2023 自動車工場向けソリューションにおけるAI活用の実際

発刊日
2023/08/07
体裁
A4 / 43頁
資料コード
R65200301
PDFサイズ
1.3MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:現在、OEM は、自動車工場の自動化に向けて生産工程や検査工程などにおいてAI 活用を積極的に推し進めている。そこで本レポートでは、こうした取組みを支援する自動車工場向けソリューションにおけるAI 活用について、生産工程、組立工程、工場全体の最適化の各々における適用状況について実態を明らかにすることを目的としている。
調査対象企業:IT事業者 5社
調査方法
(1)弊社研究員による直接面談取材(オンライン面談含む)
(2)電話調査および文献調査など
調査期間:2022年12月~2023年7月

リサーチ内容

第1章 AI 活用に対する基本的な考え方

1.AI 活用における3 つのポイント
  1.1.ポイント①:AI 活用に向けた人材教育
  1.2.ポイント②:工作機械のIoT 化
  1.3.ポイント③:AI のホワイトボックス化
2.AI 活用に際してのOEM とベンダーの役割分担
  2.1.人材採用からみたOEM の生産技術に係るAI に対する姿勢
  2.2.内製化が基本トレンド

第2章 AI の活用状況

1.生産工程におけるAI 活用
  1.1.活用分野
  1.2.導入事例
2.検査工程におけるAI 活用
  2.1.活用分野
  2.2.導入事例
    2.2.1.異音検査
    2.2.2.外観検査・画像検査
3.工場全体の最適化に向けたAI 活用
  3.1.活用分野
  3.2.導入事例

第3章 企業個票

1.グルーヴノーツ
2.シーイーシー
3.スカイディスク
4.富士ソフト
5.MathWorks

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。