「化粧品受託製造市場に関する調査を実施(2020年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2020年版 化粧品受託製造・容器・原料市場の展望と戦略

価格:120,000円(税別)
「2020年版 化粧品受託製造・容器・原料市場の展望と戦略」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全644ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

化粧品受託製造・容器・原料市場の展望と戦略 2020年版Semiannual Report

第1章 化粧品市場の動向

1.2018年度日本の化粧品総市場
2.化粧品の市場規模推移(2014~2018年度)
3.化粧品の製品カテゴリー別市場
4.化粧品の流通ルート別市場

第2章 化粧品受託製造市場の動向分析

1.化粧品受託製造市場の概況
  1)全体(市場活性化要因と現在までの変遷)
  2)カテゴリー別概況
    (1)スキンケア
    (2)メイクアップ
    (3)ヘアケア
  3)チャネル別(発注元別)化粧品受託製造製品の傾向
2.化粧品受託製造の市場規模推移(2015~2019年度)
  1)全体
  2)スキンケア
  3)メイクアップ
  4)ヘアケア
3.化粧品受託製造市場の参入企業シェア(2019年度)
  1)全体
  2)スキンケア
  3)メイクアップ
  4)ヘアケア
4.大手化粧品受託製造企業の戦略分析
  1)研究開発・製品開発動向
  2)生産・品質管理
  3)営業動向・マーケティング戦略
  4)今後の戦略
5.化粧品受託製造市場の今後の方向性・市場見通し
  1)全体
  2)スキンケア
  3)メイクアップ
  4)ヘアケア
6.化粧品受託製造の市場規模予測(2020~2024年度)
  1)全体
  2)スキンケア
  3)メイクアップ
  4)ヘアケア
7.化粧品受託製造の市場規模推移一覧(2015~2024年度予測)
8.化粧品受託製造企業の取扱品目一覧
  1)化粧品受託製造市場参入企業82社の取扱品目別一覧
  2)受託製品一覧表

第3章 化粧品容器市場の動向分析

1.化粧品容器市場の概況
  1)流通構造の概況
  2)化粧品容器の加工工程
2.化粧品容器採用におけるポイントと傾向
  1)容器の材質と加工・ロット数等コスト管理
  2)化粧品容器に使用される主な材質と特徴
  3)販売ルート別化粧品容器のニーズと採用動向
  4)化粧品容器の方向性とその動向
2.化粧品容器市場の現状分析
3.参入企業動向
4.化粧品容器メーカー・ディーラーの戦略分析
  1)生産・加工体制
  2)品質管理・研究開発
  3)営業の体制と営業動向
  4)市場の現状評価と課題・対策
  5)今後の市場戦略
5.化粧品容器市場の今後の展望

第4章 化粧品原料市場の動向分析

1.化粧品原料市場の概況
2.参入企業動向
  1)国内メーカー
  2)外資系メーカー
  3)原料商社
3.化粧品原料市場規模推移(2015~2019年度)
  1)総市場
  2)素材由来別市場
4.注目素材の動向分析
  1)アンチエイジング原料分析
    (1)アンチエイジング原料の概要
    (2)アンチエイング原料の市場年表
    (3)アンチエイング成分分析
  2)美白原料分析
    (1)美白原料の概要
    (2)美白原料の市場年表
    (3)美白有効成分分析
5.化粧品原料メーカー・商社の戦略分析
  1)主要取扱い原料とその概況
  2)品質管理・研究開発の動向
  3)営業体制、営業動向・マーケティング戦略
  4)市場の現状評価・課題と対策
  5)今後の市場戦略
6.化粧品原料市場の今後の需要見通しと市場展望

第5章 主要参入企業の戦略

<化粧品受託製造企業(30社)>
アサヌマコーポレーション株式会社
株式会社アンズコーポレーション
インターナショナル・トイレツリース株式会社
エア・ウォーター・ゾル株式会社
株式会社クロバーコスメイク
株式会社ケイズ
ケミコスクリエイションズ株式会社
株式会社コスメサイエンス
株式会社コスメテックジャパン
株式会社サティス製薬
株式会社シーエスラボ
ジェイオーコスメティックス株式会社
資生ケミカル株式会社
株式会社天真堂
東色ピグメント株式会社
東陽化成株式会社
東洋ビューティ株式会社
株式会社トキワ
株式会社トレミー
日進化学株式会社
日本コルマー株式会社
株式会社日本色材工業研究所
株式会社美粧ケミカル
株式会社ファインケメティックス
ホシケミカルズ株式会社
株式会社マーナーコスメチックス
株式会社ミック・ケミストリー
三菱鉛筆株式会社
株式会社ミリオナ化粧品
株式会社ミロット

<化粧品容器製造企業・ディーラー(7社)>
浅井硝子株式会社
石堂硝子株式会社
共同印刷株式会社
株式会社グラセル
武内容器株式会社
竹本容器株式会社
株式会社宮本

<化粧品原料メーカー・商社(10社)>
一丸ファルコス株式会社
岩瀬コスファ株式会社
大阪佐々木化学株式会社
オリザ油化株式会社
カネダ株式会社
クローダジャパン株式会社
株式会社高研
日光ケミカルズ株式会社
日本精化株式会社
株式会社マツモト交商

ショートレポート
「2020年版 化粧品受託製造・容器・原料市場の展望と戦略」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2020年版 化粧品受託製造・容器・原料市場の展望と戦略(2020年発刊、税別120,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全5ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 化粧品容器市場
 化粧品原料市場

3.注目トピック
  新型コロナウイルスの影響 ※1


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 国内化粧品受託製造の市場規模推移・予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2015~2019年度実績、2020年度予測
  • 国内化粧品原料の市場規模推移
  •  ※データ掲載年:2015~2019年度実績

※本レポートは、2020年発刊の「2020年版 化粧品受託製造・容器・原料市場の展望と戦略」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です