2024年 VTuber市場の徹底研究 ~消費者調査編~

VTuberを消費者の側から調査し、ファンの属性、視聴傾向、VTuber芸能事務所認知状況、メタバースとの親和性について徹底調査。
今回より新たに、VTuberの周辺領域(「歌い手」「ゲーム実況者」「Vsinger」「VOCALOID」「VOICEROID等トークソフト系」)についても親和性を調査した。

発刊日
2023/12/27
体裁
A4 / 207頁
資料コード
C65123200
PDFサイズ
2.9MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 207頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:株式会社矢野経済研究所が独自に設定した切り口に従って、「VTuber に興味がある」と回答した回答者(以下、「VTuber ファン」)を対象として「「VTuber ファン」の実態と VTuber関連動画の視聴状況」に関する調査を実施した。また、「VTuber ファン」を通して、その個人のインターネット利用状況、VTuber 関連動画の視聴状況や VTuber 関連支出状況をアンケートで質問することで、VTuber を取り巻く状況を分析した。
調査の主な目的は以下のことを明らかにすることである:
① 「VTuber ファン」の出現率・特徴
② 「VTuber ファン」のインターネット・SNS 等利用状況
③ 「VTuber ファン」の VTuber 関連動画視聴実態
④ 「VTuber ファン」の好む VTuber 関連動画内容
⑤ 「VTuber ファン」の推し活状況
⑥ 「VTuber ファン」の VTuber 事務所認知率・推し率
⑦ 「VTuber ファン」の VTuber 関連支出状況
⑧ 「VTuber」近接分野(「歌い手」「ゲーム実況者」等)のファンの特長
⑨ 「VTuber ファン」のメタバース親和性
⑩ 「周辺領域ファン」の出現率・特徴
調査実施概要
調査実施期間:2023年11月24日~2023年11月27日(*1)
(*1)本調査を 2024 年調査と称する
調査手法:インターネットアンケート調査(*2)
(*2)回答者の年齢、住所、職業、所属組織等の基本属性が十分に確認されているアンケートモニターに対して、アンケートの回答を要請し、ウェブ上のアンケート画面にて回答を回収した。
調査対象:15 歳から 44 歳までの男女で趣味に関する設問で「動画視聴」を選択し、「好きな動画タイプ」に関する設問で「VTuber」を選択したと回答した「VTuber ファン」。
※2023 年版は趣味に関する設問で「VTuber」を選択した回答者を「VTuber ファン」としており、サンプリング方法が異なる
※2023 年版は 15 歳から 40 歳までの男女を対象としており、対象年齢層が異なる。
有効回答者数:1,104 人(全体 32,918 人、「非 VTuber ファン」31,814 人)
「VTuber ファン」の性年齢層別に以下のように回答者数を割り付けた。
※2023 年版は調査対象年齢を「15-19 歳」~「35-39 歳」としていたが、今回版は新たに「40-44 歳」も調査対象に含め、分析を行った。

調査結果サマリー
Close

VTuberに関する消費者アンケート調査を実施(2023年)
「VTuberファン」のボリュームゾーンは10~30代の男性と10~20代の女性
~愛好するVTuber事務所/プロジェクトは「VTuberファン」の属性により棲み分け~

資料ポイント
Close

  • VTuberファンの実態を徹底調査
    ・急成長を遂げるバーチャルYouTuber(以下、VTuber)ファンを対象にアンケートを実施
    ・VTuberファンの属性、性格傾向、視聴実態などを網羅的に調査
    ・非VTuberファンとの比較により、属性、特徴、趣味の特徴を分析
    ・プラットフォーム・プロダクションを跨いだ横断的な形でVTuberファンの実態を解明
  • 【前回版との違い】「歌い手」「ゲーム実況者」「Vsinger」とのファン層の違いを分析
    ・VTuberと同じく動画プラットフォームで活動する「歌い手」「ゲーム実況者」などとのファン層の違いを比較・分析
    ・前回版に引き続き、VTuberファンとメタバースとの親和性も調査

リサーチ内容

第1章 「VTuberファン」に関する調査概要

1.調査概要

第2章 調査結果のポイント

1.調査結果のポイント

第3章 「VTuberファン」属性調査

1.全体での出現率分析結果
 ●全体での出現率は3.4%
  ・2024年・2023年「VTuberファン」の出現率
2.性別出現率分析結果
 ●VTuberは女性よりも男性に人気が高い傾向
  ・「VTuberファン」の出現率 X 性別クロス集計
3.年齢層別出現率分析結果
 ●年齢層とファンの出現率には負の相関関係あり
  ・「VTuberファン」の出現率 X 年齢層別クロス集計
4.性年齢層別出現率分析結果
 ●男性では「35-39歳」までは7%台の出現率となったが、女性では年齢が上がるにつれ、出現率が漸減
  ・「VTuberファン」の出現率 X 年齢層別クロス集計
  ・「VTuberファン」 X 性年齢層別出現率集計
5.性年齢層別出現率分析結果
 ●全体的なファンの出現傾向は2023年と2024年で大きな変化なし
  ・2024年・2023年「VTuberファン」の出現率 X 性年齢層別クロス集計
6.居住地域別分析
 ●オンラインで視聴できるという特性上、地域による大きな差異はなし
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 居住地域別集計
7.最終学歴別分析
 ●「VTuberファン」と回答した回答者と「VTubeファン以外」で大きな差異は見られず
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 最終学歴別集計
8.職業別分析
 ●「VTubeファン」は他のセグメントに比べて平均年齢が低く、「学生」率高い
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 職業別集計
9.婚姻状況別分析
 ●「VTuberファン」では有意に未婚率が高い
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 婚姻状況別集計
 ●性年齢層別に比較すると、「VTuberファン」の未婚率は「30-34歳」以上で顕著に高い結果となった。
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 未婚率 X 性年齢層別クロス集計
10.世帯年収別分析
 ●「VTuberファン」の世帯年収は「非VTuberファン」と比較して有意な差はなし
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 平均世帯年収別集計
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 世帯年収分布別クロス集計
 ●女性の一部年齢層では 「VTuberファン」が「非VTuberファン」と比較して有意に世帯年収が高い結果に
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X平均世帯年収 X 性年齢層別クロス集計
 ●2023年と比較すると特定セグメントで平均年収は増加
  ・2024年「VTuberファン」・2023年「VTuberファン」 X平均世帯年収 X 性年齢層別クロス集計
11.可処分所得分析
 ●可処分所得では、「VTuberファン」・「非VTuberファン」で大きな違いなし
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 平均可処分所得別集計
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 可処分所得分布別集計
 ●性年齢層別に比較すると、高年齢層では可処分所得が高い傾向が見られる
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 平均可処分所得 X 性年齢層別クロス集計
12.性格傾向分析
 ●「VTuberファン」は感情面・情緒面で繊細で知的、美的、文化的に新しい経験に関心が高い傾向
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 性格傾向別クロス集計
 ●外向性に関しては性別・年齢層ごと比較でも全体的には傾向変わらず
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 外向性 X 性年齢層別クロス集計
 ●情動性に関してはほとんどの性年齢層で「VTuberファン」は有意に高い傾向に
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 情動性 X 性年齢層別クロス集計
 ●愛着性に関しては「VTuberファン」は「非VTuberファン」と比較して全体的に高い傾向
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 愛着性 X 性年齢層別クロス集計
 ●統制性に関しては、性年齢層ごと比較でも全体的には傾向変わらず
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 統制性 X 性年齢層別クロス集計
 ●遊戯性に関しては、全体的に高い傾向にあるが特定セグメントでは特に顕著
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 遊戯性 X 性年齢層別クロス集計
13.趣味分析
(「アニメ」・「コンピュータゲーム」・「漫画・ライトノベル」・「音楽鑑賞」・「ファッション・メイク」・「グルメ・お酒」・「料理」・「カラオケ」・「野球」・「サッカー」・「ゴルフ」・「筋トレ・フィットネスジム・ヨガ・ピラティス」・「その他のスポーツ」・「ランニング・ウォーキング」・「キャンプ/バーベキュー/登山などのアウトドア」・「旅行(国内外、日帰りを含む)」・「ショッピング」・「温泉・スパ・サウナ・銭湯」・「ボードゲーム」・「テレビ視聴」・「映画・ドラマ鑑賞」・「スポーツ観戦」・「舞台・コンサート・ライブ鑑賞・音楽フェス」・「読書」・「DIY」・「写真・動作撮影(編集、SNS投稿含む)」・「公営ギャンブル」・「株・投資」・「勉強・資格取得」・「お笑い」・「アイドル」・「声優」・「フィギュア」・「トレーディングカード」・「鉄道(写真・動画、模型含む)」・「ボーイズラブ(BL)」)
 ●二次元コンテンツ・サブカルチャーと高い親和性
  ・「VTuberファン」 X 全趣味別クロス集計
 ●「非VTuberファン」と比較すると、二次元関連分野で顕著に高い出現率
  ・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X 全趣味別クロス集計
  ・「非VTuberファン」 X 各趣味 X 性別クロス集計
 ●性年齢層別に趣味を分析すると、各セグメントで傾向に違い
  ・「VTuberファン」 X 「アニメ」・「コンピュータゲーム」・「漫画・ライトノベル」・「音楽鑑賞」・「ファッション・メイク」 X 性年齢層別クロス集計
  ・VTuberファン X 「グルメ・お酒」・「料理」・「カラオケ」・「野球」・「サッカー」 X 性年齢層別クロス集計
  ・VTuberファン X 「ゴルフ」・「筋トレ・フィットネスジム・ヨガ・ピラティス」・「その他のスポーツ」・「ランニング・ウォーキング」・「キャンプ/バーベキュー/登山などのアウトドア」 X 性年齢層別クロス集計
  ・VTuberファン X 「旅行(国内外、日帰りを含む)」・「ショッピング」・「温泉・スパ・サウナ・銭湯」・「ボードゲーム」・「テレビ視聴」 X 性年齢層別クロス集計
  ・VTuberファン X 「映画・ドラマ鑑賞」・「スポーツ観戦」・「舞台・コンサート・ライブ鑑賞・音楽フェス」・「読書」・「DIY」 X 性年齢層別クロス集計
  ・VTuberファン X 「写真・動作撮影(編集、SNS投稿含む)」・「公営ギャンブル」・「株・投資」・「勉強・資格取得」・「お笑い」 X 性年齢層別クロス集計
  ・VTuberファン X 「アイドル」・「声優」・「フィギュア」・「トレーディングカード」・「鉄道(写真・動画、模型含む)」・「ボーイズラブ(BL)」 X 性年齢層別クロス集計
14.好きな動画タイプ分析
(「配信者やキャラクターに依存しない動画」・「YouTuber関連」・「歌い手関連」・「ゲーム実況者関連」・「VSinger関連」・「VOCALOID関連」・「ゆっくり実況・VOICEROID関連」)
 ●「VTuberファン」の半数近くは「ゲーム実況者関連」「YouTuber関連」も好む
  ・「VTuberファン」 X 好きな動画タイプ(「配信者やキャラクターに依存しない動画」、「YouTuber関連」、「歌い手関連」、「ゲーム実況者関連」、「VSinger関連」、「VOCALOID関連」、「ゆっくり実況・VOICEROID関連」)別クロス集計
 ●「歌い手関連」「ゲーム実況者関連」「VSinger関連」など、VTuberに近しい活動形態の動画タイプでは、「VTuberファン」が「非VTuberファン」と比較して顕著に高い出現率
  ・「VTuberファン」「非VTuberファン」 X 好きな動画タイプ(「配信者やキャラクターに依存しない動画」、「YouTuber関連」、「歌い手関連」、「ゲーム実況者関連」、「VSinger関連」、「VOCALOID関連」、「ゆっくり実況・VOICEROID関連」)別クロス集計
  ・「非VTuberファン」 X 好きな動画タイプ(「配信者やキャラクターに依存しない動画」、「YouTuber関連」、「歌い手関連」、「ゲーム実況者関連」、「VSinger関連」、「VOCALOID関連」、「ゆっくり実況・VOICEROID関連」) X 性年齢層別クロス集計
 ●「好きな動画タイプ」の中には性年齢層別に有意な出現率の差が認められるものも
  ・「VTuberファン」 X (「配信者やキャラクターに依存しない動画」、「YouTuber関連」、「歌い手関連」、「ゲーム実況者関連」、「VSinger関連」、「VOCALOID関連」、「ゆっくり実況・VOICEROID関連」) X 性年齢層別クロス集計

第4章 「VTuberファン」のインターネット利用状況

1.仕事・勉強以外の1日のインターネット利用時間
 ●「1-3時間」が僅差で最も多いものの、「3-5時間」「5-8時間」「8時間以上」など長時間利用も半数以上
  ・「VTuberファン」 X インターネット利用時間別集計
 ●各セグメント分布傾向に偏りなし
  ・「VTuberファン」 X インターネット利用時間 X 性年齢層別クロス集計
 ●2023年と比較すると、2024年でインターネット利用時間が短縮
  ・2024年「VTuberファン」・2023年「VTuberファン」 X インターネット利用時間 X 性年齢層別クロス集計
2.現在利用している SNS
(「Facebook」・「Instagram」・「LINE」 ・「X(旧Twitter)」・「note」・「Pinterest」・「pixiv」・「TikTok」・「5チャンネル(旧2チャンネル)」・「Discord」・「VRchat」・「cluster」・「バーチャルキャスト」・「NeosVR」その他・特にない)
 ●「X(旧Twitter)」と「LINE」がツートップ
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X 現在利用しているSNS種別集計
 ●SNSの特性により、性別で現在利用しているSNSの出現率が異なる結果に
  ・「VTuberファン」 X 現在利用しているSNS種別(代表6サービス)クロス集計
3.最も利用しているSNS
 ●最も利用しているSNSでは「X(旧Twitter)」で、過半数を占める
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X 最も利用しているSNS種別クロス集計
 ●「女性40-44歳」で「LINE」が最も利用しているSNSとして選択されているものの、他の性年齢層では「X(旧Twitter)」が最も出現率が高い結果に
  ・「VTuberファン」 X 最も利用しているSNS種別(代表6サービス)クロス集計
4.現在利用している動画配信サービス
(「YouTube」・「ニコニコ動画」・「Netflix」・「ABEMA・ABEMAプレミアム」・「Amazonプライム・ビデオ」・「DMM.co,」・「dアニメストア」・「FODプレミアム」・「Hulu」・「DAZN」・「TVer」・「U-NEXT」・「アニメ放題」・「ディズニープラス・ディズニーデラックス」・その他・特にない)
 ●YouTubeが圧倒的で、ほぼ全てのVTuberファンがYouTubeを現在利用している
  ・「VTuberファン」 X 現在利用している動画配信サービス別集計
 ●基本利用料無料のサービスはサービスごとに利用者の年齢層が異なり、サブスクリプションサービスでは金銭的に余裕のある比較的高年齢層が利用する傾向
  ・「VTuberファン」 X 現在利用している動画配信サービス(主要6サービス) X 性年齢層別クロス集計
5.最もよく利用している動画配信サービス
 ●ほとんどの「VTuberファン」が最もよく利用するサービスはYoutube であるという結果に
  ・「VTuberファン」 X 最も利用している動画配信サービス種別集計

第5章 「VTuber関連動画」視聴状況実態調査

1.VTuber関連動画の視聴開始時期分析
 ●「VTuber」の命名で有名な「キズナアイ」登場の2017年を皮切りに視聴開始者増加
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X 視聴開始時期別集計
 ●男性に代わり「2022年頃」まで視聴開始率で成長を遂げていた女性含め、「2023年以降」は全年齢層で有意に減少
  ・「VTuberファン」 X 視聴開始時期 X 性年齢層別クロス集計
2.視聴形態(ライブ配信等・切り抜き動画等)分析
 ●両配信形態ともに根強い支持
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X 視聴形態(「ライブ配信等」・「切り抜き・編集動画等」)別集計
 ●半数以上のVTuberファンが「ライブ配信等」・「切り抜き・編集動画等」を柔軟に併用して視聴
  ・「VTuberファン」 X 詳細な視聴形態(「ライブ配信等」・「切り抜き・編集動画等」)別クロス集計
 ●男女ともに高年齢層では「ライブ配信等」が、若年層では「切り抜き・編集動画等」が優位
  ・「VTuberファン」 X 視聴形態(「ライブ配信等」・「切り抜き・編集動画等」) X 性年齢層別クロス集計
3.「ライブ配信等」の視聴媒体分析
(「YoutubeLive」・「17Live」・「SHOWROOM」・「ツイキャス」・「ニコニコ動画」・「twitch」・「IRIAM」・「Pococha」・「bilibili」・「REALITY」・その他・視聴しない)
 ●2024年も2023年に引き続き、「YoutubeLive」の出現率は84.7%と2位以下と比較して圧倒的に高い出現率
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X 視聴形態(「ライブ配信等」) X 視聴媒体別クロス集計
 ●各プラットフォーム、それぞれのターゲットに訴求
  ・「VTuberファン」 X 「ライブ配信等」 X 視聴媒体(代表6サービス) X 性年齢層別クロス集計
4.切り抜き・編集動画等の視聴媒体分析
(「Youtube」・「ニコニコ動画」・「TikTok」・その他・視聴しない)
 ●「切り抜き・編集動画等」の視聴も「YouTube」が圧倒的
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X 「切り抜き・編集動画等」視聴媒体 X 視聴媒体別クロス集計
 ●全セグメントでYouTubeが圧倒的な利用率を誇るが、他のプラットフォームも特定のセグメントに訴求することで共存
  ・「VTuberファン」 X 「切り抜き・編集動画等」視聴媒体 X 性年齢層別クロス集計5.「VTuber関連動画」の視聴頻度分析
 ●週3回以上VTuber関連動画を視聴しているVTuberファンは59.2%で過半数のVTuberファンは視聴が習慣化
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X 「VTuber関連動画」の視聴頻度別クロス集計
  ・「VTuberファン」 X 「VTuber関連動画」の視聴頻度(内訳詳細)別クロス集計
 ●男女で比較すると男性の方が女性よりもやや視聴頻度が高い
  ・「VTuberファン」 X 「VTuber関連動画」の1週間の視聴回数 X 性年齢層別クロス集計
6.1週間のVTuber関連動画の視聴時間分析
 ●平均5.05時間だが、一部の長時間視聴者が平均時間を押し上げ
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X VTuber関連動画の視聴時間別集計
  ・「VTuberファン」 X 「VTuber関連動画」の視聴時間(内訳詳細)別集計
 ●男女ともに「15-19歳」で視聴時間が短く、年齢が上がるほど視聴時間が長い傾向
  ・「VTuberファン」 X 「VTuber関連動画」の1週間の視聴時間 X 性年齢層別クロス集計
  ・「VTuberファン」 X 「VTuber関連動画」の1週間の視聴時間(2時間刻み) X 性年齢層別クロス集計
  ・「VTuberファン」 X 視聴形態(「ライブ配信等」・「切り抜き・編集動画等」) X 性年齢層別クロス集計
7.過去1年と比較した直近1年間の「VTuber関連動画」の視聴時間変動分析
 ●過去1年と比較して、50.5%はVTuber関連動画視聴時間が増加と回答
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X 過去1年間と比較した「VTuber関連動画」視聴時間増減別集計
 ●全性年齢層で半数近い「VTuberファン」の視聴時間は増加
  ・「VTuberファン」 X 過去1年間と比較した直近の「VTuber関連動画」視聴時間増減 X 性年齢層別集計
8.「VTuber関連動画」の視聴時間帯分析(月~金曜日)
 ●2024年では「夕方16時~19時」の出現率は2023年と比較して有意に減少
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X 「VTuber関連動画」の視聴時間帯(月~金曜日)別 分析
  ・総務省調査による平日のインターネット利用時間
 ●全年齢層で全体的な視聴時間は遅め
  ・「VTuberファン」 X 「VTuber関連動画」の視聴時間帯(平日) X 男性 X 年齢層別クロス分析
  ・「VTuberファン」 X 「VTuber関連動画」の視聴時間帯(平日) X 女性 X 年齢層別クロス分析
9.「VTuber関連動画」の視聴時間帯分析(土日)
 ●平日と同じく、休日でも2024年では「夕方16時~19時」の出現率は2023年と比較して有意に減少
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X 「VTuber関連動画」の視聴時間帯(土日)別クロス分析
  ・総務省調査による休日のインターネット利用時間
 ●年齢層別比較ではセグメントごとに傾向は異なるが、全体的には「夜20時」から「夜22時」が視聴のピーク
  ・「VTuberファン」 X 「VTuber関連動画」の視聴時間帯(土日) X 男性 X 年齢層別クロス分析
  ・「VTuberファン」 X 「VTuber関連動画」の視聴時間帯(土日) X 女性 X 年齢層別クロス分析
10.「VTuber関連動画」の視聴動機分析
 ●「そのVTuberを推しているから」、「VTuberのトークが面白いから」などキャラクターやトーク力が重視される結果に
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X 「VTuber関連動画」の視聴動機別分析
 ●性別や年齢層によって視聴動機に違い
  ・「VTuberファン」 X VTuber関連動画の視聴動機(注目7動機)別クロス分析
11.VTuber関連動画における好きな番組タイプ分析
(「雑談配信」・「歌配信」・「ゲーム配信」・「他のVTuberなどとのコラボ配信」・「アニメ・映画等同時視聴配信」・「ASMR配信」・「お絵かき配信」・「食レポ配信」・「その他」)
 ●VTuberの活動が試行錯誤のフェーズから段階的な定着への移行し、好きな番組タイプは「雑談配信」「ゲーム配信」など、VTuberの配信らしさのあるタイプに収斂
  ・「VTuberファン」 X 好きな番組タイプ別分析
 ●若年層ほど好きな番組タイプが多い傾向
  ・「VTuberファン」 X 好きな番組タイプ別クロス分析
12.「VTuberファン」の推し状況分析
 ●過半数以上は推しを作りVTuber視聴を楽しむ
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X 推しの有無別クロス分析
 ●女性・若年者ほど推しを作る傾向
  ・「VTuberファン」 X 推しがいる割合 X 性年齢層別分析
 ●40%の「VTuberファン」は個人勢にも推しを作っている
  ・2023年・2024年の「VTuberファン」 X 推しの活動形態(「企業勢」・「個人勢」)ごとに推しがいるか
 ●低年齢層では企業勢が圧倒的に優勢だが、高年齢層では個人勢の比率も高い
  ・「VTuberファン」 X 推しの活動形態(「企業勢」・「個人勢」)ごとに推しがいる X 性年齢層別クロス分析
13.VTuber事務所の認知率分析
(「ホロライブプロダクション」・「にじさんじプロジェクト」・「774 inc.」・「.LIVE」・「ぶいすぽっ!」・「あおぎり高校」・「神椿」・「Re:AcT」・「ネオポルテ」・「のりプロ」・「Kizuna AI」・「RIOT MUSIC」・「VEE」)
 ●「にじさんじプロジェクト」と「ホロライブプロダクション」が圧倒的な認知率。「ぶいすぽっ!」や「あおぎり高校」も過半数以上の認知を獲得し、2023年から2024年間で認知率上昇
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X VTuber事務所認知率別クロス分析
 ●大手2事務所は全セグメントで認知率が高いが、その他は事務所ごとに特色
  ・「VTuberファン」 X VTuber事務所認知率 X 「男性」 X 年齢層別クロス分析
  ・「VTuberファン」 X VTuber事務所認知率 X 「女性」 X 年齢層別クロス分析
14.VTuber事務所の推し率分析
(「ホロライブプロダクション」・「にじさんじプロジェクト」・「774 inc.」・「.LIVE」・「ぶいすぽっ!」・「あおぎり高校」・「神椿」・「Re:AcT」・「ネオポルテ」・「のりプロ」・「Kizuna AI」・「RIOT MUSIC」・「VEE」)
 ●「にじさんじプロジェクト」「ホロライブプロダクション」で推し率が急上昇
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X 推し率別分析
 ●推し方としては、「推しVTuberが所属している」が「事務所をグループとして推している」より多い傾向
  ・「VTuberファン」 X 推し方(「推しVTuberが所属している」・「事務所をグループとして推している」)別クロス分析
 ●2大事務所は男性人気の「ホロライブプロダクション」、女性人気の「にじさんじプロジェクト」とターゲット層によって棲み分け
  ・「VTuberファン」 X VTuber事務所推し率 X 「男性」X 年齢層別クロス分析
  ・「VTuberファン」 X VTuber事務所推し率 X 「女性」X 年齢層別クロス分析

第6章 「VTuber関連支出」に関する調査

1.直近1年のVTuber関連支出率
 ●各「VTuber関連支出」分野とも、消費額が1円以上のVTuberファンは全体の20~30%
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X 各項目に1円以上消費した回答者割合別分析
 ●「男性35-39歳」など、特定の年齢層で出現率が有意に高い結果に
  ・「VTuberファン」 X 各項目に1円以上費やした回答者割合 X 性年齢層別クロス分析
2.直近1年のVTuber関連支出額
 ●1円以上費やした「VTuberファン」の支出額は2023年と比較して減少
  ・「VTuberファン」 X 平均額 X 用途別クロス分析
  ・「0円を除くVTuberファン」・「VTuberファン」(0円含む) X 平均支出額 クロス分析
  ・2023年・2024年「VTuberファン」(0円含む) X 平均支出額 クロス分析
 ●性年齢層ごとに大きく支出傾向に大きな違いが見られる
  ・「0円を除くVTuberファン」 X 性年齢層 X 平均支出額 クロス分析
3.翌年のVTuber関連支出予想
 ●全体的に支出額は「変わらない」が多いものの、「減少する」よりも「増加する」が多い結果に
  ・「VTuberファン」 X 項目 X 増減別(「増加する」「減少する」「変わらない」)クロス分析
 ●「女性15-19歳」で翌年の支出額が「増加する」と回答する回答者が多い結果に
  ・「VTuberファン」 X 項目 X 翌年支出が増加する見込みと回答した回答者率 X 性年齢層別クロス分析

第7章 「VTuberファン」のメタバース親和性調査

1.メタバース的特性をもつゲームの既プレイ状況
(「Fortnite」・「Apex Legends」・「MineCraft」・「あつまれどうぶつの森」・「レインボーシックス シージ」・「Roblox」・「UPLAND」・「My Neighbor Alice」・「My Crypto Heroes」・「Rust」・「ZEPETO」・「Illuvium」・「XANA」・「The Sandbox」)
 ●回答者全体と比較すると「VTuberファン」はメタバース的特性をもつゲームでよく遊んでいる傾向
  ・2023年・2024年・「VTuberファン」・「非VTuberファン」 X メタバース的特徴を有する14ゲームの既プレイ率クロス集計
 ●「あつまれどうぶつの森」を除き、全体的には女性よりも男性でメタバース的特性をもつゲームの既プレイ率が高く、年齢層が高まるにつれて既プレイ率は低くなる傾向
  ・「VTuberファン」 X メタバース的特徴を有する主要6ゲームの既プレイ率 X 性年齢層別集計
2.メタバース的特性をもつゲーム上の各機能への関心度
 ●「VTuberファン」ではVTuberと親和性の高いバーチャルイベントやアバター作成などの分野で関心が高い結果に
  ・「VTuberファン」・「VTuberファン」 X メタバース的特徴をもつゲームで実現できる機能への関心別クロス集計
 ●男女ともに「15-19歳」の若年齢層で高い関心
  ・「VTuberファン」X 「メタバース的特徴をもつゲームで実現できる13機能」への関心 X 性年齢層別クロス集計
3.メタバース的特性をもつSNSの利用状況
(「VRChat」・「cluster」・「バーチャルキャスト」・「Neos VR」)
 ●「VTuberファン」は日本人全体の25倍近くメタバース的特徴を有するSNSを利用
  ・2023年・2024年「VTuberファン」 X メタバース的特徴を有する4SNS(「VRChat」・「cluster」・「バーチャルキャスト」・「NeosVR」)を「現在利用している」割合集計「VTuberファン」 X メタバース的特徴を有する4SNS(「VRChat」・「cluster」・「バーチャルキャスト」・「NeosVR」)を「現在利用している」割合集計
 ●男女で利用状況に大きな変化はなし
  ・「VTuberファン」 X メタバース的特徴を有する4SNSを「現在利用している」割合 X 性年齢層別クロス集計

第8章 「周辺領域ファン」属性調査

1.「周辺領域ファン」性年齢層別出現率分析結果
(「YouTuber」「歌い手」「ゲーム実況者」「Vsinger」「VOCALOID」「ゆっくり実況・VOICEROID」)
 ●動画プラットフォームとの親和性から、若年齢層にファン出現率が高いが、各カテゴリーで特徴もあり
  ・「周辺領域ファン」 X 性年齢層別クロス集計
2.「周辺領域ファン」職業別出現率分析結果
(「YouTuber」「歌い手」「ゲーム実況者」「Vsinger」「VOCALOID」「ゆっくり実況・VOICEROID」)
 ●職業に大きな偏りは見られない
  ・「YouTuberファン」 X 職業別クロス集計
  ・「歌い手ファン」 X 職業別クロス集計
  ・「ゲーム実況者ファン」 X 職業別クロス集計
  ・「Vsingerファン」 X 職業別クロス集計
  ・「VOCALOIDファン」 X 職業別クロス集計
  ・「ゆっくり実況・VOICEROIDファン」 X 職業別クロス集計
3.「周辺領域ファン」未婚率分析結果
(「YouTuber」「歌い手」「ゲーム実況者」「Vsinger」「VOCALOID」「ゆっくり実況・VOICEROID」)
 ●最も未婚率が高い「VOCALOID」と最も未婚率が低い「YouTuber」で17ポイント以上も未婚率に差
  ・「周辺領域ファン」 X 未婚率別クロス集計
4.「周辺領域ファン」世帯年収分析結果
(「YouTuber」「歌い手」「ゲーム実況者」「Vsinger」「VOCALOID」「ゆっくり実況・VOICEROID」)
 ●「Vsingerファン」以外の5カテゴリーでは大きな違いは見られず
  ・「周辺領域ファン」 X 世帯年収別クロス集計
 

第9章 VTuberに関する自由記述(FA)

1.VTuber演者の個性・キャラクター性に注目した回答
2.「切り抜き・編集動画等」に注目した回答
3.「ライブ配信等」に注目した回答
4.アバターに注目した回答
5.VTuber配信の特徴に注目した回答
6.VTuber同士のコラボや掛け合いに注目した回答
7.VTuberとの距離感に注目した回答
8.VTuberの声に関する回答
9.推し活に関する回答
10.ゲーム実況に関する回答
11.事務所・特定のVTuberに関する回答

【別添】 アンケート調査票

VTuberに関するアンケート質問票

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 207頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。