2022年版 エンベデッド・ファイナンスの実態と展望 ~コード決済編~

コード決済は、利用者へインセンティブ付与、加盟店に対しては決済手数料の無料化を通じて、利用を拡大してきた。さらに、コード決済アプリから、各種金融サービスや飲食デリバリー等の様々な機能が利用可能になってきており、利便性の向上を強みに一層コード決済アプリの利用は浸透していくとみる。
また、金融以外の事業者が、決済を含めた金融機能を既存サービスに組みこむことで、エンベデッド・ファイナンスに取組むケースも出ている。
レポートでは、決済機能の提供元となるとともに、アプリを通じてユーザーとの接点となるコード決済を中心に取り上げる。エンベデッド・ファイナンスの動向を記載するとともに、コード決済の市場規模、コード決済事業者の取組み・方向性を明らかにする。

発刊日
2022/11/30
体裁
A4 / 121頁
資料コード
C64122200
PDFサイズ
2.0MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 121頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本レポートでは、コード決済市場について、主要決済サービス提供事業者及び関連事業者への取材を通して、市場の実態を把握すると共に、今後の市場の在り方を展望する。
調査対象:主要コード決済サービス提供事業者等。
調査方法:専門研究員による面接取材を主体に、文献調査等も併用。
調査期間:2022年9月~2022年11月

調査結果サマリー
Close

国内コード決済市場に関する調査を実施(2022年)
2021年度のコード決済市場規模は前年度比154.6%の9兆4,636億円
~ミニアプリ拡充による利便性向上、グループサービスのクロスユース、他サービス事業者間でのID連携等により、コード決済利用はさらに増加し、データ活用も進展と予測~

資料ポイント
Close

  • コード決済の市場規模・シェア、モバイル決済市場規模におけるコード決済の内訳を推計
  • コード決済事業者における、アプリの機能強化などの取組みを整理

リサーチ内容

調査のポイント

1.市場概況
  1.1.コード決済市場概況
2.コード決済市場規模推移と予測

第Ⅰ章 総論

1.コード決済市場の動向
  1.1.コード決済市場の概況
    1.1.1.コード決済とは
    1.1.2.QRコードの4つの形
    1.1.3.コード決済と金融機能に関する動向
    1.1.4.コード決済市場の概況
    1.1.5.コード決済市場規模推移(2019~2022年度見込)
  1.2.コード決済市場の将来展望
    1.2.1.コード決済市場規模推移予測(2021~2026年度予測)
    1.2.2.コード決済市場の将来展望

第Ⅱ章 エンベデッド・ファイナンスの動向

1.エンベデッド・ファイナンスの動向
  1.1.コード決済事業者のグループ企業や提携事業者における主な金融サービス
    1.1.1.PayPayのグループ企業や提携事業者における主な金融サービス提供状況
    1.1.2.楽天ペイメントのグループ企業や提携事業者における主な金融サービス提供状況
    1.1.3.NTTドコモのグループ企業や提携事業者における主な金融サービス提供状況
    1.1.4.KDDIのグループ企業や提携事業者における主な金融サービス提供状況
    1.1.5.メルペイのグループ企業や提携事業者における主な金融サービス提供状況
  1.2.コード決済アプリにおける金融機能の搭載状況
    1.2.1.PayPayアプリに搭載されている主な金融機能
    1.2.2.楽天ペイアプリに搭載されている主な金融機能
    1.2.3.d払いアプリに搭載されている主な金融機能
    1.2.4.au PAYアプリに搭載されている主な金融機能
  1.3.コード決済に関するエンベデッド・ファイナンスの状況
    1.3.1.汎用型コード決済の組込み状況
    1.3.2.ハウス型コード決済・バーコード決済の組込み状況
  1.4.国内における主なエンベデッド・ファイナンスの状況
  1.5.主要BaaS提供事業者の動向
    1.5.1.住信SBIネット銀行
    1.5.2.GMOあおぞらネット銀行
    1.5.3.みんなの銀行
    1.5.4.アプラス
  1.6.主要金融機能提供事業者の動向
    1.6.1.GeNiE
    1.6.2.スマートプラス
    1.6.3.三菱UFJニコス
    1.6.4.ジェーシービー
  1.7.主要金融機能導入事業者の動向
    1.7.1.LINE
    1.7.2.NTTドコモ
  1.8.海外における主要エンベデッド・ファイナンス事業者の動向
    1.8.1.Green Dot Bank
    1.8.2.Walmart
    1.8.3.Uber
    1.8.4.Apple
    1.8.5.Ant Group
    1.8.6.Gojek
    1.8.7.Grab

第Ⅲ章 コード決済市場の実態

1.コード決済市場の動向
  1.1.モバイル決済におけるコード決済
  1.2.主要コード決済サービスの概要
    1.2.1.PayPay
    1.2.2.楽天ペイ
    1.2.3.d払い
    1.2.4.au PAY
    1.2.5.メルペイ
  1.3.決済対応状況
  1.4.主要コード決済の実績動向
  1.5.コード決済市場規模・シェア
    1.5.1.コード決済の取扱高シェア(2021年度)
  1.6.主要コード決済事業者の経緯
  1.7.主要コード決済事業者の戦略
  1.8.主要コード決済事業者のビジネススキーム
  1.9.主要コード決済事業者の利用拡大に関する取組み
  1.10.主要コード決済事業者の加盟店拡大に向けた取組み
  1.11.主要コード決済事業者のアプリの機能拡充に向けた取組み
  1.12.主要コード決済事業者の他事業者との連携に関する取組み
  1.13.主要コード決済事業者のデータ活用に関する取組み・見解
  1.14.主要コード決済事業者の今後の方向性
2.モバイル決済市場規模推移と予測(2020~2026年度予測)
3.コード決済市場の展望

第Ⅳ章 個別企業の実態

PayPay株式会社(PayPay)
楽天ペイメント株式会社(楽天ペイ(アプリ決済))
株式会社NTTドコモ(d払い)
KDDI株式会社(au PAY)
株式会社メルペイ(メルペイ)
LINE株式会社(LINE)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 121頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。