウエア小売市場は、外出需要の回復に伴い前年比103.1%の4,918億円に
~アフターコロナとなる2023年は紫外線カット需要の好調でコロナ前の水準回帰に期待~

資料ポイント
Close

前回版(「アイウエアブランドマーケット2021」)からリニューアルしました!
コロナ禍ではアイウエア業界にもオンラインの波が!インターネット・通販を含むチャネル別の市場規模を推計しています。また、アイウエア着用目的の多様化に着目し、メガネレンズの機能別の市場動向やフレーム市場の動向も深堀りします。

リサーチ内容

調査結果のポイント

Ⅰ.アイウエア市場の現状と展望

1.アイウエア市場の現状
2.アイウエアの定義
3.アイウエア市場の市場規模推移と予測
4.分類別市場動向
  (1)品目別市場動向
  (2)チャネル別市場動向
  (3)レンズ機能別市場動向
  (4)子供用眼鏡市場動向
5.注目トピック、トレンド
  (1) 顧客のニーズは多様化。扱いの難しいチタン素材に
    注目高まるも鯖江市では分業体制に課題
  (2) ECの整備が進むアイウエア。チャネルごとの強みが
    発揮されることでアイウエア市場全体の伸長に期待
  (3) 個性と付加価値を重視する消費者から
    注目を集めるインポートブランド

Ⅱ.国内アイウエア卸・メーカー企業の動向

1.国内アイウエア卸・メーカー企業の動向
2.国内有力アイウエア卸・メーカー企業の今後の展望

Ⅲ.インポートアイウエア市場の動向

1.インポートアイウエア市場の動向
2.有力インポートアイウエア企業・ブランドの動向
  (1)市場概況
  (2)参入企業の戦略分析
    ⅰ)商品・価格戦略
    ⅱ)販売・流通戦略
    ⅲ)広告・宣伝戦略
3.インポートアイウエア市場の今後の展望と課題

Ⅳ.メガネフレーム市場動向

1.メガネフレームの市場動向
2.国内有力企業の動向
  ⅰ)商品・価格戦略
  ⅱ)販売・流通戦略
  ⅲ)広告・宣伝戦略

Ⅴ.メガネレンズ市場動向

1.メガネレンズの市場動向
2.国内有力企業の動向
  ⅰ)商品・価格戦略
  ⅱ)販売・流通戦略
  ⅲ)広告・宣伝戦略
3.メガネレンズの機能別市場動向
  ⅰ)ブルーライトカットレンズ
  ⅱ)偏光レンズ
  ⅲ)調光レンズ
  ⅳ)カラーレンズ

Ⅵ.チャネル別市場動向

1.眼鏡専門店
  (1)眼鏡専門店におけるアイウエア販売動向
    ⅰ)商品・価格戦略
    ⅱ)販売・流通戦略
    ⅲ)広告・宣伝戦略
  (2)今後の展望と課題
2.百貨店
  (1)百貨店におけるアイウエア販売動向
    ⅰ)商品・価格戦略
    ⅱ)販売・流通戦略
    ⅲ)広告・宣伝戦略
  (2)今後の展望と課題
3.インターネット・通販
  (1)インターネット・通販におけるアイウエア販売動向
    ⅰ)商品・価格戦略
    ⅱ)販売・流通戦略
    ⅲ)広告・宣伝戦略
  (2)今後の展望と課題
4.その他チャネル
  (1)均一価格ショップ
  (2)アパレル専門店、
    スポーツ・アウトドア用品専門店など
  (3)雑貨店、バラエティショップ、家電量販店など
  (4)会員制倉庫型スーパー(コストコ)
  (5)ドラッグストア、ホームセンター

Ⅷ.アイウエア関連市場動向

(1)検査/測定機器、レンズ加工機
  ⅰ)商品・価格戦略
  ⅱ)販売・流通戦略
(2)コンタクトレンズ

Ⅷ.主要企業詳細個票

株式会社アイヴァン
愛眼株式会社
青山眼鏡株式会社
株式会社アサヒオプティカル
伊藤光学工業株式会社
株式会社イワキ
株式会社インターメスティック
オーマイグラス株式会社
株式会社オンデーズ
カールツァイスビジョンジャパン株式会社
サフィロジャパン株式会社
株式会社三工光学
株式会社サンリーブ
株式会社シャルマン
株式会社ジンズホールディングス
東海光学株式会社
株式会社トプコン・エシロールジャパン
株式会社ニコン・エシロール
株式会社ニデック
株式会社パリミキホールディングス
株式会社ビジョナリーホールディングス
株式会社フォーナインズ
株式会社BLUE CORNER
HOYAビジョンケアカンパニー
株式会社ボストンクラブ
株式会社メガネトップ
株式会社メガネ流通センター
山本光学株式会社
ルックスオティカジャパン株式会社

Ⅸ.参入企業個票

株式会社アイ・シー・ジャパン
アイテック株式会社
株式会社アイ・トピア
株式会社アオヤギ
株式会社板垣
株式会社一誠堂
株式会社イトーレンズ
ウインク株式会社
株式会社エイトオプティク
株式会社エヌ・ティ・コーポレーション
株式会社オーケー光学
金子眼鏡株式会社
株式会社川スミ
株式会社キクチメガネ
株式会社銀座メガネ
株式会社金鳳堂
株式会社グラスパートナー
株式会社サカイ
株式会社サトーメガネ
株式会社シードアイサービス
昭和光学株式会社
株式会社すずき
株式会社スドー
セイコーオプティカルプロダクツ株式会社
株式会社高田眼鏡店
株式会社タレックス
中部オプチカル株式会社
株式会社ティーエスエル
デリーゴジャパン株式会社
株式会社東海メガネ・コンタクト
株式会社東京メガネ
株式会社東北メガネセンター
株式会社ナカザワ
名古屋眼鏡株式会社
株式会社日本オプティカル
日本レンズ工業株式会社
株式会社ハグ・オザワ
白山眼鏡店
株式会社ビジョンメガネ
株式会社フイッシュランド
福井めがね工業株式会社
株式会社FUJIKON HOLDINGS
株式会社ホッタレンズ
HOLTジャパン株式会社
株式会社マスダ
増永眼鏡株式会社
株式会社水野眼鏡店
三井化学株式会社
株式会社ムラタ
株式会社メガネドラッグ
メガネの田中チェーン株式会社
株式会社メガネのナガタ
株式会社メガネの和光
株式会社ヤノメガネ
株式会社ヤブシタ
株式会社ヨネザワ
株式会社ルック・ヒライ
株式会社和真

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 336頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。