2024年版 在宅医療市場の展望と戦略

「2024年度版 在宅医療市場の展望と戦略」は、前回(2020年)版より約4年ぶりの発刊。
在宅酸素療法、ハイフローセラピー、在宅人工呼吸療法、在宅持続陽圧呼吸療法、在宅腹膜透・血液透析療法、在宅輸液療法(中心静脈、経腸栄養、胃瘻(PEG)カテーテル)、自己導尿、在宅自己注射、自己血糖測定分野の国内市場規模算出と企業別マーケットシェア等の市場分析を行うと共に、関連情報としてオンライン在宅分野で使用される医療機器についても掲載予定。
在宅医療の市場環境には、日本国内での急増している高齢者と厚生労働省は終末期医療の在り方を見直し、長期にわたる医療・介護を確保するためにかかりつけ医を中心とするクリニックに加え、近隣の病院を加えた在宅医療の提供体制を目指している。
医療施策の方向性としては、病院入院から居宅、養護老人ホーム等への患者の移行を想定し、医療・介護の機能分化と連携推進を通じて、質の高い効率的な医療を目標としているため、地域包括ケアを軸に、この方針がどこまで推進・整備されるかの状況によって、医療における在宅分野での患者数が伸びるものと期待されている。

発刊日
2024/01/30
体裁
A4 / 182頁
資料コード
C65125100
PDFサイズ
12.0MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 182頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的・内容
  (1)在宅医療市場の概況
  (2)在宅医療市場のセグメント市場
    対象:在宅酸素療法、ハイフローセラピー、在宅人工呼吸療法、
    在宅持続陽圧呼吸療法、在宅自己腹膜透析、在宅血液透析、
    在宅輸液関連、在宅自己導尿、在宅自己注射、胃瘻造設術
  1)市場概要
  2)市場指標 ①診療報酬 ②診療件数
  3)参入企業動向
  4)市場規模 ①市場規模 ②市場シェア
調査対象:国内メーカー、及び、輸入製品総発売元
調査方法
  当研究員による面接取材とTEL取材併用
  Web、公開資料、有価証券報告書などのオープンデータ
  弊社既存レポートの活用
調査期間:個別調査 2023年11月1日~2024年1月20日
調査留意点
  実績数値はメーカー、及び発売元出荷ベース (一部薬価ベース)
  市場規模はすべて国内市場

資料ポイント
Close

前回版との違い
・在宅医療とオンライン在宅医療の追加
・各診療件数の実績と推測(2016~2022年度)※2016~2021年度:NDB/2022年度:社会医療診療行為別調査より弊社推計

リサーチ内容

Summary

1.在宅診療件数の推移(2016~2022年度、2025年度、2030年度)
2.セグメント別の診療件数比較(2016~2022年度)

第1章 在宅医療市場の概況

1.在宅医療市場の定義と分類
2.在宅医療市場の市場環境
  1)後期高齢者人口の急増
  2)訪問診療受療率
  3)在宅医療提供体制
    ①在宅療養支援診療所
    ②在宅療養支援病院
    ③在宅療養後方支援病院
  4)在宅医療利用・実施数の実態
    ①施設側(往診・在宅患者訪問診療の実施数) 
    ②患者側(訪問看護ステーション利用者数)
  5)在宅医療の今後の方向性
    (1)在宅医療の体制整備
    ①在宅医療施設の位置づけ
    ⅰ)積極的役割を担う医療機関、必要な連携を担う拠点の設定
    ⅱ)在宅医療圏域の設定
    ②医療・多職種間連携
    ③ICTの活用
  6)在宅医療の方向性

第2章 在宅医療市場のセグメント分析

1.在宅酸素療法市場
  1)市場概要
  2)市場指標
    (1)診療報酬
    (2)診療実施件数(NDBより)
    ①診療実施件数
    ②患者数
    ③在宅酸素療法のタイプ別構成
    ④コロナ禍の影響
  3)参入企業動向
  4)市場規模
    (1)酸素濃縮器レンタル市場規模
    (2)メーカー別患者数シェア
2.ハイフローセラピー市場
  1)市場概要
  2)市場指標
    (1)診療報酬
    (2)診療実施件数(NDBより)
  3)参入企業動向
  4)市場規模
    (1)ジェネレーター市場規模
    (2)ブレンダー市場規模
    (3)カニューラ市場規模
    (4)ジェネレーター市場シェア
3.在宅人工呼吸療法市場
  1)市場概要
  2)市場指標
    (1)診療報酬
    (2)診療実施件数(NDBより)
  3)参入企業動向
  4)市場規模
    (1)患者数
    (2)在宅人工呼吸器市場
    ①市場規模
    ②市場シェア
4.在宅持続陽圧呼吸療法(CPAP関連市場)
  1)市場概要
  2)市場指標
    (1)診療報酬
    (2)診療実施件数(NDBより)
  3)参入企業動向
  4)市場規模
    (1)患者数
    (2)CPAP市場規模
    ①レンタル市場規模
    ②市場シェア
5.在宅腹膜透析市場
  1)市場概要
  2)市場指標
    (1)診療報酬
    (2)診療実施件数(NDBより)
  3)参入企業動向
  4)市場規模
    (1)患者数
    (2)市場規模
    ①市場規模
    Ⅰ.腹膜透析液市場規模
    Ⅱ.PD患者数
    ②市場シェア
    Ⅰ.腹膜透析液市場シェア
    Ⅱ.PD患者数シェア
6.在宅血液透析市場
  1)市場概要
  2)市場指標
    (1)診療報酬
    (2)診療実施件数(NDBより)
  3)参入企業動向
  4)市場規模
    (1)患者数
    (2)人工透析コンソール市場規模
    ①市場規模
    ②市場シェア
7.在宅輸液療法市場
  1)市場概要
  2)市場指標
    (1)診療報酬
    (2)診療実施件数(NDBより)
  3)参入企業動向
    (1)治療用輸液ポンプ
    (在宅用中心静脈栄養用、肺高血圧症治療用輸液ポンプ市場)
    (2)専用型輸液ポンプ(経腸栄養用輸液ポンプ市場)
  4)市場規模
    (1)市場規模
    ①治療用輸液ポンプ市場規模
    ②専用型輸液ポンプ市場規模
    (2)市場シェア
    ①治療用輸液ポンプ市場シェア
    ②専用型輸液ポンプ市場シェア
8.胃瘻(PEG)カテーテル市場
  1)市場概要
  2)市場指標
    (1)診療報酬
    (2)診療実施件数(NDBより)
  3)参入企業動向
  4)市場規模
    (1)PEG(PTEG)造設キット/交換用胃瘻カテーテル市場規模
    (2)PEG(PTEG)造設キット/交換用胃瘻カテーテル市場シェア
9.在宅自己注射市場(インスリン製剤)
  1)市場概要
  2)市場指標
    (1)診療報酬
    (2)診療実施件数(NDBより)
  3)参入企業動向
    (1)インスリン製剤
    (2)インスリンポンプ
  4)市場規模
    (1)インスリン製剤
    ①市場規模
    ②市場シェア
    (2)インスリンポンプ
    ①市場規模
    ②市場シェア
10.在宅自己導尿市場
  1)市場概要
  2)市場指標
    (1)診療報酬
    (2)診療実施件数(NDBより)
  3)参入企業動向
  4)市場規模
    (1)市場規模
    (2)市場シェア
11.血糖自己測定器市場
  1)市場概要
  2)市場指標
    (1)診療報酬
    (2)診療実施件数(NDBより)
  3)参入企業動向
  4)市場規模
    (1)市場規模
    (2)市場シェア

第3章 在宅医療市場の関連市場分析

1.在宅医療と遠隔/オンライン診療
  株式会社インテグリティ・ヘルスケア
  オムロンヘルスケア株式会社
2.パルスオキシメーター市場
  (1)市場概要
  (2)企業別動向
3. スリープアプニア市場、Sleep市場(診断装置)
  (1)市場概要
  (2)企業別動向

<図表>

図表1 在宅患者訪問診療、往診の診療件数推移
図表2 セグメント別全体及びコロナ禍前後の年度対比
図表3 セグメント別 診療件数推移(2016~2022)
図表4 在宅酸素療法診療件数推移(グラフ)
図表5 ハイフローセラピー診療件数推移(グラフ)
図表6 在宅人工呼吸診療件数推移(グラフ)
図表7 在宅持続陽圧呼吸診療件数推移(グラフ)
図表8 在宅自己腹膜透析診療件数推移(グラフ)
図表9 在宅血液透析診療件数推移(グラフ)
図表10 在宅輸液関連診療件数推移(グラフ)
図表11 在宅自己導尿診療件数推移(グラフ)
図表12 在宅自己注射診療件数推移(グラフ)
図表13 胃瘻造設術診療件数推移(グラフ)
図表1-1-1 在宅医療の位置づけ
図表1-1-2 在宅医療に関する診療報酬項目
図表1-1-3 在宅医療で提供される医療の種類
図表1-1-4 在宅医療に関連する主な市場と当該資料内容
図表1-2-1 日本総人口と前期高齢者・後期高齢者人口
図表1-2-2 前期高齢者と後期高齢者 割合推移
図表1-2-3 在宅医療に対する人口構造の変化
図表1-2-4 年齢階級別の訪問診療受療率(2019年度)
図表1-2-5 在宅医療 医療体制の実際
図表1-2-6 在宅療養支援診療所施設基準と緊急往診加算
図表1-2-7 在宅療養支援診療所 届け出数推移(2012~2022)
図表1-2-8 在宅療養支援病院の施設基準と緊急往診加算
図表1-2-9 在宅療養支援病院 届け出数推移(2012~2022)
図表1-2-10 往診 実施施設数
図表1-2-11 在宅患者訪問診療実施施設数
図表1-2-12 総施設数に対する「往診」「在宅患者訪問診療」実施施設数の割合
図表1-2-13 訪問看護ステーション利用者数推移(2015~2022)
図表1-2-14 在宅医療の体制構築に対する指針
図表1-2-15 在宅医療提供体制のイメージ
図表1-2-16 在宅医療 圏域の設定単位
図表1-2-17 在宅医療と多職種連携
図表1-2-18 福井県坂井市の情報共有システム
図表1-2-19 福岡市「ICT を活用した『かかりつけ医』機能強化事業」
図表1-2-20 鹿児島県徳之島の訪問診療とオンライン診療
図表1-2-21 在宅医療の体制構築に係る現状把握のための指標
図表1-2-22 在宅患者訪問診療、往診の診療件数推移
図表2-1-1 酸素供給装置
図表2-1-2 酸素供給装置の長所短所
図表2-1-3 在宅酸素療法の実施までの流れ
図表2-1-4 在宅酸素療法の流通経路
図表2-1-5 在宅酸素療法の診療報酬点数
図表2-1-6 在宅酸素関連NDB件数 推移(件)
図表2-1-7 酸素濃縮器加算(グラフ)
図表2-1-8 酸素ボンベ加算(グラフ)
図表2-1-9 酸素ボンベ加算・携帯(グラフ)
図表2-1-10 設置型液化酸素加算(グラフ)
図表2-1-11 携帯型液化酸素加算(グラフ)
図表2-1-12 呼吸同調式デマンドバルブ加算(グラフ)
図表2-1-13 在宅酸素指導管理・チアノーゼ(グラフ)
図表2-1-14 在宅酸素指導管理・その他(グラフ)
図表2-1-15 在宅酸素療法 患者数推移(表)
図表2-1-16 酸素濃縮器使用患者数推移(グラフ)
図表2-1-17 液化酸素装置使用患者数推移(グラフ)
図表2-1-18 在宅酸素療法タイプ(患者数)別構成(表)
図表2-1-19 在宅酸素療法タイプ(患者数)別構成(グラフ)
図表2-1-20 在宅酸素療法の社会医療診療行為別調査 推移(各年6月)
図表2-1-21 在宅酸素療法による新型コロナ関連の社会医療診療行為別調査の前年比
図表2-1-22 在宅酸素療法 参入企業
図表2-1-23 酸素濃縮器レンタル市場規模推移(表)
図表2-1-24 酸素濃縮器レンタル市場規模推移(グラフ)
図表2-1-25 在宅酸素療法メーカー別患者数シェア(表)
図表2-1-26 在宅酸素メーカー別患者数シェア2021(グラフ)
図表2-1-27 在宅酸素メーカー別患者数シェア2022(グラフ)
図表2-2-1 High Flow Therapyのメリット
図表2-2-2 人工呼吸器関連 診療報酬
図表2-2-3 ハイフローセラピー(医科診療)処置件数(表)
図表2-2-4 ハイフローセラピー(医科診療)処置件数(グラフ)
図表2-2-5 ジェネレータ市場規模推移(2016~2022)グラフ
図表2-2-6 ブレンダー市場規模推移(2016~2022)グラフ
図表2-2-7 カニューラ市場規模推移(2016~2022)グラフ
図表2-2-8 High Flow Therapy関連市場の市場規模推移(2016~2022)
図表2-2-9 ジェネレータ市場シェア2021グラフ
図表2-2-10 ジェネレータ市場シェア2022グラフ
図表2-3-1 人工呼吸器 換気法
図表2-3-2 人工呼吸器の基本的モード
図表2-3-3 人工呼吸器 動作モード
図表2-3-4 人工呼吸器 モード種類
図表2-3-5 モードの種類
図表2-3-6 A/CとSIMVの違い
図表2-3-7 在宅人工呼吸器関連 診療報酬
図表2-3-8 在宅人工呼吸関連 診療件数(表)
図表2-3-9 在宅人工呼吸管理料件数(グラフ)
図表2-3-10 在宅持続陽圧管理1(グラフ)
図表2-3-11 在宅持続陽圧管理2(グラフ)
図表2-3-12 陰圧式人工呼吸器加算(グラフ)
図表2-3-13 陽圧式人工呼吸器加算(グラフ)
図表2-3-14 人工呼吸器加算(人工呼吸)(グラフ)
図表2-3-15 在宅持続陽圧式ASV(グラフ)
図表2-3-16 在宅持続陽圧式CPAP(グラフ)
図表2-3-17 主な在宅人工呼吸器
図表2-3-18 在宅人工呼吸器の流通経路
図表2-3-19 NPPVにおけるHOT併用の算定例(1ケ月)
図表2-3-20 宅人工呼吸療法の患者数推移(2016~2023)
図表2-3-21 NPPV在宅 人工呼吸器販売元別患者数
図表2-3-22 TPPV在宅 人工呼吸器販売元別患者数
図表2-3-23 在宅人工呼吸器 市場規模推移(2016~2022)表
図表2-3-24 在宅人工呼吸器 市場規模推移(2016~2022)グラフ
図表2-3-25 在宅人工呼吸器 レンタル市場規模推移(2016~2022)表
図表2-3-26 在宅人工呼吸器 レンタル市場規模推移(2016~2022)グラフ
図表2-3-27 主に在宅市場における鼻マスクベンチレータ(BiPAP・BiLEVEL)発売元
 (メーカー)別実績推移
図表2-3-28 在宅人工呼吸器(鼻マスクベンチレータ)販売シェア2021~2022(表)
図表2-3-29 在宅人工呼吸器販売シェア(2021)
図表2-3-30 在宅人工呼吸器販売シェア(2022)
図表2-4-1 診療報酬上のCPAP開始基準
図表2-4-2 無呼吸低呼吸指数AHI
図表2-4-3 睡眠時無呼吸症候群の種類
図表2-4-4 在宅持続陽圧呼吸療法診療件数(表)
図表2-4-5 在宅持続陽圧指導管理1(グラフ)
図表2-4-6 在宅持続陽圧指導管理2(グラフ)
図表2-4-7 在宅持続陽圧治療器加算ASV(グラフ)
図表2-4-8 在宅持続陽圧治療器加算CPAP(グラフ)
図表2-4-9 遠隔モニタリング加算(グラフ)
図表2-4-10 鼻CPAP患者数(2016~2022)
図表2-4-11 CPAP出荷台数推移(2016~2022)表
図表2-4-12 CPAP出荷台数推移(2016~2022)グラフ
図表2-4-13 CPAPレンタル金額市場規模推移(2016~2022)表
図表2-4-14 CPAPレンタル金額市場規模推移(2016~2022)グラフ
図表2-4-15 CPAP販売シェア(2021~2022)(表)
図表2-4-16 CPAP販売台数市場シェアグラフ(2021)
図表2-4-17 CPAP販売台数市場シェアグラフ(2022)
図表2-4-18 主なCPAP製品
図表2-5-1 透析方法の位置づけ
図表2-5-2 腹膜透析(PD)延べ患者数推移
図表2-5-3 腹膜透析(PD)患者数前年比増減
図表2-5-4 CAPDとAPDの主な違い
図表2-5-5 腹膜透析の問題点と課題
図表2-5-6 在宅における腹膜透析基本点数
図表2-5-7 腹膜透析関連製品 償還価格推移
図表2-5-8 在宅腹膜透析関連 診療件数(表)
図表2-5-9 在宅自己腹膜管理料(グラフ)
図表2-5-10 在宅自己腹膜頻回指導(グラフ)
図表2-5-11 紫外線殺菌加算(グラフ)
図表2-5-12 交換用熱殺菌加算(グラフ)
図表2-5-13 在宅腹膜透析に関する主な製品
図表2-5-14 2021年末 慢性透析療法の現状
図表2-5-15 血液透析併用を含めた腹膜透析患者数推移
図表2-5-16 腹膜透析液・PD患者数推移(2015~予)2022)表
図表2-5-17 腹膜透析液市場規模推移(2015~予)2022)グラフ
図表2-5-18 PD患者数推移(2015~予)2022)グラフ
図表2-5-19 腹膜透析液シェア(2021)
図表2-5-20 腹膜透析液シェア(予2022)
図表2-5-21 PD患者数シェア(2021)
図表2-5-22 PD患者数シェア(予2022)
図表2-6-1 在宅血液透析患者の適応基準例
図表2-6-2 在宅透析に移行するまでのプロセス
図表2-6-3 在宅血液透析の主な長所と短所
図表2-6-4 在宅血液透析の診療報酬点数推移
図表2-6-5 在宅血液透析関連 診療件数(表)
図表2-6-6 在宅血液透析指導管理(グラフ)
図表2-6-7 在宅血液透析頻回指導(グラフ)
図表2-6-8 透析液供給装置加算(グラフ)
図表2-6-9 主な血液透析関連製品
図表2-6-10 在宅血液透析患者数推移(表)
図表2-6-11 在宅血液透析患者数推移(グラフ)
図表2-6-12 人工透析コンソール販売台数推移(表)
図表2-6-13 人工透析コンソール販売台数推移(グラフ)
図表2-6-14 人工透析コンソール2021(グラフ)
図表2-6-15 人工透析コンソール2022(グラフ)
図表2-7-1 ASPEN(アメリカ静脈経腸栄養学会)推奨 栄養補給 投与経路ガイドライン
図表2-7-2 高カロリー輸液施行のガイドライン(成人)
図表2-7-3 在宅輸液療法の種類
図表2-7-4 在宅輸液療法に移行するまでのプロセス
図表2-7-5 在宅輸液療法関連の診療報酬・指導管理料一覧
図表2-7-6 在宅でのがん治療・薬剤管理・食事管理関連の診療報酬・指導管理料一覧
図表2-7-7 在宅輸液関連 診療件数(表)
図表2-7-8 在宅栄養指導管理(グラフ)
図表2-7-9 在宅成分栄養指導管理(グラフ)
図表2-7-10 在宅小児栄養指導管理(グラフ)
図表2-7-11 在宅半固形栄養指導管理(グラフ)
図表2-7-12 在宅悪性腫瘍指導管理(グラフ)
図表2-7-13 在宅悪性腫瘍共同指導管理(グラフ)
図表2-7-14 在宅輸液関連加算 診療件数(表)
図表2-7-15 在宅中心静脈セット加算(グラフ)
図表2-7-16 注入ポンプ加算(グラフ)
図表2-7-17 在宅経管セット加算(グラフ)
図表2-7-18 携帯ディスポポンプ加算(グラフ)
図表2-7-19 疼痛管理送信器加算(グラフ)
図表2-7-20 治療用輸液ポンプ 市場推移(表)
図表2-7-21 治療用輸液ポンプ 市場推移(グラフ)
図表2-7-22 専用型輸液ポンプ(経腸栄養用輸液ポンプ市場)市場推移(表)
図表2-7-23 専用型輸液ポンプ(経腸栄養用輸液ポンプ市場)市場推移(グラフ)
図表2-7-24 治療用液ポンプ市場シェア2021(グラフ)
図表2-7-25 治療用液ポンプ市場シェア2022(グラフ)
図表2-7-26 専用ポンプシェア(2021)
図表2-7-27 専用ポンプシェア(2022)
図表2-8-1 PEGの適用基準
図表2-8-2 タイプ別特徴
図表2-8-3 認知症患者におけるPEGの適応に関する立場表明
図表2-8-4 胃瘻に関する診療報酬
図表2-8-5 交換用胃瘻カテーテル、PTEG留置カテーテル 償還価格推移
図表2-8-6 胃瘻関連 診療件数(表)
図表2-8-7 胃瘻造設術(グラフ)
図表2-8-8 PTEG(グラフ)
図表2-8-9 経管栄養カテーテル交換(グラフ)
図表2-8-10 胃瘻閉鎖術(グラフ)
図表2-8-11 胃瘻抜去術(グラフ)
図表2-8-12 胃瘻造設時嚥下機能評価(グラフ)
図表2-8-13 交換用胃瘻カテーテルの主要製品一覧
図表2-8-14 PEG(PTEG)造設キット/交換用胃瘻カテーテル推移(表)
図表2-8-15 PEG(PTEG)造設キット/交換用胃瘻カテーテル推移(グラフ)
図表2-8-16 バンパー型推移(グラフ)
図表2-8-17 バルーン型推移(グラフ)
図表2-8-18 小腸留置型推移(グラフ)
図表2-8-19 PTEG推移(グラフ)
図表2-8-20 交換用カテーテル タイプ別割合(2022)
図表2-8-21 造設キット/交換カテーテル市場シェア(2021)
図表2-8-22 造設キット/交換カテーテル市場シェア(2022)
図表2-9-1 自己注射デバイス
図表2-9-2 在宅自己注射指導管理料、間歇注入シリンジポンプ加算、
 持続血糖測定器加算及び注入器用注射針加算に規定する注射薬
図表2-9-3 在宅自己注射に関する診療報酬点数
図表2-9-4 在宅自己注射関連 診療件数(表)
図表2-9-5 在宅自己注射指導管理(グラフ)
図表2-9-6 間歇注入シリンジ加算(グラフ)
図表2-9-7 持続血糖測定加算(グラフ)
図表2-9-8 注入器用注射針加算
図表2-9-9 主なインスリン製剤一覧
図表2-9-10 主なインスリンポンプ製品
図表2-9-11 インスリン製剤市場規模(グラフ)
図表2-9-12 インスリン製剤市場シェア(2021)(表)
図表2-9-13 インスリン製剤市場シェア(2021)グラフ
図表2-9-14 インスリンポンプ市場規模(表)
図表2-9-15 インスリンポンプ市場規模(グラフ)
図表2-9-16 インスリンポンプ市場シェア(2022)グラフ
図表2-10-1 在宅自己導尿の対象疾患
図表2-10-2 在宅自己導尿カテーテルの使用手順
図表2-10-3 在宅自己導尿関連の診療報酬点数推移
図表2-10-4 在宅自己導尿関連 診療件数(表)
図表2-10-5 在宅自己導尿管理(グラフ)
図表2-10-6 ディスポ親水性(グラフ)
図表2-10-7 ディスポ親水性以外(グラフ)
図表2-10-8 間歇バルーンカテーテル(グラフ)
図表2-10-9 間歇バルーンカテーテル再利用(グラフ)
図表2-10-10 主な自己導尿チューブ製品
図表2-10-11 自己導入用カテーテル実績推移(表)
図表2-10-12 自己導入用カテーテル実績推移(グラフ)
図表2-10-13 自己導入カテーテルシェア(2021)
図表2-10-14 自己導入カテーテルシェア(2022)
図表2-11-1 血糖測定器、グルコース分析装置のポジショニング
図表2-11-2 血糖自己測定器加算の診療報酬点数推移
図表2-11-3 血糖自己測定 診療件数(表)
図表2-11-4 血糖自己測定 診療件数(グラフ)
図表2-11-5 間歇スキャン式持続血糖測定器における社会医療診療行為別調査(グラフ)
図表2-11-6 血糖自己測定器 市場規模(表)
図表2-11-7 血糖自己測定器 市場規模(グラフ)
図表2-11-8 血糖自己測定器 市場シェア(表)(2021)
図表2-11-9 血糖自己測定器 市場シェア(グラフ)(2021)
図表3-1-1 ゼロイベント実現におけるヘルスケア事業が目指す高血圧治療
図表3-1-2 ゼロイベントにおける高血圧治療の次のステージ
図表3-1-3 在宅医療(遠隔診療)に関連したサービス展開
図表3-1-4 「HCG-8060T」の活用方法
図表3-2-1 パルスオキシメータ年間市場台数
図表3-2-2 パルスオキシメータ据置タイプ、ハンディタイプ台数推移
図表3-2-3 パルスオキシメータ タイプ別推移
図表3-3-1 SASが診断からCPAP導入までの流れ
図表3-3-2 スリープアプニアタイプ別推移(表)
図表3-3-3 スリープアプニアタイプ別推移(グラフ)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 182頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。