2023年版 フェムテック(女性関連ヘルスケア・医療)市場分析

Femtech(フェムテック)とは、Female とTechnologyを合わせた造語で、女性のあらゆる健康課題をテクノロジーの技術で解決しようとするプロダクトやサービスのこと。月経・PMSや妊娠・不妊治療、女性特有疾患(がん、更年期障害、妊産婦うつなど)、セクシャルウェルネスなどのテーマで、女性のQOLの向上をサポートし、女性の一生に寄り添う新たな分野として世界的に期待されている。本資料においては、国内のフェムテック(女性関連ヘルスケア・医療)関連の動向や将来展望について紹介・分析を行う。

発刊日
2023/09/29
体裁
A4 / 267頁
資料コード
C65113800
PDFサイズ
8.7MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 267頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:関連企業のビジネスモデル及び、事業概要等について取上げ、今後の同事業の市場性等を展望すること。
調査対象:参入企業、不妊治療を行う医療機関
調査方法:関連企業への取材、オープンデータによる情報収集、郵送調査
調査期間:2023年7月~2023年9月

資料ポイント
Close

【前回版との違い】
卵子凍結保存、精子バンクサービス、医療施設における不妊治療関連アンケート、市場規模の最新データおよびその他掲載情報の更新・追加 等

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 フェムテック市場・関連統計など

1)フェムテック市場定義など
    図表1-1-1:フェムテックの展開分野と商品例
    図表1-1-2:国内のフェムテックカテゴリと関連企業、製品・サービス事例
  薬機法・自主基準など
    図表1-1-3:フェムテック製品について薬機法関連の近年の動きの一部
  政府・省庁の取り組み
    図表1-1-4:「2023年度フェムテック等サポートサービス実証事業費補助金」で採択された事業
  企業の取り組み(健康経営など)
    図表1-1-5:女性向け健康経営の取り組み例
    図表1-1-6:女性活躍推進法の改正について
    図表1-1-7:女性活躍支援関連の認定企業数(えるぼし、プラチナえるぼし)
    図表1-1-8:子育てサポート企業としての認定(くるみん・プラチナくるみん・トライくるみん)
2)女性人口・労働人口
    図表1-2-1:国内の人口の推移(2013~2022年)
    図表1-2-2:女性のライフステージごとの体の変化
    図表1-2-3:国内の女性人口(ライフステージごと)の推移(2020~2022年)
    図表1-2-4:就業者数(男女別)の推移(2013~2022年)
3)月経・PMS関連
  月経前症候群(Premenstrual Syndrome:PMS)
    図表1-3-1:PMSの症状例
  月経痛(生理痛)・月経困難症
    図表1-3-2:生理痛の状況(それぞれについて単数回答)
    図表1-3-3:生理痛があるときの対処方法(それぞれについて単数回答)
    図表1-3-4:生理痛に関して受診しなかった理由(複数回答)
    図表1-3-5:月経管理(PMS管理を含む)アプリを展開する企業例
    図表1-3-6:月経関連の課題解決のためのウェアラブルデバイス事例
    図表1-3-7:月経随伴症状・更年期障害等による仕事の生産性への影響
    図表1-3-8:職場の支援策の認知状況(それぞれについて単数回答)
4)妊娠・不妊治療・妊産婦うつ(産後うつ)関連
    図表1-4-1:年次別婚姻件数
    図表1-4-2:初婚の妻の年齢(各歳)、婚姻件数
    図表1-4-3:出生数及び合計特殊出生率の年次推移
    図表1-4-4:母親の年齢別の出生数の年次推移
  政府・省庁の取り組み
  不妊治療・体外受精関連
    図表1-4-5:体外受精の治療周期総数の推移(2015~2021年)
    図表1-4-6:体外受精の治療法別出生児数の推移(1990~2021年)
    図表1-4-7:結婚持続期間別にみた、不妊について心配したことのある
    夫婦の割合と検査・治療経験(2002年、2005年、2010年、2015年、2021年)
    図表1-4-8:不妊治療開始時の不安(MA)
    図表1-4-9:不妊治療を継続するにあたっての支障で当てはまるもの(男女別)(MA)
    図表1-4-10:勤務先における不妊治療の支援内容(男女別)(MA)
  制度など
    図表1-4-11:不妊治療の保険適用に関わる政府方針
    図表1-4-12:不妊治療への支援制度
  (関連トピック1)卵子凍結保存
    図表1-4-13:卵子凍結のメリット・デメリット
    図表1-4-14:福利厚生で卵子凍結サービスが利用できる国内企業例とその内容
   グレイスグループ
    図表1-4-15:グレイスバンクの特長
  (関連トピック2)精子バンクサービス
    図表1-4-16:提供精子を用いた人工授精(AID)の治療成績(2015年、2018年~2021年)
    図表1-4-17:どこから精子や卵子の提供を受けたか(MA)
   クリオス・インターナショナル
  妊産婦うつ(産後うつ)関連
    図表1-4-18:2022年度の診療報酬改定で妊産婦うつ関連の見直し
    図表1-4-19:妊産婦(産後)うつに関しての企業の取り組み
5)更年期関連
    図表1-5-1:更年期障害の主な症状
    図表1-5-2:性別・年代別 更年期障害の可能性:単数回答(女性)
    図表1-5-3:更年期障害の主な治療方法
    図表1-5-4:女性の年代別 更年期症状の緩和のためにとった手段:複数回答
    図表1-5-5:更年期症状による仕事への影響(複数回答)
6)老年期
  GSM(閉経関連尿路生殖器症候群)
    図表1-6-1:年代別GSMの割合
    図表1-6-2:GSM予防のためのセルフケア方法例
    図表1-6-3:骨盤底筋トレーニングの製品例
  骨粗鬆症
    図表1-6-4:骨粗鬆症の種類
    図表1-6-5:骨粗鬆症の治療薬
    図表1-6-6:骨粗鬆症診断補助AI医療機器の開発例
7)女性特有がん
    図表1-7-1:主な死因別死亡数の割合(2021年(人口10万対))
    図表1-7-2:女性患者の部位別がん罹患数上位5部位(2016~2019年)
    図表1-7-3:女性患者の悪性新生物<腫瘍>の主な部位別にみた死亡率
  がん検診
    図表1-7-4:がん検診の受診率推移
8)AI
    図表1-8-1:フェムテック分野でのAIを活用した事例

第2章 セグメント別市場分析

1)女性関連PHR市場
 (1)市場概要
    図表2-1-1-1:女性関連PHRサービス概要
    図表2-1-1-2:女性関連PHR企業の広告・マーケティング支援事業の事例
    図表2-1-1-3:女性関連PHR提供企業が行う自治体向けサービス例
    図表2-1-1-4:女性関連の健康経営の取り組み例
    図表2-1-1-5:女性関連PHR企業が展開する健康経営事業例
   政府の方針・関連の取り組み等
 (2)参入企業
    図表2-1-2-1:女性関連PHRサービスの企業例
   エイチームウェルネス
    図表2-1-2-2:主な「ラルーン」のサービス内容
    図表2-1-2-3:主な「ラルーン」の料金プランとサービス内容
   エムティーアイ
    図表2-1-2-4:エムティーアイが提供する「ルナルナ」シリーズの内容
    図表2-1-2-5:「ルナルナ」を活用した共同研究の一例
   Entale
    図表2-1-2-6:「ペアケア」のサービス内容
    図表2-1-2-7:「ペアケア」の有料サービス内容
   TOPPANエッジ
    図表2-1-2-8:「わたしの温度」の特徴
    図表2-1-2-9:自治体での「わたしの温度」導入事例
   Flora
   【参考】poi
 (3)市場規模
    図表2-1-3-1:女性関連PHR市場規模推移(2022~2025年度(予))
 (4)将来展望
    図表2-1-4-1:女性関連PHRサービスの有料サービス事例
    図表2-1-4-2:女性関連PHRを活用した女性関連疾患に関する研究事例
    図表2-1-4-3:女性関連PHRサービスでのAIを活用した事例
2)女性関連オンライン健康医療相談サービス市場
 (1)市場概要
    図表2-2-1-1:医師-患者間で行われる遠隔医療の範囲
    図表2-2-1-2:オンライン健康医療相談のサービス提供先と業務例
   政府の方針・関連の取り組み等
    図表2-2-1-3:管理職が会社に求める女性の健康についてのサポート(MA)
    図表2-2-1-4:オンライン健康医療相談を提供する企業の健康経営・福利厚生パッケージサービス例
    図表2-2-1-5:保険会社との協業例(オンライン健康医療相談関連)
   関連団体の取り組み
 (2)参入企業
    図表2-2-2-1:女性関連オンライン健康医療相談サービスの参入企業例
   アナムネ
    図表2-2-2-2:アナムネが提供するサービスラインナップ
   Kids Public
    図表2-2-2-3:「産婦人科オンライン」の相談方法
    図表2-2-2-4:「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」「くすりぼ」の提供先例
    図表2-2-2-5:Kids Publicが行う研究事例
   ファミワン
    図表2-2-2-6:主なファミワンのサービス概要
    図表2-2-2-7:ファミワンが提供する法人向けサービス概要
 (3)市場規模
    図表2-2-3-1:女性関連オンライン健康医療相談市場規模推移(2022~2025年度(予))
 (4)将来展望
  (関連市場1)オンラインピル処方サービス
    図表2-2-4-1:ピルに対するイメージ
    図表2-2-4-2:オンラインピル処方サービスを展開する企業例
  (関連市場2)オンライン漢方相談サービス
    図表2-2-4-3:漢方薬の種類
    図表2-2-4-4:女性の体調トラブルに対する漢方対策
    図表2-2-4-5:オンライン漢方相談サービスの主な流れ
    図表2-2-4-6:オンライン漢方相談サービスを行う企業例
3)女性関連の簡易検査サービス市場
 (1)市場概要
    図表2-3-1-1:簡易検査の主な流れ
    図表2-3-1-2:主な女性関連の簡易検査の対象と種類、展開企業例
    図表2-3-1-3:妊活・不妊治療関連の男性向け簡易検査製品例
   女性ホルモン検査・AMH検査
    図表2-3-1-4:女性ホルモン検査とその内容
   子宮内フローラ検査
   エクオール検査
   腸内フローラ検査(エクオール産生菌)
    図表2-3-1-5:部位別の菌種と菌数
   女性特有がん検査
 (2)参入企業
    図表2-3-2-1:女性関連の簡易検査サービスを行う企業例
   妊活・不妊治療
   Vitalogue Health
    図表2-3-2-2:Vitalogue Healthが展開する製品
   ファミワン
    図表2-3-2-3:ファミワンの展開する郵送検査を活用した法人向け事例
   エクオール検査
   ヘルスケアシステムズ
    図表2-3-2-4:郵送検査「カラダのものさし」シリーズ
    図表2-3-2-5:ヘルスケアシステムズの企業・自治体向けの展開例
   女性特有がん
   ハルメク・ベンチャーズ
    図表2-3-2-6:女性向け「おうちでドック」の商品一覧
   性感染症検査・おりもの検査
   ルナドクター
 (3)市場規模
    図表2-3-3-1:女性関連の簡易検査サービス市場(2022~2025年度(予))
 (4)将来展望
   妊活・不妊治療関連
   更年期(エクオール検査)
   女性特有がん
4)マンモグラフィー市場
 (1)市場概要
 (2)参入企業
   キヤノンメディカルシステムズ
   シーメンスヘルスケア
   GEヘルスケア・ジャパン
   富士フイルムメディカル
 (3)販売推移
    図表2-4-3-1:マンモグラフィー年間台数推移(2016~2022年度(予))
5)診断用核医学装置(乳房専用PET装置)市場
 (1)市場概要
    図表2-5-1-1:診療報酬:画像診断核医学診断料
 (2)参入企業
    図表2-5-2-1:乳房専用PET装置を展開する企業と製品名
   島津製作所
 (3)販売推移
    図表2-5-3-1:PET、PET-CTの推移(2011~2022年度(予))
    図表2-5-3-2:乳房専用PET装置の販売推移(2016~2022年度(予))
6)超音波診断装置市場
 (1)市場概要
    図表2-6-1-1:超音波診断装置クラス別仕様
    図表2-6-1-2:超音波診断装置の画像種類
    図表2-6-1-3:超音波検査 診療報酬
 (2)参入企業
   キヤノンメディカルシステムズ
   コニカミノルタジャパン
   GEヘルスケア・ジャパン
   シーメンスヘルスケア
   ちゃいなび
    図表2-6-2-1:「エンジェルサウンズ」シリーズの内容
   富士フイルムヘルスケア(旧:日立製作所)
   メロディ・インターナショナル
    図表2-6-2-2:モバイル「分娩監視装置iCTG」を導入した大学・エリアの国内事例
    図表2-6-2-3:モバイル「分娩監視装置iCTG」を導入した海外事例
   Lily MedTech
  (3)市場規模
    図表2-6-3-1:薬事工業生産動態統計における超音波診断装置 国内出荷推移
    図表2-6-3-2:5年サイクルでの超音波診断装置販売台数推移(2006~2022年度(予))
    図表2-6-3-3:超音波診断装置クラス別実績(2011~2022年度(予))
7)骨密度測定装置市場
 (1)市場概要
    図表2-7-1-1:原発性骨粗鬆症の診断基準(2012年度改訂版)
    図表2-7-1-2:原発性骨粗鬆症の診断基準
    図表2-7-1-3:日本人における骨密度のカットオフ値(g/平方センチメートル)
    図表2-7-1-4:骨密度測定法と特徴
    図表2-7-1-5:骨塩定量検査数(各年6月)
    図表2-7-1-6:骨塩定量診療報酬点数(各年6月)
    図表2-7-1-7:骨塩定量検査の医療診療報酬点数表
 (2)参入企業
   GEヘルスケア・ジャパン
   東洋メディック
   日本光電工業
   富士フイルムヘルスケア(旧:日立製作所)
 (3)市場規模
    図表2-7-3-1:骨密度測定装置 タイプ別台数市場推移
    図表2-7-3-2:骨密度測定装置市場規模推移(2016~2022年度(予))
8)組織拡張器(乳房用)市場
 (1)市場概要
    図表2-8-1-1:組織拡張器の償還価格・手技料推移
    図表2-8-1-2:NDBにおける組織拡張器による再建手術件数及び乳房関連手術件数(年間)
    図表2-8-1-3:乳房関連手術件数(年間拡大推計)
 (2)参入企業
   アラガン・ジャパン
   グンゼメディカル(旧:メディカルユーアンドエイ)
 (3)市場規模
    図表2-8-3-1:組織拡張器(乳房用)実績及び予測(2016~2022年度(予))
9)セクシャルウェルネス市場
 (1)市場概要
   医療施設における膣若返り市場
    図表2-9-1-1:膣若返りのレーザー治療の分類
    図表2-9-1-2:主な膣若返りレーザー治療器
   膣若返りセルフケア市場
    図表2-9-1-3:主な膣若返りセルフケア製品
 (2)参入企業
   DEKA JAPAN
    図表2-9-2-1:モナリザタッチ 販売推移(2018~2022年度(予))
   ハルテック
   キュテラ
    図表2-9-2-2:Juliet 販売推移(2018~2022年度(予))
   HONMONO

第3章 医療施設における不妊治療関連アンケート

1.アンケート調査要綱
2.アンケート調査概略
3.アンケート調査結果
 1.<治療方法別の治療周期数合計推移(2020年~2022年)>1/2
 2.<治療方法別の治療周期数合計推移(2020年~2022年)>2/2
 3.<製品別のメーカー採用率:人工授精用カテーテル>(MA)
 4.<製品別のメーカー採用率:精子浮遊液調整液>(MA)
 5.<製品別のメーカー採用率:精子凍結保存液>(MA)
 6.<製品別のメーカー採用率:培養液>(MA)
 7.<製品別のメーカー採用率:オイル>(MA)
 8.<製品別のメーカー採用率:PVP溶液>(MA)
 9.<製品別のメーカー採用率:ヒアルロニダーゼ溶液>(MA)
 10.<製品別のメーカー採用率:インジェクションピペット>(MA)
 11.<製品別のメーカー採用率:ホールディングピペット>(MA)
 12.<製品別のメーカー採用率:採卵用ニードル>(MA)
 13.<製品別のメーカー採用率:胚移植用カテーテル>(MA)
 14.<製品別のメーカー採用率:受精卵凍結用試薬>(MA)
 15.<製品別のメーカー採用率:ガラス化デバイス>(MA)
 16.<製品別のメーカーシェア(2022年):人工授精用カテーテル>
 17.<製品別のメーカーシェア(2022年):精子浮遊液調整液>
 18.<製品別のメーカーシェア(2022年):精子凍結保存液>
 19.<製品別のメーカーシェア(2022年):培養液>
 20.<製品別のメーカーシェア(2022年):オイル>
 21.<製品別のメーカーシェア(2022年):PVP溶液>
 22.<製品別のメーカーシェア(2022年):ヒアルロニダーゼ溶液>
 23.<製品別のメーカーシェア(2022年):インジェクションピペット>
 24.<製品別のメーカーシェア(2022年):ホールディングピペット>
 25.<製品別のメーカーシェア(2022年):採卵用ニードル>
 26.<製品別のメーカーシェア(2022年):胚移植用カテーテル>
 27.<製品別のメーカーシェア(2022年):受精卵凍結用試薬>
 28.<製品別のメーカーシェア(2022年):ガラス化デバイス>
 29.<将来の想定治療周期数(2027年、2032年)>
 30.<年間不妊治療患者数(2020年~2023年(予))>

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 267頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。