韓国・非ITO系透明導電性フィルム市場の最新動向

発刊日
2015/11/10
体裁
B5 / 54頁
資料コード
R57200901
PDFサイズ
1.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

55,000
50,000
5,000
110,000
100,000
10,000
165,000
150,000
15,000
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

(1)調査主旨と方法
韓国の非ITO 系透明導電性フィルムメーカー、材料メーカーの事業展開と最新動向を調査するとともに、研究機関の研究開発動向を明らかにする。本調査では弊社専門調査員による直接面接取材をベースに、文献調査を併用した。
(2)調査期間
2015年9月1日~2015年10月30日
(3)企画・制作
インダストリアルテクノロジーユニット 素材産業グループ

 

リサーチ内容

韓国の非ITO 系透明導電性フィルム市場の最新動向
独自用途の積み重ねこそが韓国・非ITO フィルムメーカーの活路となる

1.市場動向

1-1.韓国のITOフィルム市場動向
  Samsungの端末事業の不振が
  韓国TPメーカー及びITOフィルムメーカーの戦略に打撃
  【図1.韓国企業におけるサンドイッチ現象】
1-2.韓国の非ITOフィルム市場動向
  視認性・光学特性などの問題が徐々に改善に向かう
  大型サイズ用TP向けでの採用拡大を図る動きが活発化
  1-2-1.メタルメッシュフィルム
  韓国のメタルメッシュフィルムメーカーの多くが2014年より量産を開始
  PCモニター、All in One PC、ノートPC用TP向けに採用
  1-2-2.銀ナノワイヤーフィルム(AgNWフィルム)
  ヘイズの低減・低抵抗化を両立させる手法の開発が進む
  LGE以外の量産もスタート
  1-2-3.カーボンナノチューブフィルム(CNTフィルム)
  CNTとAgNWを混合したハイブリッドタイプの開発が活発
  抵抗値のコントロールによりTP用途のほか、透明発熱体用途でも可能性あり
  1-2-4.PEDOT:PSSフィルム
  PEDOT:PSSならではの柔軟性と表面平滑性が特長
  低抵抗化とブルーカラーが課題、一部のメーカーではAgNWのドーパント導入も
  1-2-5.グラフェン
  Roll to Roll 転写方式でのグラフェンフィルム生産技術が開発、
  材料の量産、透過性・導電性・耐久性などがネック、実用化は2020年前後を予測
1-3.非ITOフィルムのポジショニング(世界)
  ITO フィルムと「共存」・「棲み分け」できる分野をいくつ構築できるかがカギ
  【図2.ITO及び非ITOフィルム(メタルメッシュ・AgNW)における主要マーケットの変動】
  非ITOフィルム市場は創成期の段階、誰もがマーケットリーダーになり得るチャンスあり
  【表1.韓国・非ITO フィルムメーカー生産体制】

2.企業動向

2-1.NAWOO TECH CO., LTD.(ナウテック)
  海外向けにTP用ITOフィルム販売が堅調
  車載TP用ITOフィルムの新規市場開拓に取り組む
  中国向けを中心にITOフィルムを販売、2012年より年間45~50万㎡の販売量をキープ
  【表2.NAWOO TECH ITOフィルム生産拠点と能力】
  【表3.NAWOO TECH ITOフィルム販売量推移】
  2015年より日本向けに車載TP用ITOフィルム供給開始、2016年から本格的な販売へ
2-2.COSMO AM&T CO., LTD.(コスモ新素材株式会社)
  フィルム加工技術を活かし、AgNWフィルムの低抵抗化・高透過率を実現
  2014年末より40万㎡/月のキャパでAgNWフィルムのパイロット量産を開始
  2016年より50㎛品を、さらに23㎛品も開発中
  【表4.コスモ新素材非ITO系透明伝導性フィルム生産拠点と能力】
  【表5.コスモ新素材AgNWフィルム主要スペック】
  抵抗値23Ω/□、透過率92.8%、ヘイズ0.64%のAgNWフィルムが量産可能に
  【表6.コスモ新素材AgNWフィルム主要スペック】
  タッチパネル向けと発熱体向けを主軸した展開に取り組む
  自動車内装材、ウィンドウ用発熱体及び変色フィルムなど、
  自動車部品向けでの採用に期待
  【表7.コスモ新素材における用途開発ロードマップ】
2-3.Carestream Advanced Materials
  2014年4四半期よりAgナノワイヤ-フィルム「FLEXX」の量産開始
  AgNWインキからフィルムへのコーティングまで一貫生産体制を構築
  2016年初頭に50μm品の量産開始
  【表8.ケアストリームAgNWフィルム生産拠点と能力】
  AgNWのファイン化とバインダー調整により透過率とヘイズ問題を改善
  【表9.ケアストリームAgNWフィルム「FLEXX」の主要スペック】
  2016年からのスマートフォン向けでの採用本格化を目指す
  【表10.ケアストリームAgNWフィルム生産量推移】
2-4.SANGBO Corp.
  CNT透明電極に特化した体制で海外での拡販に取り組む
  CNTタッチセンサーが家電のタッチキーとスマートフォンタッチパネルに採用
  【表11.SANGBOのCNTタッチセンサーのスペック表】
  【図3.SANGBOのCNTタッチセンサー各種】
  「無エッチングAgNW・CNTハイブリッド型透明電極フィルム」で
  低抵抗化・高透過率・ヘイズ改善・低コスト化を実現
  【表12.SANGBOのハイブリッド型タッチセンサーの主要特性】
  【図4.無エッチングパターニングのプロセス】
2-5.TOP NANOSYS
  ハイブリッド型透明電極フィルムによるITO代替を目指す
  2015年上期にCNTとAgNW混合のハイブリッド型透明電極フィルム
  「TopTrans™」を上市
  従来の非ITO透明電極フィルムと比べ、優れた特性と低コストの優位性を訴求
  【表13.透明電極フィルムにおける素材別性能比較】
  【表14.「TOP TransTM」シリーズのスペック表】
2-6.DONGJIN SEMICHEM CO., LTD.
  AgNWとPEDOT:PSSを用い、非ITO透明導電性フィルムを展開
  AgNW+PEDOTハイブリッド型で50Ω/□、透過率90%、ヘイズ1.0以下を実現
  【表15.DONGJIN SEMICHEM透明導電性フィルム生産拠点と能力】
2-7.MExplorer Co., Ltd
  独自のグラフェン製造方法により、安価で高品質のグラフェンを供給
  グラファイトパウダーと水などを原料とし、
  短時間で高純度グラフェン生産を可能に
  酸処理をしないグラフェンを水分散させ、ペーストと接着剤製品を開発
  【表16.MExplorerグラフェン製品の主要スペック】
  【図5.G-paste(グラフェン水分散ペースト)の透過電子顕微鏡写真】
2-8.KOREA INSTITUTE OF MACHINERY&MATERIALS(韓国機械研究院)
  R to Rl 転写方式によるグラフェン透明導電性フィルム生産を可能に
  ローラー荷重と張力をコントロールし、グラフェン層破損を抑制
  幅500mm、厚み18μmのグラフェン透明導電性フィルムを2m/分のスピードで生産
  【表17.韓国機械研究院 Roll to Roll 生産設備の概要】
  【図6.Roll to Roll 転写によるグラフェン透明導電性フィルムの生産プロセス】
  材料の量産化がネック、実用化は2020年以降を予想

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

55,000
50,000
5,000
110,000
100,000
10,000
165,000
150,000
15,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。