2023年版 手術室関連機器メーカー別評価分析(第3回)

Covid-19の急激な拡大によって、医療市場に大きな影響を及ぼし、施設運営を見直す機会を与えたと考えても過言ではない。手術関連は病院経営の根本を担うため、手術室に関連した電気メス、超音波凝固切開装置、麻酔器などに手術支援ロボット、血管撮影装置、手術用照明などの使用状況等に加え、合計36社のメーカー評価を実施。

発刊日
2023/08/30
体裁
A4 / 486頁
資料コード
C65107200
PDFサイズ
8.7MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 486頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:現在使用している手術室に関連した医療機器・医療設備をピックアップし、その製品評価、企業評価として総合評価、営業評価、保守評価を分析することで、今後の販売・開発活動を支援する情報としてとりまとめる。
調査対象:手術室を所有している施設・ME 機器中央管理室
調査方法:郵送によるアンケート調査
調査期間:2023年5月~2023年6月

調査結果サマリー
Close

手術室関連機器に関する病院アンケート調査を実施(2023年)
診療科別年間手術件数が、最も高いのは「整形外科」の468.2件、続いて「消化器外科」348.7件、「婦人科」316.7件、「泌尿器科」310.4件の順に

資料ポイント
Close

  • 手術室関連機器に対して、医療施設(2389件)にアンケート送付し、機器別、メーカー別に評価分析を行う(回収 363施設。回収率 約15.2%)
  • 【対象機器】電気メス、バイポーラ、シーリング機能付バイポーラ、超音波凝固切開装置、外科用内視鏡システム(2D、3D、4K)、手術支援ロボット、手術用顕微鏡、麻酔器、生体情報モニタ、人工呼吸器、血管撮影装置、手術用照明、手術台
  • 回収個票掲載(施設名なし、所在地(都道府県、二次医療圏掲載予定))。
  • ご希望により深堀調査(面接調査)を実施可能(案:回収施設の内、10施設に面接調査など)→詳細はご希望された場合、ご案内します
  • 前回版との違い
    ・血管撮影装置、手術用照明、手術台の追加
    ・内視鏡下外科、ロボット、ハイブリッドの手術件数把握
    ・コロナ患者受け入れ有無との比較
    ・合計36社の評価

リサーチ内容

調査結果のポイント

Part1 アンケート調査結果

1.調査要綱
2.アンケート回収先属性
3.アンケート結果
 
【設問1】手術室はどのような配置(共有、専用(機器別)、診療科等)になっていますか
(1)一般手術室
(2)共有の一般手術室と機器専用室
(3)機器専用
  1)内視鏡室
  2)ハイブリッド手術室
  3)ロボット手術室
(4)診療科別
  1)共有状況
  2)単独科専用状況
  3)共有・診療科別組合せ
 
【設問2】貴施設における2022年度の年間総手術件数(内視鏡下外科、ロボット支援手術等含む)を教えてくださいまた、診療科別の割合をおおまかでいいので教えてください
(1)年間総手術件数
  1)年間総手術件数
  2)診療科別割合
 
【設問3】年間総手術件数の内、内視鏡下外科手術、ロボット支援手術件数、ハイブリッド手術室で行う手術件数(脳血管内治療等)を教えてください。
(1)内視鏡下外科手術
(2)ロボット手術支援
(3)ハイブリッド手術室
 
【設問4】手術室において導入されている医療機器について、その使用状況、保有メーカー、メーカー別保有台数、メーカー別採用理由、メーカー別製品評価を教えてください
~医療機器~
(1)電気メス関連装置(デバイス本体)-複合機能付含む-
  1)保有・使用状況
  2)メーカーシェア
  3)保有台数
  4)採用理由
  5)機器評価
(2)バイポーラ
  1)保有・使用状況
  2)メーカーシェア
  3)保有台数
  4)採用理由
  5)機器評価
(3)シーリング機能付バイポーラ
  1)保有・使用状況
  2)メーカーシェア
  3)保有台数
  4)採用理由
  5)機器評価
(4)超音波凝固切開装置
  1)保有・使用状況
  2)メーカーシェア
  3)保有台数
  4)採用理由
  5)機器評価
(5)(外科)内視鏡システム
  1)保有・使用状況
    ①内視鏡システム
    ②システム詳細(2D/3D/4K、NIR機能)
  2)メーカーシェア
  3)保有台数
    ①2Dシステム
    ②3Dシステム
    ③4Kシステム
  4)採用理由
    ①2Dシステム
    ②3Dシステム
    ③4Kシステム
  5)機器評価
    ①2Dシステム
    ②3Dシステム
    ③4Kシステム
(6)手術支援ロボット
  1)保有状況
  2)製品評価
(7)手術用顕微鏡
  1)保有・使用状況
  2)メーカーシェア
  3)保有台数
  4)採用理由
  5)機器評価
(8)麻酔器
  1)保有・使用状況
  2)メーカーシェア
  3)保有台数
  4)採用理由
  5)機器評価
(9)人工呼吸器(手術室に限る)
  1)保有・使用状況
  2)メーカーシェア
  3)保有台数
  4)採用理由
  5)機器評価
(10)生体情報モニタ(手術室に限る)
  1)ベッドサイドモニタ
    1)保有・使用状況
    2)メーカーシェア
    3)保有台数
    4)採用理由
    5)機器評価
  2)セントラルモニタ
    1)保有・使用状況
    2)メーカーシェア
    3)保有台数
    4)採用理由
    5)機器評価
(11)血管撮影装置(ハイブリッド手術室に限る)
  1)保有・使用状況
  2)メーカーシェア
  3)保有台数
  4)採用理由
  5)機器評価
~医療設備~
(12)手術室用照明
  1)統一状況
  2)保有状況
  3)保有台数
    ①保有sys数
    ②メーカー別保有sys数シェア
    ③製品評価
(13)手術台
  1)統一状況
  2)保有状況
  3)保有台数
    ①保有sys数
    ②メーカー別保有sys数シェア
    ③製品評価
 
【設問5】手術支援ロボットの症例部位、davinci以外の手術支援ロボットの検討状況を教えてください
(1)手術支援ロボットの症例部位
(2)(davinci以外)の手術支援ロボットの検討状況
  1)導入意向(使用してみたい)
  2)認知度(知らない)
 
【設問6】対象機器における製造販売・メーカー各社の総合評価、営業評価、保守評価を教えてください
〇アイ・エム・アイ
〇アコマ医科工業
〇アムコ
〇Intuitive Surgical(da Vinci)
〇エア・ウォータ防災
〇エム・シー・メディカル
〇オリンパス
〇柿沼製作所
〇カールツァイスメディテック
〇キャノンメディカルシステムズ
〇ゲティンゲグループ・ジャパン
〇コヴィディエンジャパン
〇GEヘルスケア・ジャパン
〇島津製作所
〇シーメンスヘルスケア
〇ジョンソン・エンド・ジョンソン
〇セントラル・ユニ
〇泉工医科工業
〇第一医科
〇タカラベルモント
〇竹内製作所
〇東機貿
〇ドレーゲルジャパン
〇フクダコーリン
〇フクダ電子
〇ミズホ
〇ライカマイクロシステムズ
〇永島医科器械
〇日本ストライカー
〇日本メディカルネクスト
〇日本光電
〇ビー・ブラウン・エースクラップ
〇メディカロイド(hinotori)
〇フィリップス・ジャパン
〇三鷹光器
〇山田医療照明
 
【設問7】電気メスのディスポーザブルペンシル(ディスポーザーブルハンドスイッチ)の割合と使用メーカーを教えてください。
(1)ディスポ割合
(2)使用メーカー
 
【設問8】手術室における部門システムについて教えてください
(1)導入状況
(2)導入ベンダー
 
【設問9】手術室に関連する医療機器に対して、
ご意見、ご要望などありましたら、ご記入ください

Part2 施設個票

〇個票の見方
・全361施設を紹介
 
 
※回収先を対象として面接調査(深堀調査)をご希望される場合は別途ご案内書を送付いたします

Excel商品 商品説明
Close

「2023年版手術室関連機器メーカー別評価分析(第3回)」のPart1「アンケート調査結果」に掲載している表やグラフを掲載

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 486頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。