レジャー・エンターテインメント、パチンコ・パチスロ

アクティブシニア関連、フィットネス施設関連情報 無償公開中!

新型コロナウイルス感染拡大によりシニア関連サービスは大きな打撃を受けた。重症化しやすい高齢者は、他の年代と比較しても活動自粛へのマインドが高く、2020年はさまざまな施設で利用者の減少が一気に加速した。また、フィットネス施設においても、会員のシニア比率が高い総合型や小規模型で業績に深刻な影響が出ている。一方、若年層が主な客層である24時間型はいち早く出店を再開しており、フィットネス施設市場における存在感が高まる見通しである。
 

アクティブシニア関連、フィットネス施設関連の市場調査結果

シニア関連市場に関する調査を実施(2020年)~日本国内での高齢化がさらに進行しシニア関連マーケット市場は拡大基調で推移する見通し、コロナ禍はシニア関連マーケットにも直撃、ニューノーマルへの対応が進む~(2021年6月21日公開)

<この調査結果掲載の資料>
2021年版 シニア関連市場マーケティング年鑑
体裁:A4 / 636頁
販売価格:132,000円(税込)
詳細はこちらから

フィットネス施設に関する調査を実施(2020年)~2020年10月の全国フィットネス施設総数は7,893施設、24時間型の施設数が1,700施設を超える~(2021年2月24日公開)

<この調査結果掲載の資料>
2020年版 フィットネス施設市場の現状と展望
体裁:A4 / 286頁
販売価格:132,000円(税込)
詳細はこちらから