2023年版 医療情報システム(EMR・EHR)市場の将来展望

電子カルテをはじめとする各種医療情報システム市場の市場規模、稼働施設数シェア、参入企業動向などを調査。「2030年には電子カルテの導入率はどの程度になりそうか?」、「電子カルテ稼働数のうち、クラウド型の割合は何%か?」、「電子カルテ・各部門システムの有力企業はどこか?」、「医療情報システムに関連する事業(PHRやAI、Webサービスなど)の展開状況はどうか?」等々の情報を取りまとめております。

発刊日
2023/09/22
体裁
A4 / 292頁
資料コード
C65113200
PDFサイズ
9.9MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 292頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的・内容
(1)各種医療情報システムの金額ベース市場規模分析と稼働施設数シェア、市場動向分析
(2)有力企業分析
調査方法:参入企業への取材(対面またはオンライン)、文献調査の併用
調査・編集期間:2023年6月~2023年9月
調査・集計分析留意点
(1)品目別実績はメーカー・総発売元ベースです
(2)分類項目については各企業様のご意見をもとに、弊社独自分類で行っております
(3)市場規模実績及び予測は、すべて国内市場ベースになっております

調査結果サマリー
Close

医療情報システム(EMR・EHR)市場に関する調査を実施(2023年)
2022年度の医療情報システム市場規模は、前年度比0.4%増の2,892億円と推計
~2022年度のクラウド型電子カルテ市場は94億円、電子カルテ市場全体の7.2%と拡大は加速~

資料ポイント
Close

前回(2022年版)との違い

  • 一般病院の電子カルテシェアを病床規模別(3区分)でも推計
  • 電子カルテデータ分析やPHRなど、医療情報システム周辺事業に関する記載を拡充
  • 病院(電子カルテ導入済み施設を対象)への郵送アンケート調査を実施(情報システム予算、情報システム導入状況等を聴取)
  • 企業個票の内容を一部拡充

※章立てやレイアウトの変更を行っていますが、従来の記載内容は基本的に引き継がれております

リサーチ内容

近年の市場環境とトピックス

1.医療情報システム市場総論

1.1.医療情報システム市場の現状
  1.1.1.医療情報システム市場の概要
    図表1.1-1:医療情報システムの全体像
    図表1.1-2:医療情報システム市場(Total)規模推移
  1.1.2.政府による標準型電子カルテの取り組みと電子カルテ普及率推移予測
  1.1.3.医療情報システム周辺事業:PHR/電子カルテデータ利活用/AI/医療機関DX
1.2.病床規模別のシステム化状況
    図表1.2-1:病床規模別施設数の推移(各年10月1日時点)
    図表1.2-2:病床規模・病院分類別施設数(2020年10月1日時点)
  1.2.1.大規模病院(対象病床数:300床以上)
    図表1.2-3:大規模病院における電子カルテ/PACS導入率と主要企業
  1.2.2.中規模病院(対象病床数:100~299床)
    図表1.2-4:中規模病院における電子カルテ/PACS導入率と主要企業
  1.2.3.小規模病院(対象病床数:100床未満)
    図表1.2-5:小規模病院(100床未満)における電子カルテ/PACS導入率と主要企業
  1.2.4.有床診療所
    図表1.2-6:診療科目(単科+主たる診療科)別の有床診療所数
    図表1.2-7:有床診療所における電子カルテ導入率と主要企業
  1.2.5.無床診療所
    図表1.2-8:医療施設従事医師数(一般診療所)
    図表1.2-9:無床診療所における電子カルテ導入率と主要企業
  1.2.6.精神科病院
    図表1.2-10:精神科病院における電子カルテ導入率と主要企業
1.3.医療情報システムのクラウド化状況
    図表1.3-1:クラウド型電子カルテにおける利用データセンター企業
  1.3.1.クラウド型電子カルテ
    図表1.3-2:電子カルテ市場規模(オンプレミス・クラウド別)
    図表1.3-3:一般病院向けクラウド型電子カルテの主な参入企業
    図表1.3-4:一般病院向け電子カルテ稼働施設数推移とクラウド型割合
    図表1.3-5:一般診療所(無床)向けクラウド型電子カルテの主な参入企業
    図表1.3-6:一般診療所(無床)向け電子カルテ稼働状況推移
  1.3.2.クラウドPACS/外部保存サービス
    図表1.3-7:PACSに関するクラウドサービスの分類
    図表1.3-8:PACSに関するクラウドサービスの主な参入企業
    図表1.3-9:医用画像管理システム(PACS)市場規模推移
    図表1.3-10:クラウドPACS/外部保管サービス 稼働施設数推移
1.4.医療情報システム導入状況・市場規模
    図表1.4-1:医療情報システム金額市場規模推移(基幹/部門別)
    図表1.4-2:2022年度の医療情報システム金額市場規模(システム分類別)
    図表1.4-3:医療情報システム金額市場規模推移(システム分類別)

2.電子カルテ関連市場

2.0.電子カルテ市場の分類と概要
    図表2.0-1:電子カルテ市場の分類と主要導入対象
2.1.一般病院向け電子カルテ
  2.1.1.厚生労働省「医療施設調査」による電子カルテ化状況 ※2020年10月時点
    図表2.1-1:一般病院における電子カルテ化状況(病床規模別)
    図表2.1-2:一般病院における電子カルテ導入率推移
    図表2.1-3:一般病院における電子カルテ化状況(開設者別)
    図表2.1-4:一般病院における電子カルテ化状況(都道府県別)
  2.1.2.電子カルテ導入率推移と政府による標準型電子カルテの取り組み
    図表2.1-5:一般病院における電子カルテ導入率予測(~2032年)
  2.1.3.参入企業状況
    図表2.1-6:一般病院向け電子カルテ企業別稼働施設数・シェア(病床3区分別)
    図表2.1-7:一般病院向け電子カルテ参入企業例
    図表2.1-8:一般病院向けクラウド型電子カルテの主な参入企業
  2.1.4.クラウド型電子カルテの概況
    図表2.1-9:一般病院向け電子カルテ稼働施設数推移とクラウド型割合
  2.1.5.一般病院向け電子カルテ金額市場推移
    図表2.1-10:一般病院向け電子カルテ金額市場推移(Total/3セグメント別)
    図表2.1-11:一般病院向け電子カルテ金額市場推移(オンプレミス・大規模)
    図表2.1-12:一般病院向け電子カルテ金額市場推移(オンプレミス・中小規模)
    図表2.1-13:一般病院向け電子カルテ金額市場推移(クラウド)
2.2.精神科病院向け電子カルテ
  2.2.1.精神科病院向け電子カルテ市場の概要
    図表2.2-1:精神科病院/一般病院数の推移
    図表2.2-2:精神科病院における電子カルテ導入率推移
  2.2.2.参入企業状況
    図表2.2-3:精神科病院向け電子カルテ企業別稼働施設数・シェア
  2.2.3.精神科病院向け電子カルテ金額市場推移
    図表2.2-4:精神科病院向け電子カルテ金額市場推移
2.3.一般診療所(無床)向け電子カルテ
  2.3.1.一般診療所(無床)向け電子カルテ市場の概要
    図表2.3-1:一般診療所における電子カルテ化状況 ※2020年10月時点
    図表2.3-2:一般診療所における電子カルテ導入率推移
  2.3.2.参入企業状況
    図表2.3-3:一般診療所(無床)向け電子カルテ参入企業例
    ①オンプレミス型中心およびクラウド型との併売企業
    ②クラウド型専業企業
    図表2.3-4:一般診療所(無床)向けクラウド型電子カルテの主な参入企業
    図表2.3-5:一般診療所(無床)向け電子カルテ企業別稼働施設数・シェア
  2.3.3.クラウド型電子カルテの概況
    図表2.3-6:一般診療所(無床)向け電子カルテ稼働施設数推移とクラウド型割合
  2.3.4.2030年時点における電子カルテ化状況の試算
    図表2.3-7:医療施設従事医師数(一般診療所)
    図表2.3-8:単純化したモデルによる無床診療所の電子カルテ化状況の試算
  2.3.5.一般診療所(無床)向けシステム金額市場推移
    図表2.3-9:一般診療所(無床)向け電子カルテ金額市場推移(Total/セグメント別)
    図表2.3-10:一般診療所(無床)向け電子カルテ金額市場推移(オンプレミス)
    図表2.3-11:一般診療所(無床)向け電子カルテ金額市場推移(クラウド)
2.4.医事会計システム
  2.4.1.医事会計システム市場の概要
    図表2.4-1:レセプト請求内訳の推移(機関数)
    【参考】レセプトチェックソフト
  2.4.2.参入企業状況
    図表2.4-2:医事会計システム(病院) 企業別稼働施設数・シェア
    図表2.4-3:医事会計システム(一般診療所) 企業別稼働施設数・シェア
  2.4.3.医事会計システム金額市場推移
    図表2.4-4:医事会計システム金額市場推移
2.5.地域医療連携システム
  2.5.1.地域医療連携システム市場の概要
    図表2.5-1:地域医療連携ネットワーク参加施設数推移
  2.5.2.参入企業状況
    図表2.5-2:地域医療連携システム主要2社比較
  2.5.3.地域医療連携システム金額市場推移
    図表2.5-3:地域医療連携システム金額市場推移
2.6.医療情報システム周辺市場
    図表2.6-1:医療情報の利活用の類型
  2.6.1.経営分析関連システム
    図表2.6-2:経営分析関連システム参入企業・サービス例
    メディカル・データ・ビジョン株式会社
    株式会社医用工学研究所
  2.6.2.電子カルテデータ利活用(医療Big Data)
  2.6.3.PHR関連サービス
    図表2.6-3:PHR関連サービスの3類型
    図表2.6-4:PHR/PRMサービス展開企業例
    図表2.6-5:健診結果参照サービス展開企業例

3.部門システム市場

3.1.医用画像管理システム(PACS)
  3.1.1.医用画像管理システム(PACS)市場の概要
    図表3.1-1:PACS導入率推移(一般病院/精神科病院別)
    図表3.1-2:PACS導入状況(2020年10月時点)
    図表3.1-3:一般病院におけるPACS導入率推移(病床規模別)
  3.1.2.クラウドPACS/外部保存サービス
    図表3.1-4:PACSに関するクラウドサービスの分類
    図表3.1-5:PACSに関するクラウドサービスの主な参入企業
  3.1.3.参入企業状況
    図表3.1-6:主要企業の市場ポジショニング
    図表3.1-7:医用画像管理システム(PACS)企業別稼働施設数・シェア
    【参考】統合Viwer(統合システム・患者情報一元管理システム)
    【参考】線量管理システム
    【参考】PACSベンダーにおけるAI展開の概要
  3.1.4.医用画像管理システム(PACS)金額市場推移
    図表3.1-8:医用画像管理システム(PACS)金額市場推移
    図表3.1-9:クラウドPACS/外部保管サービス 稼働施設数推移
    図表3.1-10:クラウドPACS/外部保管サービス 保存容量推移
3.2.放射線情報システム(RIS)/治療RIS
  3.2.1.放射線情報システム(RIS)/治療RIS市場の概要
  3.2.2.参入企業状況
    図表3.2-1:放射線情報システム(RIS)企業別稼働施設数・シェア
    図表3.2-2:治療RIS企業別稼働施設数・シェア
  3.2.3.放射線情報システム(RIS)/治療RIS金額市場推移
    図表3.2-3:RIS合計金額市場推移
    図表3.2-4:放射線情報システム(RIS)金額市場推移
    図表3.2-5:治療RIS金額市場推移
3.3.臨床検査システム
  3.3.1.臨床検査システム市場の概要
    図表3.3-1:病床規模別のシステム化状況
    【参考】病理システム市場の概要
  3.3.2.参入企業状況
    図表3.3-2:臨床検査システム参入企業タイプ別特徴
    図表3.3-3:臨床検査システム病床規模別稼働実績
    図表3.3-4:臨床検査システム企業別稼働施設数・シェア
  3.3.3.臨床検査システム金額市場推移
    図表3.3-5:臨床検査システム金額市場推移
3.4.生理検査システム
  3.4.1.生理検査システム市場の概要
    図表3.4-1:本調査における総合生理検査システム稼動施設数の位置付け
  3.4.2.参入企業状況
    図表3.4-2:生理検査システム企業別稼働施設数・シェアア
  3.4.3.生理検査システム金額市場推移
    図表3.4-3:生理検査システム金額市場推移
3.5.手術情報管理システム
  3.5.1.手術情報管理システム市場の概要
  3.5.2.市場環境・参入企業
    図表3.5-1:2022年9月(予)全身麻酔施設数
    図表3.5-2:2022年9月(予)全身麻酔実施件数
    図表3.5-3:2022年9月(予)全身麻酔施設の一施設当たりの全身麻酔件数
    図表3.5-4:手術情報管理システムの参入企業
    図表3.5-5:システムインテグレーションの参入企業
    図表3.5-6:手術情報管理システム企業別稼働施設数・シェア
  3.5.3.手術情報管理システム金額市場推移
    図表3.5-7:麻酔科のある病院数
    図表3.5-8:手術情報管理システム金額市場推移
3.6.調剤支援システム
  3.6.1.調剤支援システム市場の概要
    図表3.6-1:調剤支援システムの概要
  3.6.2.参入企業状況
    図表3.6-2:調剤支援システム企業別稼働施設数・シェア
  3.6.3.調剤支援システム金額市場推移
    図表3.6-3:調剤支援システム金額市場推移
3.7.栄養管理システム
  3.7.1.栄養管理システム市場の概要
    図表3.7-1:病院給食・栄養管理システムに影響を与えた主な事象
    図表3.7-2:病院内の栄養管理システム運用方式
    図表3.7-3:改定・新設された栄養に関する医科診療報酬改定(一部)
    図表3.7-4:栄養関連の届出医療機関数の推移
  3.7.2.参入企業状況
    図表3.7-5:栄養管理システム企業別稼働施設数・シェア
  3.7.3.栄養管理システム金額市場推移
    図表3.7-6:栄養管理システム金額市場推移
3.8.診療情報管理システム
  3.8.1.診療情報管理システム市場の概要
    図表3.8-1:「診療録管理体制加算」届出施設数の推移
  3.8.2.参入企業状況
    図表3.8-2:診療情報管理システム企業別稼働施設数・シェア
  3.8.3.診療情報管理システム金額市場推移
    図表3.8-3:診療情報管理システム金額市場推移
3.9.リハビリ支援システム
  3.9.1.リハビリ支援システム市場の概要
    図表3.9-1:一般病院数とリハビリテーション科設置数
    図表3.9-2:令和4年度診療報酬改定でのリハビリテーションに係る見直し
  3.9.2.参入企業状況
    図表3.9-3:リハビリ支援システム企業別稼働施設数・シェア
  3.9.3.リハビリ支援システム金額市場推移
    図表3.9-4:リハビリ支援システム金額市場推移
3.10.健診システム
  3.10.1.健診システム市場の概要
    図表3.10-1:健診システムの主な導入対象と導入状況
    図表3.10-2:健診業務フローにおける主なシステム機能
  3.10.2.参入企業状況
    図表3.10-3:健診システム導入先施設区分別稼働実績
    図表3.10-4:健診システム企業別稼働施設数・シェア
  3.10.3.健診システム金額市場推移
    図表3.10-5:健診システム金額市場推移
3.11.その他
    図表3.11-1:その他システム金額市場推移

4.病院アンケート調査結果

4.1.病院アンケート調査要綱
4.2.病院アンケート調査結果(単純集計)
 
問1. 貴院の種類に〇をご記入下さい。【択一回答】
問2. 貴院の病床数に〇をご記入下さい。【択一回答】
問3. 貴院の今年度の情報システム予算に〇をご記入下さい。【択一回答】
問4. 貴院の今年度の情報システム予算は、貴院の昨年度の医業収入の何%か、最も近いものに〇をご記入下さい
問5. 問4で回答した情報システム予算の内訳に〇をご記入下さい。【各行につき択一回答】
問6. 今年度の年間情報システム予算額の、前年度(2022年度)との差に〇をご記入下さい。【択一回答】
問7. 現在導入している電子カルテのメーカーに〇をご記入下さい。【択一回答】
問8. 現在導入している医事会計システムのメーカーに〇をご記入下さい。【択一回答】
問9. 現在導入している電子カルテのタイプに〇をご記入下さい。【択一回答】
問10. 現在導入している検体検査システムのメーカーに〇をご記入下さい。【択一回答】
問11. 現在導入している細菌検査システム(オプション機能等を含む)のメーカーに〇をご記入下さい。【択一回答】
問12. 現在導入している輸血検査システムのメーカー(オプション機能等を含む)に〇をご記入下さい。【択一回答】
問13. 現在導入している感染管理支援システムのメーカー(オプション機能等を含む)に〇をご記入下さい。【択一回答】
問14. 現在導入している総合生理検査システムのメーカーに〇をご記入下さい。【択一回答】
問15. 現在導入している調剤支援システムのメーカーに〇をご記入下さい。【択一回答】
問16. 現在導入している診療情報管理システムのメーカーに〇をご記入下さい。【択一回答】
問17. 現在導入している栄養管理システムのメーカーに〇をご記入下さい。【択一回答】
問18. 現在導入しているリハビリ支援システムのメーカーに〇をご記入下さい。【択一回答】
問19. 現在導入している健診システムのメーカーに〇をご記入下さい。【択一回答】
問20. 現在導入している統合システム(統合Viewer、患者情報一元管理システム)のメーカーに〇をご記入下さい。【択一回答】
問21. 以下のシステム(S/W)の前回の更新から次回の更新予定までの年数に○をご記入下さい。【各行につき択一回答】
問22. 問21に列挙したシステムで、昨年度または今年度に更新(更新準備中を含む)した場合、前回更新時と比べて価格が上昇したものがあるか、○をご記入下さい。価格上昇したシステムがある場合、納得度に〇をご記入下さい。【択一回答】
問23. 問21に列挙したシステムのうち、次回更新時にメーカー切替を検討しているシステムの数に○をご記入下さい。【択一回答】
問24. メーカー切替を検討しているシステムがある場合、その理由として当てはまるもの全てに○をご記入下さい。【複数回答】
問25. 導入している検査結果や画像等の医療情報を患者がアプリ等で閲覧できるPHRサービス名に〇をご記入下さい。【択一回答】
問26. 貴院での下記の医療機器アプリケーション(SaMD)の導入・導入検討状況に○をご記入下さい。【各行につき択一回答】
問27. 「ChatGPT」をはじめとする生成AIの病院での利活用として、期待することや課題などの意見がありましたらご記入下さい。

5.参入企業個票

アイテック阪急阪神株式会社
株式会社EMシステムズ
株式会社石川コンピュータ・センター
インフォコム株式会社
ウィーメックス株式会社(旧:PHC(株))
株式会社エイアンドティー
株式会社エスシーシー
株式会社SBS情報システム
エムスリーソリューションズ株式会社(旧:(株)シィ・エム・エス)
エムスリーデジカル株式会社
株式会社カイテクノロジー
亀田医療情報株式会社(JBCC株式会社)
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
京セラコミュニケーションシステム株式会社
コニカミノルタジャパン株式会社
GEヘルスケア・ジャパン株式会社
株式会社シーエスアイ
株式会社システム ビィー・アルファ
シスメックスCNA株式会社
セコム医療システム株式会社
株式会社セラPOST
株式会社ソフトウェア・サービス
株式会社ソフトサービスライフケア
ソフトマックス株式会社
タック株式会社
株式会社DONUTS
株式会社ナイス
日本事務器株式会社
日本光電工業株式会社
日本電気株式会社(NEC)
日本電子株式会社
株式会社ビー・エム・エル
PSP株式会社
株式会社日立製作所
株式会社フィリップス・ジャパン
富士通Japan株式会社
富士フイルム医療ソリューションズ株式会社
富士フイルムヘルスケア株式会社
富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社
富士フイルムメディカル株式会社
株式会社ヘンリー
マルマンコンピュータサービス株式会社
株式会社メディサージュ(旧:(株)ファルコバイオシステムズ)
株式会社メドレー
株式会社ユヤマ
株式会社ライブワークス
株式会社ラボテック
株式会社両備システムズ
株式会社レスコ
株式会社ワイズマン

Excel商品 商品説明
Close

アンケート調査のraw data(施設名は非開示)⇒ 様々なクロス集計が可能です

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 292頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。