プレスリリース
No.2407
2020/04/22

2019年度の業務用サービスロボット市場は前年度比127.9%の64億6,400万円の見込
~異業種からの参入や新製品の投入が盛んな用途のサービスロボットが市場をけん引~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越 孝)は、国内の業務用サービスロボット市場を調査し、タイプ別市場規模、用途別動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

業務用サービスロボット市場規模推移と予測
業務用サービスロボット市場規模推移と予測

1.市場概況

業務用途でのサービスを提供するロボット、搬送ロボットや掃除ロボット、パワーアシストスーツ(以下 PAS)​、レジロボット、検査・点検ロボット、警備ロボットの6タイプを対象として、市場規模を算出した。
2018年度の業務用サービスロボット市場規模(メーカー出荷金額ベース)を前年度比122.8%の50億5,500万円と推計した。
タイプ別に市場をみると、製品価格が高い搬送ロボット(非ガイド走行式AGV)と低価格だが出荷数量が多いパワーアシストスーツが牽引し、市場が拡大している。また、床掃き・床洗浄・窓拭きなど安定した用途を持つ掃除ロボットも一定の存在感を示す。異業種からの参入や新製品の投入が盛んな用途のロボットが市場を押し上げ、2019年度の業務用サービスロボット市場は64億6,400万円(同127.9%)に成長する見込みである。

2.注目トピック

業務用サービスロボットのメリットは労働力補完、導入検討時の判断材料はコストパフォーマンス

ほとんどの業務用サービスロボットは、人による作業を代替することで肉体的負担や手間を軽減し、作業効率を向上することで、結果的に労働力補完につながる点がメリットとして挙げられる。
唯一、歩行支援目的のPASだけは労働力補完というよりも、使用者の歩行機能回復(維持)にメリットを求めている。リハビリ技師(理学療法士)の作業負担を軽減できるという点で、結果的に肉体的負担を減らすといえなくもないが、主目的が使用者自身の機能回復にある点で医療機器的要素が強く、他の業務用サービスロボットとはやや性格を異にする。

業務用サービスロボットは、使用場面に応じた使いやすさを備えた上で、人の負担を軽減し作業効率を向上させ、労働力を補完できることが期待される。ロボットの機能や効果は、おもに製品価格により判断されることから、コストメリットが導入検討時の大きな判断材料となる。つまり、業務用サーボスロボット導入の判断は、ユーザにより異なる使用場面でメリットが見込めるか、そのメリットが製品価格に見合う内容かが問われることとなる。

3.将来展望

業務用サービスロボット市場は今後も拡大する見通しで、搬送ロボットや掃除ロボット、PASが成長を牽引していく構造に変わりはない。但し、市場全体に与える影響力に、製品価格の差が影響するため、搬送ロボットが一番の牽引役を果たす見込みである。2022年度の業務用サービスロボット市場規模(メーカー出荷金額ベース)は129億1,500万円になると予測する。

業務用サービスロボットは製品化の目途がつくことで話題が先行し、注目を集めることにはなるが、それだけで需要に結びつくものではなく、ユーザの正しい認識と使い方、得られるコストメリットで評価される。市場拡大が期待できるサービスロボットの用途は、これまでの経緯を経て普及の足掛かりを得ているといえる。これから新たな用途で製品化が期待できるサービスロボットもあるが、この課題をどのようにクリアしていくかで、普及度合いが異なってくると考える。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  2-1 搬送ロボット
     2-2 掃除ロボット
     2-3 パワーアシストスーツ(PAS)
     2-4 レジロボット
  • 注目トピックの追加情報
  •  タイプにより異なる市場熟成度
     ハード面だけでなく、ユーザ意識や環境面でも課題が残る
     メーカとユーザが協力して有効な使い方を構築する必要がある
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年12月~2020年3月
    2.調査対象: 業務用サービスロボットメーカーや販売元、その研究開発に取り組む企業、関連団体、関係省庁等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング調査、ならびに文献調査併用

    <業務用サービスロボットとは>

    本調査における業務用サービスロボットとは、製造工程で使用する産業用ロボットと一般家庭用ロボットを除いた、業務用途でのサービス提供の手段として使用されるロボットを指し、搬送ロボット(非ガイド走行式AGV)、掃除ロボット、パワーアシストスーツ(PAS)、レジロボット、検査・点検ロボット、警備ロボットの6タイプを対象とした。但し、コミュニケーション用途と介護用途に特化したものは含まない。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    業務用サービスロボット(搬送ロボット、掃除ロボット、パワーアシストスーツ、レジロボット、検査・点検ロボット、警備ロボット)

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年03月19日
    体裁
    A4 155ページ
    定価
    150,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。