2024年版 xEV用インフラ市場の最新動向と将来展望

日本では、新規参入企業による設置数増加や補助金の後押しもあり、2023年の公共用普通/急速充電器は30,795台、2030年に最大253,000台まで拡大すると推計した。
一方で、設備の老朽化、採算の悪化などの理由から充電器の撤去も増えており、整備の遅れも顕在化してきている。BEVの給電方式はコネクタ式、バッテリ交換式、接触式と多様化している。なかでも、走行中ワイヤレス給電は、バッテリ搭載量を減らせることから、現行のBEVと比較してLCAで優れ、販売価格の低減も見込める技術として注目されており、国際標準化に向けた議論や世界各地で実証が行われている。
本レポートでは、これらxEV用インフラに注目し、技術動向と運営事業者の戦略を分析することで将来を展望する。

発刊日
2024/02/29
体裁
A4 / 211頁
資料コード
C65122700
PDFサイズ
37.6MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 211頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査期間:2023年12月~2024年2月
調査方法:弊社研究員による面談取材、電話取材、文献調査 等
調査対象:xEV用インフラの技術・市場動向、インフラ運営事業者の戦略
調査対象先:インフラサプライヤ、インフラ運営事業者 等
調査⽬的:xEV用インフラの市場動向を明らかにするとともに、技術動向や開発動向を踏まえ、今後の市場展望を俯瞰する

資料ポイント
Close

  • 世界における公共用充電器の整備台数は2030年に最大で1,270万台まで拡大
  • xEVの普及に必要不可欠な各種インフラを網羅、最新の技術動向を収録
  • 世界17ヵ国、インフラ運営事業者21社の最新動向と戦略を徹底分析

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 xEV用インフラ市場の概況

1-1. 本調査における対象範囲
1-2. 車両の電動化が進む背景と将来展望
  1-2-1. カーボンニュートラルに向けた取り組み
  1-2-2. 車両電動化に向けた課題と将来展望
1-3. xEV用インフラが提供できる価値
  価値①:マイクログリッドへの貢献
  価値②:充電データ活用で広がるビジネス
  xEV用インフラの勝ち筋は?
1-4. 充電インフラ市場の概況と将来展望
  1-4-1. 充電インフラ市場の現状と課題
  1-4-2. 充電インフラ市場の今後
  1-4-3. 国内市場規模予測

第2章 国別におけるxEV用インフラ市場の現状

2-1. 日本
2-2. 欧州
  2-2-1. ドイツ
  2-2-2. フランス
  2-2-3. 英国
  2-2-4. スペイン
  2-2-5. イタリア
  2-2-6. オランダ
  2-2-7. ノルウェー
2-3. 北米
  2-3-1. 米国
  2-3-2. カナダ
  2-3-3. メキシコ
2-4. 中国
2-5. 韓国
2-6. インド
2-7. ASEAN
  2-7-1. タイ
  2-7-2. インドネシア
  2-7-3. ベトナム

第3章 xEV用インフラの技術動向と将来展望

3-1. 普通充電器
  3-1-1. 概要
  3-1-2. 開発課題
  3-1-3. 参入企業の動向
  3-1-4. 市場規模予測
3-2. 急速充電器
  3-2-1. 概要
  3-2-2. 開発課題
  3-2-3. 参入企業の動向
  3-2-4. 市場規模予測
3-3. バッテリー交換ステーション(BSS)
  3-3-1. 概要
  3-3-2. 参入企業の動向
  3-3-3. 将来展望
3-4. ERS/ワイヤレス給電
  3-4-1. 概要
  3-4-2. 参入企業の動向
  3-4-3. 将来展望
3-5. 水素ステーション(HRS)
  3-5-1. 概要
  3-5-2. 参入企業の動向
  3-5-3. 将来展望

第4章 主要xEV用インフラ関連企業の動向

4-1. 日本
  4-1-1. e-Mobility Power
  4-1-2. ENECHANGE
  4-1-3. ENEOS(EV充電)
  4-1-4. 関西電力
  4-1-5. Terra Charge
  4-1-6. DMM EV CHARGE
  4-1-7. Power X
  4-1-8. Gachaco
  4-1-9. JHyM
  4-1-8. ENEOS(水素ステーション)
4-2.欧州
  4-2-1. IONITY
  4-2-3. Plugsurfing
  4-2-4. Shell
  4-2-5. H2 Mobility
4-3.米国
  4-3-1. Charge Point
  4-3-2. EVgo
  4-3-3. Tesla
4-4.中国
  4-4-1. 特来電
  4-4-2. 星星充電
  4-4-3. 国家電網
  4-4-4. 中国石油化工集団

図表目次

図表 1-1 本レポートにおけるxEV用インフラの調査対象範囲
図表 1-2 主要国におけるカーボンニュートラルに関する目標
図表 1-3 IEA ネットゼロに向けたセクター別ロードマップ
図表 1-4 運輸部門の輸送モード別CO2 排出量推移(2000~2020年)
図表 1-5 主要国における電動車導入目標(2024年2月時点)
図表 1-6 主要OEM各社のxEV普及目標
図表 1-7 主要国の排ガス規制の導入状況(乗用車)
図表 1-8 自動車1台当たりの資源使用量
図表 1-9 BEV100万台製造時に必要な資源量と2018年の国内総需要量
図表 1-10 パワートレイン別主要モデルの販売価格
図表 1-11 EU27ヶ国+英国における燃料タイプ別販売台数
図表 1-12 xEV普及の促進要因・抑制要因
図表 1-13 世界全体 パワートレイン別普及台数予測(Aggressive予測)
図表 1-14 世界全体 パワートレイン別普及台数予測(Conservative予測)
図表 1-15 日本 パワートレイン別普及台数予測(Aggressive予測)
図表 1-16 日本 パワートレイン別普及台数予測(Conservative予測)
図表 1-17 マイクログリッドの主な構成要素
図表 1-18 電動車ならではの利用価値
図表 1-19 xEV用インフラのマイクログリッドへの貢献内容
図表 1-20 プローブデータと充電器から得られるデータ
図表 1-21 充電データの流通で広がるビジネスチャンス
図表 1-22 車両データサービス事業者とサービスモデル
図表 1-23 xEV用インフラの新しいビジネス領域
図表 1-24 オペレーションズ・リサーチの例
図表 1-25 2022年充電インフラ国別シェア(上)と5地域の整備状況比較(下)
図表 1-26 国別充電インフラ普及目標/インセンティブ(2024年2月時点)
図表 1-27 都道府県別充電器タイプ別の設置状況(2024年2月時点)
図表 1-28 都道府県別充電スポット別の設置状況(2024年2月時点)
図表 1-29 xEV用インフラ運営事業者 ポジショニングマップ
図表 1-30 充電サービス運営事業者における直近の決算情報
図表 1-31 充電サービス事業者 黒字化に向けた打ち手
図表 1-32 EV専用駐車場のイメージ
図表 1-33 日本における充電インフラサービス市場の今後
図表 1-34 日本 公共用充電サービス市場規模予測
図表 1-35 日本 水素充填サービス市場規模予測(Aggressive予測)
図表 1-36 日本 水素充填サービス市場規模予測(Conservative予測)
図表 2-1 調査対象17ヶ国 関連統計の比較表
図表 2-2 日本 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-3 日本 自動車/ZEV保有台数の推移
図表 2-4 日本 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-5 日本 水素ステーションの整備数推移
図表 2-6 日本 xEV普及台数目標
図表 2-7 2024年度におけるCEV補助金設定の考え方
図表 2-8 日本 充電/充てんインフラ導入促進補助金の事業スキーム
図表 2-9 充電インフラ整備 令和5年度追加募集の概要
図表 2-10 EUにおける電動乗用車の優遇策まとめ(2023年時点)
図表 2-11 欧州のNZIA/CRAMと米国のIRAの比較
図表 2-12 欧州国境炭素調整措置(CBAM)の制度案
図表 2-13 代替燃料インフラ規則案の整備目標
図表 2-14 ドイツ 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-15 ドイツ 自動車/ZEV保有台数の推移
図表 2-16 ドイツ 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-17 ドイツ 水素ステーションの整備数推移
図表 2-18 ドイツ 充電インフラ・マスタープランⅡの概要
図表 2-19 ドイツ 急速充電インフラ拡充に向けた入札概要
図表 2-20 フランス 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-21 フランス 自動車/ZEV保有台数の推移
図表 2-22 フランス 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-23 フランス 水素ステーションの整備数推移
図表 2-24 フランス 充電インフラに関する補助金制度
図表 2-25 フランス 高速道路での急速充電整備に向けた支援策
図表 2-26 英国 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-27 英国 自動車/ZEV保有台数の推移
図表 2-28 英国 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-29 英国 水素ステーションの整備数推移
図表 2-30 英国 充電器整備義務の要件
図表 2-31 スペイン 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-32 スペイン 自動車/ZEV保有台数の推移
図表 2-33 スペイン 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-34 スペイン 水素ステーションの整備数推移
図表 2-35 イタリア 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-36 イタリア 自動車/ZEV保有台数の推移
図表 2-37 イタリア 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-38 イタリア 水素ステーションの整備数推移
図表 2-39 オランダ 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-40 オランダ 自動車/ZEV保有台数の推移
図表 2-41 オランダ 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-42 オランダ 水素ステーションの整備数推移
図表 2-43 Here Technologies 充電インフラ空き状況予測サービス画面
図表 2-44 ノルウェー 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-45 ノルウェー 自動車/ZEV保有台数の推移
図表 2-46 ノルウェー 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-47 ノルウェー 水素ステーションの整備数推移
図表 2-48 米国 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-49 米国 自動車/ZEV保有台数の推移
図表 2-50 米国 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-51 米国 水素ステーションの整備数推移
図表 2-52 IRAのクリーン車税額控除の概要
図表 2-53 米国 充電インフラ整備に対する要求事項
図表 2-54 カリフォルニア州 充電インフラ整備目標と補助金制度
図表 2-55 カナダ 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-56 カナダ 自動車/ZEV保有台数の推移
図表 2-57 カナダ 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-58 カナダ 水素ステーションの整備数推移
図表 2-59 メキシコ 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-60 メキシコ 自動車/ZEV保有台数の推移
図表 2-61 メキシコ 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-62 中国 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-63 中国 自動車/ZEV保有台数の推移
図表 2-64 中国 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-65 中国 水素ステーションの整備推移
図表 2-66 中国のNEV制度の概要
図表 2-67 省エネ・新エネルギー車2.0 技術ロードマップ 乗用車普及目標
図表 2-68 NEV産業発展計画(2021~2035)草案
図表 2-69 中国のNEV普及に向けた取り組み
図表 2-70 2023年 省市別の充電器整備台数上位10エリアと補助金制度
図表 2-71 韓国 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-72 韓国 自動車/ZEV保有台数の推移
図表 2-73 韓国 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-74 韓国 水素ステーションの整備数推移
図表 2-75 韓国 充電器整備目標と補助金制度の概要
図表 2-76 インド 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-77 インド 自動車/ZEV保有台数の推移
図表 2-78 インド 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-79 FAME-Indiaの概要
図表 2-80 インド FAMEⅡ BEV購入に関する補助金
図表 2-81 インド 州ごとのBEV補助金制度
図表 2-82 インド 充電ステーションに関する資本補助金
図表 2-83 ASEAN諸国の環境規制およびxEV普及支援策
図表 2-84 タイ 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-85 タイ 自動車/ZEV保有台数の推移
図表 2-86 タイ 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-87 インドネシア 自動車/ZEV販売台数の推移
図表 2-88 インドネシア 自動車保有台数の推移
図表 2-89 インドネシア 普通/急速充電器の整備台数推移
図表 2-90 ベトナム 自動車/乗用ZEV販売台数の推移
図表 2-91 ベトナム 自動車保有台数の推移
図表 3-1 日本国内におけるxEV用インフラの現状と今後の展望
図表 3-2 普通充電器と急速充電器の仕組み
図表 3-3 OCPI規格に対する日本の現状と理想像
図表 3-4 OCPP対応によるメリット
図表 3-5 現行モデルにおける普通充電の出力一覧
図表 3-6 パナソニック ELSEEV Public Mode3 概要
図表 3-7 新電元工業 見せない普通充電器「PM-CS09シリーズ」
図表 3-8 ジゴワッツ 日本最小クラスの普通充電器「Ella」
図表 3-9 世界 公共用普通充電器普及予測(Aggressive予測)
図表 3-10 世界 公共用普通充電器普及予測(Conservative予測)
図表 3-11 日欧米中における急速充電器規格
図表 3-12 Tesla開発のNACS対応充電コネクタ
図表 3-13 主要モデルにおける急速充電対応出力
図表 3-14 車両/充電器間で問題が発生している事例(2024年2月時点)
図表 3-15 東光高岳 マルチアウトレット急速充電器
図表 3-16 東光高岳 15kW中容量急速充電器
図表 3-17 新電元工業 MITUS
図表 3-18 世界 公共用急速充電器普及予測(Aggressive予測)
図表 3-19 世界 公共用急速充電器普及予測(Conservative予測)
図表 3-20 バッテリー交換ステーション 仕組み
図表 3-21 リチウムイオン電池保管に関する消防法上の規制
図表 3-22 環境省 バッテリー交換ステーションの実証実験概要
図表 3-23 いすゞ自動車 BSS「Evision Cycle Concept」
図表 3-24 Ample 三菱ふそうと共同で開発を行うバッテリー交換ステーション
図表 3-25 NIO バッテリー交換サービスのビジネスモデル
図表 3-26 三一集団 大型トラック用電池交換ステーション
図表 3-27 日本におけるバッテリー交換ステーションの将来展望
図表 3-28 主なERSの種類と特徴
図表 3-29 Siemens 架線充電方式
図表 3-30 スウェーデン「e-Road Arlanda」の路面レール式給電
図表 3-31 ワイヤレス給電のシステム概要
図表 3-32 停車中ワイヤレス給電 搭載車両(2024年2月時点)
図表 3-33 送電コイル一体型路面と公道でのコイル設置工程
図表 3-34 製造時の温室効果ガス排出量の比較
図表 3-35 コネクタ式充電器と走行中ワイヤレス給電の比較
図表 3-36 ワイヤレス給電 電力伝送方式
図表 3-37 世界における走行中ワイヤレス給電の動向
図表 3-38 実証で採用されている送電コイル/受電コイル
図表 3-39 柏地区における自動運転・走行中給電技術の研究ロードマップ
図表 3-40 ダイナミックチャージ方式の概要
図表 3-41 新電元工業 停車中ワイヤレス給電の構成
図表 3-42 タイヤへの無線給電システムの構成
図表 3-43 走行中ワイヤレス給電の将来展望
図表 3-44 世界全体での水素ステーション整備数推移
図表 3-45 オフサイト型水素ステーションの構成
図表 3-46 オンサイト型水素ステーションの構成
図表 3-47 水素ステーション 整備費・運営費内訳(2019年実績)
図表 3-48 水素ステーション普及に関する法規制見直しの進捗
図表 3-49 岩谷産業 液化水素ビジネス拡大戦略
図表 3-50 エア・リキード 事業領域
図表 3-51 水素ステーションの将来展望
図表 4-1 e-Mobility Power 事業モデル
図表 4-2 ENECHANGE 事業モデル
図表 4-3 ENECHANGE 事業間シナジー
図表 4-4 ENEOS EV充電サービス 事業モデル
図表 4-5 ENEOS SSを起点とした次世代エネルギー供給・地域サービス
図表 4-6 関西電力 事業モデル
図表 4-7 関西電力 西武バスに提供したサービス概要
図表 4-8 Terra Charge 事業モデル
図表 4-9 DMM EV充電サービス 事業モデル(0円プラン)
図表 4-10 Power X 事業モデル(直営方式)
図表 4-11 Power X 事業モデル(フランチャイズ方式)
図表 4-12 Gachacoステーションの設置ヶ所
図表 4-13 Gachaco バッテリー交換ステーション 設置イメージ
図表 4-14 JHyMへの参画企業一覧
図表 4-15 JHyM 事業モデル
図表 4-16 ENEOS 水素ステーション事業の基本戦略
図表 4-17 地産地消型水素エネルギー利活用イメージ
図表 4-18 IONITY 事業モデル
図表 4-19 Plugsurfing 事業モデル
図表 4-20 Shell 事業モデル
図表 4-21 ChargePoint 事業モデル(機器販売型)
図表 4-22 Chargepoint ビジネスモデル(リース型)
図表 4-23 EVgo 事業モデル
図表 4-24 Tesla 事業モデル(急速充電器)
図表 4-25 特来電 事業モデル(機器販売型)
図表 4-26 特来電 事業モデル(機器無料提供型)
図表 4-27 星星充電 事業モデル
図表 4-28 浙江省杭州市で稼働する星星充電最大の充電ステーション
図表 4-29 国家電網 事業モデル
図表 4-30 国家電網 V2G機能を備えた龍泉駅十陵充電ステーション
図表 4-31 シノペック 統合型エネルギーステーション

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 211頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。