2022年版 クレジットカード市場の実態と展望

カード業界は、コロナ禍により、成長率が鈍化しつつありましたが、2021年度に入り再び成長軌道に乗り始めており、業績は拡大していく見通しで進んでいます。IRFの公開が決定している中で、手数料率の引き下げ圧力がかかるのか、が注視されています。ビジネス環境が悪化する中で付加価値をいかに高めていくかが重要な取組みとなっております。その中でも、比較的消費動向に比較的左右されにくい法人カードの拡大にも注目が集まっており、様々な施策が検討されています。
本調査レポートでは、クレジットカード会社の取組みを網羅的に整理・分析し、キャッシュレス決済市場のあり方を展望いたします。

発刊日
2022/11/30
体裁
A4 / 283頁
資料コード
C64118000
PDFサイズ
3.0MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 283頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本レポートではクレジットカード市場について、主要クレジットカード発行会社の戦略・取組み・実績などを詳細に調査し、動向や課題などの実態を把握するとともに今後の市場動向を展望する。
調査対象企業:主要カード発行会社
調査方法:弊社専門研究員による直接面接取材を主体に、一部アンケート調査を併用。
調査期間:2022年7月~2022年11月

調査結果サマリー
Close

クレジットカード市場に関する調査を実施(2022年)
キャッシュレス決済の更なる浸透や法人分野等の利用領域拡大を背景に、2027年度のクレジットカード市場規模(カード会社の自社発行カードのショッピング取扱高ベース)は約144兆円を予測

資料ポイント
Close

  • クレジットカード市場を定性的・定量的に分析
  • 法人カード・B2B領域の市場規模について分析
  • コード決済の台頭にクレジットカード各社の対応と考え方
  • 前回版との違い
    ・法人カードのカード会社の取組みについて掲載
    ・IRFの公開が与える影響について各社のコメントを掲載

リサーチ内容

調査のポイント

第Ⅰ章 総論

1.クレジットカードを取り巻く環境
  1.1 市場概況
  1.2 市場動向
    1.2.1 BtoB決済の利用拡大に向けた取組み
    1.2.2 券面デザインの刷新
    1.2.3 メルペイの新規参入
2 市場規模
  2.1 ショッピング取扱高推移(イシュアベース)
  2.2 ショッピング取扱高シェア(イシュアベース)
  2.3 カード発行会社の業績推移
3.市場展望
  3.1 ショッピング取扱高予測(2021年度~2027年度予測)
  3.2 ショッピング取扱高予測(カード決済/モバイル決済別:2021年度~2027年度)

第Ⅱ章 カード会社の業績及び事業実績

1 営業収益
2 経常利益
3 当期純利益
4 有効会員数
5 カード取扱高(ショッピング・キャッシング合計)
6 カード取扱高(ショッピング)
7 カード取扱高(キャッシング)
8 ショッピングリボ・分割払い残高
9 キャッシング残高

第Ⅲ章 業態・出資母体別の動向分析

1.通信キャリア系カード会社
  1.1 通信キャリア系カード会社一覧
  1.2 通信キャリア系カード会社の特徴、強み
    1.2.1 楽天カードの特徴、強み
    1.2.2 NTTドコモの特徴、強み
    1.2.3 PayPayカードの特徴、強み
  1.3 通信キャリア系カード会社の業績動向
  1.4 通信キャリア系カード会社の基本戦略
2 銀行系、独立系カード会社
  2.1 主要銀行系、独立系カード会社一覧
  2.2 主要銀行系、独立系カード会社の特徴、強み
    2.2.1 三井住友カードの特徴、強み
    2.2.2 三菱UFJニコスの特徴、強み
    2.2.3 JCBの特徴、強み
    2.2.4 クレディセゾンの特徴、強み
    2.2.5 ユーシーカードの特徴、強み
  2.3 業績動向
  2.4 基本戦略
    2.4.1 イシュイングに関する事業方向性
    2.4.2 アクワイアリングに関する事業方向性
3 信販系カード会社
  3.1 主要信販系カード会社
  3.2 主要信販系カード会社の特徴、強み
    3.2.1 オリエントコーポレーションの特徴、強み
    3.2.2 ジャックスの特徴、強み
    3.2.3 ライフカードの特徴、強み
  3.3 業績動向
  3.4 主要信販系カード会社のイシュイングに関する事業方向性
  3.5 主要信販系カード会社のアクワイアリングに関する事業方向性
4 流通系カード会社(GMS、スーパー、コンビニ)
  4.1 主要流通系カード会社(GMS、スーパー、コンビニ)
  4.2 流通系カード会社(GMS、スーパー、コンビニ)の特徴、強み
    4.2.1 イオンフィナンシャルサービスの特徴、強み
    4.2.2 UCSの特徴、強み
    4.2.3 ポケットカードの特徴、強み
    4.2.4 ゆめカードの特徴、強み
  4.3 業績動向
  4.4 基本戦略
5 流通系カード会社(百貨店)
  5.1 流通系カード会社(百貨店)一覧
  5.2 流通系カード会社(百貨店)の特徴、強み
    5.2.1 エムアイカードの特徴、強み
    5.2.2 東急カードの特徴、強み
  5.3 業績動向
  5.4 基本戦略
6 自動車メーカー系カード会社
  6.1 自動車メーカー系カード会社
  6.2 自動車メーカー系カード会社の特徴、強み
    6.2.1 トヨタファイナンスの特徴、強み
    6.3 基本戦略
    6.4 業績動向

第Ⅳ章 法人カードの動向と展望

1.法人カードの概要
  1.1 コーポレートカードの概要
  1.2 ビジネスカードの概要
  1.3 パーチェシングカードの概要
2.B2B決済の実態
  2.1 B2B決済の現状
    2.1.1 社員の立替払いに関して
    2.1.2 経理の支払い
  2.2 B2B決済の支払い手段
    2.2.1 請求書の発送から入金に際して
    2.2.2 取引先への支払いに際して
  2.3 BPSPサービスの台頭
3.カード会社の法人カードへの取組み動向
  3.1 三井住友カードの法人カードへの取組み動向、考え方
    3.1.1 コンカーとの戦略的業務提携
    3.1.2 ビジネスオーナー向けカードの完全オンライン入会システム
    3.1.3 法人カード管理者Web
  3.2 三菱UFJニコスの法人カードへの取組み動向、考え方
  3.3 JCBの法人カードへの取組み動向
  3.4 クレディセゾンの法人カードへの取組み動向
    3.4.1 クレディセゾンの取組み概要
    3.4.2 UPSIDERと提携による新たなB2B決済サービスの構築
    3.4.3 中小飲食店向け クロスオーダー決済の提供
    3.4.4 BtoB 向け後払い決済・請求代行サービス セゾンインボイスの提供
  3.5 ユーシーカードの法人カードへの取組み動向、考え方
  3.6 ライフカードの法人カードへの取組み動向、考え方
4.法人カード市場規模推移と予測(2019~2027年度予測)

第Ⅴ章 個別企業の実態

1.楽天カード
2.三井住友カード
3.NTTドコモ
4.イオンフィナンシャルサービス
5.JCB
6.三菱UFJニコス
7.クレディセゾン
8.トヨタファイナンス
9.PayPayカード
10.オリエントコーポレーション
11.ジャックス
12.UCS
13.ライフカード
14.ポケットカード
15.東急カード
16.ゆめカード
17.ユーシーカード

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 283頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。