2015 インドネシア・ハラール・ディレクトリ 日本語版

インドネシアで食品、外食関連企業が必携する資料「INDONESIA HALAL DIRECTORY」。毎年発行されるこの書籍は、LPPOM MUIハラール認証取得企業の企業情報、工場情報等が7000社以上更新され掲載されています。従来この資料は日本では販売されておらずインドネシアにあるLPPOM MUIの事務所に行かなければ入手できませんでした。また内容もインドネシア語と英語のみの表記により理解に時間がかかるのが難点でした。日本語版の刊行により、インドネシア市場に進出したい日系企業各社様にとって、体系的、効率的にハラール全般の理解ができるのみならず、現地パートナーに関する情報、現地のハラール認証手続き、MUIファトワに関する最新情報を日本語でご覧いただけます。

発刊日
2016/01/18
体裁
B5 / 65頁
資料コード
J57100200
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

22,000
20,000
2,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

発刊要項
Close

資料体裁
日本語訳版 B5/表紙カラー・本文モノクロ判/65ページ
本編(英語・インドネシア語)A4/オールカラー判/465ページ

リサーチ内容

■掲載内容

挨拶(インドネシア共和国議会議長/インドネシア共和国地方議会議長/研究・技術・高等教育相/MUI会長//LPPOM MUIディレクター)
最新の研究と技術を活用したハラール認証
インドネシアのハラール認証機関(LPPOM MUI)の概要/役割と機能、ハラール認証件数実績
ハラール・オンライン認証システムとそのフロー・チャート
ハラール認証手続きの流れ、ハラール食品材料および文書の要件
インドネシア・ウラマ評議会(MUI)が承認する海外のハラール認証機関のリスト
インドネシア・ウラマ評議会(MUI)によるファトワ編集、ハラール製品に関するシャリーア法令
  ・皮革、およびその利用について
  ・遺伝子工学及び関連その関連製品について
  ・化粧品、医薬品の使用条件について
  ・不衛生な飼料を与えられた家畜に関する規定
  ・カタツムリを食することについて
  ・ツバメの巣について
  ・ルアックコーヒーのハラール性について
  ・再利用水について
  ・食品における微生物利用について
  ・タバコ・喫煙について
  ・屠殺処理の認証について
  ・アルコールについて
  ・カニについて
  ・クローニングについて
  ・ミミズおよびコウロギを食べること、育てることについて
  ・カエルを食べること、育てることについて
  ・ウサギの肉を食べることについて
  ・アルコール類、薬物の件
  等 多数の法的見解、警告を掲載
LPPOM MUI 組織 /LPPOM 監査員リスト /州レベルのLPPOM MUIとその所在地リスト
LPPOM MUIハラール認証取得企業ディレクトリ (企業名,住所,Tel, Fax, email ,主要商品,ハラール認証取得工場住所、など)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

22,000
20,000
2,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。