情報通信

GAIA-Xから読み取る欧州データ戦略の狙い

日本ではあまり危機感は生まれていないようですが、自社のデータインフラを米国のアマゾン、マイクロソフトなどのハイパースケールクラウド上に構築すると、米国クラウド法の適用を受けることになり、企業の「データ主権」が守られるのかという問題が発生します。そうした危機感のもと、欧州が主導するGAIA-Xは既存のクラウドサービスを連結し運用する分散型のデータインフラの構築を目指しています。
 

海外データ・プラットフォーム戦略に関する調査を実施(2021年)

GAIA-Xへの新規加入企業数は195社(2020年12月~2021年3月計)~産業界における成功モデルの確立とデータ取引に係る法整備が普及拡大の鍵を握る~(2021年9月2日公開)

<この調査結果掲載の資料>
2021 データ・プラットフォーム戦略研究 ~欧州GAIA-Xの与える影響~
体裁:A4 / 72頁 販売価格:198,000円(税込)
詳細はこちらから