2023 フェムケア&フェムテックマーケット(消費財・サービス)

「フェムテック」は日本でもSDGsやジェンダー平等などの潮流により注目を集め、2021年には「生理の貧困」などが社会課題としてメディアで大きく取り上げられた。こうした社会の動きを受けて、様々な企業が参入、政府においても女性の健康課題を解決するために市場を後押しする動きが見られた。2022年に入ってからはフェムケア、フェムテックの展示会やセミナーが数多く開催され、このテーマにさらに注目が集まっていることが窺える。また、学校や企業でも性別を問わず「生理」などについて学ぶ機会を提供するケースが増えてきた。しかし、今後このテーマが確実に市場を形成し拡大していくためには、マーケティング面での課題、市場の認知に係る啓発、教育面での課題など、ハードルも少なくない。同資料では、フェムケア&フェムテック市場を取り巻く環境、分野別の動向、課題や将来展望等をまとめている。

発刊日
2023/09/29
体裁
A4 / 405頁
資料コード
C65116200
PDFサイズ
4.7MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 405頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本レポートにおいては、フェムケア&フェムテック市場を総合的に把握できるよう、下記を明らかにすることを目的とし、調査・編集した。
(1)フェムケア&フェムテックマーケットの現状と課題、展望
(2)女性の健康課題別、アイテム・サービス分野別の動向
(3)参入企業の動向
調査対象:フェムケアアイテム製造企業、販売企業、フェムテック参入企業、フェムテックアイテム流通企業等、同市場に関係する企業
調査方法
(1)弊社研究員による直接面接・オンライン取材
(2)文献調査その他データ収集
(3)消費者調査アンケートの実施
調査期間:2023年7月~2023年9月

調査結果サマリー
Close

フェムケア&フェムテック(消費財・サービス)市場に関する調査を実施(2023年)
2022年のフェムケア&フェムテック(消費財・サービス)市場規模は、前年比107.8%の695億100万円
​~2023年も伸びの勢いは続く見込、更年期分野への注目が集まる~

資料ポイント
Close

  • フェムテックに触発されメイルテック市場も拡大の兆し
  • 前回版との違い
    ・フェムケア&フェムテックサービス、アイテムを展開する企業の個票を拡充
    ・ジェンダード・イノベーション視点から、事例研究を追加
    ・法人向けフェムケア&フェムテックサービスを展開する企業の個票を拡充
    ・メイルテック/オムテックを展開する企業の個票を拡充

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 フェムケア&フェムテックマーケットの現状と展望

1.フェムケア&フェムテックの定義
2.フェムケア&フェムテックマーケットが注目される背景
  2.1.ブームの背景
  2.2.海外動向
    ①海外動向
    (表)海外の代表的なフェムテック商品・サービスブランド
    ②実態調査
    (1)米国
    (2)欧州
  2.3.参入ベンチャーの資金調達状況
    (表)フェムケア&フェムテック企業への投資状況(国内)
    (表)フェムケア&フェムテック企業への投資状況(海外)
3.フェムケア&フェムテックマーケットの現状
  3.1.国内最新動向
    (図表)フェムケア&フェムテック市場規模推移
    (図表)フェムケア&フェムテック市場 分野別構成比推移
    ①女性の健康課題別 現状とフェムケア&フェムテックアイテム・サービス
    ②女性の健康課題別 フェムケア&フェムテックマーケットの動向
    ③フェムケア&フェムテック市場における2023年のキーワード
  3.2.法整備の実態
  3.3.流通系企業の動向
    (表)国内のフェムテック専門店
    (表)フェムケア&フェムテックアイテムを積極的に扱うセレクトショップ
    (表)主要なフェムケア&フェムテック関連ポップアップイベント一覧
  3.4.法人向けフェムケア&フェムテックの動向
    ①法人向けフェムケア&フェムテック参入企業の動向
    ②法人向けフェムケア&フェムテックの課題と展望
  3.5.ジェンダード・イノベーションの動向・事例
    ①ジェンダード・イノベーションとは
    ②ジェンダード・イノベーション事例
    (1)体の性差に着目した事例
    (2)価値観の性差に着目した事例
    (3)働き方の性差に着目した事例
    (4)社会課題に性差視点で着目した事例
    (5)海外の性差視点で着目した事例
4.フェムケア&フェムテックマーケットの課題と展望

第2章 アイテム・サービス分野別の動向

1.生理(月経) アイテム・サービス
  1.1.市場動向
  1.2.プレイヤーの動向
    1.2.1.ケアアイテム
    ①吸水ショーツ
    (表)主要な吸水ショーツブランド(①海外ブランド)
    (表)主要な国内事業の吸水ショーツブランド(②専業および③大手企業)
    ②月経カップ
    (表)国内で展開する主要な月経カップブランド
    ③月経ディスク
    ④ノンポリマーナプキン
    (表)主要なノンポリマーナプキンのブランド
    ⑤布ナプキン
    1.2.2. テックアイテム
    ①生理用品管理デバイス
    ②ウェアラブルデバイス(Apple Watch)
    1.2.3.サービス
    1.2.4.アプリ
    1.2.5.遠隔分析・チェックサービス、キット
    1.2.6.その他、海外事例等
  1.3.課題と展望
2.不妊・妊よう性/妊娠・産後ケア アイテム・サービス
  2.1.市場動向
  2.2.プレイヤーの動向
    2.2.1.ケアアイテム
    ①サプリメント(葉酸・ミネラル・ビタミンなど)
    (表)サプリメント(妊活、産前、産後)の主な参入事業者
    ②妊娠検査薬/排卵検査薬
    (表)妊娠検査薬・排卵検査薬の主な参入事業者
    ③シリンジキット
    (表)シリンジキットの主な参入事業者
    ④骨盤ベルト、妊婦帯、体型戻し商品
    (表)骨盤ベルト、妊婦帯、体型戻し商品の主な参入事業者
    ⑤マタニティウェア(マタニティインナー含む)
    (表)マタニティウェア・インナーの主な参入事業者
    ⑥妊娠時のスキンケアアイテム
    (表)妊娠時スキンケアアイテムの主な参入事業者
    2.2.2.テックアイテム
    ①婦人体温計
    ②家庭用レンタルエコーサービス
    2.2.3.サービス
    (表)主要な不妊・妊よう性/妊娠・産後ケア向けオンラインサービス(サービス開始時期順)
    2.2.4.アプリ
    (表)妊活向け主要なアプリ(サービス開始時期順)
    (表)妊娠・産後ケア向け主要なアプリ(サービス開始時期順)
    2.2.5.遠隔分析・チェックサービス、キット
    (表)主要な遠隔分析・チェックサービス、キット
    ①膣内・子宮内フローラチェックキット
    ②卵巣年齢チェックキット
    2.2.6.その他、海外事例等
  2.3.課題と展望
3.更年期ケア アイテム・サービス
  3.1.市場動向
  3.2.プレイヤーの動向
    3.2.1.ケアアイテム
    ①漢方・生薬
    (表)更年期向け漢方・生薬関連主要商品一覧
    ②サプリメント(栄養補助食品)
    (表)更年期向けサプリメント主要商品一覧
    ③更年期向け機能性表示食品
    ④化粧品、スキンケア
    (表)更年期世代向け化粧品・スキンケア主要商品一覧
    (表)更年期世代向け女性用育毛剤主要商品一覧
    ⑤膣ケアアイテム
    (表)尿漏れ・軽失禁ショーツ 主要商品一覧
    (表)膣トレーニングアイテム 主要商品一覧
    3.2.2.テックアイテム
    ①膣トレーニング系テックアイテム
    (表)膣トレーニング系テックアイテム 主要商品一覧
    ②ホットフラッシュ対策系テックアイテム
    3.2.3.サービス
    ①情報サイト
    ②美容婦人科形成
    3.2.4.アプリ
    3.2.5.遠隔分析・チェックサービス、キット
    3.2.6.その他、海外事例等
  3.3.課題と展望
4.ウィメンズヘルスケア アイテム・サービス
  4.1.市場動向
  4.2.プレイヤーの動向
    4.2.1.ケアアイテム
    ①漢方・サプリメント
    (表)サプリメント主要アイテム一覧
    ②ウェアアイテム(インナーアイテム、ナイトブラ、婦人科ガン術後アイテム)
    ③デリケートゾーンケアアイテム
    (表)デリケートゾーンケア主要アイテム
    4.2.2.テックアイテム
    4.2.3.サービス
    ①情報サイト・コミュニティプラットフォーム
    ②オンライン診療・ピル配送サービス
    ③漢方のオンライン診療および配送サービス・その他
    (表)主要なフェムテック関連オンライン漢方・サプリメント・ピル配送サービス
    4.2.4.アプリ
    4.2.5.遠隔分析・チェックサービス、キット
    4.2.6.その他、海外事例等
  4.3.課題と展望
5.セクシャルウェルネス アイテム・サービス
  5.1.市場動向
  5.2.プレイヤーの動向
    5.2.1.ケアアイテム
    ①セルフプレジャーアイテム
    (表)主要なセルフプレジャーアイテム展開企業
    ②セクシャルアメニティ(潤滑剤等)
    (表)セクシャルアメニティ展開ブランド/商品
    ③膣トレーニングアイテム
    (表)主な膣トレーニングアイテム
    5.2.2.テックアイテム
    (表)主なテック系膣トレーニングアイテム
    5.2.3.サービス
    ①情報発信サービス/ウェブメディア
    5.2.4.アプリ
    5.2.5.遠隔分析・チェックサービス、キット
    (表)女性向け性病検査キット主要商品一覧
    5.2.6.その他、海外事例等
  5.3.課題と展望
6.メイルテック アイテム・サービス
  6.1.市場動向
    ①妊活
    ②ED
    ③薄毛
    ④尿漏れ
    ⑤更年期
  6.2.プレイヤーの動向
    ①妊活
    ②ED
    ③薄毛
    ④尿漏れ
    ⑤更年期
  6.3.課題と展望

第3章 参入企業個票

企業概要
業績推移
アイテム・サービスの事業化背景
アイテム・サービスの内容・差別化ポイント
事業戦略
価格戦略
販売戦略
顧客特性
課題について
市場の将来展望
※一部を除き各企業共通
 
≪掲載企業一覧≫
株式会社あしたるんるんラボ
有限会社アジュマ
株式会社アダストリア
アンファー株式会社
インテグロ株式会社
株式会社encyclo
オムロンヘルスケア株式会社
クロスプラス株式会社
グンゼ株式会社
コットン・ラボ株式会社
小林製薬株式会社
さんぎょうい株式会社
株式会社G-Place
株式会社生活の木
ソルドジャパン株式会社
株式会社大丸松坂屋百貨店
株式会社典雅(TENGA)
株式会社TENGAヘルスケア
豊島株式会社
西川株式会社
パスクリエイト株式会社
fermata株式会社
株式会社Bé-A Japan
株式会社ヘルスケアシステムズ
株式会社ボーダー
株式会社マーキット
株式会社三越伊勢丹
株式会社MONA company
株式会社LIFEM

関連リンク

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 405頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。