2020年版 接骨院・鍼灸院・マッサージ院市場の展望と戦略

接骨院・鍼灸院・マッサージ院市場の動向と今後の方向性を調査分析することにより、接骨院・鍼灸院・マッサージ院市場の現状把握と将来性を展望することを目的として実施した。

発刊日
2020/05/28
体裁
A4 / 324頁
資料コード
C62101300
PDFサイズ
6.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象市場:接骨院・鍼灸院・マッサージ院市場
調査対象先:接骨院・鍼灸院・マッサージ院、関連企業、関連団体
調査方法:直接面接及び電話取材、郵送アンケート調査、その他周辺間接調査を実施した。
調査期間:2020年3月~2020年5月

調査結果サマリー
Close

柔道整復・鍼灸・マッサージ市場に関する調査を実施(2020年)
2018年の柔道整復・鍼灸・マッサージ市場は前年比1.8%減の9,440億円と推計
~保険治療(療養費)の減少が市場を押し下げ、市場は縮小の見通し~

資料ポイント
Close

  • 接骨院、鍼灸院、マッサージ院等医療類似行為を行う治療院市場を分析した唯一の資料
  • 接骨院・鍼灸院・マッサージ院の全体像(位置づけ)と市場の変遷を調査
  • 公的統計(施術所数、国家資格者数、合格者数、療養費)を分析して市場の長期トレンドを把握
  • 柔道整復、鍼灸、マッサージの2014~2018年の市場規模を独自推計
  • 接骨院・鍼灸院・マッサージ院のチェーン展開状況を調査
  • 売上ランキング上位50社のランキング・シェアを掲載
  • 接骨院・鍼灸院・マッサージ院のトレンド、問題点と課題を調査分析、ポストコロナの市場を展望
  • 関連業界(医療機器、人材、広告、レセプトシステム・情報システム、通販・ECサイト、請求代行サービス、鍼灸用品)の動向と大手参入事業者の動向を調査
  • 接骨院・鍼灸院・マッサージ院に対してアンケート調査を実施、運営状況と課題を分析(133施設)
  • 有力企業8社のマーケティング戦略を徹底調査

資料概要
Close

第Ⅰ章 接骨院・鍼灸院・マッサージ院市場の実態と将来展望
第Ⅱ章 接骨院・鍼灸院・マッサージ院運営実態分析
第Ⅲ章 有力企業のマーケティング戦略

リサーチ内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 接骨院・鍼灸院・マッサージ院市場の実態と将来展望

1.接骨院・鍼灸院・マッサージ院の全体像
 1)接骨院・鍼灸院・マッサージ院の位置づけ
 2)接骨院・鍼灸院・マッサージ市場の変遷
2.接骨院・鍼灸院・マッサージ院の市場概況
 1)施術所数推移(2008~2018年)
  ・施術所別伸長率比較(2008~2018年)
 2)国家資格者数推移(2008~2018年)
  ・資格種類別伸長率比較(2008~2018年)
 3)国家試験合格者数推移(2008~2018年)
  ・資格別合格者数伸長率比較(2008~2018年)
 4)療養費推移(2010~2017年)
  ・療養費別伸長率比較(2010~2017年)
 5)市場規模推移(2014~2018年)
  (1)総市場
  (2)マッサージ
  (3)鍼灸
  (4)柔道整復
  ・市場別伸長率比較(2014~2018年)
 6)接骨院・鍼灸院・マッサージ院のチェーン展開状況
 7)参入企業売上ランキング(2018年、上位50社)
3.接骨院・鍼灸院・マッサージ院の市場動向
 1)接骨院
 2)鍼灸院
 3)マッサージ院
4.接骨院・鍼灸院・マッサージ院における問題点と課題
 1)患者数減少
 2)リピート率減少
 3)求められるサービスレベルの向上
5.接骨院・鍼灸院・マッサージ院における市場展望(ポストコロナの業界変革)
 1)保険治療と実費治療のバランスの最適化の進展
 2)美容を訴求した施術の増加
 3)メンタルの健康・予防を意識した自律神経に関する施術の増加
 4)一般の患者を対象とした訪問治療サービスの拡大
 5)M&A・チェーン展開企業の増加などの業界再編
6.関連業界の動向
 1)医療機器
  ・中古医療機器販売業であるグリーンメディカルの動向
  ・低周波治療器の市場動向(2008~2018年度市場規模・メーカーシェア)
 2)人材ビジネス
  ・「ウィルワン」「JOBNOTE」を運営するウィルワンの動向
  ・「治療家ナビ」を運営するギブリーの動向
  ・「グッピー」を運営するグッピーズの動向
  ・「スリーサイズ」を運営するスリーサイズの動向
  ・「ジョブメドレー」を運営するメドレーの動向
  ・「リジョブ」を運営するリジョブの動向
 3)広告
  ・「EPARKリラク&エステ」を運営するEPARKリラク&エステの動向
  ・「キャリさぽ」を運営するクロスリンクの動向
  ・「エキテン」を運営するデザインワン・ジャパンの動向
  ・「しんきゅうコンパス」を運営するカリスタの動向
  ・「接骨ネット」を運営する東建コーポレーションの動向
  ・「ヘルモア」を運営するプロデュース・アクティビストの動向
 4)レセプトシステム・情報システム
  ・「HONEY‐STYLE」を販売するアトラの動向
  ・「三四郎くん」を販売するエス・エス・ビーの動向
  ・「H-One」を販売する東和ハイテックの動向
  ・「ブースター」を販売する日本システムクリエイトの動向
  ・「柔プラス」を販売するマキシーの動向
  ・「メディカルク」を販売するミニッツシステム開発の動向
  ・「レセプト太郎」を販売するユーアイ・テクノ・サービスの動向
  ・「Ligoo POS & CRM」を販売するリグアの動向
 5)通販(ECサイト)
  ・「アトラストア」を運営するアトラの動向
  ・「エヌアールオンラインショップ」を運営するエルアール機器の動向
  ・「カナケンオンラインショップ」を運営するカナケンの動向
  ・「セラピ」を運営するセラピの動向
  ・医療用品の通信販売を行うダイヤ工業の動向
  ・「トワテック」を運営するトワテックの動向
  ・「メイプル名古屋」を運営するメイプル名古屋の動向
  ・「からだはうす」を運営するからだはうすの動向
 6)請求代行サービス
  ・アイワ接骨師会(アイワ株式会社)の動向
  ・あさひ接骨師会の動向
  ・アトラ請求サービス(アトラ株式会社)の動向
  ・ジャパン柔道整復師協会(株式会社健生)の動向
  ・鍼灸接骨師会JUMPの動向
  ・さくら接骨師会(有限会社さくら)の動向
  ・中央接骨師会の動向
  ・東洋あさひ柔整師会(株式会社東洋あさひ柔整師会)の動向
  ・日本柔道整復師協会の動向
  ・ホープ接骨師会の動向
  ・メディックス計算センター(株式会社メディックス)の動向
 7)鍼灸用品
  ・セイリンの動向
  ・日進医療器の動向
  ・ファロスの動向
  ・釜屋もぐさの動向
  ・セネファの動向
  ・山正の動向
7.関連団体一覧
  ・日本柔道整復師会の動向
  ・日本鍼灸師会の動向
  ・全日本鍼灸マッサージ師会の動向
  ・日本あん摩マッサージ指圧師会の動向
  ・全国鍼灸マッサージ協会の動向
  ・全国柔道整復師連合会の動向
  ・全国柔整鍼灸協同組合の動向

第Ⅱ章 接骨院・鍼灸院・マッサージ院運営実態分析

調査概要
調査結果要旨(全体、接骨院、鍼灸・マッサージ院)

1.運営形態
2.診療体制
 1)従業員数
 2)ベッド数
 3)保険の取り扱い
 4)実費治療
  (1)実費治療有無
  (2)実費治療の価格帯
3.来院患者状況
 1)一日の平均来院患者数
 2)男女比
 3)中心年齢
 4)治療比率
4.物販状況
 1)全体
 2)取り扱っている商品の発売元企業
  (1)サポーター
  (2)コルセット
  (3)インソール
  (4)テーピング
  (5)湿布
  (6)軟膏
  (7)健康食品・飲料類
5.経営の近代化(システム化)
 1)全体
 2)導入商品の発売元企業
  (1)会計システム
  (2)レセプトシステム
  (3)カード決済
  (4)電子決済サービス
  (5)予約システム
  (6)請求代行サービス
6.広告宣伝策
 1)実施している広告宣伝策
 2)注力している広告宣伝策
7.リピーター獲得策
 1)実施しているリピーター獲得策
 2)注力しているリピーター獲得策
8.使用中の機器・材料等
 1)全体
 2)使用中の機器・材料等の発売元企業
  (1)施術ベッド
  (2)ディスポ鍼
  (3)灸
  (4)高圧滅菌器
  (5)牽引治療器
  (6)低周波治療器
  (7)高周波治療器
  (8)超短波治療器
  (9)超音波治療器
  (10)干渉波治療器
  (11)マイクロ波治療器
  (12)温熱治療器
  (13)ベッド型マッサージ器
  (14)フットマッサージ器
  (15)温熱用パック
  (16)人体模型
  (17)テーピング
  (18)サポーター
  (19)包帯
  (20)湿布
  (21)フェイスペーパー
9.運営上の問題点
10.5年後の業界展望
11.今後の運営方針
 1)営業面
 2)経営管理面

施設の個別実態:接骨院(65施設)
施設の個別実態:鍼灸院・マッサージ院(68施設)

第Ⅲ章 有力企業のマーケティング戦略

アトラ株式会社
伊藤超短波株式会社
株式会社ウィルワン
ダイヤ工業株式会社
株式会社フレアス
ミナト医科学株式会社
株式会社リグア
株式会社リジョブ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。