「飲料市場に関する調査を実施(2020年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2020年版 飲料市場の現状と展望

価格:130,000円(税別)
「2020年版 飲料市場の現状と展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全564ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第Ⅰ章 飲料市場の動向

1.飲料市場概況
 (1)2019年度の飲料市場動向
  ①2019年度の飲料市場概況
  ②2019 年度の主なトピックス
  ③有力企業の飲料売上高
  ◆有力企業の飲料売上高推移
 (2)大手メーカーの動向
  ①コカ・コーラシステムの動向
  ⅰ.2019年度概況
  ⅱ.主要ボトラー動向
  ⅲ.トピックス
  ②ビール系メーカーの動向
  ⅰ.2019年度概況
  ・ビール系飲料メーカーの販売構成比
  ⅱ.参入企業動向
  ⅲ.トピックス
  ③乳業系メーカーの動向
  ⅰ.2019年度概況
  ・乳業大手3社の販売構成比
  ⅱ.参入企業動向
  ⅲ.トピックス
  ④その他大手メーカーの動向
  ⅰ.2019年度概況
  ⅱ.参入企業動向
  ⅲ.トピックス
 (3)飲料市場の今後の見通し
  ①飲料市場の課題と問題点
  ②飲料市場の見通し
  ③市場規模予測(2020~2024年度)
2.流通チャネル別のメーカー戦略
 (1)手売りチャネル
  ・主要メーカーの手売りチャネル戦略
 (2)自販機チャネル
  ・主要メーカーの自動販チャネル戦略
 (3)その他のチャネル
  ・主要メーカーのその他のチャネル戦略
 (4)チャネル別市場規模
3.飲料容器の動向
 (1)2019年飲料容器動向
  ・清涼飲料の容器別生産量とシェア(2019年)
 (2)容器別飲料市場の動向
  ①PETボトル
  ⅰ.市場概況
  ⅱ.インライン成形・アセプ充填ライン向けプリフォーム(PF)は
  2020年に全体の80%超が確実視
  ⅲ.ボトルの高機能化が進む
  ②缶容器
  ⅰ.市場概況
  ⅱ.アルミ缶の市場動向
  ⅲ.ボトル缶の市場動向
  ⅳ.スチール缶の市場動向
  ③紙容器
  ⅰ.市場概況
  ⅱ.口栓付き紙容器は牛乳・加工乳、清涼飲料等で需要が増加
  ⅲ.テトラパックが2019年にイギリス、カナダ、スウェーデンで
  紙製ストロー付きTBAを上市
  ④チルドカップ
  ⅰ.市場概況
  ⅱ.オーバーキャップレスとストローレス、いずれもトーンダウン
4.注目すべき市場環境
 (1)健康・機能性訴求に関する飲料市場の動向
  (トクホ飲料、機能性表示食品)
  ・主要メーカーの健康・機能性に関する取り組み
 (2)炭酸水市場の動向
  ①炭酸水市場の概況
  ②チャネル別動向
  ③今後の課題と展望
 (3)ウイズコロナ・アフターコロナにおける飲料市場の変化
  ①新型コロナウイルスが飲料市場に与えた影響
  ⅰ.主要飲料メーカーの販売状況
  ⅱ.コロナ禍における市場動向
  ⅲ.コロナ禍で好調を維持するカテゴリー
  ②コロナ禍における自販機対策
  ③アフターコロナにおける飲料市場の変化
 (4)通販チャネルの動向
  ①通販チャネルの概況
  ②大手ECサイトの食品販売の取組みと飲料販売の動向
  ⅰ.大手ECサイトの食品販売における取組み
  ⅱ.ECサイトにおける飲料販売の位置づけ
  ③飲料メーカー各社の取り組み
  ④その他のトピックス
  ・主要メーカーの通販チャネルに関する取り組み
 (5)加速する脱プラ問題と飲料市場の動向
  ①脱プラ問題と飲料業界の対応
  ・主要メーカーの通販チャネルに関する取り組み
  ②脱プラを契機とした他容器の可能性
 (6)注目高まるウォーターサーバー市場の動向
  ①宅配水市場
  ⅰ.宅配水市場の概況
  ⅱ.宅配水の市場規模推移(2012~2019年度見込み)
  ⅲ.宅配水のメーカーシェア(2017年度/2018年度)
  ⅳ.宅配水市場の見通し
  ②水道直結型ウォーターサーバー市場
  ⅰ.水道直結型ウォーターサーバー市場の概況
  ⅱ.参入企業の動向
  ⅲ.水道直結型ウォーターサーバーの市場規模推移

第Ⅱ章 飲料カテゴリー別市場動向

1.炭酸飲料
(1)コーラ飲料
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②コーラ飲料市場のメーカーシェア
(2)その他炭酸飲料
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②その他炭酸飲料市場のメーカーシェア
2.果汁・野菜飲料
(1)天然果汁(100%果汁)飲料
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②天然果汁(100%果汁)飲料市場のメーカーシェア
(2)果汁入り(果汁100%未満)飲料
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②果汁入り(果汁100%未満)飲料市場のメーカーシェア
(3)野菜飲料
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②野菜飲料市場のメーカーシェア
3.コーヒー飲料
(1)コーヒー飲料
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②コーヒー飲料市場のメーカーシェア
4.茶系飲料
(1)紅茶飲料
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②紅茶飲料市場のメーカーシェア
(2)日本茶飲料
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②日本茶飲料市場のメーカーシェア
(3)ウーロン茶
  ①市場概況
   ≪参入企業動向≫
  ②ウーロン茶市場のメーカーシェア
5.ミネラルウォーター
(1)ミネラルウォーター
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②ミネラルウォーター市場のメーカーシェア
6.健康系飲料
(1)スポーツ・機能性飲料
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②スポーツ・機能性飲料市場のメーカーシェア
(2)栄養飲料
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②栄養飲料市場のメーカーシェア
7.乳系飲料
(1)飲用牛乳類
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②飲用牛乳類市場のメーカーシェア
(2)色物乳飲料
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②色物乳飲料市場のメーカーシェア
(3)乳酸菌飲料
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②乳酸菌飲料市場のメーカーシェア
(4)ドリンクヨーグルト
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②ドリンクヨーグルト市場のメーカーシェア
(5)豆乳
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②豆乳市場のメーカーシェア
8.嗜好飲料
(1)レギュラーコーヒー
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②レギュラーコーヒー市場のメーカーシェア
(2)インスタントコーヒー
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②インスタントコーヒー市場のメーカーシェア
(3)手入れ紅茶
  ①市場概況
  ≪参入企業動向≫
  ②手入れ紅茶市場のメーカーシェア

第Ⅲ章 消費者動向分析

1.特定保健用食品、機能性表示食品に関する消費者の使用実態
(1)調査実施要項
(2)調査結果
  ①『特定保健用食品(トクホ)』の認知・摂取状況
  ②『機能性表示食品』の認知・摂取状況
  ③身体状態で気にしている点や改善したい症状について
  ④健康維持・増進や美容のために行っていること、心がけていること
  ⑤特定保健用食品の摂取状況
  ⑥摂取経験のある特定保健用食品の種類
  ⑦特定保健用食品を摂取する健康目的
  ⑧特定保健用食品制度として認知している点
  ⑨『機能性表示食品』制度について認知している点
  ⑩『機能性表示食品』を摂取する際に期待される機能のうち、関心のあるもの
  ⑪『機能性表示食品』の摂取意向
  ⑫『機能性表示食品』を摂取したいと思う理由
  ⑬『機能性表示食品』を摂取したいと考えない理由

第Ⅳ章 有力飲料メーカーの動向

【企業研究編】
アサヒ飲料(株)
味の素AGF(株)
(株)伊藤園
江崎グリコ(株)
(株)えひめ飲料
大塚食品(株)
大塚製薬(株)
オハヨー乳業(株)
カゴメ(株)
キーコーヒー(株)
協同乳業(株)
キリンビバレッジ(株)
コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(株)
サントリーフーズ(株)
ダイドードリンコ(株)
タカナシ乳業(株)
日本ルナ(株)
ネスレ日本(株)
ハウス食品グループ本社(株)(ハウスウェルネスフーズ(株))
北海道コカ・コーラボトリング(株)
ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)
三井農林(株)
(株)明治
森永乳業(株)
(株)ヤクルト本社
UCC上島珈琲(株)
雪印メグミルク(株)
ユニリ-バ・ジャパン・カスタマーマ-ケティング(株)

ショートレポート
「2020年版 飲料市場の現状と展望」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2020年版 飲料市場の現状と展望(2020年発刊、税別130,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全4ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 紅茶飲料の市場が拡大、新提案が相次ぐ

3.注目トピック
  飲料市場縮小の中で、炭酸水やエナジードリンクの炭酸系飲料は好調を持続 ※1
  カテゴリーをまたいだブランド戦略がより一層顕著に


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 飲料市場規模推移・予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2013~2019年度実績、2020年度予測

※本レポートは、2020年発刊の「2020年版 飲料市場の現状と展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です