2023年版 テレマティクス保険の実態と展望

損害保険会社が中心となって開発・提供する「テレマティクス保険」について、商品動向に加え、今後テレマティクス保険がどのような変化を見せるかを考察することを目的としている。

発刊日
2023/08/31
体裁
A4 / 129頁
資料コード
C65114700
PDFサイズ
3.5MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 129頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:損害保険会社は自動車保険分野において安全運転支援や保険料割引などを可能とする「テレマティクス保険」を開発、提供している。現在のテレマティクス保険の商品動向に加え、今回は今後テレマティクス保険がどのような変化を見せるのかを考察することを目的とする。
調査対象:テレマティクス保険を提供する損害保険会社
調査対象企業数:損害保険会社4社
調査方法
(1)弊社研究員によるオンラインまたは直接面接取材
(2)文献調査その他データ収集
調査期間:2023年7月~2023年8月

調査結果サマリー
Close

テレマティクス保険市場に関する調査を実施(2023年)
2023年度個人向けテレマティクス保険の国内市場規模は2,622億円を予測
​~ドライブレコーダーの上位機種の登場とスマートフォン活用型商品の好調を背景に成長予測~

資料ポイント
Close

前回版との違い

  • 損害保険会社の取組みにフォーカスし、商品戦略や販売戦略などを4Pの視点でテレマティクス保険の深堀りを実施
  • 自動運転時代におけるテレマティクス保険の将来展望を考察

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場動向
2.企業動向
  図表 1 企業動向
3.展望と課題

テレマティクス保険市場の実態

1.テレマティクス保険とは
  1.1.テレマティクス保険の概要
    1.1.1.テレマティクス保険の定義
    図表 2 テレマティクス保険の位置づけ
    図表 3 損害保険会社が提供する主なテレマティクス保険・サービス
    1.1.2.テレマティクス保険の仕組み
    図表 4 テレマティクス保険の仕組み
    1.1.3.テレマティクス保険の提供方法
    図表 5 テレマティクス保険の提供方法
    1.1.4.テレマティクス保険における保険料算出区分-PAYDとPHYDとは?
    図表 6 PAYDとPHYDの違い
  1.2.テレマティクス保険のメリット
    1.2.1.ドライバーにとってのメリット
    1.2.2.事業者にとってのメリット
    1.2.3.損害保険会社におけるメリット
    1.2.4.社会全体におけるメリット
  1.3.テレマティクス保険の課題
  1.4.コネクティッドカー向けの保険
    図表 7 コネクティッドカー向けの保険
2.テレマティクス保険の市場規模推移・予測
  2.1.市場規模の考え方
    図表 8 市場規模の考え方
  2.2.テレマティクス保険市場規模・普及率(2022年~2026年予測)
    2.2.1.テレマティクス保険市場規模:2022年度は2,130億円(前年比120.8%)
    2.2.2.テレマティクス保険普及率:2023年度は8.0%に
3.テレマティクス保険の将来展望
  3.1.課題の整理
  3.2.日常的課題:新規加入者の増加と既存契約者の維持
    3.2.1.新規加入者の増加
    3.2.2.既存契約者の維持
  3.3.短期的課題:収益確保のための顧客開拓と新たな事業ドメインの確立
    3.3.1.ドライブレコーダー市場に対応した顧客アプローチ
    3.3.2.走行データを活用したビジネス展開
  3.4.長期的課題:自動運転実用化後の保険の在り方を考える
  3.5.完全自動運転時代の保険会社ができる提供価値とは?
4.テレマティクス発展の歴史
  4.1.テレマティクスとは
    図表 9 テレマティクスのイメージ
  4.2.テレマティクス登場の背景
    4.2.1.ITS全体構想の策定
    図表 10 ITSのシステム概念図
    図表 11 ITSサービスにおける9つの開発分野
  4.3.テレマティクス技術を活用した代表的なITSサービス
    4.3.1.VICS(Vehicle Information and Communication System:道路交通情報通信システム)
    図表 12 VICSの仕組み
    4.3.2.ETC(Electronic Toll Collection System:自動料金支払いシステム)
    図表 13 ETCシステムのイメージ
    図表 14 ETC2.0で新たなに加わったサービス
    4.3.3.ヘルプネット
    図表 15 ヘルプネットの仕組みと流れ
  4.4.テレマティクスサービスの提供方法
    図表 16 テレマティクスサービスの提供区分
  4.5.自動車メーカーによるテレマティクスサービスの動向
    図表 17 ITSの動向と自動車メーカーのテレマティクスサービス発展の流れ
5.法制度面でのトピック
  5.1.アルコールチェックの義務化
    図表 18 アルコールチェックの義務化内容・時期
  5.2.後退時車両直後確認装置(バックカメラ、検知システム又はミラー)の義務化
    図表 19 後退時車両直後確認装置の主な要件
  5.3.妨害運転罪の創設
    図表 20 妨害運転罪の罰則
  5.4.高齢者の免許更新時の運転技能検査の義務化
    図表 21 75歳以上の運転免許保有者数 推移
    図表 22 認知機能検査結果の比較
6.自動車保険の概況
  6.1.損害保険会社の経営概況-正味収入保険料は微増傾向
    図表 23 正味収入保険料 推移
  6.2.自動車保険を提供する損害保険会社-17社が自動車保険を提供
    図表 24 自動車保険取扱一覧
    図表 25 自動車保険取扱事業者の収入保険料推移
    図表 26 2021年度大手損害保険会社の自動車保険市場のシェア
  6.3.自動車保険の種類-自賠責保険と任意の自動車保険
    図表 27 自動車保険の種類、補償範囲
    図表 28 自賠責保険の補償内容
  6.4.自動車保険の加入率-任意の自動車保険は7割程度に留まる
    図表 29 任意の自動車保険料加入率 推移
  6.5.自動車保険料には様々なリスクが影響
    図表 30 参考純率のおけるリスクの考え方
  6.6.主な販売チャネル
    6.6.1.損害保険の販売チャネル‐募集主体は3区分
    図表 31 2022年度募集形態別元受正味保険料の構成比
    6.6.2.損害保険の代理店チャネル-副業代理店が保険販売を支える
    図表 32 損害保険の代理店数推移
  6.7.外部環境
    6.7.1.国内人口推移
    図表 33 自動車保有台数 推移
    6.7.2.自動車の保有台数と販売台数-保有台数は横ばい、販売台数は減少傾向
    図表 34 自動車保有台数 推移
    図表 35 新車・年別販売台数(登録車+軽自動車) 推移
    6.7.3.交通事故発生件数
    図表 36 交通事故発生件数・死者数推移
    図表 37 事故類型別交通死亡事故発生件数(令和4年)

損害保険会社の動向分析

1.損害保険会社におけるテレマティクス保険の誕生から発展
  1.1.概要
  1.2.テレマティクス保険・サービス黎明期(2000年代)
  1.3.スマホ普及を契機としたテレマティクスサービスの登場(2010年~2015年)
    図表 38 スマートフォン用アプリ向けのテレマティクスサービス
  1.4.テレマティクス保険の本格的導入(2015年~現在)
    1.4.1.コネクティッドカーを対象とした保険
    1.4.2.通信機能付きドライブレコーダーを活用した保険
    図表 39 通信機能付きドライブレコーダーを活用した保険(個人向け)
    1.4.3.通信機能付きドライブレコーダーの進化
    1.4.4.スマートフォンや専用端末を活用した保険
  1.5.テレマティクスデータを活用したサービスへの発展
    1.5.1.事故対応への活用
    1.5.2.異業種とのデータ活用
2.各社のテレマティクス保険ラインナップ
  2.1.個人向けテレマティクス保険-ドラレコ型とスマホ利用型に分かれる
    2.1.1.ドライブレコーダー型のテレマティクス保険
    図表 40 テレマティクス保険の提供形態
    図表 41 損害保険会社が提供する主な個人向けテレマティクス保険
    2.1.2.コネクティッドカー向けの保険
    図表 42 コネクティッドカー向けの保険(再掲)
  2.2.事業者向けテレマティクスサービス‐個人向けと違い管理者に向けたサービスがあることが特徴
    図表 43 個人向けと事業者向けのターゲットの違い
    図表 44 事業者向けの主なテレマティクスサービス
3.加入者の傾向・実績
  3.1.加入者の傾向
    3.1.1.通信車載器+スマートフォン活用の保険は比較的若年層に親和性あり
    図表 45 特徴的な傾向のある商品
    3.1.2.テレマティクス保険加入者は自社にとってロイヤリティの高い顧客‐三井住友海上火災保険
  3.2.実績-各社ともに契約数は伸長。
    あいおいニッセイ同和損害保険のテレマティクス保険の保有台数は180万台を突破
    図表 46 個人向けテレマティクス保険の各社実績
4.販売戦略
  4.1.個人向けテレマティクス保険の販売戦略
    4.1.1.メイン販売チャネルである代理店へのサポートは必須
    図表 47 2022年度募集形態別元受正味保険料の構成比(再掲)
    4.1.2.自動車保険契約者への営業も欠かせない‐
    あいおいニッセイ同和損害保険はパンフレットにひと工夫
    4.1.3.割引制度による新たな顧客囲い込み策-
    三井住友海上火災保険と損害保険ジャパンの取組み
  4.2.ネット型自動車保険を提供するイーデザイン損保は認知度向上に注力
  4.3.事業者向けテレマティクスサービスの販売戦略-
  損保ジャパン「スマイリングロード」の取組み事例
5.課題
  5.1.目下の課題はテレマティクス保険の認知拡大と契約台数増加

企業個票

1.あいおいニッセイ同和損害保険
2.イーデザイン損害保険
3.損害保険ジャパン
4.三井住友海上火災保険

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 129頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。