パチンコホールの閉店実態 2018年版

発刊日
2018/04/16
体裁
A4 / 59頁
資料コード
R60200101
PDFサイズ
2.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

54,000
50,000
4,000
108,000
100,000
8,000
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:2018年2月に規則改正があり、今後、パチンコホールの収益性が徐々に低下していく見通しです。4号機が完全撤去となった2007年のように、認定機が撤去されるタイミングでパチンコホールの廃業や閉店が増加するおそれがあります。
本書では、YANOパチンコデータベースをもとに、2017年に廃業したパチンコ経営企業や閉店ホールの傾向を分析しました。また、パチンコホール経営企業では4年ぶりとなる負債総額100億円超えの大型倒産の事例も分析しています。パチンコホールの店舗戦略の立案や、パチンコホールと取引のある企業様の与信管理にご活用いただける一冊です。
調査対象:全国のパチンコホール、全国のパチンコホールを経営する企業ほか
調査方法:YANOパチンコデータベースをもとに集計
※矢野経済研究所が保有するパチンコホール、およびパチンコ経営企業のデータベース
調査期間:2018年1月~2018年3月

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1編 パチンコホール経営企業の廃業状況

1.2017年に実質廃業した企業グループの傾向
  (1)2017年に実質廃業した企業グループの傾向
  (2)2017年の実質廃業率
  (3)グループ規模別の実質廃業率
  (4)地方別の実質廃業率
  (5)グループ保有の総台数規模別の実質廃業率
  (6)グループ平均の台数規模別の実質廃業率
  (7)グループ平均の商圏遊技機台数規模別の実質廃業率
  (8)グループ平均の人口規模別の実質廃業率
2.実質廃業の事例研究
  (1)株式会社ゲンダイの事例(負債総額100億円以上の大型倒産)
  (2)株式会社パラダイスの事例(M&Aによりパチンコ事業を売却)

2編 パチンコホールの閉店実態

1.2017年の閉店実態
  (1)2017年の閉店実態
  (2)2017年の閉店率
  (3)グループ規模別の閉店率
  (4)地方・立地別の閉店率
  (5)台数規模別の閉店率
  (6)駅前型の閉店率(商圏遊技機台数・人口規模別)
  (7)郊外型の閉店率(商圏遊技機台数・人口規模別)
  (8)ポジショニングMAP分析
2.閉店ホールのその後
  (1)閉店ホールのその後
  (2)地方・立地別のその後
  (3)台数規模別のその後
  (4)人口規模別のその後
  (5)閉店ホールのその後(一覧)
  (6)閉店ホールのその後(M&A)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

54,000
50,000
4,000
108,000
100,000
8,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。