2023年版 睡眠関連ビジネス市場の現状と将来展望

2000年頃から形成された睡眠関連ビジネス市場は、24時間社会の浸透、長時間労働、交代制勤務の常態化、雇用不安などの社会問題が背景にある。近年では、新型コロナウイルス感染症の流行による生活リズムの乱れが、睡眠の質の低下を招いているという報告もある。
本市場は、睡眠メカニズムや健康への影響に関する基礎研究が進み、科学的な知見が増えるにつれて、睡眠の質の重要性がより広く認識されることで関連製品の市場は拡大している。さらに、生体センシング技術の向上から手軽に睡眠の状態を可視化することが可能になったことも市場への追い風となっている。また、睡眠は、生産性および企業の利益等にも寄与することが近年示唆されており、健康経営の観点からも睡眠が注目されている。
本資料では、寝具類、食品、医薬品、医療機器、スリープテック関連製品の5セグメントの観点から、市場動向、規模、用途別の分析を行い、主要企業の事業展開、今後の方向性等について展望する。

発刊日
2023/12/28
体裁
A4 / 205頁
資料コード
C65117800
PDFサイズ
4.3MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 205頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

企画趣旨:2000年頃から形成された睡眠関連ビジネス市場は、24時間社会の浸透、長時間労働、交代制勤務の常態化、雇用不安などの社会問題が背景にある。近年では、新型コロナウイルス感染症の流行による生活リズムの乱れが、睡眠の質の低下を招いているという報告もある。
本市場は、睡眠メカニズムや健康への影響に関する基礎研究が進み、科学的な知見が増えるにつれて、睡眠の質の重要性がより広く認識されることで関連製品の市場は拡大している。さらに、生体センシング技術の向上から手軽に睡眠の状態を可視化することが可能になったことも市場への追い風となっている。また、睡眠は、生産性および企業の利益等にも寄与することが近年示唆されており、健康経営の観点からも睡眠が注目されている。
本資料では、機能性寝具類、機能性表示食品、医薬品(睡眠薬、睡眠改善薬)、医療機器(SAS、CPAP)、スリープテック関連製品の 5 セグメントに分け、市場動向、規模、用途別の分析を行い、主要企業の事業展開今後の方向性等について展望する。
調査対象分野:機能性寝具類、機能性表示食品、医薬品(睡眠薬、睡眠改善薬)、医療機器(SAS、CPAP)、スリープテック関連製品
調査方法:弊社研究員による直接・web 面接調査・間接調査・デスクリサーチ等
調査・編集期間:2023年10月~2023年12月

調査結果サマリー
Close

スリープテック市場に関する調査を実施(2023年)
2023年の国内スリープテック市場規模は105億円になると予測
​~エビデンスに基づく睡眠改善サービスの拡大、法人向けの開発も進む~

資料ポイント
Close

  • 睡眠関連市場を機能性寝具類、機能性表示食品、医薬品(睡眠薬、睡眠改善薬)、医療機器(SAS、CPAP)、スリープテック関連製品の5セグメントから調査
  • 睡眠に関連する各セグメントの市場規模、主要参入企業の動向、方向性を分析
  • 前回版との違い
    ・睡眠と健康に関する研究動向の追加
    ・国策として実施される睡眠関連施策の更新
    ・スリープテック市場の参入企業動向を更新

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 総論

1.睡眠関連ビジネスの市場概況
  (1)睡眠関連ビジネス市場の分類、定義
    ①機能性寝具類
    ②睡眠関連食品・サプリメント
    ③睡眠導入剤(医科向け)
    ④睡眠改善薬(OTC医薬品)
    ⑤睡眠時無呼吸症候群(SAS)関連 診断機器
    ⑥睡眠時無呼吸症候群(SAS)関連 治療機器(CPAP)
    ⑦スリープテック関連製品
  (2)睡眠とは
    ①睡眠の定義
    ②睡眠の仕組み
  (3)睡眠は身体、精神、社会性に深く関係
    ①睡眠と健康との関連性
    ②睡眠は労働パフォーマンスとの関係性
  (4)睡眠に関する政策・ガイドライン
    ①健康日本21
    ②10年ぶりの睡眠指針の改訂
    ③超党派による睡眠議連の設立
    ④交通・物流業界に対するSAS対策
    ⑤勤務間インターバル制度の推進
    ⑥睡眠を観点とした健康経営への取り組みが進む
  (5)睡眠に関する社会動向
    ①日本の人口動態・婚姻件数
    ②日本の睡眠時間は不足
    ③睡眠時間に加え睡眠の「質」も十分ではない
    ④就業形態に変化に伴う睡眠時間の変化
    ⑤かくれ不眠、睡眠負債、睡眠休養感などのキーワードによる社会からの関心が向上
    ⑥コロナ禍の収束から観光業が回復の兆し
    ⑦睡眠目的とした旅行「スリープツーリズム」が注目
  (6)睡眠障害の分類
    ①睡眠障害と精神疾患との関連性
    ②国内の睡眠障害診断の現状
  (7)日本のICTの普及状況

第2章 セグメント別市場動向

1.機能性寝具(マットレス、枕)、寝具類
  (1)市場概要
    ①国内一般ベッド市場は減少から横ばい傾向
    ②寝具関連の個人消費は安定的に推移
  (2)製品戦略
    ①ベッド
    ②マットレス
    ③枕(ピロー)
    ④ふとん類
  (3)主な参入企業の動向
  (4)販売・プロモーション・流通戦略
    ①スポーツ選手・有名人を起用したスターマーケティングの拡大
    ②手軽に試すことのできるサブスクリプションサービスの展開
    ③アフターコロナでの実店舗体験とオンラインの共存
  (5)寝具関連市場の今後の方向性
2.睡眠関連食品・サプリメント
  (1)市場概要
    ①保健機能食品の種類
    ②「睡眠の質を高める」機能を有する主な成分
  (2)製品動向
  (3)市場規模
3.睡眠導入剤
  (1)市場概況
    ①向精神薬処方の適正化が2018年以降に厳格化
    ②睡眠薬の分類、特徴
  (2)製品動向
    ①薬物療法の選択肢が増えるなかオレキシン受容体拮抗薬は伸長
    ②治療用アプリが保険適用され、注目される認知行動療法
  (3)市場規模
4.睡眠改善薬(OTC医薬品)
  (1)市場概要
  (2)製品概要
  (3)市場規模
5.睡眠時無呼吸症候群(SAS)診断市場
  (1)市場概要
  (2)企業動向
  (3)市場動向
6.経鼻的持続陽圧呼吸療法装置(CPAP)市場
  (1)市場概要
    ①CPAP関連の診療報酬の経緯
    ②日本でのCPAP装置のビジネスモデル
  (2)企業動向
  (3)市場動向
    ①CPAP患者数は増加傾向
    ②市場規模
7.スリープテック市場
  (1)市場概要
    ①スリープテックとは
    ②スリープテック市場の位置づけ
    ③市場背景
    ④睡眠を観点とした健康経営の広がり
    ⑤治療から予防、予防からウェルビーイングへとサービスの視点がシフト
  (2)製品・サービス動向
    ①スリープテックのプロダクトは多様化が進む
    ②睡眠改善サービスの方向性
    ③睡眠のエンターテイメント化が注目
  (3)注目企業動向
    ①医療機器、寝具メーカーから大学発スタートアップなど多様な参入企業
    ②企業団体の設立による睡眠ビジネスの標準化を目指す
  (4)研究開発動向
    ①計測デバイスの小型化、多様化の進展
    ②日中の行動および脳波などから疾患のと関連性の探索
  (5)スリープテック市場の将来展望と市場規模予測
    ①市場規模予測
    ②法人向けビジネス展開における課題
    ③将来展望
  (6)海外のスリープテックの動向

第3章 注目企業動向

株式会社ACCELStars
東日本電信電話株式会社
NTT PARAVITA株式会社
キッセイコムテック株式会社
株式会社小池メディカル
昭和西川株式会社
株式会社S’UIMIN
帝人ファーマ株式会社
テンピュール・シーリー・ジャパン有限会社
西川株式会社
株式会社ニューロスペース
株式会社フィリップス・ジャパン
フランスベッドホールディングス株式会社
株式会社ブレインスリープ

<図表目次>

【第1章】
図表 1-1 睡眠関連ビジネス市場の全体イメージ
図表 1-2 睡眠不足による様々なリスクに関するイメージ
図表 1-3 勤務間インターバル制度の導入状況
図表 1-4 勤務間インターバル制度を導入しない理由(2021年)
図表 1-5 勤務間インターバルの長さと睡眠時間、睡眠の質との関連性
図表 1-6 健康保持・増進に関する教育内容で、「睡眠」の取組を実施している企業数
図表 1-7 睡眠障害や、業務中の眠気による生産性の低下予防の取組の実施割合
図表 1-8 日本の人口推移・予測
図表 1-9 65歳年代別の人口増減の推移
図表 1-10 婚姻件数・婚姻率の推移
図表 1-11 出生数・出生率の推移
図表 1-12 各年代における必要な睡眠時間
図表 1-13 世界と日本の平均睡眠時間の比較
図表 1-14 世界と日本の平均睡眠時間の比較(男女別)
図表 1-15 日本の平均睡眠時間(週全体)の時系列推移
図表 1-16 睡眠時間(平日、土曜、日曜)の時系列推移
図表 1-17 年代別睡眠時間(平日)の比較(2015年、2020年)
図表 1-18 平均睡眠時間の推移
図表 1-19 年代別の睡眠時間の割合(上:男性、下:女性)
図表 1-20 理想の睡眠時間と実際の睡眠時間
図表 1-21 理想の睡眠時間と実際の睡眠時間との乖離時間
図表 1-22 年代別の睡眠の質(2019年)
図表 1-23 年代別の睡眠の質(簡易・2018年)
図表 1-24 就業形態による睡眠時間の比較(年代別)
図表 1-25 地域別のテレワーク実施率
図表 1-26 宿泊者数の推移
図表 1-27 主な睡眠障害の概要
図表 1-28 睡眠障害の患者数推移(各年10月)
図表 1-29 精神および行動の障害患者数の推移(各年10月)
図表 1-30 年齢階層別インターネットの利用状況(個人)の推移
図表 1-31 年齢階層別インターネットの利用機器状況(2021年)
図表 1-32 通信機器の保有状況推移(世帯)
図表 1-33 年齢階層別ウェアラブル端末の保有状況推移(世帯)
 
【第2章】
図表 2-1 国内の一般ベッドの生産台数推移
図表 2-2 百貨店の家具販売額の推移
図表 2-3 1か月単位の百貨店の家具販売額の推移
図表 2-4 大手量販店5社の売上高の推移
図表 2-5 ベッド・寝具類の一世帯当たりの年間支出の推移(二人以上世帯)
図表 2-6 ベッド・寝具類の一世帯当たりの年間支出の推移(カテゴリー別)
図表 2-7 (株)ニフコのベッドおよび家具事業の業績推移
図表 2-8 主要参入企業の主力販売チャネル
図表 2-9 寝具・寝装品4品、家庭用ベッドの小売金額ベースの市場規模推移
図表 2-10 食品・医薬品の分類及び機能性表示食品の位置付け
図表 2-11 睡眠に関する機能性表示食品の届出件数の時系列推移
図表 2-12 「睡眠」に関する機能性表示食品の食品区分別の割合
図表 2-13 「睡眠の質を高める」機能を有する主な成分
図表 2-14 睡眠関連を標ぼうする機能性表示食品の主な成分別品目数
図表 2-15 睡眠関連の機能性表示食品の主な成分別品目数(年代別)
図表 2-16 睡眠関連の機能性表示食品の主な成分別食品区分(年代別)
図表 2-17 機能性表示食品(睡眠の質を高める成分)の市場規模推移
図表 2-18 睡眠薬の効果持続時間別の分類
図表 2-19 主な睡眠導入剤
図表 2-20 睡眠導入剤(医療用医薬品)市場規模推移および将来推計
図表 2-21 睡眠改善薬(OTC医薬品)市場規模推移および将来推計
図表 2-22 SASの診断からCPAP導入までの流れ
図表 2-23 SAS診断の診療報酬
図表 2-24 終夜睡眠ポリグラフィー検査数推移
図表 2-25 スリープアプニア タイプ別台数推移
図表 2-26 スリープアプニア市場規模推移
図表 2-27 CPAP患者の年代別割合
図表 2-28 CPAP装置のビジネスモデル
図表 2-29 鼻CPAP患者数推移
図表 2-30 CPAP装置レンタル市場規模推移
図表 2-31 スリープテックの位置づけ
図表 2-32 予防を観点とした睡眠ビジネス
図表 2-33 スリープテックのプロダクト分類
図表 2-34 国内の主なスリープテック関連製品およびサービス(個人向け)
図表 2-35 国内の主なスリープテック関連製品およびサービス(法人・医療機関向け)
図表 2-36 各睡眠関連団体のポジショニングイメージ
図表 2-37 日本のスリープテック市場の市場規模・予測
図表 2-38 サービス導入時期における課題
図表 2-39 海外の主なスリープテック参入企業(23社)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 205頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。