2022年版 国内キャッシュレス決済市場の実態と将来予測

キャッシュレス決済において、コード決済サービスが台頭している。さらに、UIをコード決済とする動きは、従来カードベースが主流であった各種決済サービスでも進展している。さらに、コンタクトレス決済においてもモバイル決済比率が高まり、モバイル決済市場は急成長を遂げている。
本調査レポートは、後払い決済(BNPL)やコード決済事業者を中心とした、決済サービス提供事業者、決済サービス導入支援事業者を調査し、それぞれの市場動向や取扱高などを把握することで、キャッシュレス決済の現状・展望を考察する。

発刊日
2022/01/31
体裁
A4 / 414頁
資料コード
C63123900
PDFサイズ
7.6MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 414頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本レポートでは、ペイメント市場について、主要決済サービス提供事業者及び関連事業者への取材を通して、ペイメントの実態を把握すると共に、今後どのような決済サービスが主流になるかを展望する。
調査対象:プリペイド決済サービス提供事業者、デビット決済サービス提供事業者、クレジットカード会社、プリペイドカード導入支援事業者、ギフトカードモール導入支援事業者、ペイメントサービスプロバイダー等
調査方法:専門研究員による直接面接取材を主体に文献調査等も併用
調査期間:2021年12月~2022年1月

調査結果サマリー
Close

国内キャッシュレス決済市場に関する調査を実施(2021年)
国内キャッシュレス決済市場は2025年度には約153兆円までの拡大を予測
~コンタクトレス決済の拡大とモバイル化の進展~

資料ポイント
Close

  • キャッシュレス決済の市場規模、市場予測を掲載
  • モバイル化の進展について分析・予測
  • コンタクトレス決済とコード決済の進展について優位性を分析
  • 前回版との違い
    モバイル決済市場規模(クレジットカードによるモバイル決済、汎用型プリペイドによるモバイル決済(クレジットカードの決済代行方式を除く)、ハウス型プリペイドにおけるコード決済))を掲載

リサーチ内容

調査のポイント

第Ⅰ章 総論

1.決済の全体像
  1.1.主要決済サービスの全体像
2.キャッシュレス市場規模推移(2018~2021年度見込)
3.キャッシュレス決済市場規模予測(2021~2025年度)
4.展望
  4.1.決済手数料率の低下と低コストの決済インフラの構築
  4.2.データ活用による収益化
  4.3.モバイルアプリを通じたキャッシュレス決済利用増加

第Ⅱ章 プリペイド決済市場の実態と展望

1.サマリー
  1.1.プリペイド決済サービスの分類
  1.2.プリペイド決済市場規模推移(2018~2021年度見込)
  1.3.資金決済法における前払式支払手段の定義
  1.4.プリペイド決済市場の市場規模予測(2020~2025年度)
  1.5.展望
    1.5.1.モバイルアプリを通じたキャッシュレス決済利用増加
    1.5.2.既存導入事業者におけるハウス型プリペイド決済の拡大
    1.5.3.ハウス型プリペイド決済のメリット啓蒙による導入拡大
    1.5.4.キャッシュレス決済比率の向上におけるハウス型プリペイド
    1.5.5.チャージチャネルの拡充
2.コード決済市場の動向と展望
  2.1.モバイル決済におけるコード決済
  2.2.コード決済の概要
    2.2.1.QRコードの4つの形
  2.3.主要コード決済サービスの概要
    2.3.1.PayPay
    2.3.2.楽天ペイ
    2.3.3.d払い
    2.3.4.au PAY
    2.3.5.LINE Pay
    2.3.6.メルペイ
  2.4.決済対応状況
  2.5.主要コード決済の実績動向
  2.6.コード決済市場規模・シェア
    2.6.1.コード決済の取扱高シェア(2020年度)
  2.7.主要コード決済事業者の経緯
  2.8.主要コード決済事業者の戦略
  2.9.主要コード決済事業者における新型コロナウイルスの影響
  2.10.主要コード決済事業者のビジネススキーム
  2.11.主要コード決済事業者の利用拡大に関する取組み
  2.12.主要コード決済事業者の加盟店拡大に向けた取組み
  2.13.主要コード決済事業者のアプリの機能拡充に向けた取組み
  2.14.主要コード決済事業者の他事業者との連携に関する取組み
  2.15.主要コード決済事業者のデータ活用に関する取組み・見解
  2.16.主要コード決済事業者の課題
  2.17.主要コード決済事業者の今後の方向性
3.非接触IC型電子マネーの動向と展望
  3.1.市場概況、特徴
  3.2.主要電子マネーの動向と今後の方向性
    3.2.1.WAONの動向と方向性
    3.2.2.nanacoの動向と方向性
    3.2.3.Suicaの動向と方向性
    3.2.4.楽天Edyの動向と方向性
  3.3.決済額推移(ブランド別:2017~2021年度見込)
  3.4.主要発行事業者の事業強化に向けた取組み
    3.4.1.主要発行事業者の加盟店拡大に向けた取組み
    3.4.2.主要発行事業者の利用促進に向けた取組み
  3.5.市場規模予測(2020~2025年度予測)
4.ハウス型プリペイドカードの動向と展望
  4.1.市場概況
  4.2.ハウス型プリペイドカードの動向
    4.2.1.UCS(uniko)の動向
    4.2.2.ゆめカード(ゆめか)の動向
    4.2.3.ジェーシービーの動向
    4.2.4.スターバックス コーヒー ジャパン(スターバックス カード)の動向
  4.3.ハウス型プリペイド市場規模推移(2018~2021年度見込)
  4.4.プリペイドカード導入支援事業者の動向と取組み
  4.5.ハウス型プリペイド市場規模予測(2021~2025年度)
    4.5.1.ハウス型プリペイド市場規模予測(コード決済・コンタクトレス決済別:2020年度~2025年度)
5.ブランドプリペイド市場の動向
  5.1.ブランドプリペイドの市場概況
  5.2.主要発行事業者の動向
    5.2.1.クレディセゾンの概況、戦略
    5.2.2.三井住友カードの概況、戦略
    5.2.3.SBペイメントサービスの概況、戦略
  5.3.ブランドプリペイド市場規模推移(2018~2021年度見込)
  5.4.ブランドプリペイド発行事業者の事業強化に向けた取組み
    5.4.1.クレディセゾンの事業強化に向けた取組み
    5.4.2.auペイメントの事業強化に向けた取組み
  5.5.ブランドプリペイド導入支援事業者の動向
  5.6.国際ブランドにおけるブランドプリペイドに関する取組み
    5.6.1.ジェーシービーの事業概況、スキーム、方向性
    5.6.2.ビザ・ワールドワイド・ジャパンの概況、戦略
    5.6.3.Mastercardの概況、戦略
  5.7.ブランドプリペイド市場予測(2021~2025年度)
6.ギフトカードモール市場の実態と将来予測
  6.1.市場概況
  6.2.主要導入支援事業者(ディストリビューター)の動向
    6.2.1.インコム・ジャパンの概況、動向
    6.2.2.ティーガイアの概況、動向
  6.3.ビジネスモデル
  6.4.ギフトカードモール市場規模推移(2018~2021年度見込)
  6.5.ギフトカードモール市場予測(2021~2025年度)
7.ネットワーク型電子マネー市場の動向と展望
  7.1.市場概況
  7.2.ビジネスモデル
  7.3.ネットワーク型電子マネーの市場規模推移と予測(2016~2025年度)

第Ⅲ章 デビット決済サービスの実態と展望

1.サマリー
  1.1.市場動向
  1.2.市場規模と予測
  1.3.市場展望
2.市場概況
  2.1.定義
  2.2.デビット決済サービス提供事業者
3.デビット決済サービス市場規模(2015~2021年度)
  3.1.市場規模
4.デビットカードが抱える課題と現状の対応
  4.1.多様化するキャッシュレスサービスとの連携
  4.2.エンドユーザーとの取り組み
  4.3.返金に関する課題
  4.4.二重引き落としへの対応
  4.5.健全な市場の発展にはコストの適正化が必要
5.市場規模予測(2020~2025年度)
  5.1.市場規模予測
  5.2.デビットカードを巡るさまざまな可能性

第Ⅳ章 クレジットカード市場の動向と展望

1.サマリー
2.クレジットカードを取り巻く環境
  2.1.市場概況
  2.2.市場動向
    2.2.1.モバイル化、カードレス化の進展
    2.2.2.交通機関におけるタッチ決済の導入に関する実証実験
    2.2.3.決済データの活用
    2.2.4.法人カードの利用拡大
3.市場規模
  3.1.ショッピング取扱高推移(イシュアベース)
  3.2.カード発行会社の業績推移
4.市場展望
  4.1.ショッピング取扱高予測(2020~2026年度予測)
  4.2.ショッピング取扱高予測(カード決済/モバイル決済別:2020~2026年度)
  4.3.展望
    4.3.1.消費行動の変化への対応
    4.3.2.安心・安全への取組みの強化
    4.3.3.手数料率引き下げの進展
    4.3.4.新たな収益モデルの開発
5.業績および事業実績等の状況
  5.1.営業収益
  5.2.有効会員数
  5.3.カード取扱高(ショッピング)
  5.4.カード取扱高(キャッシング)

第Ⅴ章 コンタクトレス決済・モバイル決済の動向分析

1.サマリー
  1.1.モバイル決済・コード決済の概況
  1.2.コンタクトレス決済市場概況
  1.3.コンタクトレス決済市場規模推移と予測
2.コンタクトレス決済市場の動向と展望
  2.1.定義
  2.1.市場概況、特徴
  2.2.主要ポストペイ型非接触IC型電子マネーの動向
    2.2.1.iD
    2.2.2.QUICPayの動向と方向性
    2.2.3.Visaのタッチ決済の動向と方向性
    2.2.4.Mastercardコンタクトレスの動向
  2.3.主要発行事業者の事業強化に向けた取組み
    2.3.1.主要発行事業者の加盟店拡大に向けた取組み
    2.3.2.主要発行事業者の利用促進に向けた取組み
  2.4.Apple Payの動向
    2.4.1.Apple Payのサービス展開
    2.4.2.日本におけるApple Payの概要、特徴
    2.4.3.Apple Payの対応状況
    2.4.4.Apple Payのビジネスモデル
  2.5.Google Payの動向
    2.5.1.Google Payの日本でのサービス展開
    2.5.2.Google Payの狙い
    2.5.3.ビジネスモデル
    2.5.4.今後の展開
  2.6.コンタクトレス決済市場規模推移
    2.6.1.市場規模推移(プリペイド/ポストペイ別:2017~2021年度見込)
    2.6.2.市場規模推移(カード/モバイル別:2017~2021年度見込)
  2.7.コンタクトレス決済市場規模予測
    2.7.1.市場規模予測(ポストペイ/プリペイド別:2020~2025年度予測)
    2.7.2.市場規模予測(カード/モバイル別:2020~2025年度予測)
  2.8.モバイル決済市場規模推移と予測(2020~2025年度予測)

第Ⅵ章 オンライン決済サービスプロバイダーの動向と展望

1.サマリー
2.EC市場
  2.1.EC市場の概況
    2.1.1.楽天グループの動向
    2.1.2.Zホールディングスの動向
    2.1.3.Amazonの動向
  2.2.EC市場規模推移
  2.3.ECにおける決済サービス別のシェア(2018~2020年)
  2.4.決済サービス別の動向
    2.4.1.クレジットカード
    2.4.2.コンビニ決済
    2.4.3.キャリア決済
    2.4.4.代引き
    2.4.5.プリペイド決済
    2.4.6.その他(銀行振込、ネットバンキング、デビット決済など)
3.オンライン決済サービスプロバイダー市場
  3.1.市場概況
    3.1.1.市場動向
    3.1.2.主要な参入企業
  3.2.市場規模推移(2016~2020年度見込)
  3.3.オンライン決済サービスプロバイダーの流通額(ECのみ)
  3.4.主要決済代行業者の実績
    3.4.1.取扱高(流通額)
    3.4.2.営業収益
    3.4.3.決済件数
    3.4.4.加盟店数
  3.5.市場予測(2019~2024年度予測)
    3.5.1.オンライン決済サービスプロバイダーの流通総額予測
4.後払い決済サービス(BNPL)市場
  4.1.後払い決済サービス市場概況
  4.2.参入企業の動向
  4.3.後払い決済サービス(BNPL)市場規模推移(2017~2021年度見込)
  4.4.後払い決済サービス(BNPL)市場予測(取引金額:2021~2025年度)

第Ⅶ章 決済端末ベンダーの取組み状況

1.定義
2.市場概要
3.決済端末ベンダーの概況等
  3.1.主要決済端末ベンダーのサービス概況
    3.1.1.主要決済端末ベンダーの実績動向
  3.2.主要決済端末ベンダーの事業拡大策
  3.3.主要決済端末ベンダーの課題
  3.4.決済端末事業者の今後の展開
4.マルチコード決済市場の動向
  4.1.主要マルチコード決済サービス一覧
  4.2.主要マルチコード決済事業者の概要
    4.2.1.キャナルペイメントサービスの動向
    4.2.2.ネットスターズの動向
    4.2.3.インコム・ジャパンの動向
    4.2.4.リクルートの動向
  4.3.主要マルチコード決済事業者の動向
    4.3.1.主要マルチコード決済事業者の戦略
    4.3.2.主要マルチコード決済事業者における新型コロナウイルスの影響
    4.3.3.主要マルチコード決済事業者のビジネススキーム
    4.3.4.主要マルチコード決済事業者の加盟店拡大に向けた取組み
    4.3.5.主要マルチコード決済事業者のオンライン決済に関する取組み
    4.3.6.主要マルチコード決済事業者の決済手段の拡充に関する取組み
    4.3.7.主要マルチコード決済事業者の加盟店の支援に関する取組み
    4.3.8.主要マルチコード決済事業者のデータ分析・CRMに関する取組み
    4.3.9.主要マルチコード決済事業者の今後の方向性
5.マルチ決済サービス提供事業者の動向
  5.1.主要マルチ決済サービス提供事業者の概況
    5.1.1.大日本印刷の事業概況
    5.1.2.トランザクション・メディア・ネットワークスの事業概況
    5.1.3.日本電気の事業概況
    5.1.4.GMOフィナンシャルゲートの事業概況
  5.2.主要マルチ決済サービス提供事業者の戦略とビジネスモデル
    5.2.1.主要マルチ決済サービス提供事業者の戦略
    5.2.2.主要マルチ決済サービス提供事業者のビジネスモデル
  5.3.主要マルチ決済サービス提供事業者の実績動向
  5.4.主要マルチ決済サービス提供事業者の今後の取組み
  5.5.主要マルチ決済サービス提供事業者の課題

第Ⅷ章 資金移動業の動向

1.資金移動業及び送金サービスの動向
  1.1.送金サービス市場の動向
  1.2.資金移動業の実績推移(2010~2019年度)

第Ⅸ章 個別企業の動向と取組み

1.PayPay
2.楽天ペイメント
3.NTTドコモ
4.KDDI
5.ティーガイア
6.auペイメント
7.ビットキャッシュ
8.富士通Japan
9.バリューデザイン
10.アララ
11.三菱UFJ銀行
12.三井住友銀行
13.みずほ銀行
14.ネットプロテクションズ
15.Paidy
16.楽天カード
17.三井住友カード
18.三菱UFJニコス
19.イオンフィナンシャルサービス
20.JCB
21.クレディセゾン
22.トヨタファイナンス
23.オリエントコーポレーション
24.PayPayカード
25.ジャックス
26.UCS
27.ライフカード
28.ポケットカード
29.東急カード
30.ゆめカード
31.ユーシーカード
32.パナソニック
33.Pax Japan
34.大日本印刷
35.トランザクション・メディア・ネットワークス
36.GMOフィナンシャルゲート
37.キャナルペイメントサービス
38.ネットスターズ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 414頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。