2023年版 自動車アフターマーケット総覧

アフターマーケットを構成する各市場の現状と今後の展望を徹底検証

発刊日
2023/07/31
体裁
A4 / 284頁
資料コード
C65110400
PDFサイズ
19.8MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 284頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:自動車アフターマーケット関連事業を展開する企業・団体、および行政など
(調査対象分野は第 1 章に掲載)
調査方法
・弊社専門調査員による直接面談取材(電話・メール取材を併用)、文献調査
・弊社過去実施の調査データ、官公庁等調査資料からの考察
調査期間:2023年4月~2023年7月

調査結果サマリー
Close

自動車アフターマーケット市場に関する調査を実施(2023年)
2022年の自動車アフターマーケット市場規模は20兆827億円
~新車供給の停滞は継続、中古車需要は拡大も価格高騰が足枷、保有車両の継続利用・自動車利用頻度の拡大はメンテナンスや賃貸サービス、補修部品への追い風に~

資料ポイント
Close

  • 新車販売:2022年は420.1万台
    半導体不足をはじめとするサプライチェーンの混乱が回復しないまま、資源価格の高騰など、新車生産への打撃となる事象が新たに発生。新車需要自体は旺盛であった一方、多くのメーカーでは新規受注を停止するなどの対応を取らざるを得ないという状況が継続。年末にかけて供給状況も回復の兆しを見せたものの、通年では420.1万台(前年比94.4%)に。過去の統計に照らすと、1977年に次ぐ45年ぶりの低水準となった。
  • 中古車市場:2022年の中古車登録台数は622.5万台
    新車代替に伴う下取車の発生減が続き、2022年の国内中古車登録台数は3年連続で前年割れ。AA年間平均成約単価は、旺盛な国内・海外需要を背景に、過去10年で最高値となる74万円超を付けた。
  • 自動車賃貸市場:自動車賃貸はいずれも回復にむかう
    オートリースはコロナ禍からの回復を受けて、法人リース台数は前年比増に転じる。個人リースやサブスクリプションサービスも好調に推移した。レンタカーは近隣への小旅行のほか、遠距離移動の旅行なども活性化されたことで回復の兆しが見える。事業者においてはカーシェアリングのメリットを取り込む動きやDXが加速している。カーシェアリングは外出自粛・規制が緩和される中で、短時間利用向きのサービス形態はニーズが拡大し、会員数・車両台数ともに増加傾向。サービスの認知度・存在感が拡大の一途を辿る中、足元では法人顧客の獲得競争も進む。
  • 補修部品・用品市場:供給難や値上げで事業者は悲喜こもごも
    中古車需要の拡大に伴う部品・ケア用品のニーズは活発化するもリサイクル部品は発生しにくい環境に。カー用品では、タイヤの値上げに備えた駆け込み需要も発生した。
  • 整備業界:電動車の整備基盤構築へ追い込み
    「特定整備」への対応に向け、電子制御装置整備の認証取得に動く業者は増加。EVの拡大・普及へ、輸入車の整備事業を成長への起爆剤に見据える事業者も。
  • 付帯サービス市場:データ活用、電動化対応等で高付加価値を狙う
    損保各社はテレマティクス保険商品やEV普及への対応基盤整備など、先を見据えた取り組みに注力。ロードサービス事業者もEVユーザーへの対応力向上を進めながら、自社サービスの品質向上に努める。石油元売り各社は脱炭素化、車両電動化を念頭に油外収益拡大へ本腰を入れる。
  • NEWポイント
    •2022年の国内自動車アフターマーケットの市場規模(金額ベース)を推計
    •中古車、自動車賃貸、部用品、自動車整備、付帯サービスなど全7市場の規模を算出
    •各市場の最新状況、参入プレーヤーにおける動向も掲載
    •今後の車両電動化(BEV・PHEV等の普及)を見据えた将来の国内販売台数を予測

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 自動車アフターマーケットの現況と将来展望

1.自動車アフターマーケットの定義
2.自動車アフターマーケット市場規模
3.自動車アフターマーケットを取り巻く環境
  3-1.新車販売台数推移
  3-2.中古車登録台数推移
  3-3.自動車保有動向
  3-4.運転免許保有者数
  3-5.日本の新車販売価格および世帯所得・給与
  3-6.自動車維持関連への年間支出額推移
  3-7.車両電動化の動向
    3-7-1.我が国における脱炭素化・車両電動化への姿勢
    3-7-2.我が国の電動車新車販売の現状
    3-7-3.電動車の充電インフラ状況
    3-7-4.中古車市場における電気自動車
    3-7-5.xEVの販売台数予測
  3-8.取り巻く環境が自動車アフターマーケットに与える影響
4.自動車アフターマーケットの将来展望
  4-1.主な業態別に見る参入企業の今後の方向性
  4-2.まとめ

第2章 中古車市場

1.中古車販売市場
  1-1.市場規模
  1-2.市場動向
  1-3.業種別参入事業者の動向
  1-4.今後の方向性
2.中古車輸出市場
  2-1.市場規模
  2-2.市場動向
  2-3.参入企業動向
  2-4.今後の方向性
3.オートオークション市場
  3-1.市場規模
  3-2.市場動向
  3-3.主な参入企業一覧
  3-4.今後の方向性

第3章 自動車賃貸関連市場

1.オートリース市場
  1-1.市場規模
  1-2.市場動向
  1-3.参入企業動向
  1-4.今後の展望
2.レンタカー市場
  2-1.市場規模
  2-2.車両台数の推移
  2-3.市場動向
  2-4.参入企業動向
  2-5.今後の方向性
3.カーシェアリング市場
  3-1.市場規模
  3-2.市場動向
  3-3.参入企業動向
  3-4.今後の方向性
4.自動車の定額制サービス市場
  4-1.自動車定額制サービス事業者の動向
  4-2.コロナ禍による影響
  4-3.自動車サブスクリプションサービスの商品分析
  4-4.自動車サブスクを提供する企業の取り組み

第4章 部品・用品市場

1.補修部品・カー用品市場の動向
  1-1.自動車部品・用品への年間支出額
  1-2.補修部品・カー用品市場の定義
  1-3.補修部品・カー用品の市場推計
2.純正部品市場の動向
  2-1.純正部品市場の概要
  2-2.純正部品市場
  2-3.純正部品市場の動向
3.優良部品市場の動向
  3-1.優良部品市場の概要
  3-2.優良部品市場
  3-3.優良部品市場の動向
4.その他部品・用品市場の動向
  4-1.その他部品・用品市場
  4-2.その他部品・用品市場の動向
5.リサイクル部品市場の動向
  5-1.リサイクル部品の概要
  5-2.リサイクル部品市場
  5-3.リサイクル部品市場の動向
6.カー用品小売事業者の動向
  6-1.カー用品小売事業者の概要
  6-2.カー用品小売事業の売上高
  6-3.カー用品小売事業者の動向

第5章 自動車整備市場

1.自動車整備市場
  1-1.市場概要
  1-2.市場動向
  1-3.参入企業動向
  1-4.今後の方向性
2.自動車整備機器市場
  2-1.市場規模
  2-2.市場動向
  2-3.主な参入企業一覧
  2-4.今後の方向性

第6章 付帯サービス市場

1.自動車保険市場
  1-1.市場規模
  1-2.市場動向
  1-3.参入企業動向
  1-4.今後の方向性
2.ロードサービス市場
  2-1.市場規模
  2-2.市場動向
  2-3.事業者動向
  2-4.今後の方向性
3.ガソリン市場
  3-1.市場規模
  3-2.市場動向
  3-3.参入企業動向
  3-4.今後の方向性

図表目次

図表 1-1 自動車アフターマーケット - 本レポート調査対象範囲
図表 1-2 自動車アフターマーケット市場規模:2022年
図表 1-3 新車販売台数推移
図表 1-4 中古車登録台数推移
図表 1-5 自動車保有台数推移
図表 1-6 ハイブリッド自動車と電気自動車の保有台数推移
図表 1-7 日本の次世代自動車の普及目標と現状
図表 1-8 平均使用年数と平均車齢の推移
図表 1-9 年式別保有台数推移(登録車)
図表 1-10 運転免許保有者数、保有比率(2022年)
図表 1-11 国内の各種乗用車の新車販売価格の推移
図表 1-12 世帯所得の平均値・中央値および民間給与平均値
図表 1-13 自動車維持関連支出・世帯当たり年間支出額の推移
図表 1-14 自動車維持関連支出・世帯当たり年間支出額の推移(内訳)
図表 1-15 日本の電動車導入補助について
図表 1-16 乗用車新車販売の燃料別構成比
図表 1-17 BEV充電器の定義
図表 1-18 充電インフラ設置数と充電インフラ整備関連政策(日本)
図表 1-19 HEV(プリウス)とBEV(リーフ)の平均残価率の比較
図表 1-20 中国のBEV人気モデルにおける残価率
図表 1-21 日本 パワートレイン別普及台数予測(Aggressive予測)
図表 1-22 日本 パワートレイン別の構成比予測(Aggressive予測)
図表 1-23 日本 パワートレイン別普及台数予測(Conservative予測)
図表 1-24 日本 パワートレイン別の構成比予測(Conservative予測)
図表 1-25 取り巻く環境が自動車アフターマーケットに与える影響
図表 1-26 ディーラーの主な強み
図表 2-1 新車販売台数、中古車登録台数の推移と比較
図表 2-2 種別中古車登録台数(推計)
図表 2-3 新車小売業と中古車小売業、店舗数、従業員数の推移
図表 2-4 従業員規模別 中古車小売業店舗数(法人事業者のみ)の推移
図表 2-5 ディーラーにおける中古車販売店舗数
図表 2-6 主な参入企業(中古車販売市場)
図表 2-7 輸出抹消登録台数推移
図表 2-8 輸出中古車平均単価の推移
図表 2-9 2022年輸出台数上位20ヵ国における2018~22年の輸出台数推移
図表 2-10 2022年輸出台数上位20ヵ国における中古車輸出状況
図表 2-11 低額中古車の輸出台数推移
図表 2-12 輸出市場を構成する参入企業(タイプ別)
図表 2-13 オートオークション出品成約状況の推移
図表 2-14 オークション成約単価の推移
図表 2-15 オートオークション落札台数の推移
図表 2-16 オートオークション会場の分類
図表 2-17 2022年の系列別出品台数規模別の会場比率
図表 2-18 出品成約台数に占める系列別比率
図表 2-19 主な参入企業(オートオークション市場)
図表 3-1 オートリースの保有台数推移
図表 3-2 オートリースの種別保有台数推移
図表 3-3 車種別オートリース保有台数の推移
図表 3-4 新車販売台数とリース新車契約台数推移
図表 3-5 新車リースと再リースの契約台数推移
図表 3-6 2022年度運輸局別リース自動車保有割合、リース台数比率
図表 3-7 車両仕入フロー
図表 3-8 リース保有台数とメンテナンスリース比率の推移
図表 3-9 オートリースの主なメンテナンスの流れ
図表 3-10 個人向けオートリースの主なメンテナンスの流れ
図表 3-11 オートリース専業会社
図表 3-12 自動車メーカー系オートリース会社
図表 3-13 自動車メーカー系オートリース会社
図表 3-14 個人・法人別車両保有台数の推移
図表 3-15 労働力人口の予測推移
図表 3-16 リース車両保有台数の半年間推移
図表 3-17 オートリース市場(保有台数)の将来予測
図表 3-18 オートリース会社におけるBEVの取扱い戦略イメージ
図表 3-19 レンタカー市場規模推移
図表 3-20 レンタカー車両台数の推移
図表 3-21 訪日外国人旅行者数の推移
図表 3-22 日本人国内延べ旅行者数の推移
図表 3-23 レンタカー事業者推移
図表 3-24 主な参入企業(レンタカー市場)
図表 3-25 広域レンタカー・ブランド別の保有台数推移
図表 3-26 格安レンタカー事業者主要5社の店舗数推移
図表 3-27 カーシェアリング市場規模推移
図表 3-28 カーシェアリング車両台数・会員数推移
図表 3-29 車両1台当たりの会員数推移
図表 3-30 主な参入企業(カーシェアリング市場)
図表 3-31 自動車メーカーの主な取り組み
図表 3-32 異業種などの主な取り組み
図表 3-33 主な自動車定額制サービス実施企業の動き
図表 3-34 サブスクリプションサービスの各種タイプ
図表 3-35 形態別サービス設計の比較
図表 3-36 自動車サブスクリプションサービス一覧
図表 4-1 自動車等部品・用品の年間支出額の推移
図表 4-2 本稿における補修部品・カー用品の定義
図表 4-3 各分類の該当部品・用品群
図表 4-4 補修部品の種類
図表 4-5 補修部品・カー用品市場(定義別)
図表 4-6 補修部品・カー用品市場(部品別)
図表 4-7 自動車メーカー系列の部品供給体制
図表 4-8 自動車メーカーの第二純正ブランドと販売体制
図表 4-9 自動車メーカー各社の部品共同配送の事例
図表 4-10 国内の純正部品市場
図表 4-11 メンテナンスパックの例(ホンダ「まかせチャオ」)
図表 4-12 サポトヨプラス 踏み間違い加速抑制システム
図表 4-13 補修部品(純正部品・優良部品)の商流
図表 4-14 優良部品の主なサプライヤー
図表 4-15 優良部品を取り扱う主な一次商社
図表 4-16 輸入部品(海外部品メーカーブランド)
図表 4-17 国内の優良部品市場
図表 4-18 国内のその他部品・用品市場
図表 4-19 ブリヂストンのEV専用タイヤ「ECOPIA EV-01」
図表 4-20 リサイクル部品の代表品目
図表 4-21 主要なリビルト部品メーカー
図表 4-22 国内のリサイクル部品市場
図表 4-23 解体業許可数の推移
図表 4-24 解体工程引取件数
図表 4-25 鉄スクラップ市況の推移
図表 4-26 主要部品ネットワークの加盟企業数
図表 4-27 部品ネットワークの主要陣営の動き
図表 4-28 カー用品関連店舗数
図表 4-29 APARA会員4社の売上高の推移(小売ベース、一部推計)
図表 4-30 主要カー用品店の店舗数
図表 4-31 メーカー系タイヤショップの店舗数
図表 4-32 ガソリンスタンドの店舗数とセルフ率
図表 4-33 ホームセンター店舗数とカー用品・アウトドア売上高
図表 5-1 自動車整備業における事業規模推移
図表 5-2 自動車整備業における事業規模推移
図表 5-3 整備業事業場数推移
図表 5-4 整備業事業場数:業態別構成比
図表 5-5 分野別整備売上高推移
図表 5-6 整備売上高:分野別構成比
図表 5-7 方法別継続検査(車検)台数推移
図表 5-8 方法別継続検査(車検)構成比推移
図表 5-9 道路運送車両法改正後の自動車特定整備事業者
図表 5-10 法改正後の取得認証別、整備可能範囲
図表 5-11 OBD検査の対象装置
図表 5-12 OBDによる故障診断のイメージ
図表 5-13 「電子制御装置整備」「OBD点検」「OBD検査」の違いについて
図表 5-14 安全装置の動向
図表 5-15 現行と電子化後の自動車検査証手続きの違い
図表 5-16 技能実習と特定技能制度の比較
図表 5-17 特定技能制度概要
図表 5-18 新たな自動車整備士の種類と現行資格との比較
図表 5-19 電子制御装置整備認証数の推移
図表 5-20 自動車機械工具販売額推移
図表 5-21 自動車機械工具販売額・自動車整備売上高推移
図表 5-22 自動車整備機器分類
図表 5-23 自動車機械工具・販売実績推移
図表 5-24 主な参入企業
図表 6-1 自賠責保険(元受正味保険料)の推移
図表 6-2 任意保険(元受正味保険料)の推移
図表 6-3 任意保険契約台数の推移
図表 6-4 種目別元受正味保険料割合
図表 6-5 募集形態別元受正味保険料割合
図表 6-6 代理店店舗数の推移
図表 6-7 保険募集チャネル別代理店数
図表 6-8 2022年度:自賠責保険市場シェア(元受正味保険料)
図表 6-9 2022年度:任意保険市場シェア(元受正味保険料)
図表 6-10 大手損保4社のドラレコ型テレマティクス保険商品
図表 6-11 AI査定の業務フローイメージ
図表 6-12 自動運転のレベル分けについて
図表 6-13 大手損保4社の各種取り組み事例
図表 6-14 主要ダイレクト損保各社の任意保険(正味収入保険料)の売上動向
図表 6-15 主要ダイレクト損保6社の取り組み事例
図表 6-16 過去における自動車保険会社のサービス(イメージ)
図表 6-17 現在における自動車保険会社のサービス(イメージ)
図表 6-18 ロードサービス出動件数(推計)
図表 6-19 JAFロードサービス実施件数(一般道路・高速道路別)
図表 6-20 JAFロードサービス実施件数(会員・非会員別)
図表 6-21 JAF会員数とロードサービス件数の推移
図表 6-22 JAFロードサービス(四輪車)に占める電気自動車の割合
図表 6-23 ロードサービス実施企業の相関図
図表 6-24 主な専門業者型ロードサービス
図表 6-25 クレジットカード付帯型ロードサービス
図表 6-26 自動車保険付帯型ロードサービス
図表 6-27 ガソリン・軽油販売量と給油所数の推移
図表 6-28 セルフスタンド(セルフSS)拠点数の推移
図表 6-29 レギュラーガソリン価格の推移(全国平均)
図表 6-30 国内石油元売り大手3系列の2022年度実績
図表 6-31 国内SS数、ガソリン・軽油販売量ベースの各石油事業者のシェア
図表 6-32 出光興産スマートよろずや構想
図表 6-33 油外収益獲得に向けた業態開発概況

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 284頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。