プレスリリース
No.2466
2020/07/02

2019年度の飲料市場は猛暑の前年度の反動減もあり、5年振りの縮小
~2020年度は新型コロナウイルス感染拡大で販売低迷も、アフターコロナを見据えた動きが始まる見込~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の飲料市場を調査し、飲料カテゴリー別の動向、流通ルート別の動向、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。


飲料市場規模推移・予測
飲料市場規模推移・予測

1.市場概況

2019年度の国内飲料市場規模(牛乳・乳飲料を含む)は、メーカー出荷金額ベースで前年度比98.5%の5兆1,000億円と5年振りに前年度実績を下回った。
2018年度が記録的な猛暑の恩恵を受けての市場拡大であったことから、その反動減が当初から懸念されており、それが現実となった形である。2018年は最盛期である7月が記録的な猛暑で飲用需要が急増したが、2019年は天候不順で真逆の結果となり、7月の減少分を2019年度通期で取り戻すことが出来なかった。また、春先から夏前にかけて、物流費や包材値上げの影響などから飲料メーカー各社が大型PET容器製品の価格改定を行ったことも販売減に繋がった。

2.注目トピック

飲料市場縮小の中で、炭酸水やエナジードリンクの炭酸系飲料は好調を持続

炭酸水やエナジードリンクといった炭酸系飲料の市場が拡大傾向にある。炭酸水についてはさまざまな飲用方法や健康志向による無糖ニーズに支えられ、成長が続いている。一方で、ブランド別では明暗が分かれており、トップブランドであるアサヒ飲料「ウイルキンソン」への寡占化が進んでいる。
エナジードリンクについては、「モンスターエナジー」、「レッドブル」を中心に展開され、これまで他のブランドが定着できずにいたが、2019年度はコカ・コーラシステムが意欲的な商品を発売し、さらに、大塚食品やサントリー食品インターナショナルが従来とは異なるeスポーツに焦点を当てた商品を発売するなど新しい試みも見られた。

3.将来展望

2020年度の飲料市場規模(牛乳・乳飲料を含む、メーカー出荷金額ベース)は、前年度比97.5%の4兆9,700億円と2年連続での縮小を予測する。本来であれば前年度の反動で再拡大してもおかしくないが、新型コロナウイルスの影響で4月、5月の販売が大幅に落ち込んでおり、今後も暫くは影響が残る見込みで、2020年度中の本格回復は難しいと考える。

​こうした状況下においても、無糖茶や炭酸飲料などこれまで伸長してきた飲料カテゴリーに注力する姿勢に変わりはないが、一方で、“止渇” よりも “機能” を重視する飲料カテゴリーが伸長していることから、飲料メーカー各社とも例年以上に “機能性” や “健康” を訴求する展開が増えてくると考える。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • セグメント別の動向
  •  紅茶飲料の市場が拡大、新提案が相次ぐ
  • 注目トピックの追加情報
  •  カテゴリーをまたいだブランド戦略がより一層顕著に
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2020年4~6月
    2.調査対象: 飲料メーカー、販売企業等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話取材、アンケート調査ならびに文献調査併用

    <飲料市場とは>

    飲料とは、アルコール度数1%未満の飲料で、PETボトルや缶、紙容器などに入り、そのまま飲用できるものをさす。
    本調査における飲料市場とは、炭酸飲料やコーヒー飲料、ミネラルウォーター、果汁入り飲料、各種茶系(日本茶、紅茶、ウーロン茶等)飲料、スポーツ・機能性飲料、栄養飲料(エナジードリンク含む)、飲用牛乳類、色物乳飲料、乳酸菌飲料、ドリンクヨーグルト、豆乳などを対象とする。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    炭酸飲料、果汁・野菜飲料、コーヒー飲料、茶系飲料、ミネラルウォーター、健康系飲料、乳系飲料 ※飲料市場対象外カテゴリー;レギュラーコーヒー、インスタントコーヒー、手入れ紅茶

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2020年06月25日
    体裁
    A4 564ページ
    定価
    130,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。