プレスリリース
No.2188
2019/08/01

洋菓子を直近1年間でギフトとして購入した経験がある人は6割以上
~贈答・ギフト用購入時には「贈り先ファースト」を重視~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、消費者の和菓子・洋菓子・デザート類・コンビニスイーツの購入・消費動向に関するインターネットアンケート調査を実施し、消費者の嗜好、購入状況、購入理由等を明らかにした。ここでは主に洋菓子購入者のギフト・贈答用途についての分析結果を公表する。

直近1年間の贈答・ギフト用洋菓子の購入有無
直近1年間の贈答・ギフト用洋菓子の購入有無
贈答・ギフト用洋菓子購入時に重視する点
贈答・ギフト用洋菓子購入時に重視する点

1.調査結果概要

2018年11月に和菓子・洋菓子・デザート類・コンビニスイーツについて関東(東京、千葉、埼玉、神奈川)と関西(大阪、京都、兵庫)に居住する20代から60代までの男女合計894名(男性442名、女性452名)に実施した消費者アンケート調査によると、直近1年間の贈答・ギフト用途における洋菓子の購入有無(単数回答)について、購入したことがある層は全体で64.4%であった。対象品目別でみると、特にチョコレート、ショコラ(52.2%)、クッキー、ビスケット(50.1%)は全体で半数以上が購入有との結果であった。男女別でみると、全ての対象品目で男性より女性の方が購入有の回答比率が高い結果となった。

2.注目トピック

贈答・ギフト用洋菓子の購入時には「贈り先ファースト」を重視

贈答・ギフト用に洋菓子を購入する際に重視する点(複数回答)について、全体では相手の好みが52.3%と最も高く、次いで、商品の見た目31.3%、高級感27.1%という結果であった。男女別にみると、相手の好み、商品の見た目、よく知られたメーカー、ブランドは男性より女性が重視する傾向にある一方で、高級感は男性の方が重視する傾向にあった。

相手の好みが男女ともに他の項目よりも突出して高い回答比率となっているのは、ギフトを贈る相手が身近な親しい相手へと変わってきており、「贈り先ファースト」の価値観が高まってきているためと推察する。また、男性が高級感をより重視するのは、男性の方が自分より目上の相手にギフトを贈る機会が相対的に多いものと考える。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • 注目トピックの追加情報 ※1
  • 調査結果詳細の追加情報
  •  コンビニスイーツの購入有無
     各コンビニチェーンオリジナルスイーツの「イメージ」についての評価
     ギフト用和・洋菓子の購入価格
    以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2018年11月
    2.調査対象: 関東(東京、千葉、埼玉、神奈川)と関西(大阪、京都、兵庫)に居住する20代~60代までの男女合計894名(男性442名、女性452名)
    3.調査方法: インターネットアンケート調査

    <和菓子・洋菓子・デザート類に関する消費者アンケート調査とは>

    本調査では、和菓子・洋菓子・デザート類・コンビニスイーツについて関東(東京、千葉、埼玉、神奈川)と関西(大阪、京都、兵庫)に居住する20代から60代までの男女合計894名(男性442名、女性452名)にアンケート調査を実施し、用途別、品目別、インターネット通販やコンビニエンスストアの利用状況などについての消費動向や購入実態について分析した。ここでは直近1年間に洋菓子を購入した消費者のギフト・贈答用途についての分析結果を公表する。なお、和菓子・洋菓子・デザート類・コンビニスイーツの各対象品目は以下参照。

    ①和菓子
    ようかん、水ようかん・大福・もなか・まんじゅう・団子、餅菓子・どらやき、カステラ
    ②洋菓子
    生ケーキ・フルーツタルト・チーズケーキ、チーズタルト・シュークリーム、エクレア・ロールケーキ・マドレーヌ、フィナンシェ・バウムクーヘン・クッキー、ビスケット・チョコレート、ショコラ
    ③デザート類
    ヨーグルト・プリン・フルーツゼリー・コーヒーゼリー・アイスクリーム・シャーベット・ジェラート
    ④コンビニスイーツ
    コンビニエンスストアで販売されている洋菓子・和菓子類

    <市場に含まれる商品・サービス>

    和菓子・洋菓子・デザート類・コンビニスイーツ

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年04月05日
    体裁
    A4 298ページ
    定価
    105,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。