プレスリリース
No.2460
2020/06/16

2018年の柔道整復・鍼灸・マッサージ市場は前年比1.8%減の9,440億円と推計
~保険治療(療養費)の減少が市場を押し下げ、市場は縮小の見通し~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越 孝)は、国内の柔道整復・鍼灸・マッサージ市場を調査し、市場規模・動向、参入企業の動向、将来展望を明らかにした。


柔道整復・鍼灸・マッサージ市場推移
柔道整復・鍼灸・マッサージ市場推移
柔道整復市場推移
柔道整復市場推移

1.市場概況

接骨院や鍼灸院、マッサージ院等で行われる施術は、いずれも国家資格者である施術者が行う医療類似行為(サービス)として位置づけられており、整形外科での医療行為や整体・カイロプラクテイックなど民間資格を持つ施術者による療法とは異なる。
国内の柔道整復・鍼灸・マッサージ市場は、柔道整復市場における保険治療(療養費)の減少により、2015年以降縮小傾向にあり、2018年の柔道整復・鍼灸・マッサージ市場(事業者売上高ベース)は前年比98.2%の9,440億円と推計した。

2.注目トピック

治療院の課題(患者数減少)

接骨院・鍼灸院・マッサージ院など治療院の商圏は、院長の知名度が特別に高い治療院以外は都心部で半径500m、郊外でも半径2~3km程度であり、そこに居住しているもしくは勤務・通学している人間が対象者となる。
厚生労働省「衛生行政報告例」によると、それらの治療院や国家資格者の数はいずれも増加傾向にあり、同じ商圏内の治療院数の増加により、一治療院当りの来院患者が減少している。
さらには、リラクゼーションサロン・カイロプラクティック・整体などの民間資格サロンや、整形外科との競合などの周辺業種との競争激化が患者数の減少に拍車をかけている状態である。すべての治療院が、今後、患者から選ばれる治療院となるべく、他院や周辺業種との差別化を図っていく必要がある。

3.将来展望

国内の柔道整復・鍼灸・マッサージ市場は、治療院数、国家資格者数の増加による競合に加え、民間資格サロンや整形外科など周辺業種との競争が激しくなり、これまでと同じやり方、同じサービスの継続では立ち行かなくなる治療院が増える可能性もある。さらに、新型コロナウイルス感染拡大に伴い生じた非連続的な事象を背景に、生活者に新たな価値観が生じ、ポストコロナにおいては、従前と異なる生活行動が定着化して、そしてこの変化は企業活動にも大きな影響を与えつつあり、接骨院や鍼灸院、マッサージ院の運営事業者も対応を迫られている。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  柔道整復市場
     鍼灸市場
     マッサージ市場
  • 注目トピックの追加情報
  •  治療院の課題(リピート率減少)
     治療院の課題(求められるサービスレベルの向上)
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2020年3月~5月
    2.調査対象: 柔道整復施術所(いわゆる接骨院・整骨院)、鍼灸院、マッサージ院等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面接及び電話取材、郵送アンケート調査、ならびに周辺調査併用

    <柔道整復・鍼灸・マッサージ市場とは>

    柔道整復とは、国家資格者である柔道整復師が提供する医療類似行為(サービス)であり、鍼灸とは、国家資格者であるはり師・きゅう師が提供する医療類似行為(サービス)、また、マッサージとは、国家資格者であるあん摩マッサージ指圧師が提供する医療類似行為(サービス)である。本調査における柔道整復・鍼灸・マッサージ市場とは、いずれも国家資格者である施術者が行う医療類似行為(サービス)を対象として、事業者売上高ベースで算出した。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    柔道整復、鍼灸、マッサージ

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年05月28日
    体裁
    A4 324ページ
    定価
    150,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。